HOME トップ選手名鑑
【選手名鑑】北口 榛花
【選手名鑑】北口 榛花

北口 榛花
KITAGUCHI HARUKA

SNS:

JAL
1998年3月16日
北教大旭川中(北海道)→旭川東高(北海道)→日大
やり投:67.38(23年=日本記録)

■代表歴
オリンピック(21東京、24パリ)
世界選手権(19ドーハ、22オレゴン、23ブダペスト)

【年次別ベスト】
13年(高1) 49m31
14年(高2) 53m15
15年(高3) 58m90
16年(大1) 61m38
17年(大2) 61m07
18年(大3) 60m48
19年(大4) 66m00
20年     63m45
21年     62m06
22年     65m68
23年     67m38=日本記録
24年     64m28
【国際主要大会】
・オリンピック
21年 やり投12位(55m42)
・世界選手権
19年 やり投予選(60m84)
22年 やり投3位(63m27)
23年 やり投1位(66m73)
・U20世界選手権
16年 やり投8位(52m15)
・世界ユース選手権
15年 やり投(500g)1位(60m35)
【国内主要大会】
・日本選手権
15年 やり投5位(54m44)
16年 やり投3位(57m23)
17年 やり投6位(57m74)
19年 やり投1位(63m68)
20年 やり投2位(59m30)
21年 やり投1位(61m49)
22年 やり投1位(62m25)
23年 やり投2位(59m92)
24年 やり投1位(62m87)
・全日本実業団
20年 やり投1位(63m45)
・日本インカレ
17年 やり投1位(60m49)
18年 やり投1位(60m48)
・インターハイ
14年 やり投1位(52m16)
15年 やり投1位(56m63)、砲丸投6位(13m46)

『月刊陸上競技』掲載号
2015年3月号 ダイヤモンドアスリート選出
2015年9月号 世界ユースV
2015年12月号 日本ジュニア選手権V、高校新
2016年1月号 連続写真で見る高校トップアスリート編
2016年5月号 日大入学
2016年6月号 学生新&ジュニア日本新
2019年6月号 日本新
2019年7月号 東京五輪インタビュー
2019年8月号 日本選手権V
2019年12月号 日本記録樹立
2020年1月号 東京五輪 決意と抱負
2020年2月号 インタビュー特別編
2020年3月号 トレーニング
2020年6月号 ブカツ応援 トレーニング
2020年7月号 トップ選手が選ぶ25人が選ぶ記憶に残るレース

北口 榛花 KITAGUCHI HARUKA SNS: JAL 1998年3月16日 北教大旭川中(北海道)→旭川東高(北海道)→日大 やり投:67.38(23年=日本記録) ■代表歴 オリンピック(21東京、24パリ) 世界選手権(19ドーハ、22オレゴン、23ブダペスト) 【年次別ベスト】 13年(高1) 49m31 14年(高2) 53m15 15年(高3) 58m90 16年(大1) 61m38 17年(大2) 61m07 18年(大3) 60m48 19年(大4) 66m00 20年     63m45 21年     62m06 22年     65m68 23年     67m38=日本記録 24年     64m28 【国際主要大会】 ・オリンピック 21年 やり投12位(55m42) ・世界選手権 19年 やり投予選(60m84) 22年 やり投3位(63m27) 23年 やり投1位(66m73) ・U20世界選手権 16年 やり投8位(52m15) ・世界ユース選手権 15年 やり投(500g)1位(60m35) 【国内主要大会】 ・日本選手権 15年 やり投5位(54m44) 16年 やり投3位(57m23) 17年 やり投6位(57m74) 19年 やり投1位(63m68) 20年 やり投2位(59m30) 21年 やり投1位(61m49) 22年 やり投1位(62m25) 23年 やり投2位(59m92) 24年 やり投1位(62m87) ・全日本実業団 20年 やり投1位(63m45) ・日本インカレ 17年 やり投1位(60m49) 18年 やり投1位(60m48) ・インターハイ 14年 やり投1位(52m16) 15年 やり投1位(56m63)、砲丸投6位(13m46) 『月刊陸上競技』掲載号 2015年3月号 ダイヤモンドアスリート選出 2015年9月号 世界ユースV 2015年12月号 日本ジュニア選手権V、高校新 2016年1月号 連続写真で見る高校トップアスリート編 2016年5月号 日大入学 2016年6月号 学生新&ジュニア日本新 2019年6月号 日本新 2019年7月号 東京五輪インタビュー 2019年8月号 日本選手権V 2019年12月号 日本記録樹立 2020年1月号 東京五輪 決意と抱負 2020年2月号 インタビュー特別編 2020年3月号 トレーニング 2020年6月号 ブカツ応援 トレーニング 2020年7月号 トップ選手が選ぶ25人が選ぶ記憶に残るレース

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top