HOME 編集部コラム

2019.11.07

編集部コラム「強い選手の共通点?」
編集部コラム「強い選手の共通点?」

毎週金曜日更新!?
★月陸編集部★
攻め(?)のアンダーハンド
リレーコラム🔥

毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ!
陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。
編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。
暇つぶし程度にご覧ください!

広告の下にコンテンツが続きます

第16回「強い選手の共通点?(向永拓史)

 この編集部リレーコラムを「始めます!」と、社内で宣言した時はもっと楽だと思っていました。でも、実際に始めてみると大変。回ってくるの早いし。ということは、時が経つのは早いということですね。

 トラックシーズンもほぼ終わりました。今年もたくさんの選手・指導者のみなさんに取材させていただきました。ありがとうございました。
強くなる選手の条件って?

 たまーに聞かれることがあるんです。「取材していて強くなる選手ってわかるんですか?」とか「強い選手の共通点ってありますか?」と。

 正直、誰が強くなるかなんて全っっっ然わかりません。わかりたいとも思わないですし、たとえわかったとしても何か変わるわけではないです。

広告の下にコンテンツが続きます

 でも、ある時(といってもだいぶ前ですが)、「おっ」と思ったことがあります。

 試合後のインタビュー。だいたい、「次の目標は?」という質問が記者から飛びます。そんな時、どんな言葉が返って来るのか。

「来年はもっと成長して優勝したいと思います」

 素晴らしいですよね。でも、こう言う選手がいると……

広告の下にコンテンツが続きます

「来年はもっと成長して絶対に優勝します」

 なんか、こっちのほうが強そう。ほんの少しニュアンスが違うだけなのに。

 目標に向かって話す時、それが願望なのか、決意なのかによって、表現が変わってくるんだと思います。

 私もついつい、言います。

広告の下にコンテンツが続きます

「あんな原稿が書いてみたい」
「こんな企画をやってみたい」
「そういうふうにやると成功すると思う」
「痩せたいと思っている」

〝何々したい〟という願望。そういう時ってだいたい、自分で実際に動いていない時な気がします。

 成功する選手、結果を残す選手の多くは、「次はこうしたい」よりも「次はこうする」と言い切ることが多いように感じます。

 もちろん全員そうではないし、成功している選手が全部言い切っているわけではないんです。逆に、「したいと思う」を実践して成功する選手もたくさんいます。だから、強くなる選手を予測するなんて不可能です。

広告の下にコンテンツが続きます

 でも、「こうするんだ」と言える人は、すでに次の段階が明確に見えていて、それを修正したり強化したりすれば、次の結果につながることがわかっているんだと思います。そういう選手は「人間として」強いです。それはスポーツ選手に限らず、ですが。これが、いわゆる〝心の才能〟の一つでしょうか。

 他にも、強い選手は必ず口にする言葉があります。
「自分がどうなりたいか」「自分がどうしたいか」
「自分のやるべきことをやるだけ」
 このあたりは、別の機会で書くかもしれません。月陸の選手インタビューなどで共通点を探してみてください。

 ある年のインターハイ女子200m決勝で、ケガをしながら走り切って8位になり、泣きながら取材エリアに来た選手がいました。その選手はこう言いました。

「来年は絶対に勝ちます」

広告の下にコンテンツが続きます

 涙で顔はくしゃくしゃでしたがハッキリと口にしました。そして次の年、彼女はインターハイ短距離3冠を達成します。
言い切れる強さ、大事にしたいです

 U20日本記録を更新した時も、「絶対に更新する」と宣言して、秋に0.01秒更新しました。

 苦しい時期もたくさんあり、何度もくじけそうになりながら、こう言います。

「絶対にあきらめません」
「何年かかっても日本記録を抜きます」

広告の下にコンテンツが続きます

 彼女は今年、日本選手権で高2以来の表彰台に上り、日本インカレで優勝。久しぶりのタイトルを獲得しました。

「したいと思う」から「絶対にするんだ」。ほんのちょっと意識するだけでも、半歩前に進めるような気がします。

 次にコラムが回ってくるのは7週間後。もっといい文章を書けるようにがんばりたいと思います!!!

