HOME 大会結果

2023.08.31

【大会結果】ブダペスト世界陸上(2023年8月19日~27日)
【大会結果】ブダペスト世界陸上(2023年8月19日~27日)

【大会結果ブダペスト世界陸上(2023年8月19日~27日/ハンガリー)

男子

100m(±0)
 N.ライルズ(米国)  9秒83
 L.テボゴ(ボツワナ) 9秒88
 Z.ヒューズ(英国)  9秒88
[日本代表]
サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)
予選:6組1着 10秒07(-0.4)=準決勝進出
準決勝:1組2着 9秒97(+0.3)=決勝進出
決勝:6位 10秒04(±0)
坂井隆一郎(大阪ガス)
予選:4組5着 10秒22(-0.4)
栁田大輝(東洋大)
予選:7組3着タイ 10秒20(-0.1)=準決勝進出
準決勝:2組7着 10秒14(±0)

広告の下にコンテンツが続きます

200m(-0.2)
 N.ライルズ(米国)  19秒52
 E.ナイトン(米国)  19秒75
 L.テボゴ(ボツワナ) 19秒81
[日本代表]
鵜澤飛羽(筑波大)
予選:5組1着 20秒34(-0.2)=準決勝進出
準決勝:3組5着20秒33(-0.4)
上山紘輝(住友電工)
予選:4組4着 20秒66(-0.2)
飯塚翔太(ミズノ)
予選:1組4着 20秒27(± 0)=準決勝進出
準決勝:1組7着20秒54(-0.1)

400m
 A.ワトソン(ジャマイカ) 44秒22
 M.ハドソン・スミス(英国)44秒31
 Q.ホール(米国)     44秒37
[日本代表]
佐藤拳太郎(富士通)
予選:1組2着44秒77=準決勝進出、日本新
準決勝:1組5着44秒99
中島佑気ジョセフ(東洋大)
予選:5組3着45秒15=準決勝進出
準決勝:3組3着45秒04=自己新
佐藤風雅(ミズノ)
予選:4組2着44秒97=準決勝進出、自己新
準決勝:2組4着44秒88=自己新

800m
 M.アロップ(カナダ)  1分44秒24
 E.ワニョンビ(ケニア) 1分44秒53
 B.パティソン(英国)  1分44秒83

1500m
 J.カー(英国)       3分29秒38
 J.インゲブリグトセン(ノルウェー) 3分29秒65
 N.G.ノルドス(ノルウェー) 3分29秒68

広告の下にコンテンツが続きます

5000m
 J.インゲブリグトセン(ノルウェー) 13分11秒30
 M.カティル(スペイン)       13分11秒44
 J.クロップ(ケニア)        13分12秒28
[日本代表]
遠藤日向(住友電工)
予選:2組17着13分50秒49
塩尻和也(富士通)
予選:1組18着13分51秒00

10000m
 J.チェプテゲイ(ウガンダ)27分51秒42
 D.シミュ(ケニア)    27分52秒60
 S.バレガ(エチオピア)  27分52秒72
[日本代表]
田澤廉(トヨタ自動車)
決勝:15位28分25秒85

110mH(±0)
 G.ホロウェイ(米国)   12秒96
 H.パーチメント(ジャマイカ)13秒07
 D.ロバーツ(米国)    13秒09
[日本代表]
泉谷駿介(住友電工)
予選:2組2着13秒33(+0.5)=準決勝進出
準決勝:1組1着13秒16(-0.2)=決勝進出
決勝:5位 13秒19(±0)
高山峻野(ゼンリン)
予選:5組2着13秒35(-0.9)=準決勝進出
準決勝:3組5着13秒34(-0.1)
横地大雅(Team SSP)
予選:3組8着14秒39(± 0)=準決勝進出(救済)
準決勝:2組9着14秒93(-0.2)

400mH
 K.ワルホルム(ノルウェー) 46秒89
 K.マクマスター(英領ヴァージン諸島) 47秒34
 R.ベンジャミン(米国)   47秒56
[日本代表]
児玉悠作(ノジマ)
予選:4組8着50秒18
黒川和樹(法大)
予選:5組3着48秒71=準決勝進出
準決勝:2組4着48秒58
岸本鷹幸(富士通)
予選:2組8着50秒90

