HOME 編集部コラム

2020.02.28

編集部コラム「記録と順位」
編集部コラム「記録と順位」

毎週金曜日更新!?

★月陸編集部★

広告の下にコンテンツが続きます

攻め(?)のアンダーハンド

リレーコラム🔥

毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ!
陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。
編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。
暇つぶし程度にご覧ください!

第31回「記録と順位(山本慎一郎)

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、各地のロードレースや競技会が中止や縮小を余儀なくされています。トラックシーズンの開幕を控えるアスリートのみなさんも、万全の状態でシーズンインを迎えられるよう願っています。

広告の下にコンテンツが続きます

そんな中で大会の規模を縮小して開催されるのが3月1日(日)の東京マラソンです。今回はレベルの高い参加標準記録を突破した「エリート」枠と招待選手のみが出走できることになり、前身である「東京国際マラソン」を思い起こさせるような大会となりそうです。

昨年の東京マラソンは雨でした

最近の長距離界は競技結果もそうですが、シューズにも注目が集まっています。その中心にいるのは何と言ってもナイキの厚底シューズですが、ここにきて他社も追撃態勢を整えつつあります。東京五輪を見据えて新作が続々と発表されており、徐々に勢力図が変わるかもしれません。

以下が主要メーカーが発表しているトップモデルです。

・アシックス:METARACER(メタレーサー)

広告の下にコンテンツが続きます

・アディダス:adizero Pro(アディゼロ プロ)

・オン:Cloudflash(クラウドフラッシュ)

・ナイキ:エア ズーム アルファフライ ネクスト%

・ブルックス:ハイペリオンエリート

広告の下にコンテンツが続きます

・ミズノ:ウェーブデュエルシリーズ ※詳細は未発表

・ニューバランス:FuelCell(フューエルセル) RC Elite

・ホカオネオネ:Carbon X(カーボンエックス)

・リーボック:フロートライド ラン ファスト プロ

広告の下にコンテンツが続きます

シューズの飛躍的な進化によって、過去の記録との比較がしづらくなる面はあるかもしれません。しかし、シューズに関するルールが世界陸連から発表された以上、この勢いはしばらく止まらないでしょう。今はマラソンやロードレースという種目が変わっていく転換期なのだと感じます。

それでも、「記録」は気象条件やテクノロジーなどさまざまな要素が関係しますが、「順位」は不変のものです。同じ舞台で勝負をして、勝った者が強い。どんなに時代が流れても、「この大会で何位だった」という事実が変わることはありません。たとえ記録水準が低くても、同じ舞台に立たない限りは白黒はつけられないものです。だから勝者は称えられるのです。

東京の後も、マラソンは名古屋ウィメンズとびわ湖が続きます。東京五輪の選考レースである以上、どうしても記録に目が行きがちではありますが、その大会ごとの「勝者」に敬意を表する姿勢を忘れてはいけないなと感じます。

山本慎一郎(やまもとしんいちろう)
月刊陸上競技 編集部(兼企画営業部)企画課長
1983年1月生まれ。福島県いわき市出身。160cm、47kg(ピーク時)。植田中→磐城高→福島大→法大卒。中学では1学年下の村上康則(2010年日本選手権1500m覇者)と一緒に駅伝を走り、その才能を間近で見て挫折。懲りずに高校で都大路、大学で箱根駅伝を目指すも、いずれも未達に終わる。引退するタイミングを逸して現在も市民ランナーとして活動中。シューズマニアの一面も持ち、取材の際にはいつも選手の足元が気になってしまう。

