HOME 特集

2022.08.17

福井を熱狂の渦に!4回目の夏「AthleteNightGames」に坂井隆一郎や福部、君嶋など世界陸上代表が続々
福井を熱狂の渦に!4回目の夏「AthleteNightGames」に坂井隆一郎や福部、君嶋など世界陸上代表が続々

熱い夏が今年も福井の地へ。Athlete Night Games in FUKUIが8月19日(予備予選のみ)、20日に福井県営競技場で開催される。

福井陸協の「しあわせ」と「感動」を届けたいという想いから2019年にスタートした今大会は、選手のパフォーマンスをスタンドだけでなく、フィールド内で観戦が可能。間近でトップアスリートたちの競技を見ることができ、迫力満点だ。スタジアムDJも登場して音楽をかけて会場全体を盛り上げるなど、普段の大会とはひと味違った雰囲気を楽しめる。さらに、クラウドファンディングによって支援を募り、選手の招待費や3位までに入った選手に「競技活動資金=賞金」として活用される。支援者とともに作り上げていくこの大会も今年で4回目となった。

舞台となる福井県営競技場の愛称は「9.98スタジアム」。その由来となったのはこの場所で桐生祥秀(日本生命)が出した日本人初の100m9秒台である9秒98だ。過去3回大会すべてに出場している桐生は、昨年には小学生と50mを走る企画も実施。だが、今季は休養を発表しているため、レースへのエントリーはなかった。

それでも、大会を盛り上げる選手たちが、今年も多数出場する。男子では100mに、オレゴン世界選手権で準決勝に進出した坂井隆一郎(大阪ガス)が出場予定だ。6月の布勢スプリントでは日本歴代7位タイとなる10秒02をマークしている。この勢いで、この競技場2人目の9秒台が誕生するか。

勢いに乗る坂井隆一郎(右)に注目だ(写真はオレゴン世界選手権準決勝)

その他にも、同じくオレゴン世界選手権4×100mリレー代表で、U20日本歴代3位の10秒15を持つ栁田大輝(東洋大)、同代表の鈴木涼太(スズキ)、東京五輪4×100mリレー補欠のデーデー・ブルーノ(セイコー)らがエントリー。トップスプリンターが集結し、好記録の誕生に期待が高まる。オレゴン世界選手権200m代表で準決勝に進出した上山紘輝(住友電工)や飯塚翔太(ミズノ)も100m予備予選から出場予定だ。

110mハードルはオレゴン世界選手権代表で予選突破を果たした石川周平(富士通)や同代表で日本歴代4位の13秒27を持つ村竹ラシッド(順大)がエントリー。そして、最も注目なのが高山峻野(ゼンリン)だ。2019年の今大会で13秒25の日本記録(当時)を樹立している高山は、この2年ケガで苦しんできたが今季は完全復活。8月6日には日本歴代2位の13秒10をマークしている。初開催時のような熱狂が再び生まれるか。

走幅跳には今大会初開催だった2019年に日本記録(8m40)を樹立した城山正太郎(ゼンリン)のほか、オレゴン世界選手権代表の山川夏輝(佐賀県スポ協)、吉田弘道(神埼郡陸協)ら8mジャンパーがエントリーしている。

走幅跳のピットのすぐそばで観戦ができる

女子では100mに、6月の布勢スプリントで11秒36、11秒38の11秒3台決着を見せた君嶋愛梨沙(土木管理総合)と兒玉芽生(ミズノ)、日本選手権3位で11秒46を持つ御家瀬緑(住友電工)といったオレゴン世界選手権4×100mリレーで日本記録を樹立したメンバーが出場。同補欠の青山華依(甲南大)や東京五輪4×100mリレー補欠の壹岐あいこ(立命大)らも出場予定で、日本選手権さながらの戦いが繰り広げられる。


オレゴン世界選手権で日本記録を樹立したメンバーたちが出場。好記録は誕生するか

2019年大会で日本記録が誕生した100mハードルには、オレゴン世界選手権代表で日本記録(12秒82)保持者となった福部真子(日本建設工業)がエントリー。同代表で日本歴代2位の12秒86を持つ青木益未(七十七銀行)も出場予定で、日本初の12秒台決着が見られるかもしれない。