広告の下にコンテンツが続きます

3000m障害
 S.エル・バッカリ(モロッコ) 8分03秒53
 L.ギルマ(エチオピア)      8分05秒44
 A.キビウォト(ケニア)    8分11秒98
[日本代表]
三浦龍司(順大)
予選:3組4着8分18秒73=決勝進出
決勝:6位 8分13秒70
青木涼真(Honda)
予選:1組5着8分20秒54=決勝進出
決勝:8分24秒77 14位
砂田晟弥(プレス工業)
予選:2組11着8分38秒59

走高跳
 G.タンベリ(イタリア)  2m36
 J.ハリソン(米国)    2m36
 M.E.バルシム(カタール) 2m36
[日本代表]
赤松諒一(アワーズ)
予選:A組1位タイ2m28=決勝進出
決勝:8位タイ 2m25
真野友博(九電工)
予選:B組16位2m18
長谷川直人(新潟アルビレックスRC)
予選:B組9位2m25

棒高跳
 A.デュプランティス(スウェーデン)6m10
 E.オビエナ(フィリピン)6m00
 K.マーシャル(豪州)5m95
 C.ニルセン(米国)5m95
[日本代表]
柄澤智哉(日体大)
予選:A組記録なし

走幅跳
 M.テントグルー(ギリシャ)8m52(-0.3)
 W.ピノック(ジャマイカ)  8m50(-0.1)
 T.ゲイル(ジャマイカ)   8m27(-0.3)
[日本代表]
城山正太郎(ゼンリン)
予選:B組15位7m46(-0.8)
橋岡優輝(富士通)
予選:A組9位7m94(-0.2)
吉田弘道(神崎郡陸協)
予選:B組13位7m60(+1.2)

広告の下にコンテンツが続きます

三段跳
 H.F.ザンゴ(ブルキナファソ)17m64(-0.3)
 L.マルティネス(キューバ) 17m41(-0.6)
 C.ナポレス(キューバ)   17m40(+0.1)
[日本代表]
池畠旭佳瑠(駿河台大AC)
予選:A組9位16m40(-0.1)

砲丸投
 R.クルーザー(米国)  23m51=大会新
 L.ファッブリ(イタリア)22m34
 J.コヴァクス(米国)  22m12

円盤投
 D.ストール(スウェーデン)71m46=大会新
 K.チェー(スロベニア)  70m02
 M.アレクナ(リトアニア) 68m85

ハンマー投
 E.カツバーグ(カナダ)   81m25
 W.ノヴィツキ(ポーランド) 81m02
 B.ハラース(ハンガリー)  80m82

広告の下にコンテンツが続きます

やり投
 N.チョプラ(インド)   88m17
 A.ナディーン(パキスタン)87m82
 J.ヴァドレイヒ(チェコ) 86m67
[日本代表]
ディーン元気(ミズノ)
予選:A組6位79m21
﨑山雄太(愛媛陸協)
予選:B組  記録なし
小椋健司(エイジェックスポーツ)
予選:A組10位76m65

十種競技
 P.ルパージュ(カナダ)  8909点
 D.ワーナー(カナダ)   8804点
 L.ヴィクター(グレナダ) 8756点
[日本代表]
丸山優真(住友電工)
15位 7844点=自己新
(10秒90(+0.1)-7m00(±0)-13m40-1m96-50秒75/
14秒18(+0.1)-41m56-4m60-60m14-4分32秒01)

