HOME 特集

2022.09.22

北口榛花、橋岡優輝、田中希実、池田向希ら日本代表が岐阜に集結!全日本実業団対抗見どころチェック
北口榛花、橋岡優輝、田中希実、池田向希ら日本代表が岐阜に集結!全日本実業団対抗見どころチェック

9月23日から25日まで、第70回全日本実業団対抗選手権が岐阜メモリアルセンター長良川競技場で開催される。昨年の東京五輪や今年のオレゴン世界選手権に出場した選手たちが多数エントリー。見逃せない一戦となりそうだ。

注目は女子やり投の北口榛花(JAL)。オレゴン世界選手権では銅メダルに輝き、ダイヤモンドリーグ・ファイナルでも3位と、今季は世界のトップスロワーの一人として活躍した。6月の日本選手権を制してすぐに渡欧。その後はチェコを拠点に転戦しつつ直接オレゴンに入り、世界選手権後もチェコに戻って欧州転戦した。

広告の下にコンテンツが続きます

約3ヵ月ぶりに帰国し、これが凱旋試合となる。今季の課題だった「やりをまっすぐ飛ばす」ことや速い助走など、いろいろなことを試しながらの場になりそう。自身が持つ66m00の日本記録の更新は「条件が全部そろわないと」と言うが、今季は安定して62~63mを投げており、“世界の投げ”を見られるか。

ともにオレゴン世界選手権に出場して決勝に進んだ武本紗栄(佐賀スポ協)やドーハ世界選手権代表の佐藤友佳(ニコニコのり)など、ハイレベルな争いとなるだろう。また、男子やり投には世界選手権ファイナリストのディーン元気(ミズノ)、同代表の小椋健司(栃木スポ協)、さらに崎山雄太(愛媛県競技力向上対策)、寒川建之介(GRAND STONE)、長谷川鉱平(五洋医療器)という80mスロワーによる投げ合いにも注目だ。

男子走幅跳は橋岡優輝(富士通)が初出場の予定。オレゴン世界選手権は決勝10位と悔しさを味わったが、ドーハ世界選手権、東京五輪と入賞し、今季は日本選手権で8m27もマークしている。オレゴン世界選手権代表の山川夏輝(佐賀スポ協)もエントリー。さらに110mハードル日本記録保持者の泉谷駿介(住友電工)が走幅跳に参戦するのも注目だ。

同じく男子跳躍では、走高跳にオレゴン世界選手権で日本人初入賞(8位)の真野友博(九電工)が出場。相性の良い大会で好記録なるか10000m競歩も豪華顔ぶれで、オレゴン世界選手権男子20km競歩で銀メダルの池田向希(旭化成)、女子は同代表の藤井菜々子(エディオン)、岡田久美子(富士通)、が出場する。

広告の下にコンテンツが続きます

男子100mは世界選手権代表の坂井隆一郎(大阪ガス)、東京五輪代表の多田修平(住友電工)という関西出身の2人がエントリーしたほか、デーデー・ブルーノ(セイコー)、飯塚翔太(ミズノ)らが出場予定。200mにはオレゴン世界選手権準決勝進出の上山紘輝(住友電工)に注目が集まる。代表勢では男子5000mに東京五輪&世界選手権10000m代表の伊藤達彦(Honda)が出場を予定している。

好記録の予感があるのが男女スプリントハードル。男子110mハードルは泉谷こそ走幅跳出場で不在だが、8月に13秒10(日本歴代2位)をマークして復活を遂げた高山峻野(ゼンリン)に、オレゴン世界選手権代表の石川周平(富士通)、13秒38がベストの野本周成(愛媛県競技力向上対策)らがいる。泉谷、高山に続くブダペスト世界選手権の参加標準記録(13秒28)突破者は現れるか。

女子100mハードルは日本記録12秒82を持つ福部真子(日本建設工業)、前日本記録保持者・青木益未(七十七銀行)のオレゴン世界選手権セミファイナリスト2人がまたも激突。ブダペスト世界選手権の参加標準記録12秒78に近づくかもしれない。

