HOME 国内

2022.09.26

福部真子が日本新でMVP!大会新は11個 総合優勝は住友電工、女子総合は田中希実の豊田自動織機/全日本実業団
福部真子が日本新でMVP!大会新は11個 総合優勝は住友電工、女子総合は田中希実の豊田自動織機/全日本実業団

第70回全日本実業団対抗選手権が9月23日から25日の3日間、岐阜メモリアルセンター長良川で行われた。

初日は台風の影響で強い雨となったものの、2、3日目は晴天に恵まれた今大会。日本記録1つを含む大会記録が11個誕生するなど盛況となった。

女子100mハードルでは、オレゴン世界選手権準決勝で12秒82の日本記録を樹立していた福部真子(日本建設工業)が自身の日本記録を塗り替える12秒73(+1.1)をマーク。来年のブダペスト世界選手権の参加標準記録(12秒78)を突破した。福部は大会最優秀選手にも選出されている。

同100m、200mは兒玉芽生(ミズノ)が2冠。100mは予選で日本歴代2位となる11秒24(+1.3)、200mも予選で23秒41(-1.0)といずれも大会記録を塗り替えた。男子110mハードルは高山峻野(ゼンリン)が13秒39(+0.8)の大会新で制している。

男子10000m競歩は20km競歩で東京五輪&オレゴン世界選手権銀メダル獲得の池田向希(旭化成)が、38分15秒86の大会新で優勝。女子1500mは日本記録保持者の田中希実(豊田自動織機)が4分10秒41と大会記録を塗り替えて初優勝を果たした。

女子跳躍も好記録が続出。走幅跳はオレゴン世界選手権代表の秦澄美鈴(シバタ工業)が日本歴代4位の6m67(+1.6)で優勝し、三段跳は森本麻里子(内田建設)が13m71(+1.4)でVと、いずれも大会新だった。

団体優勝は男子37点、女子15点を獲得した住友電工。多田修平が100mを制すなど男子総合もトップだった。女子総合は豊田自動織機が34点を獲得して優勝している。

今大会で男子400mハードルの安部孝駿(ヤマダホールディングス)、松下祐樹(ミズノ)、男子競歩の荒井広宙(富士通)といった日本代表経験者が現役引退を迎えた。

■全日本実業団対抗選手権 優勝者一覧
・男子
100m 多田修平(住友電工) 10秒29(+0.9)
200m 伊藤孝太郎(東京ガスエコモ) 20秒86(-1.2)
400m 伊東利来也(住友電工) 47秒04
800m 花村拓人(竹尾) 1分49秒85
1500m 青木涼真(Honda) 3分40秒90
5000m ジョナサン・ディク(日立物流) 13分22秒69
10000m スタンネリー・ワイザカ(ヤクルト) 27分19秒86
110mH 高山峻野(ゼンリン) 13秒39(+0.8)=大会新
400mH 岸本鷹幸(富士通) 49秒94
3000m障害 フィレモン・キプラガット(愛三工業) 8分30秒19
10000m競歩 池田向希(旭化成) 38分15秒86=大会新
4×100mR ATC 39秒99
4×400mR ATC 3分10秒45
走高跳 瀬古優斗(滋賀レイクスターズ) 2m24
棒高跳 石川拓磨(東京海上日動CS) 5m35
走幅跳 泉谷駿介(住友電工) 8m00(+0.3)
三段跳 池畠旭佳瑠(駿河台大非常勤)16m22(+1.9)
砲丸投 森下大地(ウィザス) 17m75
円盤投 湯上剛輝(トヨタ自動車) 57m08
ハンマー投 柏村亮太(ヤマダホールディングス) 71m67
やり投 小椋健司(栃木スポ協) 79m59
・女子
100m 兒玉芽生(ミズノ)11秒39(±0)=大会新
   ※予選11秒24=大会新
200m 兒玉芽生(ミズノ) 23秒49(-0.7)=大会新
   ※予選23秒41=大会新
400m 久保山晴菜(今村病院) 53秒24
800m 塩見綾乃(岩谷産業) 2分04秒81
1500m 田中希実(豊田自動織機) 4分10秒41=大会新
5000m テレシア・ムッソー二(ダイソー) 14分57秒81
10000m カマウ・タビタ・ジェリ(三井住友海上) 31分17秒40
100mH 福部真子(日本建設工業) 12秒73(+1.1)=日本新
400mH 梅原紗月(住友電工) 57秒24
3000m障害 石澤ゆかり(日立) 10分14秒03
10000m競歩 藤井菜々子(エディオン) 45分44秒91
4×100mR 七十七銀行 46秒52
走高跳 津田シェリアイ(築地銀だこ) 1m85
棒高跳 前川 淳(東金沢整形外科) 4m10
走幅跳 秦澄美鈴(シバタ工業) 6m67(+1.6)
三段跳 森本麻里子(内田建設)13m71(+1.4)
砲丸投 郡 菜々佳(新潟アルビレックスRC) 15m55
円盤投 郡 菜々佳(新潟アルビレックスRC) 56m15=大会新
ハンマー投 藤本咲良(コンドーテック) 60m07
やり投 長 麻尋(国士大教) 57m23