4×100mR
 米国    37秒38
 イタリア  37秒62
 ジャマイカ 37秒76
[日本代表]
日本
予選:1組3着37秒71
(坂井隆一郎、栁田大輝、小池祐貴、サニブラウン・アブデル・ハキーム)
決勝:5位37秒83
(坂井隆一郎、栁田大輝、小池祐貴、サニブラウン・アブデル・ハキーム)
4×400mR
 米国   2分57秒31
 フランス 2分58秒45
 英国   2分58秒71
[日本代表]
日本
予選:1組5着 3分00秒39
地主直央、佐藤風雅、佐藤拳太郎、中島佑気ジョセフ)
マラソン
 V.キプランガット(ウガンダ) 2時間8分53秒
 M.テフェリ(イスラエル)   2時間9分12秒
 L.ゲブルシラセ(エチオピア) 2時間9分19秒
[日本代表]
其田健也(JR東日本)
35位 2時間16分40秒
山下一貴(三菱重工)
12位 2時間11分19秒
西山和弥(トヨタ自動車)
42位 2時間17分41秒

20km競歩
 A.マルティン(スペイン)     1時間17分32秒
 P.カールストレーム(スウェーデン)1時間17分39秒
 C.ボンフィム(ブラジル)     1時間17分47秒
[日本代表]
山西利和(愛知製鋼)
24位 1時間21分39秒
池田向希(旭化成)
15位 1時間19分44秒
髙橋英輝(富士通)
21位 1時間20分25秒
古賀友太(大塚製薬)
12位 1時間19分02秒

広告の下にコンテンツが続きます

35km競歩
 A.マルティン(スペイン)  2時間24分30秒
 B.D.ピンタド(エクアドル) 2時間24分34秒
 川野将虎(旭化成)     2時間25分12秒
[日本代表]
川野将虎(旭化成)
3位 2時間25分12秒
野田明宏(自衛隊体育学校)
6位 2時間25分50秒
丸尾知司(愛知製鋼)
13位 2時間29分52秒

女子

100m(-0.2)
 S.リチャードソン(米国)10秒65=大会新
 S.ジャクソン(ジャマイカ)10秒72
 S.-A.フレイザー・プライス(ジャマイカ)10秒77
[日本代表]
君嶋愛梨沙(土木管理総合)
予選:7組7着 11秒73(+0.2)

200m(+0.1)
 S.ジャクソン(ジャマイカ) 21秒41=大会新
 G.トーマス(米国)     21秒81
 S.リチャードソン(米国)  21秒92
[日本代表]
鶴田玲美(南九州ファミリーマート)
予選:6組6着 23秒49(-0.3)

400m
 M.パウリノ(ドミニカ共和国) 48秒76
 N.カチマレク(ポーランド)  49秒57
 S.ウィリアムス(バルバドス) 49秒60

広告の下にコンテンツが続きます

800m
 M.モラー(ケニア)  1分56秒03
 K.ホジキンソン(英国)1分56秒34
 A.ムー(米国)    1分56秒61

1500m
 F.キピエゴン(ケニア)  3分54秒87
 D.ウェルテジ(エチオピア)3分55秒69
 S.ハッサン(オランダ)  3分56秒00
[日本代表]
田中希実(New Balance)
予選:1組6着4分04秒36=準決勝進出
準決勝:1組12着4分06秒71
後藤夢(ユニクロ)
予選:3組12着4分10秒22

5000m
 F.キピエゴン(ケニア) 14分53秒88
 S.ハッサン(オランダ) 14分54秒11
 B.チェベト(ケニア)  14分54秒33
[日本代表]
田中希実(New Balance)
予選:2組6着14分37秒98=決勝進出、日本新
決勝:8位 14分58秒99
山本有真(積水化学)
予選:1組20着16分05秒57
廣中璃梨佳(日本郵政グループ)
予選:1組12着15分11秒16

10000m
 G.ツェガイ(エチオピア) 31分27秒18
 L.ギディ(エチオピア)  31分28秒16
 E.タイェ(エチオピア)  31分28秒31
[日本代表]
廣中璃梨佳(日本郵政グループ)
7位 31分35秒12
五島莉乃(資生堂)
20位 33分20秒38

