HOME 特集

2023.07.11

世界陸上、パリ五輪への大事な一戦!田中希実1500mで初制覇なるか 寺田明日香、秦澄美鈴、青木益未ら金メダル狙う/アジア選手権女子展望
世界陸上、パリ五輪への大事な一戦!田中希実1500mで初制覇なるか 寺田明日香、秦澄美鈴、青木益未ら金メダル狙う/アジア選手権女子展望

アジア選手権に出場する寺田明日香、田中希実、秦澄美鈴、青木益未

7月12日から16日まで、タイ・バンコクで第25回アジア選手権が行われる。通常は隔年開催だったが、前回2019年からは4年開いている。これは2021年の杭州大会がコロナ禍で中止となったため。

今夏のブダペスト世界選手権に向けて参加標準記録突破のチャンスなのはもちろん、世界陸連(WA)の定める大会ランクでは最上位から4番目の「GL」と入賞ポイントも高く、ワールドランキングで出場を狙う選手にとって重要となる。

また、7月1日から来年のパリ五輪の参加標準記録とワールドランキングの有効期間がスタート。アジアから“世界”に挑戦する日本代表の女子のみどころをチェックしていく。

1500mは田中希実(New Balance)と後藤夢(ユニクロ)の西脇工高同級生コンビがそろって代表入り。日本記録(3分59秒19)を持つ田中は、今季も精力的にレースに出場している。日本選手権を4連覇した後はホクレンディスタンスチャレンジに出たかと思えば、すぐに海を渡り、フィンランドでシーズンベストとなる4分07秒05をマークした。

参加標準記録(4分03秒50)を突破すれば8位になった東京五輪、準決勝に進んだ昨年のオレゴン世界選手権に続いて代表が決まる状況。仮にクリアできなくてもワールドランキングでの出場が濃厚で、アジア選手権で力を示してブダペストを確実なものにしたい。後藤もアジア選手権の結果次第で初の世界大会が見える位置にいる。

注目が集まるのが跳躍。走幅跳はオレゴン世界選手権代表の秦澄美鈴(シバタ工業)がどんなジャンプを見せるか。3月のアジア室内選手権では室内日本記録を20年ぶりに塗り替え、6m64で金メダルを獲得した。6m86の日本記録も視界にとらえている。バンコクで結果を残せれば2大会連続の世界選手権代表は濃厚。前回2位の髙良彩花(JAL)も2大会連続メダルを狙う。

三段跳は日本選手権で14m16の日本記録を樹立した森本麻里子(内田建設AC)と、13m82がベストの髙島真織子(九電工)が参戦。森本は3月のアジア室内選手権で13m66の室内日本新を跳んで2位に入っており、次はこの種目日本初となるアジアの頂点を目指す。もし達成できれば初めての世界選手権が大きく近づく。

棒高跳には日本記録保持者の諸田実咲(アットホーム)、走高跳は今季好調の髙橋渚(メイスンワーク)らが出場。上位争いに食い込めるか。

今や日本女子の“お家芸”とも言えるほどレベルアップした100mハードルからは、東京五輪代表の寺田明日香(ジャパンクリエイト)と青木益未(七十七銀行)が出場。日本記録保持者でオレゴン世界選手権代表の福部真子(日本建設工業)が代表入りできないところに、レベルの高さが表われている。

ともに自己記録は12秒86で日本歴代2位タイ。寺田は日本選手権を優勝し、青木は直後の布勢スプリントを制している。いずれもワールドランキングでのブダペスト世界選手権出場権獲得は視界にとらえる位置にいるが、参加標準記録(12秒78)をしっかり切って行きたいと強い思いを持っている。

投てき陣も豪華で、やり投は17年ロンドン世界選手権代表の斉藤真理菜(スズキ)とオレゴン世界選手権代表の上田百寧(ゼンリン)が出場。斉藤は久しぶりの世界大会が近づいているだけに、バンコクで60mオーバーを見せて弾みをつけたい。

ハンマー投は日本記録保持者のマッカーサー・ジョイ(NMFA)と学生記録保持者の村上来花(九州共立大)が出場。円盤投は日本記録を持つ郡菜々佳(新潟アルビレックスRC)と日本選手権覇者の齋藤真希(東海大院)が代表入り。特に齋藤にはワールドランキングで世界選手権代表入りするためにアジア選手権は落とせない。

400mハードルの山本亜美(立命大)や5000mの山本有真(積水化学)もワールドランキングでのブダペスト世界選手権が見えているだけに順位はしっかり抑えたいところ。

世界から遠ざかっている女子短距離陣は100m・200mに日本選手権2冠の君嶋愛梨沙(土木管理総合)、100mは御家瀬緑(住友電工)、200mは鶴田玲美(南九州ファミリーマート)とフルエントリー。400mも久保山晴菜(今村病院)、松本奈菜子(東邦銀行)が出場する。リレーも含めて、まずはアジアでしっかり戦う姿を見せたい。

