HOME 国内、大学

2022.08.18

富士北麓ワールドトライアルに中島佑気ジョセフや君嶋愛梨沙、福部真子ら日本代表がエントリー
富士北麓ワールドトライアルに中島佑気ジョセフや君嶋愛梨沙、福部真子ら日本代表がエントリー

8月27日に山梨県富士吉田市で行われる富士北麓ワールドトライアル2022のエントリー選手が発表された。この大会は標高約1000mの準高地で実施されるため好記録誕生が期待されている。

男子400mにはオレゴン世界選手権4×400mリレー代表の中島佑気ジョセフ(東洋大)がエントリー。世界選手権後には45秒72の自己新をマークしているだけに、さらなる記録更新もあり得る。また、同代表の岩崎立来(大体大)、河内光起(大阪ガス)も出場を予定している。

世界選手権の男子400mハードルに出場した岸本鷹幸(富士通)も出場予定。同種目には今季49秒71と上り調子の田中天智龍(早大)や、リオ五輪代表の松下祐樹(ミズノ)、東京五輪代表の山内大夢(東邦銀行)もエントリーした。男子走幅跳には吉田弘道(神崎郡陸協)、藤原孝輝(東洋大)と2人の8mジャンパーが顔を合わせる。

女子100mには11秒36を持つ君嶋愛梨沙(土木管理総合)、日本選手権4位の青木益未(七十七銀行)が出場予定。世界選手権4×100mリレーで日本新記録を樹立した2人が激突する。同100m、200mには東京五輪代表の齋藤愛美(大阪成蹊AC)も登録した。

世界選手権の女子100mハードルで12秒82の日本新記録をマークした福部真子(日本建設工業)も出場見込みこの種目には13秒00を持つ鈴木美帆(長谷川体育施設)や13秒13の中島ひとみ(同)、徳島インターハイを2年生で制した林美希(中京大中京高)が出場を予定している。400mハードルの宇都宮絵莉(長谷川体育施設)も好記録の予感が漂う。

来年のブダペスト世界選手権、そしてパリ五輪に向けて一歩目を刻めるか。

8月27日に山梨県富士吉田市で行われる富士北麓ワールドトライアル2022のエントリー選手が発表された。この大会は標高約1000mの準高地で実施されるため好記録誕生が期待されている。 男子400mにはオレゴン世界選手権4×400mリレー代表の中島佑気ジョセフ(東洋大)がエントリー。世界選手権後には45秒72の自己新をマークしているだけに、さらなる記録更新もあり得る。また、同代表の岩崎立来(大体大)、河内光起(大阪ガス)も出場を予定している。 世界選手権の男子400mハードルに出場した岸本鷹幸(富士通)も出場予定。同種目には今季49秒71と上り調子の田中天智龍(早大)や、リオ五輪代表の松下祐樹(ミズノ)、東京五輪代表の山内大夢(東邦銀行)もエントリーした。男子走幅跳には吉田弘道(神崎郡陸協)、藤原孝輝(東洋大)と2人の8mジャンパーが顔を合わせる。 女子100mには11秒36を持つ君嶋愛梨沙(土木管理総合)、日本選手権4位の青木益未(七十七銀行)が出場予定。世界選手権4×100mリレーで日本新記録を樹立した2人が激突する。同100m、200mには東京五輪代表の齋藤愛美(大阪成蹊AC)も登録した。 世界選手権の女子100mハードルで12秒82の日本新記録をマークした福部真子(日本建設工業)も出場見込みこの種目には13秒00を持つ鈴木美帆(長谷川体育施設)や13秒13の中島ひとみ(同)、徳島インターハイを2年生で制した林美希(中京大中京高)が出場を予定している。400mハードルの宇都宮絵莉(長谷川体育施設)も好記録の予感が漂う。 来年のブダペスト世界選手権、そしてパリ五輪に向けて一歩目を刻めるか。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

NEWS 【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

2024.07.13

【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

7月13日、第48回宮崎県高校1年生大会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子100mで髙城昊紀(宮崎西高)が10秒52(+0.5)で優勝を果たした。 髙城のこれまでの100mベストは今月7日に出した1 […]

NEWS 五輪代表・青木涼真、山本有真がエントリー ホクレンDC千歳の出場選手発表!相澤晃、遠藤日向、篠原倖太朗、新谷仁美も

2024.07.13

五輪代表・青木涼真、山本有真がエントリー ホクレンDC千歳の出場選手発表!相澤晃、遠藤日向、篠原倖太朗、新谷仁美も

日本陸連はホクレンディスタンス第5戦の千歳大会(7月20日)のエントリー選手を発表した。 8月から始まるパリ五輪男子3000m障害代表の青木涼真(Honda)が1500m、5000mに、女子5000m代表の山本有真(積水 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top