広告の下にコンテンツが続きます

100mH(-0.2)
 D.ウィリアムス(ジャマイカ)12秒43
 J.カマチョ・クイン(プエルトリコ)12秒44
 K.ハリソン(米国)     12秒46
[日本代表]
寺田明日香(ジャパンクリエイト)
予選:2組6着13秒15(+0.1)
青木益未(七十七銀行)
予選:1組8着13秒26(+0.1)
田中佑美(富士通)
予選:5組7着13秒12(+0.4)

400mH
 F.ボル(オランダ)    51秒70
 S.リトル(米国)     52秒80
 R.クレイトン(ジャマイカ)52秒81
[日本代表]
宇都宮絵莉(長谷川体育施設)
予選:4組8着57秒98
山本亜美(立命大)
予選:2組8着57秒76

3000m障害
 W.ヤヴィ(バーレーン) 8分54秒29
 B.ジェプコエチ(ケニア)8分58秒98
 F.チェロティチ(ケニア)9分00秒69

走高跳
 Y.マフチフ(ウクライナ) 2m01
 E.パターソン(豪州)   1m99
 N.オリスラガース(豪州) 1m99

棒高跳
 N.ケネディ(豪州)   4m90
 K.ムーン(米国)    4m90
 W.ムルト(フィンランド)4m80

走幅跳
 I.ヴレタ(セルビア)        7m14(+1.2)
 T.デイヴィス・ウッドホール(米国)6m91(+0.5)
 A.ロタル・コットマン(ルーマニア)6m88(+1.6)
[日本代表]
秦澄美鈴(シバタ工業)
予選:B組13位6m41(-0.8)

三段跳
 Y.ロハス(ベネズエラ)  15m08(±0)
 M.ベフ・ロマンチュク(ウクライナ) 15m00(+0.1)
 L.ペレス(キューバ)   14m96(+0.1)
[日本代表]
森本麻里子(内田建設AC)
予選:A組15位13m64(-0.3)
髙島真織子(九電工)
予選:B組17位13m34(-0.3)

砲丸投
 C.イーリー(米国) 20m43
 S.ミトン(カナダ) 20m08
 鞏立コウ(中国)  19m69

円盤投
 L.タウサガ(米国) 69m49
 V.オールマン(米国)69m23
 馮  彬(中国)  68m20
[日本代表]
齋藤真希(東海大院)
予選:A組19位53m20

ハンマー投
 C.ロジャーズ(カナダ)  77m22
 J.カッサナヴォイド(米国)76m36
 D.プライス(米国)    75m41

やり投
 北口榛花(JAL)    66m73
 F.D.ルイス・フルタド(コロンビア)65m47
 M.リトル(豪州)   63m38
[日本代表]
北口榛花(JAL)
予選:A組2位63m27=決勝進出
決勝:1位66m73
斉藤真理菜(スズキ)
予選:B組7位58m95
上田百寧(ゼンリン)
予選:A組13位56m19

七種競技
 K.ジョンソン・トンプソン(英国)6740点
 A.ホール(米国)        6720点
 A.フェッター(オランダ)    6501点

4×100mR
 米国    41秒03=大会新
 ジャマイカ 41秒21
 英国    41秒97

4×400mR
 オランダ  3分20秒72
 ジャマイカ 3分20秒88
 英国    3分21秒04

マラソン
 A.B.シャンクル(エチオピア) 2時間24分23秒
 G.ゲブレスラシェ(エチオピア)2時間24分34秒
 F.E.ガルダディ(モロッコ)  2時間25分17秒
[日本代表]
松田瑞生(ダイハツ)
13位 2時間29分15秒
加世田梨花(ダイハツ)
19位 2時間31分53秒
佐藤早也伽(積水化学)
20位 2時間31分57秒

20km競歩
 M.ペレス(スペイン)    1時間26分51秒
 J.モンターグ(豪州)    1時間27分16秒
 A.パルミサーノ(イタリア) 1時間27分26秒
[日本代表]
藤井菜々子(エディオン)
14位 1時間30分10秒
柳井綾音(立命大)
30位 1時間34分59秒
梅野倖子(順大)
35位 1時間36分52秒

