月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

200mはライルズ2連覇で米国勢上位独占 ジャクソン大会新V 男女ともに驚異的な世界記録に迫る快走/世界陸上Day7


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)7日目

オレゴン世界陸上7日目は男女の200mで決勝が行われ、男子はノア・ライルズ(米国)が2連覇。女子はシェリカ・ジャクソン(ジャマイカ)が初優勝を果たした。

7月18日に25歳を迎えたばかりのライルズは3年前のドーハ大会覇者。昨年の東京五輪でも金メダル候補だったが、銅メダルに終わっている。それだけに世界一奪還を目指していた。

その思いを序盤からレースにぶつける。100mの通過は10秒15。2番手のベドナレクに0.11差をつけてホームストレートへ。さらにここから他を圧倒した。

速報表示は19秒32。米国のレジェンド、マイケル・ジョンソンが1996年にアトランタ五輪で出した米国記録19秒32(当時の世界記録)に並んだ。「(感覚としては)遅いと思っていた」というライルズは驚きつつも、同タイムに少しイライラしていたという。それから間もなくして正式計時が19秒31(+0.4)と発表されると、「気分も良くなったよ」と振り返った。

19秒31はウサイン・ボルト(ジャマイカ)の世界記録19秒19(2009年)と0.12秒差の世界歴代3位。自己記録を0.19秒更新する会心のレースだった。「今日は私の日」と誇らしげな様子のライルズ。後半の100mは9秒16は、ジョンソンが出した19秒32の後半(9秒20)よりも0.04秒速かった。

2位にはベドナレクが19秒77で入り、今季、19秒49をマークしている18歳のエリヨン・ナイトン(米国)が19秒80が3位と、男子100mに続き、米国勢がトップ3まで独占した。

また、ジャクソンも後半に強さを発揮した。

決勝は4レーン。6レーンに今大会100m金メダルのシェリー・アン・フレイザー・プライス(ジャマイカ)が入った。「シェリー・アンのコーナー走はおそらく世界最高。私が金メダルを手に入れたいのなら、できるだけうまく走らなければならないことはわかっていました」。前半の100mは11秒04。フレイザー・プライスと0.01秒差の2位につけると、「ホームストレートに入ったら私が強い」と、後半は一気に差を広げた。

自己記録を0.10秒更新する21秒45(+0.6)の大会新記録で優勝したジャクソン。1988年にフローレンス・グリフィス・ジョイナーがマークした世界記録21秒34に0.11秒と迫る世界歴代2位だった。「金メダルを勝ち取るために最善を尽くしました」。

ジャクソンにとっても雪辱戦だった。元々は400mで実績があり、2016年リオ五輪は銅メダル。世界選手権も2度銅メダルを手にしている。昨年ショートスプリントに転向し、東京五輪では100mで銅メダル。だが、200mは予選落ちと苦杯をなめた。

今季はジャマイカ選手権で21秒55をマークしており、オレゴンでは優勝候補。先に行われた100mで世界歴代7位タイの10秒73で銀メダルを獲得しており、好調ぶりを見せていた。

日本勢は男子やり投予選のA組に出場したディーン元気(ミズノ)がシーズンベストの82m34をマーク。予選通過記録の83m50には届かなかったが、全体では7番目(A組4位)で決勝進出を決めている。B組の小椋健司(栃木県スポ協)は78m48(B組10位)で敗退した。

女子800m予選には、今大会3種目めとなる田中希実(豊田自動織機)が出場。2分03秒56で6組7着に終わり、準決勝に進めなかった。男子5000m予選2組に登場した遠藤日向(住友電工)は13分47秒07で13着と敗退した。

男子三段跳予選には、昨年5月にアキレス腱を断裂したクリスチャン・テイラー(米国)が出場したものの、16m48(+0.3)で18番目(A組9位)。決勝進出はならず、連覇は3でストップした。

■7日目優勝者一覧
【男子】
200m ノア・ライルズ(米国)       19秒31(+0.4)=世界歴代3位
【女子】
200m シェリカ・ジャクソン(ジャマイカ) 21秒45(+0.6)=世界歴代2位、大会新

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com