HOME 編集部コラム

2020.02.14

編集部コラム「初めてのオリンピック」(小川雅生)
編集部コラム「初めてのオリンピック」(小川雅生)

毎週金曜日更新!?

★月陸編集部★

攻め(?)のアンダーハンド

リレーコラム🔥

毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ!
陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。
編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。
暇つぶし程度にご覧ください!

第29回「初めてのオリンピック(小川雅生)

 東京オリンピック・パラリンピック開幕まで半年を切り、緊張感と高揚感が入り交じる、何とも言えない空気感が広がっています。

 陸上競技は、ロード種目の代表選考会が佳境を迎えます。マラソンは3月1日の東京、3月8日のびわ湖毎日、名古屋ウィメンズを残すのみ。競歩も2月16日の日本選手権と3月15日の全日本競歩能美大会で男女20㎞が決まり、4月12日の日本選手権50㎞で締めくくりとなります。

 果たして、誰が東京五輪代表の座を手にするのでしょうか。お近くの方はぜひ、五輪選考会独特の雰囲気を味わいに、現地に行ってみてください!

 ところで、みなさんが記憶に残っている最初のオリンピックはどの大会でしょうか?

 陸上競技だけでも、記憶に残るシーンは数え切れないほどあります。桐生祥秀選手は、テレビで観た最初の五輪として、2008年の北京五輪で男子4×100mリレーが銀メダル(当時は銅メダルでした)を取ったシーンを挙げています。おそらく、みなさんにもそれぞれの「初めてのオリンピック」があることでしょう。

 私が記憶に残っている最初のオリンピックは、1988年ソウル大会です。当時小学校5年生でしたが、男子100mでのベン・ジョンソン(カナダ)とカール・ルイス(米国)の激闘を、予選からつぶさに観たことを覚えています。クラスでは、ルイスが何度もジョンソンを見て、最後はあきらめの表情を浮かべたものまねが流行りました(もちろん、ベンジョンソンの衝撃のドーピング違反も覚えています……)。

 でも、現地で初めて観たオリンピックのほうが、今でも強烈に胸に残っています。

 それは北京五輪でした。この時は仕事ではなく、前半3日間だけのチケット付き観戦ツアーでした。

 その2日目の男子100m決勝。ツアーにはついていなかったのですが、何とかチケットを手に入れて、フィニッシュライン斜め上の3階席から、〝伝説の始まり〟に立ち会いました。

 ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が、両手を広げ、身体を横に向けながらフィニッシュし、9秒69の当時世界新記録を樹立した、あのレースです。
ボルトの〝伝説〟の始まりとなった2008年北京五輪男子100mファイナル

 思わず立ち上がって、歓声を上げていました。夢中で拍手を送っていました。このレースを観ることができただけで、来た甲斐があったと思いました。そして、

「オリンピックって、やっぱりいいな」

 と心底思いました。オリンピックが持つ力の大きさを、体中で体感しました。

 この夏、東京でそんな想いをたくさんの人に感じてほしいと、私は思っています。

 できれば、1人でも多くの方々に国立競技場で味わってもらいたいですが、時差がないので、テレビで観る機会はいつも以上にたくさんあるはずです。

「オリンピックって、いいね」

 そう感じてくれる人が、たくさんいてくれる東京五輪になればと願います。

国立競技場でどんな名シーンが生まれるでしょうか

小川雅生(おがわ・まさお)
月刊陸上競技編集部 部長
1977年7月12日生まれ、後厄の42歳。173cm、71kg、AB型。大阪府東大阪市で出生、兵庫県尼崎市育ち。塚口中→尼崎北高→甲南大。3つ年上の兄の影響で中学から陸上部に入り、大学まで取り組む(専門種目はハードル)。塚口中3年の時、OBで1992年バルセロナ五輪男子走幅跳代表の森長正樹さんの壮行会で生徒会長として花束を渡したが、当時の新聞には私の隣にいた書記のコメントが載っていたという実績を持つ。今季の目標は体重と尿酸値(8.9)の短縮。