第70回全日本実業団対抗選手権が9月23日から25日の3日間、岐阜メモリアルセンター長良川で行われた。 初日は台風の影響で強い雨となったものの、2、3日目は晴天に恵まれた今大会。日本記録1つを含む大会記録が11個誕生するなど盛況となった。 女子100mハードルでは、オレゴン世界選手権準決勝で12秒82の日本記録を樹立していた福部真子(日本建設工業)が自身の日本記録を塗り替える12秒73(+1.1)をマーク。来年のブダペスト世界選手権の参加標準記録(12秒78)を突破した。福部は大会最優秀選手にも選出されている。 同100m、200mは兒玉芽生(ミズノ)が2冠。100mは予選で日本歴代2位となる11秒24(+1.3)、200mも予選で23秒41(-1.0)といずれも大会記録を塗り替えた。男子110mハードルは高山峻野(ゼンリン)が13秒39(+0.8)の大会新で制している。 男子10000m競歩は20km競歩で東京五輪&オレゴン世界選手権銀メダル獲得の池田向希(旭化成)が、38分15秒86の大会新で優勝。女子1500mは日本記録保持者の田中希実(豊田自動織機)が4分10秒41と大会記録を塗り替えて初優勝を果たした。 女子跳躍も好記録が続出。走幅跳はオレゴン世界選手権代表の秦澄美鈴(シバタ工業)が日本歴代4位の6m67(+1.6)で優勝し、三段跳は森本麻里子(内田建設)が13m71(+1.4)でVと、いずれも大会新だった。 団体優勝は男子37点、女子15点を獲得した住友電工。多田修平が100mを制すなど男子総合もトップだった。女子総合は豊田自動織機が34点を獲得して優勝している。 今大会で男子400mハードルの安部孝駿(ヤマダホールディングス)、松下祐樹(ミズノ)、男子競歩の荒井広宙(富士通)といった日本代表経験者が現役引退を迎えた。 ■全日本実業団対抗選手権 優勝者一覧 ・男子 100m 多田修平(住友電工) 10秒29(+0.9) 200m 伊藤孝太郎(東京ガスエコモ) 20秒86(-1.2) 400m 伊東利来也(住友電工) 47秒04 800m 花村拓人(竹尾) 1分49秒85 1500m 青木涼真(Honda) 3分40秒90 5000m ジョナサン・ディク(日立物流) 13分22秒69 10000m スタンネリー・ワイザカ(ヤクルト) 27分19秒86 110mH 高山峻野(ゼンリン) 13秒39(+0.8)=大会新 400mH 岸本鷹幸(富士通) 49秒94 3000m障害 フィレモン・キプラガット(愛三工業) 8分30秒19 10000m競歩 池田向希(旭化成) 38分15秒86=大会新 4×100mR ATC 39秒99 4×400mR ATC 3分10秒45 走高跳 瀬古優斗(滋賀レイクスターズ) 2m24 棒高跳 石川拓磨(東京海上日動CS) 5m35 走幅跳 泉谷駿介(住友電工) 8m00(+0.3) 三段跳 池畠旭佳瑠(駿河台大非常勤)16m22(+1.9) 砲丸投 森下大地(ウィザス) 17m75 円盤投 湯上剛輝(トヨタ自動車) 57m08 ハンマー投 柏村亮太(ヤマダホールディングス) 71m67 やり投 小椋健司(栃木スポ協) 79m59 ・女子 100m 兒玉芽生(ミズノ)11秒39(±0)=大会新    ※予選11秒24=大会新 200m 兒玉芽生(ミズノ) 23秒49(-0.7)=大会新    ※予選23秒41=大会新 400m 久保山晴菜(今村病院) 53秒24 800m 塩見綾乃(岩谷産業) 2分04秒81 1500m 田中希実(豊田自動織機) 4分10秒41=大会新 5000m テレシア・ムッソー二(ダイソー) 14分57秒81 10000m カマウ・タビタ・ジェリ(三井住友海上) 31分17秒40 100mH 福部真子(日本建設工業) 12秒73(+1.1)=日本新 400mH 梅原紗月(住友電工) 57秒24 3000m障害 石澤ゆかり(日立) 10分14秒03 10000m競歩 藤井菜々子(エディオン) 45分44秒91 4×100mR 七十七銀行 46秒52 走高跳 津田シェリアイ(築地銀だこ) 1m85 棒高跳 前川 淳(東金沢整形外科) 4m10 走幅跳 秦澄美鈴(シバタ工業) 6m67(+1.6) 三段跳 森本麻里子(内田建設)13m71(+1.4) 砲丸投 郡 菜々佳(新潟アルビレックスRC) 15m55 円盤投 郡 菜々佳(新潟アルビレックスRC) 56m15=大会新 ハンマー投 藤本咲良(コンドーテック) 60m07 やり投 長 麻尋(国士大教) 57m23

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top