HOME 駅伝、箱根駅伝

2023.04.03

東京国際大前監督の大志田秀次氏がHondaエグゼクティブアドバイザーに就任「世界で戦える選手を」
東京国際大前監督の大志田秀次氏がHondaエグゼクティブアドバイザーに就任「世界で戦える選手を」

2011年から約12年間東京国際大の監督を務めていた大志田秀次氏

2011年から今年1月まで東京国際大の駅伝部監督を務めた大志田秀次氏が、Hondaのエグゼクティブアドバイザーに就任したことが発表された。

大志田氏は1962年生まれ。中大時代に箱根駅伝8区区間賞など活躍し、本田技研(現・Honda)時代にはアジア大会1500m優勝などの実績を持つ。引退後は1991年から2001年まで本田技研コーチを務め、94年から99年までは中大コーチも兼務した。

2011年に東京国際大の監督に就任。16年に箱根駅伝初出場を果たすと、18年から今年まで6年連続で出場し、20年と22年には5位と躍進。さらに21年には出雲駅伝で優勝を飾るなど、新興チームから強豪校へと押し上げた。今年の箱根駅伝は11位で4年連続シード権を逃し、大会後に監督退任が発表されていた。

その間、東京五輪・オレゴン世界選手権10000m代表の伊藤達彦や、丹所健、イェゴン・ヴィンセントといった今年の4年生世代などを指導。その3人が所属するHondaで再び師弟関係を結ぶことになり、「世界で戦える選手(個)を育成し、その個を集結させ更に強いチーム作りに貢献して参ります(原文ママ)」とコメントしている。

2011年から今年1月まで東京国際大の駅伝部監督を務めた大志田秀次氏が、Hondaのエグゼクティブアドバイザーに就任したことが発表された。 大志田氏は1962年生まれ。中大時代に箱根駅伝8区区間賞など活躍し、本田技研(現・Honda)時代にはアジア大会1500m優勝などの実績を持つ。引退後は1991年から2001年まで本田技研コーチを務め、94年から99年までは中大コーチも兼務した。 2011年に東京国際大の監督に就任。16年に箱根駅伝初出場を果たすと、18年から今年まで6年連続で出場し、20年と22年には5位と躍進。さらに21年には出雲駅伝で優勝を飾るなど、新興チームから強豪校へと押し上げた。今年の箱根駅伝は11位で4年連続シード権を逃し、大会後に監督退任が発表されていた。 その間、東京五輪・オレゴン世界選手権10000m代表の伊藤達彦や、丹所健、イェゴン・ヴィンセントといった今年の4年生世代などを指導。その3人が所属するHondaで再び師弟関係を結ぶことになり、「世界で戦える選手(個)を育成し、その個を集結させ更に強いチーム作りに貢献して参ります(原文ママ)」とコメントしている。

Hondaエグゼクティブアドバイザーに就任した大志田氏のコメント全文

この度、陸上競技部のエグゼクティブ・アドバイザーに就任致しました。 「ニューイヤー駅伝」連覇のチームの一員に迎えていただき感謝とその責務に引き締まる思いです。 小川監督のもと、世界で戦える選手(個)を育成し、その個を集結させ更に強いチーム作りに貢献して参ります。 私の指導のモットーは、夢をもち、志を高く、挑戦していく事です。 この言葉を大切に、皆様方のご期待に応えて参りたいと存じます。 ご声援よろしくお願いいたします。

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の選考競技 […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top