35km競歩
 M.ペレス(スペイン)     2時間38分40秒=大会新
 K.ガルシア・レオン(ペルー) 2時間40分52秒
 A.ドリスビオティ(ギリシャ) 2時間43分22秒
[日本代表]
岡田久美子(富士通)
欠場
園田世玲奈(NTN)
7位 2時間46分32秒
渕瀬真寿美(建装工業)
14位 2時間52分57秒=自己新

男女混合4×400mR
 米国  3分08秒80=世界新
 英国  3分11秒06
 チェコ 3分11秒98

【大会結果ブダペスト世界陸上(2023年8月19日~27日/ハンガリー)

男子

100m(±0)  N.ライルズ(米国)  9秒83  L.テボゴ(ボツワナ) 9秒88  Z.ヒューズ(英国)  9秒88 [日本代表] サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) 予選:6組1着 10秒07(-0.4)=準決勝進出 準決勝:1組2着 9秒97(+0.3)=決勝進出 決勝:6位 10秒04(±0) 坂井隆一郎(大阪ガス) 予選:4組5着 10秒22(-0.4) 栁田大輝(東洋大) 予選:7組3着タイ 10秒20(-0.1)=準決勝進出 準決勝:2組7着 10秒14(±0) 200m(-0.2)  N.ライルズ(米国)  19秒52  E.ナイトン(米国)  19秒75  L.テボゴ(ボツワナ) 19秒81 [日本代表] 鵜澤飛羽(筑波大) 予選:5組1着 20秒34(-0.2)=準決勝進出 準決勝:3組5着20秒33(-0.4) 上山紘輝(住友電工) 予選:4組4着 20秒66(-0.2) 飯塚翔太(ミズノ) 予選:1組4着 20秒27(± 0)=準決勝進出 準決勝:1組7着20秒54(-0.1) 400m  A.ワトソン(ジャマイカ) 44秒22  M.ハドソン・スミス(英国)44秒31  Q.ホール(米国)     44秒37 [日本代表] 佐藤拳太郎(富士通) 予選:1組2着44秒77=準決勝進出、日本新 準決勝:1組5着44秒99 中島佑気ジョセフ(東洋大) 予選:5組3着45秒15=準決勝進出 準決勝:3組3着45秒04=自己新 佐藤風雅(ミズノ) 予選:4組2着44秒97=準決勝進出、自己新 準決勝:2組4着44秒88=自己新 800m  M.アロップ(カナダ)  1分44秒24  E.ワニョンビ(ケニア) 1分44秒53  B.パティソン(英国)  1分44秒83 1500m  J.カー(英国)       3分29秒38  J.インゲブリグトセン(ノルウェー) 3分29秒65  N.G.ノルドス(ノルウェー) 3分29秒68 5000m  J.インゲブリグトセン(ノルウェー) 13分11秒30  M.カティル(スペイン)       13分11秒44  J.クロップ(ケニア)        13分12秒28 [日本代表] 遠藤日向(住友電工) 予選:2組17着13分50秒49 塩尻和也(富士通) 予選:1組18着13分51秒00 10000m  J.チェプテゲイ(ウガンダ)27分51秒42  D.シミュ(ケニア)    27分52秒60  S.バレガ(エチオピア)  27分52秒72 [日本代表] 田澤廉(トヨタ自動車) 決勝:15位28分25秒85 110mH(±0)  G.ホロウェイ(米国)   12秒96  H.パーチメント(ジャマイカ)13秒07  D.ロバーツ(米国)    13秒09 [日本代表] 泉谷駿介(住友電工) 予選:2組2着13秒33(+0.5)=準決勝進出 準決勝:1組1着13秒16(-0.2)=決勝進出 決勝:5位 13秒19(±0) 高山峻野(ゼンリン) 予選:5組2着13秒35(-0.9)=準決勝進出 準決勝:3組5着13秒34(-0.1) 横地大雅(Team SSP) 予選:3組8着14秒39(± 0)=準決勝進出(救済) 準決勝:2組9着14秒93(-0.2) 400mH  K.ワルホルム(ノルウェー) 46秒89  K.マクマスター(英領ヴァージン諸島) 47秒34  R.ベンジャミン(米国)   47秒56 [日本代表] 児玉悠作(ノジマ) 予選:4組8着50秒18 黒川和樹(法大) 予選:5組3着48秒71=準決勝進出 準決勝:2組4着48秒58 岸本鷹幸(富士通) 予選:2組8着50秒90 3000m障害  S.エル・バッカリ(モロッコ) 8分03秒53  L.ギルマ(エチオピア)      8分05秒44  A.