 
編集部コラム第30回「答えを見つけ出す面白さ」(向永)
編集部コラム第29回「初めてのオリンピック」(小川)
編集部コラム第28回「人生意気に感ず」(船越)
編集部コラム第27回「学生駅伝〝区間賞〟に関するアレコレ」(松永)
編集部コラム第26回「2019年度 陸上界ナンバーワン都道府県は?」(大久保)
編集部コラム第25回「全国男子駅伝の〝私見〟大会展望」(井上)
編集部コラム第24回「箱根駅伝の高速化を検証」(山本)
編集部コラム番外編「勝負師の顔」(山本)
編集部コラム第23回「みんなキラキラ」(向永)
編集部コラム第22回「国立競技場」(小川)
編集部コラム第21回「〝がんばれ〟という言葉の力と呪縛」(船越)
編集部コラム第20回「日本記録樹立者を世代別にまとめてみた」(松永)
編集部コラム第19回「高校陸上界史上最強校は?(女子編)」(大久保)
編集部コラム第18回「独断で選ぶ全国高校駅伝5選」(井上)
編集部コラム第17回「リクジョウクエスト2~そして月陸へ~」(山本)
編集部コラム第16回「強い選手の共通点?」(向永)
編集部コラム第15回「続・ドーハの喜劇?」(小川)
編集部コラム第14回「初陣」(船越)
編集部コラム第13回「どうなる東京五輪マラソン&競歩!?」(松永)
編集部コラム第12回「高校陸上界史上最強校は?(男子編)」(大久保)
編集部コラム第11回「羽ばたけ日本の中距離!」(井上)
編集部コラム第10回「心を動かすもの」(山本)
編集部コラム第9回「混成競技のアレコレ」(向永)
編集部コラム第8回「アナウンス」(小川)
編集部コラム第7回「ジンクス」(船越)
編集部コラム第6回「学生駅伝を支える主務の存在」(松永)
編集部コラム第5回「他競技で活躍する陸上競技経験者」(大久保)
編集部コラム第4回「とらんすふぁ~」(井上)
編集部コラム第3回「リクジョウクエスト」(山本)
編集部コラム第2回「あんな選手を目指しなさい」(向永)
編集部コラム第1回「締め切りとIHと五輪」(小川)

広告の下にコンテンツが続きます
毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。 編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。 暇つぶし程度にご覧ください!

第31回「記録と順位(山本慎一郎)

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、各地のロードレースや競技会が中止や縮小を余儀なくされています。トラックシーズンの開幕を控えるアスリートのみなさんも、万全の状態でシーズンインを迎えられるよう願っています。 そんな中で大会の規模を縮小して開催されるのが3月1日(日)の東京マラソンです。今回はレベルの高い参加標準記録を突破した「エリート」枠と招待選手のみが出走できることになり、前身である「東京国際マラソン」を思い起こさせるような大会となりそうです。 昨年の東京マラソンは雨でした 最近の長距離界は競技結果もそうですが、シューズにも注目が集まっています。その中心にいるのは何と言ってもナイキの厚底シューズですが、ここにきて他社も追撃態勢を整えつつあります。東京五輪を見据えて新作が続々と発表されており、徐々に勢力図が変わるかもしれません。 以下が主要メーカーが発表しているトップモデルです。 ・アシックス:METARACER(メタレーサー) ・アディダス:adizero Pro(アディゼロ プロ) ・オン:Cloudflash(クラウドフラッシュ) ・ナイキ:エア ズーム アルファフライ ネクスト% ・ブルックス:ハイペリオンエリート ・ミズノ:ウェーブデュエルシリーズ ※詳細は未発表 ・ニューバランス:FuelCell(フューエルセル) RC Elite ・ホカオネオネ:Carbon X(カーボンエックス) ・リーボック:フロートライド ラン ファスト プロ シューズの飛躍的な進化によって、過去の記録との比較がしづらくなる面はあるかもしれません。しかし、シューズに関するルールが世界陸連から発表された以上、この勢いはしばらく止まらないでしょう。今はマラソンやロードレースという種目が変わっていく転換期なのだと感じます。 それでも、「記録」は気象条件やテクノロジーなどさまざまな要素が関係しますが、「順位」は不変のものです。同じ舞台で勝負をして、勝った者が強い。どんなに時代が流れても、「この大会で何位だった」という事実が変わることはありません。たとえ記録水準が低くても、同じ舞台に立たない限りは白黒はつけられないものです。だから勝者は称えられるのです。 東京の後も、マラソンは名古屋ウィメンズとびわ湖が続きます。東京五輪の選考レースである以上、どうしても記録に目が行きがちではありますが、その大会ごとの「勝者」に敬意を表する姿勢を忘れてはいけないなと感じます。
山本慎一郎(やまもとしんいちろう) 月刊陸上競技 編集部(兼企画営業部)企画課長 1983年1月生まれ。福島県いわき市出身。160cm、47kg(ピーク時)。植田中→磐城高→福島大→法大卒。中学では1学年下の村上康則(2010年日本選手権1500m覇者)と一緒に駅伝を走り、その才能を間近で見て挫折。懲りずに高校で都大路、大学で箱根駅伝を目指すも、いずれも未達に終わる。引退するタイミングを逸して現在も市民ランナーとして活動中。シューズマニアの一面も持ち、取材の際にはいつも選手の足元が気になってしまう。
  編集部コラム第30回「答えを見つけ出す面白さ」(向永) 編集部コラム第29回「初めてのオリンピック」(小川) 編集部コラム第28回「人生意気に感ず」(船越) 編集部コラム第27回「学生駅伝〝区間賞〟に関するアレコレ」(松永) 編集部コラム第26回「2019年度 陸上界ナンバーワン都道府県は?」(大久保) 編集部コラム第25回「全国男子駅伝の〝私見〟大会展望」(井上) 編集部コラム第24回「箱根駅伝の高速化を検証」(山本) 編集部コラム番外編「勝負師の顔」(山本) 編集部コラム第23回「みんなキラキラ」(向永) 編集部コラム第22回「国立競技場」(小川) 編集部コラム第21回「〝がんばれ〟という言葉の力と呪縛」(船越) 編集部コラム第20回「日本記録樹立者を世代別にまとめてみた」(松永) 編集部コラム第19回「高校陸上界史上最強校は?(女子編)」(大久保) 編集部コラム第18回「独断で選ぶ全国高校駅伝5選」(井上) 編集部コラム第17回「リクジョウクエスト2~そして月陸へ~」(山本) 編集部コラム第16回「強い選手の共通点?」(向永) 編集部コラム第15回「続・ドーハの喜劇?」(小川) 編集部コラム第14回「初陣」(船越) 編集部コラム第13回「どうなる東京五輪マラソン&競歩!?」(松永) 編集部コラム第12回「高校陸上界史上最強校は?(男子編)」(大久保) 編集部コラム第11回「羽ばたけ日本の中距離!」(井上) 編集部コラム第10回「心を動かすもの」(山本) 編集部コラム第9回「混成競技のアレコレ」(向永) 編集部コラム第8回「アナウンス」(小川) 編集部コラム第7回「ジンクス」(船越) 編集部コラム第6回「学生駅伝を支える主務の存在」(松永) 編集部コラム第5回「他競技で活躍する陸上競技経験者」(大久保) 編集部コラム第4回「とらんすふぁ~」(井上) 編集部コラム第3回「リクジョウクエスト」(山本) 編集部コラム第2回「あんな選手を目指しなさい」(向永) 編集部コラム第1回「締め切りとIHと五輪」(小川)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