今回は「ナショナルレコードチャレンジ」として男子やり投と女子走幅跳を初めて実施。やり投にはオレゴン世界選手権代表のディーン元気(ミズノ)、小椋健司(栃木県スポ協)らが出場予定だ。走幅跳は同じくオレゴン世界選手権代表の秦澄美鈴(シバタ工業)や、関東インカレ4連覇の髙良彩花(筑波大)らがエントリーしている。

2019年には男子110mハードル、走幅跳、女子100mハードル(13秒00/寺田明日香・ジャパンクリエイト)と日本記録が3つ誕生。2020年にも女子100mハードル(12秒92/寺田)で日本記録が樹立された。毎年好記録の誕生で燃え上がる福井。今年もさらなる盛り上がりをみせそうだ。

クラウドファンディングのリターンとなる「ANG2022フィールド観戦【全席指定】」、「ANG2022Specialシート」はすでに完売。メインスタンドのS席とA席、芝スタンド自由席の観戦チケットは8月20日の14時までチケットぴあで販売している。大会当日の販売はなく、前売り券のみ。大会当日は、動画配信アプリhuluでライブ配信も行われる。

選手を近くで応援できるのが醍醐味の大会だ

チケット購入はこちら

<関連記事>
「Athlete Night Games」ってどんな大会?
「あの熱狂をもう一度」福井陸協の情熱が創り出した伝説の夜
2021年大会の様子はこちら!
ドキュメント/今年も福井の夏を彩った“奇跡の夜”ナイター陸上に選手、ファンが笑顔
2020年大会の様子はこちら!
【ドキュメント】「福井の奇跡」再び―笑顔が溢れた夏の終わり/Athlete Night Games

熱い夏が今年も福井の地へ。Athlete Night Games in FUKUIが8月19日(予備予選のみ)、20日に福井県営競技場で開催される。 福井陸協の「しあわせ」と「感動」を届けたいという想いから2019年にスタートした今大会は、選手のパフォーマンスをスタンドだけでなく、フィールド内で観戦が可能。間近でトップアスリートたちの競技を見ることができ、迫力満点だ。スタジアムDJも登場して音楽をかけて会場全体を盛り上げるなど、普段の大会とはひと味違った雰囲気を楽しめる。さらに、クラウドファンディングによって支援を募り、選手の招待費や3位までに入った選手に「競技活動資金=賞金」として活用される。支援者とともに作り上げていくこの大会も今年で4回目となった。 舞台となる福井県営競技場の愛称は「9.98スタジアム」。その由来となったのはこの場所で桐生祥秀(日本生命)が出した日本人初の100m9秒台である9秒98だ。過去3回大会すべてに出場している桐生は、昨年には小学生と50mを走る企画も実施。だが、今季は休養を発表しているため、レースへのエントリーはなかった。 それでも、大会を盛り上げる選手たちが、今年も多数出場する。男子では100mに、オレゴン世界選手権で準決勝に進出した坂井隆一郎(大阪ガス)が出場予定だ。6月の布勢スプリントでは日本歴代7位タイとなる10秒02をマークしている。この勢いで、この競技場2人目の9秒台が誕生するか。 勢いに乗る坂井隆一郎(右)に注目だ(写真はオレゴン世界選手権準決勝) その他にも、同じくオレゴン世界選手権4×100mリレー代表で、U20日本歴代3位の10秒15を持つ栁田大輝(東洋大)、同代表の鈴木涼太(スズキ)、東京五輪4×100mリレー補欠のデーデー・ブルーノ(セイコー)らがエントリー。トップスプリンターが集結し、好記録の誕生に期待が高まる。オレゴン世界選手権200m代表で準決勝に進出した上山紘輝(住友電工)や飯塚翔太(ミズノ)も100m予備予選から出場予定だ。 110mハードルはオレゴン世界選手権代表で予選突破を果たした石川周平(富士通)や同代表で日本歴代4位の13秒27を持つ村竹ラシッド(順大)がエントリー。そして、最も注目なのが高山峻野(ゼンリン)だ。2019年の今大会で13秒25の日本記録(当時)を樹立している高山は、この2年ケガで苦しんできたが今季は完全復活。8月6日には日本歴代2位の13秒10をマークしている。初開催時のような熱狂が再び生まれるか。 走幅跳には今大会初開催だった2019年に日本記録(8m40)を樹立した城山正太郎(ゼンリン)のほか、オレゴン世界選手権代表の山川夏輝(佐賀県スポ協)、吉田弘道(神埼郡陸協)ら8mジャンパーがエントリーしている。 走幅跳のピットのすぐそばで観戦ができる 女子では100mに、6月の布勢スプリントで11秒36、11秒38の11秒3台決着を見せた君嶋愛梨沙(土木管理総合)と兒玉芽生(ミズノ)、日本選手権3位で11秒46を持つ御家瀬緑(住友電工)といったオレゴン世界選手権4×100mリレーで日本記録を樹立したメンバーが出場。同補欠の青山華依(甲南大)や東京五輪4×100mリレー補欠の壹岐あいこ(立命大)らも出場予定で、日本選手権さながらの戦いが繰り広げられる。 オレゴン世界選手権で日本記録を樹立したメンバーたちが出場。好記録は誕生するか 2019年大会で日本記録が誕生した100mハードルには、オレゴン世界選手権代表で日本記録(12秒82)保持者となった福部真子(日本建設工業)がエントリー。同代表で日本歴代2位の12秒86を持つ青木益未(七十七銀行)も出場予定で、日本初の12秒台決着が見られるかもしれない。 今回は「ナショナルレコードチャレンジ」として男子やり投と女子走幅跳を初めて実施。やり投にはオレゴン世界選手権代表のディーン元気(ミズノ)、小椋健司(栃木県スポ協)らが出場予定だ。走幅跳は同じくオレゴン世界選手権代表の秦澄美鈴(シバタ工業)や、関東インカレ4連覇の髙良彩花(筑波大)らがエントリーしている。 2019年には男子110mハードル、走幅跳、女子100mハードル(13秒00/寺田明日香・ジャパンクリエイト)と日本記録が3つ誕生。2020年にも女子100mハードル(12秒92/寺田)で日本記録が樹立された。毎年好記録の誕生で燃え上がる福井。今年もさらなる盛り上がりをみせそうだ。 クラウドファンディングのリターンとなる「ANG2022フィールド観戦【全席指定】」、「ANG2022Specialシート」はすでに完売。メインスタンドのS席とA席、芝スタンド自由席の観戦チケットは8月20日の14時までチケットぴあで販売している。大会当日の販売はなく、前売り券のみ。大会当日は、動画配信アプリhuluでライブ配信も行われる。 選手を近くで応援できるのが醍醐味の大会だ チケット購入はこちら! <関連記事> 「Athlete Night Games」ってどんな大会? 「あの熱狂をもう一度」福井陸協の情熱が創り出した伝説の夜 2021年大会の様子はこちら! ドキュメント/今年も福井の夏を彩った“奇跡の夜”ナイター陸上に選手、ファンが笑顔 2020年大会の様子はこちら! 【ドキュメント】「福井の奇跡」再び―笑顔が溢れた夏の終わり/Athlete Night Games

