HOME 国内、日本代表、五輪
パリ五輪代表51人が発表!! 4×100mRに栁田大輝&桐生祥秀! 森本麻里子は日本人初の女子三段跳出場
パリ五輪代表51人が発表!! 4×100mRに栁田大輝&桐生祥秀! 森本麻里子は日本人初の女子三段跳出場

五輪代表に内定した栁田大輝、桐生祥秀、森本麻里子

日本陸連は7月4日、パリ五輪陸上競技(8月1日~11日)の日本代表選手を発表した。

パリ五輪代表は4月までにマラソン、競歩の14人を代表内定者として発表。また、トラック&フィールド種目では日本選手権終了時までに条件を満たした女子やり投の北口榛花(JAL)など10人がすでに内定していた。

今回の発表はワールドランキングを元に世界陸連から出場が認められた選手が対象となり、新たに27人が代表に決定。総勢51人の選手がパリ五輪に挑む。

男子100mは日本選手権で1位、2位となった坂井隆一郎(大阪ガス)と東田旺洋(関彰商事)が初の五輪代表に。先に内定していたサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)含む、3人でのエントリーとなった。200mは鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔太(ミズノ)と昨年のブダペスト世界選手権出場組が2年連続の世界大会にチャレンジする。

400mも日本選手権優勝の中島佑気ジョセフ(富士通)、標準記録突破者の佐藤風雅(ミズノ)と佐藤拳太郎(富士通)が代表入り。男子スプリント3種目がいずれもフルエントリーとなるのは1936年のベルリン五輪以来の快挙となった。

また、リレー要員として、4×100mリレーには男子100m日本選手権3位の栁田大輝(東洋大)と同5位の桐生祥秀(日本生命)を選出。桐生は3大会連続3回目の五輪代表となる。4×400mリレーは吉津拓歩(ジーケーライン)、川端魁人(中京大クラブ)が選ばれている。

男子中・長距離では10000mの太田智樹(トヨタ自動車)と3000m障害の青木涼真(Honda)が代表入り。3000m障害にはブダペスト世界選手権入賞の三浦龍司(SUBARU)がすでに内定している。110mハードルは日本選手権で2位の高山峻野(ゼンリン)が東京大会に続く出場を決め、400mハードルは標準記録を突破して日本選手権でも好成績を収めた小川大輝(東洋大)と筒江海斗(スポーツテクノ和広)が順当に代表となった。

フィールド種目では世界選手権で入賞経験のある赤松諒一(SEIBU PRINCE)、真野友博(九電工)がそろって初の五輪へ。やり投のディーン元気は12年ロンドン大会以来、12年ぶり2回目の大舞台となる。

女子は新たに7人の代表が発表。アジアの大会でメダルを獲得してきた山本有真(積水化学)がワールドランキングで上位につけ、5000mの代表に選ばれた。10000mは5月の日本選手権1位の五島莉乃(資生堂)、小海遥(第一生命グループ)が初出場を決めている。一方で、出場資格を有していた廣中璃梨佳(日本郵政グループ)はコンディション不良のため代表を辞退した。

このほか、100mハードル田中佑美(富士通)、やり投の上田百寧(ゼンリン)、斉藤真理菜(スズキ)がブダペスト世界選手権に続く日本代表入り。女子三段跳の森本麻里子(オリコ)は、この種目で日本人初の五輪代表の栄誉をつかんでいる。

また、4月に男女混合競歩リレーの代表に選出されていた柳井綾音(立命大)は、個人種目の20km競歩にも出場することが発表された。

なお、補欠選手としてマラソンの川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)、細田あい(エディオン)に加え、男子4×100mリレーの山本匠真(広島大)、同4×400mリレーの西裕大(MINT TOKYO)が選ばれている。