キビウォト(ケニア)    8分11秒98 [日本代表] 三浦龍司(順大) 予選:3組4着8分18秒73=決勝進出 決勝:6位 8分13秒70 青木涼真(Honda) 予選:1組5着8分20秒54=決勝進出 決勝:8分24秒77 14位 砂田晟弥(プレス工業) 予選:2組11着8分38秒59 走高跳  G.タンベリ(イタリア)  2m36  J.ハリソン(米国)    2m36  M.E.バルシム(カタール) 2m36 [日本代表] 赤松諒一(アワーズ) 予選:A組1位タイ2m28=決勝進出 決勝:8位タイ 2m25 真野友博(九電工) 予選:B組16位2m18 長谷川直人(新潟アルビレックスRC) 予選:B組9位2m25 棒高跳  A.デュプランティス(スウェーデン)6m10  E.オビエナ(フィリピン)6m00  K.マーシャル(豪州)5m95  C.ニルセン(米国)5m95 [日本代表] 柄澤智哉(日体大) 予選:A組記録なし 走幅跳  M.テントグルー(ギリシャ)8m52(-0.3)  W.ピノック(ジャマイカ)  8m50(-0.1)  T.ゲイル(ジャマイカ)   8m27(-0.3) [日本代表] 城山正太郎(ゼンリン) 予選:B組15位7m46(-0.8) 橋岡優輝(富士通) 予選:A組9位7m94(-0.2) 吉田弘道(神崎郡陸協) 予選:B組13位7m60(+1.2) 三段跳  H.F.ザンゴ(ブルキナファソ)17m64(-0.3)  L.マルティネス(キューバ) 17m41(-0.6)  C.ナポレス(キューバ)   17m40(+0.1) [日本代表] 池畠旭佳瑠(駿河台大AC) 予選:A組9位16m40(-0.1) 砲丸投  R.クルーザー(米国)  23m51=大会新  L.ファッブリ(イタリア)22m34  J.コヴァクス(米国)  22m12 円盤投  D.ストール(スウェーデン)71m46=大会新  K.チェー(スロベニア)  70m02  M.アレクナ(リトアニア) 68m85 ハンマー投  E.カツバーグ(カナダ)   81m25  W.ノヴィツキ(ポーランド) 81m02  B.ハラース(ハンガリー)  80m82 やり投  N.チョプラ(インド)   88m17  A.ナディーン(パキスタン)87m82  J.ヴァドレイヒ(チェコ) 86m67 [日本代表] ディーン元気(ミズノ) 予選:A組6位79m21 﨑山雄太(愛媛陸協) 予選:B組  記録なし 小椋健司(エイジェックスポーツ) 予選:A組10位76m65 十種競技  P.ルパージュ(カナダ)  8909点  D.ワーナー(カナダ)   8804点  L.ヴィクター(グレナダ) 8756点 [日本代表] 丸山優真(住友電工) 15位 7844点=自己新 (10秒90(+0.1)-7m00(±0)-13m40-1m96-50秒75/ 14秒18(+0.1)-41m56-4m60-60m14-4分32秒01) 4×100mR  米国    37秒38  イタリア  37秒62  ジャマイカ 37秒76 [日本代表] 日本 予選:1組3着37秒71 (坂井隆一郎、栁田大輝、小池祐貴、サニブラウン・アブデル・ハキーム) 決勝:5位37秒83 (坂井隆一郎、栁田大輝、小池祐貴、サニブラウン・アブデル・ハキーム) 4×400mR  米国   2分57秒31  フランス 2分58秒45  英国   2分58秒71 [日本代表] 日本 予選:1組5着 3分00秒39 (地主直央、佐藤風雅、佐藤拳太郎、中島佑気ジョセフ) マラソン  V.キプランガット(ウガンダ) 2時間8分53秒  M.テフェリ(イスラエル)   2時間9分12秒  L.ゲブルシラセ(エチオピア) 2時間9分19秒 [日本代表] 其田健也(JR東日本) 35位 2時間16分40秒 山下一貴(三菱重工) 12位 2時間11分19秒 西山和弥(トヨタ自動車) 42位 2時間17分41秒 20km競歩  A.マルティン(スペイン)     1時間17分32秒  P.カールストレーム(スウェーデン)1時間17分39秒  C.ボンフィム(ブラジル)     1時間17分47秒 [日本代表] 山西利和(愛知製鋼) 24位 1時間21分39秒 池田向希(旭化成) 15位 1時間19分44秒 髙橋英輝(富士通) 21位 1時間20分25秒 古賀友太(大塚製薬) 12位 1時間19分02秒 35km競歩  A.マルティン(スペイン)  2時間24分30秒  B.D.ピンタド(エクアドル) 2時間24分34秒  川野将虎(旭化成)     2時間25分12秒 [日本代表] 川野将虎(旭化成) 3位 2時間25分12秒 野田明宏(自衛隊体育学校) 6位 2時間25分50秒 丸尾知司(愛知製鋼) 13位 2時間29分52秒