パリ五輪代表ラスト1枠に届くか!?大阪マラソン、今日9時15分に号砲

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS クロカン日本一と世界クロカン代表切符を懸けて!福岡で日本選手権&U20日本選手権クロカンが今日昼に開催!田中希実は福岡クロカン2km出場

2024.02.25

クロカン日本一と世界クロカン代表切符を懸けて!福岡で日本選手権&U20日本選手権クロカンが今日昼に開催!田中希実は福岡クロカン2km出場

第107回日本選手権クロスカントリー、第39回U20日本選手権クロスカントリーは今日2月25日、福岡・海の中道海浜公園を舞台に行われる。 この大会は3月30日に開催される「2024年世界クロスカントリー選手権」の代表選考 […]

NEWS 国公立27大学対校駅伝 男子は中盤から抜け出した信州大がV 女子は群馬大が2区以降独走で制す

2024.02.24

国公立27大学対校駅伝 男子は中盤から抜け出した信州大がV 女子は群馬大が2区以降独走で制す

第20回国公立27大学対校駅伝は2月24日、埼玉県熊谷市の熊谷スポーツ文化公園で行われ、国公立大がタスキを男子対校(6区間38.54km)は信州大が1時間55分45秒で、女子対校(4区間16.24km)は群馬大が59分2 […]

NEWS ユニクロが康本花梨の退職を発表 2013年全国高校駅伝3位メンバー 800mで全日本実業団入賞、昨年は自己ベスト更新

2024.02.24

ユニクロが康本花梨の退職を発表 2013年全国高校駅伝3位メンバー 800mで全日本実業団入賞、昨年は自己ベスト更新

ユニクロは2月24日、SNSを更新し、女子中距離の康本花梨が退部、退職したと発表した。 兵庫県出身の康本は実業団5年目。高校時代(兵庫・須磨学園高)は2年時の2013年全国高校駅伝で3区を務め、チームは3位に入った。15 […]

NEWS 髙橋渚が走高跳日本歴代8位の1m87 真野友博2m27 本郷汰樹100m10秒22 200mは西裕大20秒55w 鶴田玲美23秒06w/WAコンチネンタルツアー

2024.02.24

髙橋渚が走高跳日本歴代8位の1m87 真野友博2m27 本郷汰樹100m10秒22 200mは西裕大20秒55w 鶴田玲美23秒06w/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズラベルのインターナショナル・トラック・ミート2024が2月24日、ニュージーランドのクライストチャーチで行われ、日本から男女28人が出場。女子走高跳では髙橋渚(センコー)が日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top