月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

編集部コラム「伸びしろなんて誰にもわからない」

毎週金曜日更新!?

★月陸編集部★

攻め(?)のアンダーハンド
リレーコラム🔥
毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ!
陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。
編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。
暇つぶし程度にご覧ください!

第155回「伸びしろなんて誰にもわからない(松永貴允)

世界選手権もDay7が終わり、残すところ3日間となりました。まだまだ男子4継や女子やり投、男女35km競歩など入賞が期待される種目が残されており、最後まで夜更かし&早起きの日々が続きそうですね!

ここまでで印象に残ったシーンは数多くありますが、なかでも男子100mのサニブラウン・アブデル・ハキーム選手(タンブルウィードTC)の決勝進出が深く記憶に刻まれています。決勝での7位入賞はもちろんですが、準決勝で3着に入り、3組目の結果を受けて決勝進出した瞬間は思わず大声を上げてしまいました! みなさんも同じなのではないでしょうか??

海外勢では男子走幅跳で優勝した王嘉男選手(中国)が印象に残っています。

王選手は16歳(日本の高校1年生に相当)で8m04を跳び、まだジュニア期だった18歳(同大学1年生相当)で2015年北京世界選手権銅メダルをつかんだ逸材です。そこからは17年大会7位、19年大会6位と3大会連続入賞を達成しながら、今季は大会前ベストが7m98にとどまるなど、いまいち突き抜けられない印象でした。

それが今回、25歳でようやく金メダルをつかんだのですから、少し感慨深いものがありました。

王選手はいわゆる「エリート」と分類されるような経歴の持ち主ですが、世界の超人と言われる選手たちでも、ジュニア時代までは日本の高校生とさほど変わらないベスト記録だった選手も少なくありません。

2010年に世界ジュニア選手権で金メダルを獲得し、大会3連覇を達成した男子走高跳のムタズ・エッサ・バルシム選手(カタール)も、18歳までのベストは2m14でした。これは昨年インターハイで2年生優勝を果たしたチュクネレ・ジョエル優人選手(八千代松陰高・千葉)の自己記録と同じです。

男子3000m障害で東京五輪に続く優勝を手にしたエル・バッカリ選手(モロッコ)も、18歳になる年度では8分52秒00が最高。20歳になる年度で8分27秒79まで短縮し、3年後に7分58秒15へと飛躍しました。

日本の高校生でも近年は毎年8分50秒前後の実力者が現れていますし、日本記録保持者の三浦龍司選手(順大)は20歳になる2021年度に8分09秒92をマークしています。

女子1500m金メダルのフェイス・キピエゴン選手(ケニア)も、日本の高校生年代では4分09秒48が最高でしたが、その2年後に3分56秒98まで飛躍。これも田中希実選手(豊田自動織機)が高校3年時(4分15秒43)から4年かけて16秒も更新(3分59秒19)したこともあり、決して再現不可能な領域ではないことが証明されました。

女子棒高跳で31歳にして初の金メダルをつかんだナジョット選手(米国)は、18歳になる2009年までのベストは3m86でした。これは今年6月に高校記録を樹立した村田蒼空(前橋女高3群馬)より30cmも下回ります。

ナジョット選手が屋外で4m00を初めて超えたのは22歳になる年で、国際大会初入賞は26歳で迎えた2018年世界室内選手権(5位)。30歳での東京五輪で初の頂点に輝き、オレゴン世界選手権も制しました。

特筆すべきは大学4年生にあたる22歳シーズン(4m45)から自己記録を50cmも伸ばしている点です。年齢を重ねても向上心を失わずにいれば、こうした成長曲線を描けるのかもしれません。

まだまだいきます。

女子砲丸投で優勝した1994年7月生まれのイーリー選手(米国)も、2012年のシーズンベストは14m40。日本のインターハイで優勝できるかどうかの記録水準です。年明け1月の室内競技会で15m80まで伸ばしていますが、それでも日本の高校記録(15m70)とさほど変わりません。イーリー選手は18mを超えたのも2019年(24歳)と、遅咲きでした。そこから今年は20m45まで伸ばしています。

女子ハンマー投のアンダーセン選手(米国)は、22歳までのベストが68m77と、日本記録(67m77)と1mしか変わりません。そこから5年かけて79m02まで伸ばし、金メダルをつかみました。

「どうせ海外選手の事例でしょ?日本人とは違うよ……」

と思ったそこのあなた。実は日本代表にも遅咲きと言える選手はいます。

今年6月の日本選手権を制し、世界陸上では準決勝に進出した男子400mの佐藤風雅選手(左から2人目)