女子

100m(-0.2)  S.リチャードソン(米国)10秒65=大会新  S.ジャクソン(ジャマイカ)10秒72  S.-A.フレイザー・プライス(ジャマイカ)10秒77 [日本代表] 君嶋愛梨沙(土木管理総合) 予選:7組7着 11秒73(+0.2) 200m(+0.1)  S.ジャクソン(ジャマイカ) 21秒41=大会新  G.トーマス(米国)     21秒81  S.リチャードソン(米国)  21秒92 [日本代表] 鶴田玲美(南九州ファミリーマート) 予選:6組6着 23秒49(-0.3) 400m  M.パウリノ(ドミニカ共和国) 48秒76  N.カチマレク(ポーランド)  49秒57  S.ウィリアムス(バルバドス) 49秒60 800m  M.モラー(ケニア)  1分56秒03  K.ホジキンソン(英国)1分56秒34  A.ムー(米国)    1分56秒61 1500m  F.キピエゴン(ケニア)  3分54秒87  D.ウェルテジ(エチオピア)3分55秒69  S.ハッサン(オランダ)  3分56秒00 [日本代表] 田中希実(New Balance) 予選:1組6着4分04秒36=準決勝進出 準決勝:1組12着4分06秒71 後藤夢(ユニクロ) 予選:3組12着4分10秒22 5000m  F.キピエゴン(ケニア) 14分53秒88  S.ハッサン(オランダ) 14分54秒11  B.チェベト(ケニア)  14分54秒33 [日本代表] 田中希実(New Balance) 予選:2組6着14分37秒98=決勝進出、日本新 決勝:8位 14分58秒99 山本有真(積水化学) 予選:1組20着16分05秒57 廣中璃梨佳(日本郵政グループ) 予選:1組12着15分11秒16 10000m  G.ツェガイ(エチオピア) 31分27秒18  L.ギディ(エチオピア)  31分28秒16  E.タイェ(エチオピア)  31分28秒31 [日本代表] 廣中璃梨佳(日本郵政グループ) 7位 31分35秒12 五島莉乃(資生堂) 20位 33分20秒38 100mH(-0.2)  D.ウィリアムス(ジャマイカ)12秒43  J.カマチョ・クイン(プエルトリコ)12秒44  K.ハリソン(米国)     12秒46 [日本代表] 寺田明日香(ジャパンクリエイト) 予選:2組6着13秒15(+0.1) 青木益未(七十七銀行) 予選:1組8着13秒26(+0.1) 田中佑美(富士通) 予選:5組7着13秒12(+0.4) 400mH  F.ボル(オランダ)    51秒70  S.リトル(米国)     52秒80  R.クレイトン(ジャマイカ)52秒81 [日本代表] 宇都宮絵莉(長谷川体育施設) 予選:4組8着57秒98 山本亜美(立命大) 予選:2組8着57秒76 3000m障害  W.ヤヴィ(バーレーン) 8分54秒29  B.ジェプコエチ(ケニア)8分58秒98  F.チェロティチ(ケニア)9分00秒69 走高跳  Y.マフチフ(ウクライナ) 2m01  E.パターソン(豪州)   1m99  N.オリスラガース(豪州) 1m99 棒高跳  N.ケネディ(豪州)   4m90  K.ムーン(米国)    4m90  W.ムルト(フィンランド)4m80 走幅跳  I.ヴレタ(セルビア)        7m14(+1.2)  T.