向永拓史(むかえ・ひろし)
月刊陸上競技編集部 新米編集部員
1983年8月30日生まれ。16★cm、★kg(全盛期のマラドーナと同じ)、O型。石川県金沢市生まれ、滋賀県育ち。両親の仕事の都合で多数の引っ越しを経験し、幼少期より「どうせ友達になっても離れる」とひねくれて育つ。運動音痴で絵を描くのが好きな少年だったが、小4の時に開幕したJリーグの影響で三浦知良に心酔し、天才漫画家になる未来を絶たれた。いろいろあって2011年全中以降、陸上競技の取材をすることになり、現在に至る。趣味は一人カラオケで、自己ベストは8時間。

編集部コラム第15回「続・ドーハの喜劇?」(小川)
編集部コラム第14回「初陣」(船越)
編集部コラム第13回「どうなる東京五輪マラソン&競歩!?」(松永)
編集部コラム第12回「高校陸上界史上最強校は?(男子編)」(大久保)
編集部コラム第11回「羽ばたけ日本の中距離!」(井上)
編集部コラム第10回「心を動かすもの」(山本)
編集部コラム第9回「混成競技のアレコレ」(向永)
編集部コラム第8回「アナウンス」(小川)
編集部コラム第7回「ジンクス」(船越)
編集部コラム第6回「学生駅伝を支える主務の存在」(松永)
編集部コラム第5回「他競技で活躍する陸上競技経験者」(大久保)
編集部コラム第4回「とらんすふぁ~」(井上)
編集部コラム第3回「リクジョウクエスト」(山本)
編集部コラム第2回「あんな選手を目指しなさい」(向永)
編集部コラム第1回「締め切りとIHと五輪」(小川)

広告の下にコンテンツが続きます
毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。 編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。 暇つぶし程度にご覧ください!

第16回「強い選手の共通点?(向永拓史)

 この編集部リレーコラムを「始めます!」と、社内で宣言した時はもっと楽だと思っていました。でも、実際に始めてみると大変。回ってくるの早いし。ということは、時が経つのは早いということですね。  トラックシーズンもほぼ終わりました。今年もたくさんの選手・指導者のみなさんに取材させていただきました。ありがとうございました。 強くなる選手の条件って?  たまーに聞かれることがあるんです。「取材していて強くなる選手ってわかるんですか?」とか「強い選手の共通点ってありますか?」と。  正直、誰が強くなるかなんて全っっっ然わかりません。わかりたいとも思わないですし、たとえわかったとしても何か変わるわけではないです。  でも、ある時(といってもだいぶ前ですが)、「おっ」と思ったことがあります。  試合後のインタビュー。だいたい、「次の目標は?」という質問が記者から飛びます。そんな時、どんな言葉が返って来るのか。 「来年はもっと成長して優勝したいと思います」  素晴らしいですよね。でも、こう言う選手がいると…… 「来年はもっと成長して絶対に優勝します」  なんか、こっちのほうが強そう。ほんの少しニュアンスが違うだけなのに。  目標に向かって話す時、それが願望なのか、決意なのかによって、表現が変わってくるんだと思います。  私もついつい、言います。 「あんな原稿が書いてみたい」 「こんな企画をやってみたい」 「そういうふうにやると成功すると思う」 「痩せたいと思っている」 〝何々したい〟という願望。そういう時ってだいたい、自分で実際に動いていない時な気がします。  成功する選手、結果を残す選手の多くは、「次はこうしたい」よりも「次はこうする」と言い切ることが多いように感じます。  もちろん全員そうではないし、成功している選手が全部言い切っているわけではないんです。逆に、「したいと思う」を実践して成功する選手もたくさんいます。だから、強くなる選手を予測するなんて不可能です。  でも、「こうするんだ」と言える人は、すでに次の段階が明確に見えていて、それを修正したり強化したりすれば、次の結果につながることがわかっているんだと思います。そういう選手は「人間として」強いです。それはスポーツ選手に限らず、ですが。これが、いわゆる〝心の才能〟の一つでしょうか。  他にも、強い選手は必ず口にする言葉があります。 「自分がどうなりたいか」「自分がどうしたいか」 「自分のやるべきことをやるだけ」  このあたりは、別の機会で書くかもしれません。月陸の選手インタビューなどで共通点を探してみてください。  ある年のインターハイ女子200m決勝で、ケガをしながら走り切って8位になり、泣きながら取材エリアに来た選手がいました。その選手はこう言いました。 「来年は絶対に勝ちます」  涙で顔はくしゃくしゃでしたがハッキリと口にしました。そして次の年、彼女はインターハイ短距離3冠を達成します。 言い切れる強さ、大事にしたいです  U20日本記録を更新した時も、「絶対に更新する」と宣言して、秋に0.01秒更新しました。  苦しい時期もたくさんあり、何度もくじけそうになりながら、こう言います。 「絶対にあきらめません」 「何年かかっても日本記録を抜きます」  彼女は今年、日本選手権で高2以来の表彰台に上り、日本インカレで優勝。久しぶりのタイトルを獲得しました。 「したいと思う」から「絶対にするんだ」。ほんのちょっと意識するだけでも、半歩前に進めるような気がします。  次にコラムが回ってくるのは7週間後。もっといい文章を書けるようにがんばりたいと思います!!!
向永拓史(むかえ・ひろし) 月刊陸上競技編集部 新米編集部員 1983年8月30日生まれ。16★cm、★kg(全盛期のマラドーナと同じ)、O型。石川県金沢市生まれ、滋賀県育ち。両親の仕事の都合で多数の引っ越しを経験し、幼少期より「どうせ友達になっても離れる」とひねくれて育つ。運動音痴で絵を描くのが好きな少年だったが、小4の時に開幕したJリーグの影響で三浦知良に心酔し、天才漫画家になる未来を絶たれた。いろいろあって2011年全中以降、陸上競技の取材をすることになり、現在に至る。趣味は一人カラオケで、自己ベストは8時間。
編集部コラム第15回「続・ドーハの喜劇?」(小川) 編集部コラム第14回「初陣」(船越) 編集部コラム第13回「どうなる東京五輪マラソン&競歩!?」(松永) 編集部コラム第12回「高校陸上界史上最強校は?(男子編)」(大久保) 編集部コラム第11回「羽ばたけ日本の中距離!」(井上) 編集部コラム第10回「心を動かすもの」(山本) 編集部コラム第9回「混成競技のアレコレ」(向永) 編集部コラム第8回「アナウンス」(小川) 編集部コラム第7回「ジンクス」(船越) 編集部コラム第6回「学生駅伝を支える主務の存在」(松永) 編集部コラム第5回「他競技で活躍する陸上競技経験者」(大久保) 編集部コラム第4回「とらんすふぁ~」(井上) 編集部コラム第3回「リクジョウクエスト」(山本) 編集部コラム第2回「あんな選手を目指しなさい」(向永) 編集部コラム第1回「締め切りとIHと五輪」(小川)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