編集部コラム第28回「人生意気に感ず」(船越)
編集部コラム第27回「学生駅伝〝区間賞〟に関するアレコレ」(松永)
編集部コラム第26回「2019年度 陸上界ナンバーワン都道府県は?」(大久保)
編集部コラム第25回「全国男子駅伝の〝私見〟大会展望」(井上)
編集部コラム第24回「箱根駅伝の高速化を検証」(山本)
編集部コラム番外編「勝負師の顔」(山本)
編集部コラム第23回「みんなキラキラ」(向永)
編集部コラム第22回「国立競技場」(小川)
編集部コラム第21回「〝がんばれ〟という言葉の力と呪縛」(船越)
編集部コラム第20回「日本記録樹立者を世代別にまとめてみた」(松永)
編集部コラム第19回「高校陸上界史上最強校は?(女子編)」(大久保)
編集部コラム第18回「独断で選ぶ全国高校駅伝5選」(井上)
編集部コラム第17回「リクジョウクエスト2~そして月陸へ~」(山本)
編集部コラム第16回「強い選手の共通点?」(向永)
編集部コラム第15回「続・ドーハの喜劇?」(小川)
編集部コラム第14回「初陣」(船越)
編集部コラム第13回「どうなる東京五輪マラソン&競歩!?」(松永)
編集部コラム第12回「高校陸上界史上最強校は?(男子編)」(大久保)
編集部コラム第11回「羽ばたけ日本の中距離!」(井上)
編集部コラム第10回「心を動かすもの」(山本)
編集部コラム第9回「混成競技のアレコレ」(向永)
編集部コラム第8回「アナウンス」(小川)
編集部コラム第7回「ジンクス」(船越)
編集部コラム第6回「学生駅伝を支える主務の存在」(松永)
編集部コラム第5回「他競技で活躍する陸上競技経験者」(大久保)
編集部コラム第4回「とらんすふぁ~」(井上)
編集部コラム第3回「リクジョウクエスト」(山本)
編集部コラム第2回「あんな選手を目指しなさい」(向永)
編集部コラム第1回「締め切りとIHと五輪」(小川)

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。 編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。 暇つぶし程度にご覧ください!

第29回「初めてのオリンピック(小川雅生)