女子は総勢38名。中国や台湾、インド、中東勢はどのあたりの選手が出場してくるかによってレベルが変わってくるが、ブダペスト世界選手権、そしてパリ五輪に向けて見逃せない一戦となる。

アジア選手権は7月12日から16日、タイ・バンコクのスパチャラサイ国立競技場で行われる。

7月12日から16日まで、タイ・バンコクで第25回アジア選手権が行われる。通常は隔年開催だったが、前回2019年からは4年開いている。これは2021年の杭州大会がコロナ禍で中止となったため。 今夏のブダペスト世界選手権に向けて参加標準記録突破のチャンスなのはもちろん、世界陸連(WA)の定める大会ランクでは最上位から4番目の「GL」と入賞ポイントも高く、ワールドランキングで出場を狙う選手にとって重要となる。 また、7月1日から来年のパリ五輪の参加標準記録とワールドランキングの有効期間がスタート。アジアから“世界”に挑戦する日本代表の女子のみどころをチェックしていく。 1500mは田中希実(New Balance)と後藤夢(ユニクロ)の西脇工高同級生コンビがそろって代表入り。日本記録(3分59秒19)を持つ田中は、今季も精力的にレースに出場している。日本選手権を4連覇した後はホクレンディスタンスチャレンジに出たかと思えば、すぐに海を渡り、フィンランドでシーズンベストとなる4分07秒05をマークした。 参加標準記録(4分03秒50)を突破すれば8位になった東京五輪、準決勝に進んだ昨年のオレゴン世界選手権に続いて代表が決まる状況。仮にクリアできなくてもワールドランキングでの出場が濃厚で、アジア選手権で力を示してブダペストを確実なものにしたい。後藤もアジア選手権の結果次第で初の世界大会が見える位置にいる。 注目が集まるのが跳躍。走幅跳はオレゴン世界選手権代表の秦澄美鈴(シバタ工業)がどんなジャンプを見せるか。3月のアジア室内選手権では室内日本記録を20年ぶりに塗り替え、6m64で金メダルを獲得した。6m86の日本記録も視界にとらえている。バンコクで結果を残せれば2大会連続の世界選手権代表は濃厚。前回2位の髙良彩花(JAL)も2大会連続メダルを狙う。 三段跳は日本選手権で14m16の日本記録を樹立した森本麻里子(内田建設AC)と、13m82がベストの髙島真織子(九電工)が参戦。森本は3月のアジア室内選手権で13m66の室内日本新を跳んで2位に入っており、次はこの種目日本初となるアジアの頂点を目指す。もし達成できれば初めての世界選手権が大きく近づく。 棒高跳には日本記録保持者の諸田実咲(アットホーム)、走高跳は今季好調の髙橋渚(メイスンワーク)らが出場。上位争いに食い込めるか。 今や日本女子の“お家芸”とも言えるほどレベルアップした100mハードルからは、東京五輪代表の寺田明日香(ジャパンクリエイト)と青木益未(七十七銀行)が出場。日本記録保持者でオレゴン世界選手権代表の福部真子(日本建設工業)が代表入りできないところに、レベルの高さが表われている。 ともに自己記録は12秒86で日本歴代2位タイ。寺田は日本選手権を優勝し、青木は直後の布勢スプリントを制している。いずれもワールドランキングでのブダペスト世界選手権出場権獲得は視界にとらえる位置にいるが、参加標準記録(12秒78)をしっかり切って行きたいと強い思いを持っている。 投てき陣も豪華で、やり投は17年ロンドン世界選手権代表の斉藤真理菜(スズキ)とオレゴン世界選手権代表の上田百寧(ゼンリン)が出場。斉藤は久しぶりの世界大会が近づいているだけに、バンコクで60mオーバーを見せて弾みをつけたい。 ハンマー投は日本記録保持者のマッカーサー・ジョイ(NMFA)と学生記録保持者の村上来花(九州共立大)が出場。円盤投は日本記録を持つ郡菜々佳(新潟アルビレックスRC)と日本選手権覇者の齋藤真希(東海大院)が代表入り。特に齋藤にはワールドランキングで世界選手権代表入りするためにアジア選手権は落とせない。 400mハードルの山本亜美(立命大)や5000mの山本有真(積水化学)もワールドランキングでのブダペスト世界選手権が見えているだけに順位はしっかり抑えたいところ。 世界から遠ざかっている女子短距離陣は100m・200mに日本選手権2冠の君嶋愛梨沙(土木管理総合)、100mは御家瀬緑(住友電工)、200mは鶴田玲美(南九州ファミリーマート)とフルエントリー。400mも久保山晴菜(今村病院)、松本奈菜子(東邦銀行)が出場する。リレーも含めて、まずはアジアでしっかり戦う姿を見せたい。 女子は総勢38名。中国や台湾、インド、中東勢はどのあたりの選手が出場してくるかによってレベルが変わってくるが、ブダペスト世界選手権、そしてパリ五輪に向けて見逃せない一戦となる。 アジア選手権は7月12日から16日、タイ・バンコクのスパチャラサイ国立競技場で行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top