例えば男子400mで準決勝に進出した佐藤風雅選手(那須環境)は、高校時代のベストが49秒39。2年時と3年時は北関東大会予選落ちで全国大会とは無縁の選手でした。そこから大学3年目に45秒99をマークし、26歳にして初の世界選手権代表をつかんでいます。

佐藤選手の年度別ベストを見ると、いかにコツコツ成長してきたかが一目瞭然です。

11年(中3) 54秒29
12年(高1) 52秒35
13年(高2) 49秒96
14年(高3) 49秒39
15年(大1) 47秒71
16年(大2) 46秒88
17年(大3) 45秒99
18年(大4) 46秒74
19年    46秒63
20年    46秒15
21年    45秒84
22年    45秒40

短距離は中長距離と違って先天的な能力が大きく影響する競技ですが、その中でも中学時代に野球部だった佐藤選手は高校3年間で4秒90、大学4年間で3秒40、大学卒業後に0秒59もタイムを更新し続けています。

昨年の高校100傑に入るラインが48秒74でした。おそらく佐藤選手の高校ベストである49秒39は200位前後だと推察されるので、多くの選手に将来日の丸を背負うチャンスがあることがわかります。

「ジュニア時代から活躍していないと日本代表にはなれない」と思う方が多いと思います。もちろん傾向としてはそうなのですが、なかにはジュニア時代に苦労しながら、コツコツと国内、そして世界へと羽ばたいた選手もいるのです。

伸びしろなんて誰にもわかりません。世界陸上を見て日本代表に憧れを持った中高生のみなさん、まだまだ諦めるのは早いかもしれませんよ??

さて、世界陸上の話題ばかりになってしまいましたが、再来週からは高校生の檜舞台、インターハイが開催されます。

今年は8月3日から7日までの5日間、徳島県鳴門市で陸上競技が実施。私も昨年に引き続き取材に向かうので、高校生の熱き戦いをレポートしてきます。

また、インターハイと同時期にはコロンビア・カリでU20世界選手権も開催されます。インターハイではなくこちらに出場する高校生もおり、どちらも結果が楽しみですね!

熱い夏はもうしばらく続きそうです。

松永貴允(まつなが・たかよし)
月刊陸上競技編集部
1991年生まれ。171cm、★kg、東京都三鷹市出身。小学生時代はプロを夢見る野球少年だったが、6年生の時に世界陸上パリ大会をテレビで観て陸上競技に興味を持ち、中学・高校と陸上部(長距離)に所属する。5000mの自己ベストは15分43秒67(2009年9月の日体大長距離競技会)。大学ではラクロス部の主将を務め、その後、紆余曲折を経て2015年からライターとして活動。2018年9月より月陸編集部員に転身した。飯塚翔太選手や大迫傑選手らと同い年の〝プラチナ世代〟でもある。