 東京オリンピック・パラリンピック開幕まで半年を切り、緊張感と高揚感が入り交じる、何とも言えない空気感が広がっています。  陸上競技は、ロード種目の代表選考会が佳境を迎えます。マラソンは3月1日の東京、3月8日のびわ湖毎日、名古屋ウィメンズを残すのみ。競歩も2月16日の日本選手権と3月15日の全日本競歩能美大会で男女20㎞が決まり、4月12日の日本選手権50㎞で締めくくりとなります。  果たして、誰が東京五輪代表の座を手にするのでしょうか。お近くの方はぜひ、五輪選考会独特の雰囲気を味わいに、現地に行ってみてください!  ところで、みなさんが記憶に残っている最初のオリンピックはどの大会でしょうか?  陸上競技だけでも、記憶に残るシーンは数え切れないほどあります。桐生祥秀選手は、テレビで観た最初の五輪として、2008年の北京五輪で男子4×100mリレーが銀メダル(当時は銅メダルでした)を取ったシーンを挙げています。おそらく、みなさんにもそれぞれの「初めてのオリンピック」があることでしょう。  私が記憶に残っている最初のオリンピックは、1988年ソウル大会です。当時小学校5年生でしたが、男子100mでのベン・ジョンソン(カナダ)とカール・ルイス(米国)の激闘を、予選からつぶさに観たことを覚えています。クラスでは、ルイスが何度もジョンソンを見て、最後はあきらめの表情を浮かべたものまねが流行りました(もちろん、ベンジョンソンの衝撃のドーピング違反も覚えています……)。  でも、現地で初めて観たオリンピックのほうが、今でも強烈に胸に残っています。  それは北京五輪でした。この時は仕事ではなく、前半3日間だけのチケット付き観戦ツアーでした。  その2日目の男子100m決勝。ツアーにはついていなかったのですが、何とかチケットを手に入れて、フィニッシュライン斜め上の3階席から、〝伝説の始まり〟に立ち会いました。  ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が、両手を広げ、身体を横に向けながらフィニッシュし、9秒69の当時世界新記録を樹立した、あのレースです。 ボルトの〝伝説〟の始まりとなった2008年北京五輪男子100mファイナル  思わず立ち上がって、歓声を上げていました。夢中で拍手を送っていました。このレースを観ることができただけで、来た甲斐があったと思いました。そして、 「オリンピックって、やっぱりいいな」  と心底思いました。オリンピックが持つ力の大きさを、体中で体感しました。  この夏、東京でそんな想いをたくさんの人に感じてほしいと、私は思っています。  できれば、1人でも多くの方々に国立競技場で味わってもらいたいですが、時差がないので、テレビで観る機会はいつも以上にたくさんあるはずです。 「オリンピックって、いいね」  そう感じてくれる人が、たくさんいてくれる東京五輪になればと願います。 国立競技場でどんな名シーンが生まれるでしょうか
小川雅生(おがわ・まさお) 月刊陸上競技編集部 部長 1977年7月12日生まれ、後厄の42歳。173cm、71kg、AB型。大阪府東大阪市で出生、兵庫県尼崎市育ち。塚口中→尼崎北高→甲南大。3つ年上の兄の影響で中学から陸上部に入り、大学まで取り組む(専門種目はハードル)。塚口中3年の時、OBで1992年バルセロナ五輪男子走幅跳代表の森長正樹さんの壮行会で生徒会長として花束を渡したが、当時の新聞には私の隣にいた書記のコメントが載っていたという実績を持つ。今季の目標は体重と尿酸値(8.9)の短縮。
編集部コラム第28回「人生意気に感ず」(船越) 編集部コラム第27回「学生駅伝〝区間賞〟に関するアレコレ」(松永) 編集部コラム第26回「2019年度 陸上界ナンバーワン都道府県は?」(大久保) 編集部コラム第25回「全国男子駅伝の〝私見〟大会展望」(井上) 編集部コラム第24回「箱根駅伝の高速化を検証」(山本) 編集部コラム番外編「勝負師の顔」(山本) 編集部コラム第23回「みんなキラキラ」(向永) 編集部コラム第22回「国立競技場」(小川) 編集部コラム第21回「〝がんばれ〟という言葉の力と呪縛」(船越) 編集部コラム第20回「日本記録樹立者を世代別にまとめてみた」(松永) 編集部コラム第19回「高校陸上界史上最強校は?(女子編)」(大久保) 編集部コラム第18回「独断で選ぶ全国高校駅伝5選」(井上) 編集部コラム第17回「リクジョウクエスト2~そして月陸へ~」(山本) 編集部コラム第16回「強い選手の共通点?」(向永) 編集部コラム第15回「続・ドーハの喜劇?」(小川) 編集部コラム第14回「初陣」(船越) 編集部コラム第13回「どうなる東京五輪マラソン&競歩!?」(松永) 編集部コラム第12回「高校陸上界史上最強校は?(男子編)」(大久保) 編集部コラム第11回「羽ばたけ日本の中距離!」(井上) 編集部コラム第10回「心を動かすもの」(山本) 編集部コラム第9回「混成競技のアレコレ」(向永) 編集部コラム第8回「アナウンス」(小川) 編集部コラム第7回「ジンクス」(船越) 編集部コラム第6回「学生駅伝を支える主務の存在」(松永) 編集部コラム第5回「他競技で活躍する陸上競技経験者」(大久保) 編集部コラム第4回「とらんすふぁ~」(井上) 編集部コラム第3回「リクジョウクエスト」(山本) 編集部コラム第2回「あんな選手を目指しなさい」(向永) 編集部コラム第1回「締め切りとIHと五輪」(小川)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

NEWS 泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

2024.06.20

泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

男子110mハードルで今夏のパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)が6月20日、都内で行われたナイキのイベントに出席。五輪に向けての意気込みなどを語った。 泉谷は昨年のブダペスト世界選手権で5位に入賞。4月20日 […]

NEWS エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top