パリ五輪代表ラスト1枠に届くか!?大阪マラソン、今日9時15分に号砲

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS クロカン日本一と世界クロカン代表切符を懸けて!福岡で日本選手権&U20日本選手権クロカンが今日昼に開催!田中希実は福岡クロカン2km出場

2024.02.25

クロカン日本一と世界クロカン代表切符を懸けて!福岡で日本選手権&U20日本選手権クロカンが今日昼に開催!田中希実は福岡クロカン2km出場

第107回日本選手権クロスカントリー、第39回U20日本選手権クロスカントリーは今日2月25日、福岡・海の中道海浜公園を舞台に行われる。 この大会は3月30日に開催される「2024年世界クロスカントリー選手権」の代表選考 […]

NEWS 国公立27大学対校駅伝 男子は中盤から抜け出した信州大がV 女子は群馬大が2区以降独走で制す

2024.02.24

国公立27大学対校駅伝 男子は中盤から抜け出した信州大がV 女子は群馬大が2区以降独走で制す

第20回国公立27大学対校駅伝は2月24日、埼玉県熊谷市の熊谷スポーツ文化公園で行われ、国公立大がタスキを男子対校(6区間38.54km)は信州大が1時間55分45秒で、女子対校(4区間16.24km)は群馬大が59分2 […]

NEWS ユニクロが康本花梨の退職を発表 2013年全国高校駅伝3位メンバー 800mで全日本実業団入賞、昨年は自己ベスト更新

2024.02.24

ユニクロが康本花梨の退職を発表 2013年全国高校駅伝3位メンバー 800mで全日本実業団入賞、昨年は自己ベスト更新

ユニクロは2月24日、SNSを更新し、女子中距離の康本花梨が退部、退職したと発表した。 兵庫県出身の康本は実業団5年目。高校時代(兵庫・須磨学園高)は2年時の2013年全国高校駅伝で3区を務め、チームは3位に入った。15 […]

NEWS 髙橋渚が走高跳日本歴代8位の1m87 真野友博2m27 本郷汰樹100m10秒22 200mは西裕大20秒55w 鶴田玲美23秒06w/WAコンチネンタルツアー

2024.02.24

髙橋渚が走高跳日本歴代8位の1m87 真野友博2m27 本郷汰樹100m10秒22 200mは西裕大20秒55w 鶴田玲美23秒06w/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズラベルのインターナショナル・トラック・ミート2024が2月24日、ニュージーランドのクライストチャーチで行われ、日本から男女28人が出場。女子走高跳では髙橋渚(センコー)が日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top