田中希実(豊田自動織機)は1500mと5000mにエントリー。1500mは初日(23日)で、中1日で25日(日)に5000mを走ることになる。1500mには廣中璃梨佳(日本郵政グループ)、5000mには萩谷楓(エディオン)もエントリーしている。

広告の下にコンテンツが続きます

今季ハイレベルな争いを演じている君嶋愛梨沙(土木管理総合)と兒玉芽生(ミズノ)の女子スプリントにも注目。100mは11秒2台突入なるか。いずれも200mにもエントリーしている。東京五輪代表の齋藤愛美(大阪成蹊学園職)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)らも上位争いに加わりそう。

女子跳躍は今季、日本記録に近い記録が複数誕生。走幅跳ではオレゴン世界選手権に出場した秦澄美鈴(シバタ工業)は6m86の日本記録を狙う。三段跳は13m82(日本歴代2位)を欧州でマークした森本麻里子(内田建設)や髙島真織子(九電工)が日本記録14m04の花岡麻帆に次ぐ14m到達に期待が懸かる。

毎年のことだが全日本実業団対抗で現役引退する選手も多い。すでに、400mハードルで日本代表として活躍してきた松下祐樹(ミズノ)と安部孝駿(ヤマダホールディングス)が今大会で現役引退を表明。日本伝統のヨンパーを牽引してきた2人の最後のハードルを目に焼きつけてほしい。

大会は有観客で実施。また、各日ともYouTube(TBSちゃんねる)でライブ配信も予定されている。台風の影響もありやや天候が崩れる予報となっているが、シーズンの締めくくり、そしてブダペスト世界選手権&パリ五輪に向けて、熱いパフォーマンスが繰り広げられそうだ。