編集部コラム第154回「プレイバック 91年東京世界選手権」(大久保)
編集部コラム第153回「ペン・カメ」(井上)
編集部コラム第152回「五輪選手の育て方」(山本)
編集部コラム第151回「いざ、陸上の聖地へ!」(向永)
編集部コラム第150回「8月号の発売日は7月12日です!」(小川)
編集部コラム第149回「表彰式」(船越)
編集部コラム第148回「陸上ってチームスポーツ!」(松尾)
編集部コラム第147回「激アツ!青春!インターハイ!!」(松永)
編集部コラム第146回「陸上世界選手権ヒストリー」(大久保)
編集部コラム第145回「100m→400m→1500m」(井上)
編集部コラム第144回「自分の限界はどこにある?」(山本)
編集部コラム第143回「蹴上がりできますか?」(向永)
編集部コラム第142回「陸上の春がやってきた!!」(小川)
編集部コラム第141回「怠惰なる自分」(船越)
編集部コラム第140回「はじめまして!」(松尾)
編集部コラム第139回「陸上界ゆく人、くる人」(松永)
編集部コラム第138回「2021年仮想都道府県対抗リレー」(大久保)
編集部コラム第137回「記録更新の空白期間」(井上)
編集部コラム第136回「西監督」(山本)
編集部コラム第135回「ら抜いて檄を飛ばして帯同して輩出する」(向永)
編集部コラム第134回「月陸リニューアル!!」(小川)
編集部コラム第133回「自分だけのルール」(船越)
編集部コラム第132回「スパッと辞めるか、泥臭く続けるか」(松永)
編集部コラム第131回「冬季オリンピックに挑む陸上選手」(大久保)
編集部コラム第130回「個人成績で見る昨年の全国高校駅伝」(井上)
編集部コラム第129回「セカンドキャリアを考える」(山本)
編集部コラム第128回「功労賞とU20招待はどうでしょ?」(向永)
編集部コラム第127回「明けましておめでとうございます」(小川)
編集部コラム第126回「スパートすんのかいせんのかい」(船越)
編集部コラム第125回「記録ラッシュ!」(松永)
編集部コラム第124回「データで見る全国中学校駅伝」(大久保)
編集部コラム第123回「2021年の思い出」(井上)
編集部コラム第122回「長距離選手の身長」(山本)
編集部コラム第121回「足が速くなる魔法」(向永)
編集部コラム第120回「2021年の節目は…」(小川)
編集部コラム第119回「現実逃避」(船越)
編集部コラム第118回「高校で5000m15分台でも……」(松永)
編集部コラム第117回「データで見る箱根駅伝予選会」(大久保)
編集部コラム第116回「高校駅伝の試走にチャリ?」(井上)
編集部コラム第115回「ウエイトコントロール」(山本)
編集部コラム第114回「お別れのあいさつ」(向永)
編集部コラム第113回「TOKYO 2020の喜劇」(小川)
編集部コラム第112回「点と点のつながり」(船越)
編集部コラム第111回「裏方あっての表舞台」(松永)
編集部コラム第110回「2020東京五輪優勝記録ランキング」(大久保)
編集部コラム第109回「月陸の歴史も切り開いた田中選手」(井上)
編集部コラム第108回「特別な存在」(山本)
編集部コラム第107回「オリンピックの価値」(向永)
編集部コラム第106回「どうしても気になるどうでもいいこと」(船越)
編集部コラム第105回「東京五輪ついに開幕!!!」(小川)
編集部コラム第104回「オリンピックの思い出とインターハイ」(松永)
編集部コラム第103回「五輪メダリストのトリビア」(大久保)
編集部コラム第102回「あたたかい目」(井上)
編集部コラム第101回「4年サイクル」(山本)
編集部コラム第100回「誰がために月陸はある」(向永)
編集部コラム第99回「『9』秒台」(小川)
編集部コラム第98回「いいわけ」(船越)
編集部コラム第97回「My Privacy」(松永)
編集部コラム第96回「追い風最高記録」(大久保)
編集部コラム第95回「競技会に必要なもの」(井上)
編集部コラム第94回「メンタルトレーニング」(山本)
編集部コラム第93回「努力は報われた」(向永)
編集部コラム第92回「2年ぶりの織田記念」(小川)
編集部コラム第91回「エゴイスト」(船越)
編集部コラム第90回「あらためて100m10秒台ってすごいタイムですよね??」(松永)
編集部コラム第89回「学生競技会の華 大学対校戦!」(大久保)
編集部コラム第88回「U20世界選手権の上位候補をリサーチ!」(井上)
編集部コラム第87回「編集部コラム「郷土の応援」(山本)
編集部コラム第86回「あこがれの松田耕作記者」(向永)
編集部コラム第85回「スポーツのチカラ」(小川)
編集部コラム第84回「初心」(船越)
編集部コラム第83回「高校生にとってのインターハイ」(松永)
編集部コラム第82回「2020年世界リストTop10入り日本人選手」(大久保)
編集部コラム第81回「〝きっかけ〟の提供を」(井上)
編集部コラム第80回「一番アツい夏」(山本)
編集部コラム第79回「前向きな言葉という魔法」(向永)
編集部コラム第78回「自分なりの『答え』を探す」(小川)