デイヴィス・ウッドホール(米国)6m91(+0.5)  A.ロタル・コットマン(ルーマニア)6m88(+1.6) [日本代表] 秦澄美鈴(シバタ工業) 予選:B組13位6m41(-0.8) 三段跳  Y.ロハス(ベネズエラ)  15m08(±0)  M.ベフ・ロマンチュク(ウクライナ) 15m00(+0.1)  L.ペレス(キューバ)   14m96(+0.1) [日本代表] 森本麻里子(内田建設AC) 予選:A組15位13m64(-0.3) 髙島真織子(九電工) 予選:B組17位13m34(-0.3) 砲丸投  C.イーリー(米国) 20m43  S.ミトン(カナダ) 20m08  鞏立コウ(中国)  19m69 円盤投  L.タウサガ(米国) 69m49  V.オールマン(米国)69m23  馮  彬(中国)  68m20 [日本代表] 齋藤真希(東海大院) 予選:A組19位53m20 ハンマー投  C.ロジャーズ(カナダ)  77m22  J.カッサナヴォイド(米国)76m36  D.プライス(米国)    75m41 やり投  北口榛花(JAL)    66m73  F.D.ルイス・フルタド(コロンビア)65m47  M.リトル(豪州)   63m38 [日本代表] 北口榛花(JAL) 予選:A組2位63m27=決勝進出 決勝:1位66m73 斉藤真理菜(スズキ) 予選:B組7位58m95 上田百寧(ゼンリン) 予選:A組13位56m19 七種競技  K.ジョンソン・トンプソン(英国)6740点  A.ホール(米国)        6720点  A.フェッター(オランダ)    6501点 4×100mR  米国    41秒03=大会新  ジャマイカ 41秒21  英国    41秒97 4×400mR  オランダ  3分20秒72  ジャマイカ 3分20秒88  英国    3分21秒04 マラソン  A.B.シャンクル(エチオピア) 2時間24分23秒  G.ゲブレスラシェ(エチオピア)2時間24分34秒  F.E.ガルダディ(モロッコ)  2時間25分17秒 [日本代表] 松田瑞生(ダイハツ) 13位 2時間29分15秒 加世田梨花(ダイハツ) 19位 2時間31分53秒 佐藤早也伽(積水化学) 20位 2時間31分57秒 20km競歩  M.ペレス(スペイン)    1時間26分51秒  J.モンターグ(豪州)    1時間27分16秒  A.パルミサーノ(イタリア) 1時間27分26秒 [日本代表] 藤井菜々子(エディオン) 14位 1時間30分10秒 柳井綾音(立命大) 30位 1時間34分59秒 梅野倖子(順大) 35位 1時間36分52秒 35km競歩  M.ペレス(スペイン)     2時間38分40秒=大会新  K.ガルシア・レオン(ペルー) 2時間40分52秒  A.ドリスビオティ(ギリシャ) 2時間43分22秒 [日本代表] 岡田久美子(富士通) 欠場 園田世玲奈(NTN) 7位 2時間46分32秒 渕瀬真寿美(建装工業) 14位 2時間52分57秒=自己新 男女混合4×400mR  米国  3分08秒80=世界新  英国  3分11秒06  チェコ 3分11秒98

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top