HOME トップ選手名鑑
【選手名鑑】鶴田 玲美
【選手名鑑】鶴田 玲美

鶴田 玲美
TSURUTA REMI

南九州ファミリーマート
1997年4月18日
天保山中(鹿児島)→鹿児島女高(鹿児島)→大東大
100m:11.48(20年)
200m:23.17(20年)

広告の下にコンテンツが続きます

■代表歴
オリンピック(21東京)
世界選手権(23ブダペスト)
世界リレー(21シレジア)
アジア選手権(23バンコク)

【年次別ベスト】
100m
10年(中1) 13秒55
11年(中2) 12秒70
12年(中3) 12秒23
13年(高1) 12秒50
14年(高2) 12秒06
15年(高3) 12秒07
16年(大1) 12秒23
17年(大2) 12秒21
18年(大3) 12秒22
19年(大4) 11秒89
20年     11秒48
21年     11秒82
22年     11秒67
23年     11秒49
200m
10年(中1) 27秒42
11年(中2) 26秒52
12年(中3) 25秒40
13年(高1) 25秒08
14年(高2) 25秒45
15年(高3) 25秒07
16年(大1) 25秒57
17年(大2) 24秒68
18年(大3) 24秒64
19年(大4) 24秒43
20年     23秒17
21年     23秒65
22年     23秒75
23年     23秒27
【国際主要大会】
・オリンピック
21年 400mR予選(43秒44/4走)
・世界選手権
23年 200m予選(23秒49/-0.3)
・世界リレー
21年 400mR4位(44秒40/4走)
【国内主要大会】
・日本選手権
20年 100m2位(11秒53/0.5)、200m1位(23秒17/-0.1)
21年 200m2位(23秒65/-1.0)
22年 200m3位(23秒59/2.6)
23年 100m4位(11秒77/-0.1)、200m2位(23秒49/0.0)
・全日本実業団
20年 100m1位(11秒79/-0.8)
21年 200m2位(23秒86/-0.4)
23年 100m2位(11秒69/0.4)、200m2位(23秒76/0.0)
・日本インカレ
19年 100m6位(12秒00/0.7)、200m7位(24秒90/-1.6)

『月刊陸上競技』掲載号
2020年11月号 日本選手権女子スプリント新時代の息吹&新時代の幕開け

鶴田 玲美 TSURUTA REMI 南九州ファミリーマート 1997年4月18日 天保山中(鹿児島)→鹿児島女高(鹿児島)→大東大 100m:11.48(20年) 200m:23.17(20年) ■代表歴 オリンピック(21東京) 世界選手権(23ブダペスト) 世界リレー(21シレジア) アジア選手権(23バンコク) 【年次別ベスト】 100m 10年(中1) 13秒55 11年(中2) 12秒70 12年(中3) 12秒23 13年(高1) 12秒50 14年(高2) 12秒06 15年(高3) 12秒07 16年(大1) 12秒23 17年(大2) 12秒21 18年(大3) 12秒22 19年(大4) 11秒89 20年     11秒48 21年     11秒82 22年     11秒67 23年     11秒49 200m 10年(中1) 27秒42 11年(中2) 26秒52 12年(中3) 25秒40 13年(高1) 25秒08 14年(高2) 25秒45 15年(高3) 25秒07 16年(大1) 25秒57 17年(大2) 24秒68 18年(大3) 24秒64 19年(大4) 24秒43 20年     23秒17 21年     23秒65 22年     23秒75 23年     23秒27 【国際主要大会】 ・オリンピック 21年 400mR予選(43秒44/4走) ・世界選手権 23年 200m予選(23秒49/-0.3) ・世界リレー 21年 400mR4位(44秒40/4走) 【国内主要大会】 ・日本選手権 20年 100m2位(11秒53/0.5)、200m1位(23秒17/-0.1) 21年 200m2位(23秒65/-1.0) 22年 200m3位(23秒59/2.6) 23年 100m4位(11秒77/-0.1)、200m2位(23秒49/0.0) ・全日本実業団 20年 100m1位(11秒79/-0.8) 21年 200m2位(23秒86/-0.4) 23年 100m2位(11秒69/0.4)、200m2位(23秒76/0.0) ・日本インカレ 19年 100m6位(12秒00/0.7)、200m7位(24秒90/-1.6) 『月刊陸上競技』掲載号 2020年11月号 日本選手権女子スプリント新時代の息吹&新時代の幕開け

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

マラソンリレーで池田&岡田の銀メダルなどパリ五輪出場権2枠獲得!男子20km、U20男子10kmで団体銀/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、男女20km、U20男女10km、そして初実施の男女混合マラソンリレーの5種目で日本が世界に挑んだ。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを […]

NEWS カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

2024.04.21

カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

4月20日、ケニアで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのキプケイノ・クラシックが開催され、男子ハンマー投ではブダペスト世界選手権金メダルのE.カツバーグ(カナダ)が世界歴代9位の84m38で優勝した。 現在2 […]

NEWS 王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

2024.04.21

王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

4月20日、ダイヤモンドリーグ(DL)の初戦が中国・廈門で開催され、男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が自身の持つ世界記録を1cm更新するの6m24で優勝した。 デュプランティスは東京五輪、オレゴン、ブダ […]

NEWS ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

2024.04.21

ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

第44回ロンドン・マラソンが4月21日に行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間16分16秒で優勝。2017年のこの大会でメアリー・ケイタニー(ケニア)が作った女子単独レース世界記録(2時間17分01秒)を […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top