HOME 国内、大学

2022.09.22

青学大短距離ブロックが金メダリストから特別課外授業 プーマ主催イベントで荒川静香、樋口新葉、AYAが登壇
青学大短距離ブロックが金メダリストから特別課外授業 プーマ主催イベントで荒川静香、樋口新葉、AYAが登壇

プーマジャパンは20日、女性たちにパワーとインスピレーションを与えることを目的としたグローバルキャンペーン「SHE MOVES US〜私たちが今を変える〜」の一貫として、青学大の陸上競技部短距離ブロックの選手たちや一般女子学生を対象に、特別課外授業を実施した。

広告の下にコンテンツが続きます

ゲスト講師には、いずれもプーマの契約アスリート・アンバサダーであるプロフィギュアスケーターの荒川静香さん、フィギュアスケートで今年の北京五輪に出場した樋口新葉さん、クロスフィットトレーナーのAYAさんが登壇。2006年のトリノ五輪で金メダルを獲得した荒川さんは「(フィギュアスケーターとして)今まで何かを成し遂げたと実感したのは1つか2つ。そこにたどり着くまでの失敗のほうがはるかに多い。勝ち負けよりも、自分がどこに向かい、何をしてきたかのほうが、その先の人生において大切です」と学生たちにアドバイスを送った。

AYAさんは「年齢はただの数字」と話したうえで、自身の経験とトレーナーとして心掛けていることを語った。「私は20代の時よりも現在(37歳)のほうが、できるようになったことが多い。トレーナーとして活動するうえでも、年を重ねるごとに健康になる、というような反比例を目指しています」

また、女性ならではの身体の変化について聞かれた樋口さんは、「体調が優れない時は試合の時も練習時も、とにかく冷やさないことを心掛け、いつもよりも身体を動かし、汗を流すようにしています」と、現役アスリートならではの意見も述べた。

青学大短距離ブロックは今年6月にプーマジャパンとパートナーシップ契約を締結。安井年文総監督は「これからは女性の地位向上が必要になってくる。選手たちには陸上だけで終わらないように、このイベントでさまざまなことを吸収してほしい」と話した。

広告の下にコンテンツが続きます

<イベントに参加した選手の声>
髙島咲季(3年)400m53秒31 2022年日本選手権5位
「陸上とフィギュアスケートで競技は異なりますが、女性アスリートとして共通する点がありました。特に印象的だったのが、荒川さんが話していた『女性の身体の変化に対して、精神面も変化が伴うことは当たり前のこと』という部分。私もいろいろ変化があったのですが、それはネガティブに考えることではないのかなと感じました」

石川 優(2年)100m11秒48 2021年日本選手権6位
「ルーティンを決めるという部分が印象に残っています。私はルーティンがあまりないので、新たに取り入れることも(強くなるための)ひとつの手段なのかなと感じました。女性は男性よりも弱いと思われがちですが、女性は女性なりに男性には出せないものがあると思うので、スポーツで女性アスリートの強さを発信していきたいです」

プーマジャパンは20日、女性たちにパワーとインスピレーションを与えることを目的としたグローバルキャンペーン「SHE MOVES US〜私たちが今を変える〜」の一貫として、青学大の陸上競技部短距離ブロックの選手たちや一般女子学生を対象に、特別課外授業を実施した。 ゲスト講師には、いずれもプーマの契約アスリート・アンバサダーであるプロフィギュアスケーターの荒川静香さん、フィギュアスケートで今年の北京五輪に出場した樋口新葉さん、クロスフィットトレーナーのAYAさんが登壇。2006年のトリノ五輪で金メダルを獲得した荒川さんは「(フィギュアスケーターとして)今まで何かを成し遂げたと実感したのは1つか2つ。そこにたどり着くまでの失敗のほうがはるかに多い。勝ち負けよりも、自分がどこに向かい、何をしてきたかのほうが、その先の人生において大切です」と学生たちにアドバイスを送った。 AYAさんは「年齢はただの数字」と話したうえで、自身の経験とトレーナーとして心掛けていることを語った。「私は20代の時よりも現在(37歳)のほうが、できるようになったことが多い。トレーナーとして活動するうえでも、年を重ねるごとに健康になる、というような反比例を目指しています」 また、女性ならではの身体の変化について聞かれた樋口さんは、「体調が優れない時は試合の時も練習時も、とにかく冷やさないことを心掛け、いつもよりも身体を動かし、汗を流すようにしています」と、現役アスリートならではの意見も述べた。 青学大短距離ブロックは今年6月にプーマジャパンとパートナーシップ契約を締結。安井年文総監督は「これからは女性の地位向上が必要になってくる。選手たちには陸上だけで終わらないように、このイベントでさまざまなことを吸収してほしい」と話した。 <イベントに参加した選手の声> 髙島咲季(3年)400m53秒31 2022年日本選手権5位 「陸上とフィギュアスケートで競技は異なりますが、女性アスリートとして共通する点がありました。特に印象的だったのが、荒川さんが話していた『女性の身体の変化に対して、精神面も変化が伴うことは当たり前のこと』という部分。私もいろいろ変化があったのですが、それはネガティブに考えることではないのかなと感じました」 石川 優(2年)100m11秒48 2021年日本選手権6位 「ルーティンを決めるという部分が印象に残っています。私はルーティンがあまりないので、新たに取り入れることも(強くなるための)ひとつの手段なのかなと感じました。女性は男性よりも弱いと思われがちですが、女性は女性なりに男性には出せないものがあると思うので、スポーツで女性アスリートの強さを発信していきたいです」

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top