編集部コラム第77回「カメラマンの箱根駅伝」(船越)
編集部コラム第76回「専門誌記者の箱根駅伝」(松永)
編集部コラム第75回「データで見る箱根駅伝当日エントリー変更」(大久保)
編集部コラム第74回「2020年を振り返って」(井上)
編集部コラム第73回「プレッシャーとの向き合い方」(山本)
編集部コラム第72回「陸上競技のイメージを変えたい」(向永)
編集部コラム第71回「2020年ラストスパート!!」(小川)
編集部コラム第70回「理不尽なこと」(船越)
編集部コラム第69回「這い上がる」(松永)
編集部コラム第68回「都道府県対抗 男子十種競技選手権」(大久保)
編集部コラム第67回「都大路も高速レースの予感」(井上)
編集部コラム第66回「陸上競技を続けると……?」(山本)
編集部コラム第65回「強い選手の共通点?パート2」(向永)
編集部コラム第64回「2020年シーズンはまだこれから!!」(小川)
編集部コラム第63回「質と量」(船越)
編集部コラム第62回「たかが2cm、されど2cm」(松永)
編集部コラム第61回「都道府県対抗 女子七種競技選手権」(大久保)
編集部コラム第60回「キソの大切さ」(井上)
編集部コラム第59回「思い込みを捨てる」(山本)
編集部コラム第58回「それ、ドーピングだよ」(向永)
編集部コラム第57回「東京五輪へ“もう1度”あと1年」(小川)
編集部コラム第56回「魔法の言葉」(船越)
編集部コラム第55回「月陸ってどんな雑誌?」(松永)
編集部コラム第54回「インターハイ種目別学校対抗(女子編)」(大久保)
編集部コラム第53回「明確なビジョン」(井上)
編集部コラム第52回「人間性を磨く」(山本)
編集部コラム第51回「指が痛い。」(向永)
編集部コラム第50回「温故知新」(小川)
編集部コラム第49回「対面取材」(船越)
編集部コラム第48回「日本選手権優勝者を世代別にまとめてみた」(松永)
編集部コラム第47回「インターハイ種目別学校対抗(男子編)」(大久保)
編集部コラム第46回「月陸に自分が載った」(井上)
編集部コラム第45回「陸上競技と関わり続ける」(山本)
編集部コラム第44回「逃げるとどうなる?」(向永)
編集部コラム第43回「成長のヒント」(小川)
編集部コラム第42回「日本実業団記録」(大久保)
編集部コラム第41回「思い出の2016年長野全中」(松永)
編集部コラム第40回「葛藤」(船越)
編集部コラム第39回「何も咲かない寒い日は……」(井上)
編集部コラム第38回「社会の一員としての役割」(山本)
編集部コラム第37回「大学生、高校生、中学生に光を」(向永)
編集部コラム第36回「Tokyo 2020+1」(小川)
編集部コラム第35回「善意」(船越)
編集部コラム第34回「ピンチをチャンスに」(松永)
編集部コラム第33回「日本記録アラカルト」(大久保)
編集部コラム第32回「独断で選ぶ2019年度高校陸上界5選」(井上)
編集部コラム第31回「記録と順位」(山本)
編集部コラム第30回「答えを見つけ出す面白さ」(向永)
編集部コラム第29回「初めてのオリンピック」(小川)
編集部コラム第28回「人生意気に感ず」(船越)
編集部コラム第27回「学生駅伝〝区間賞〟に関するアレコレ」(松永)
編集部コラム第26回「2019年度 陸上界ナンバーワン都道府県は?」(大久保)
編集部コラム第25回「全国男子駅伝の〝私見〟大会展望」(井上)
編集部コラム第24回「箱根駅伝の高速化を検証」(山本)
編集部コラム番外編「勝負師の顔」(山本)
編集部コラム第23回「みんなキラキラ」(向永)
編集部コラム第22回「国立競技場」(小川)
編集部コラム第21回「〝がんばれ〟という言葉の力と呪縛」(船越)
編集部コラム第20回「日本記録樹立者を世代別にまとめてみた」(松永)
編集部コラム第19回「高校陸上界史上最強校は?(女子編)」(大久保)
編集部コラム第18回「独断で選ぶ全国高校駅伝5選」(井上)
編集部コラム第17回「リクジョウクエスト2~そして月陸へ~」(山本)
編集部コラム第16回「強い選手の共通点?」(向永)
編集部コラム第15回「続・ドーハの喜劇?」(小川)
編集部コラム第14回「初陣」(船越)
編集部コラム第13回「どうなる東京五輪マラソン&競歩!?」(松永)
編集部コラム第12回「高校陸上界史上最強校は?(男子編)」(大久保)
編集部コラム第11回「羽ばたけ日本の中距離!」(井上)
編集部コラム第10回「心を動かすもの」(山本)
編集部コラム第9回「混成競技のアレコレ」(向永)
編集部コラム第8回「アナウンス」(小川)
編集部コラム第7回「ジンクス」(船越)
編集部コラム第6回「学生駅伝を支える主務の存在」(松永)
編集部コラム第5回「他競技で活躍する陸上競技経験者」(大久保)
編集部コラム第4回「とらんすふぁ~」(井上)
編集部コラム第3回「リクジョウクエスト」(山本)
編集部コラム第2回「あんな選手を目指しなさい」(向永)
編集部コラム第1回「締め切りとIHと五輪」(小川)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com