パリ五輪代表については、今週中に世界各国の陸連が代表を発表。他国のエントリー状況によって、来週の前半にさらに代表が追加される可能性がある。

日本陸連は7月4日、パリ五輪陸上競技(8月1日~11日)の日本代表選手を発表した。 パリ五輪代表は4月までにマラソン、競歩の14人を代表内定者として発表。また、トラック&フィールド種目では日本選手権終了時までに条件を満たした女子やり投の北口榛花(JAL)など10人がすでに内定していた。 今回の発表はワールドランキングを元に世界陸連から出場が認められた選手が対象となり、新たに27人が代表に決定。総勢51人の選手がパリ五輪に挑む。 男子100mは日本選手権で1位、2位となった坂井隆一郎(大阪ガス)と東田旺洋(関彰商事)が初の五輪代表に。先に内定していたサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)含む、3人でのエントリーとなった。200mは鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔太(ミズノ)と昨年のブダペスト世界選手権出場組が2年連続の世界大会にチャレンジする。 400mも日本選手権優勝の中島佑気ジョセフ(富士通)、標準記録突破者の佐藤風雅(ミズノ)と佐藤拳太郎(富士通)が代表入り。男子スプリント3種目がいずれもフルエントリーとなるのは1936年のベルリン五輪以来の快挙となった。 また、リレー要員として、4×100mリレーには男子100m日本選手権3位の栁田大輝(東洋大)と同5位の桐生祥秀(日本生命)を選出。桐生は3大会連続3回目の五輪代表となる。4×400mリレーは吉津拓歩(ジーケーライン)、川端魁人(中京大クラブ)が選ばれている。 男子中・長距離では10000mの太田智樹(トヨタ自動車)と3000m障害の青木涼真(Honda)が代表入り。3000m障害にはブダペスト世界選手権入賞の三浦龍司(SUBARU)がすでに内定している。110mハードルは日本選手権で2位の高山峻野(ゼンリン)が東京大会に続く出場を決め、400mハードルは標準記録を突破して日本選手権でも好成績を収めた小川大輝(東洋大)と筒江海斗(スポーツテクノ和広)が順当に代表となった。 フィールド種目では世界選手権で入賞経験のある赤松諒一(SEIBU PRINCE)、真野友博(九電工)がそろって初の五輪へ。やり投のディーン元気は12年ロンドン大会以来、12年ぶり2回目の大舞台となる。 女子は新たに7人の代表が発表。アジアの大会でメダルを獲得してきた山本有真(積水化学)がワールドランキングで上位につけ、5000mの代表に選ばれた。10000mは5月の日本選手権1位の五島莉乃(資生堂)、小海遥(第一生命グループ)が初出場を決めている。一方で、出場資格を有していた廣中璃梨佳(日本郵政グループ)はコンディション不良のため代表を辞退した。 このほか、100mハードル田中佑美(富士通)、やり投の上田百寧(ゼンリン)、斉藤真理菜(スズキ)がブダペスト世界選手権に続く日本代表入り。女子三段跳の森本麻里子(オリコ)は、この種目で日本人初の五輪代表の栄誉をつかんでいる。 また、4月に男女混合競歩リレーの代表に選出されていた柳井綾音(立命大)は、個人種目の20km競歩にも出場することが発表された。 なお、補欠選手としてマラソンの川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)、細田あい(エディオン)に加え、男子4×100mリレーの山本匠真(広島大)、同4×400mリレーの西裕大(MINT TOKYO)が選ばれている。 パリ五輪代表については、今週中に世界各国の陸連が代表を発表。他国のエントリー状況によって、来週の前半にさらに代表が追加される可能性がある。

パリ五輪 陸上日本代表選手をチェック!

・男子 100m サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) 坂井隆一郎(大阪ガス) 東田旺洋(関彰商事) 200m 鵜澤飛羽(筑波大) 上山紘輝(住友電工) 飯塚翔太(ミズノ) 400m 中島佑気ジョセフ(富士通) 佐藤風雅(ミズノ) 佐藤拳太郎(富士通) [adinserter block="4"] 10000m 太田智樹(トヨタ自動車) 3000m障害 三浦龍司(SUBARU) 青木涼真(Honda) 110mH 泉谷駿介(住友電工) 村竹ラシッド(JAL) 高山峻野(ゼンリン) 400mH 豊田兼(慶大) 小川大輝(東洋大) 筒江海斗(スポーツテクノ和広) [adinserter block="4"] 走高跳 赤松諒一(SEIBU PRINCE) 真野友博(九電工) 走幅跳 橋岡優輝(富士通) やり投 ディーン元気(ミズノ) マラソン 小山直城(Honda) 赤﨑暁(九電工) 大迫傑(Nike) 20km競歩 池田向希(旭化成) 濱西諒(サンベルクス) 古賀友太(大塚製薬) 男女混合競歩リレー 川野将虎(旭化成) 髙橋和生(ADワークスグループ) リレー 栁田大輝(東洋大) 桐生祥秀(日本生命) 吉津拓歩(ジーケーライン) 川端魁人(中京大クラブ) [adinserter block="4"] ・女子 1500m、5000m 田中希実(New Balance) 5000m 山本有真(積水化学) 10000m 五島莉乃(資生堂) 小海遥(第一生命グループ) 100mH 福部真子(日本建設工業) 田中佑美(富士通) 走幅跳 秦澄美鈴(住友電工) 三段跳 森本麻里子(オリコ) [adinserter block="4"] やり投 北口榛花(JAL) 上田百寧(ゼンリン) 斉藤真理菜(スズキ) マラソン 鈴木優花(第一生命グループ) 一山麻緒(資生堂) 前田穂南(天満屋) 20km競歩 藤井菜々子(エディオン) 岡田久美子(富士通)※ 柳井綾音(立命大)※ ※混合競歩リレーも兼ねる

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top