広告の下にコンテンツが続きます

●ライブ配信
大会1日目

大会2日目

大会3日目

9月23日から25日まで、第70回全日本実業団対抗選手権が岐阜メモリアルセンター長良川競技場で開催される。昨年の東京五輪や今年のオレゴン世界選手権に出場した選手たちが多数エントリー。見逃せない一戦となりそうだ。 注目は女子やり投の北口榛花(JAL)。オレゴン世界選手権では銅メダルに輝き、ダイヤモンドリーグ・ファイナルでも3位と、今季は世界のトップスロワーの一人として活躍した。6月の日本選手権を制してすぐに渡欧。その後はチェコを拠点に転戦しつつ直接オレゴンに入り、世界選手権後もチェコに戻って欧州転戦した。 約3ヵ月ぶりに帰国し、これが凱旋試合となる。今季の課題だった「やりをまっすぐ飛ばす」ことや速い助走など、いろいろなことを試しながらの場になりそう。自身が持つ66m00の日本記録の更新は「条件が全部そろわないと」と言うが、今季は安定して62~63mを投げており、“世界の投げ”を見られるか。 ともにオレゴン世界選手権に出場して決勝に進んだ武本紗栄(佐賀スポ協)やドーハ世界選手権代表の佐藤友佳(ニコニコのり)など、ハイレベルな争いとなるだろう。また、男子やり投には世界選手権ファイナリストのディーン元気(ミズノ)、同代表の小椋健司(栃木スポ協)、さらに崎山雄太(愛媛県競技力向上対策)、寒川建之介(GRAND STONE)、長谷川鉱平(五洋医療器)という80mスロワーによる投げ合いにも注目だ。 男子走幅跳は橋岡優輝(富士通)が初出場の予定。オレゴン世界選手権は決勝10位と悔しさを味わったが、ドーハ世界選手権、東京五輪と入賞し、今季は日本選手権で8m27もマークしている。オレゴン世界選手権代表の山川夏輝(佐賀スポ協)もエントリー。さらに110mハードル日本記録保持者の泉谷駿介(住友電工)が走幅跳に参戦するのも注目だ。 同じく男子跳躍では、走高跳にオレゴン世界選手権で日本人初入賞(8位)の真野友博(九電工)が出場。相性の良い大会で好記録なるか10000m競歩も豪華顔ぶれで、オレゴン世界選手権男子20km競歩で銀メダルの池田向希(旭化成)、女子は同代表の藤井菜々子(エディオン)、岡田久美子(富士通)、が出場する。 男子100mは世界選手権代表の坂井隆一郎(大阪ガス)、東京五輪代表の多田修平(住友電工)という関西出身の2人がエントリーしたほか、デーデー・ブルーノ(セイコー)、飯塚翔太(ミズノ)らが出場予定。200mにはオレゴン世界選手権準決勝進出の上山紘輝(住友電工)に注目が集まる。代表勢では男子5000mに東京五輪&世界選手権10000m代表の伊藤達彦(Honda)が出場を予定している。 好記録の予感があるのが男女スプリントハードル。男子110mハードルは泉谷こそ走幅跳出場で不在だが、8月に13秒10(日本歴代2位)をマークして復活を遂げた高山峻野(ゼンリン)に、オレゴン世界選手権代表の石川周平(富士通)、13秒38がベストの野本周成(愛媛県競技力向上対策)らがいる。泉谷、高山に続くブダペスト世界選手権の参加標準記録(13秒28)突破者は現れるか。 女子100mハードルは日本記録12秒82を持つ福部真子(日本建設工業)、前日本記録保持者・青木益未(七十七銀行)のオレゴン世界選手権セミファイナリスト2人がまたも激突。ブダペスト世界選手権の参加標準記録12秒78に近づくかもしれない。 田中希実(豊田自動織機)は1500mと5000mにエントリー。1500mは初日(23日)で、中1日で25日(日)に5000mを走ることになる。1500mには廣中璃梨佳(日本郵政グループ)、5000mには萩谷楓(エディオン)もエントリーしている。 今季ハイレベルな争いを演じている君嶋愛梨沙(土木管理総合)と兒玉芽生(ミズノ)の女子スプリントにも注目。100mは11秒2台突入なるか。いずれも200mにもエントリーしている。東京五輪代表の齋藤愛美(大阪成蹊学園職)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)らも上位争いに加わりそう。 女子跳躍は今季、日本記録に近い記録が複数誕生。走幅跳ではオレゴン世界選手権に出場した秦澄美鈴(シバタ工業)は6m86の日本記録を狙う。三段跳は13m82(日本歴代2位)を欧州でマークした森本麻里子(内田建設)や髙島真織子(九電工)が日本記録14m04の花岡麻帆に次ぐ14m到達に期待が懸かる。 毎年のことだが全日本実業団対抗で現役引退する選手も多い。すでに、400mハードルで日本代表として活躍してきた松下祐樹(ミズノ)と安部孝駿(ヤマダホールディングス)が今大会で現役引退を表明。日本伝統のヨンパーを牽引してきた2人の最後のハードルを目に焼きつけてほしい。 大会は有観客で実施。また、各日ともYouTube(TBSちゃんねる)でライブ配信も予定されている。台風の影響もありやや天候が崩れる予報となっているが、シーズンの締めくくり、そしてブダペスト世界選手権&パリ五輪に向けて、熱いパフォーマンスが繰り広げられそうだ。 ●ライブ配信 大会1日目 https://youtu.be/FrEI05doew4 大会2日目 https://youtu.be/DNBzTQCxOqw 大会3日目 https://youtu.be/g4HyEFco3mo

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.22

ステップスポーツ神戸店 2月23日(金・祝)にグランドオープン!

陸上競技用スパイクやシューズ、ウェアの販売でおなじみの「SteP SPORTS(ステップスポーツ)」が2月23日、兵庫県神戸市に「ステップスポーツ神戸店」をグランドオープンする。 同店は、1月14日までの営業となった「ス […]

NEWS 川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top