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.17

ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

東京2025世界陸上財団は6月178日、ぴあ株式会社とスポンサー契約を締結したことを発表した。これまで多くのイベントでチケットの販売や入場管理業務の実績を持つ同社は、2025年に開催される東京世界陸上をサポートしていくと […]

NEWS ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

2024.06.17

ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

6月14日、エチオピアの10000m五輪トライアルがスペイン・ネルハで開催され、男子10000mではドーハ世界選手権銀メダルのY.ケジャルチャが今季世界最高、世界歴代7位の26分31秒01で優勝した。 ケジャルチャは東京 […]

NEWS ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

2024.06.17

ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

6月14~15日、ケニア・ナイロビでケニアの五輪選考会が開催され、男子800mではブダペスト世界選手権銀メダルのE.ワニョニイが世界歴代3位の1分41秒70で優勝した。 19歳のワニョニイは、昨年の世界選手権銀メダリスト […]

NEWS 男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

2024.06.17

男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)3日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の3日目が行われ、酷暑の中でも多くの好勝負が生まれ、男子走高跳は1位と6位に2人 […]

NEWS 400mH・川上大智が51秒95で制す!大会新Vの400mと2冠 女子100m大石夕月が11秒台で優勝/IH四国

2024.06.17

400mH・川上大智が51秒95で制す!大会新Vの400mと2冠 女子100m大石夕月が11秒台で優勝/IH四国

インターハイ四国地区大会(6月15日~17日/高知・春野総合運動公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた四国地区大会の2日目が行われ、男子400mハードルでは川上大智(観音寺総合3香川)が51秒95で優勝。2年連 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top