HOME 国内

2023.05.02

静岡国際が3日に開催! オレゴン世界選手権代表の飯塚翔太、黒川和樹らが揃う
静岡国際が3日に開催! オレゴン世界選手権代表の飯塚翔太、黒川和樹らが揃う

400mHオレゴン世界陸上代表の黒川和樹(左)、同大会200m代表飯塚翔太(中央)、上山紘輝(右)

◇第38回静岡国際(5月3日/静岡・エコパスタジアム)

日本グランプリシリーズのG1の静岡国際陸上が5月3日に行われる。
開会式は12時から、グランプリ種目は男子6種目、女子6種目の計12種目を実施され、12時30分の女子800mBレースから競技が始まる。女子800mは塩見綾乃(岩谷産業)、北村夢(エディオン)、川田朱夏(ニコニコのリ)らがタイムレース決勝で争う。男子800mには前回、日本歴代5位の1分46秒17で日本人トップの薄田健太郎(DeNA)や、日本記録保持者の川元奨(スズキ)が出場を予定している。

広告の下にコンテンツが続きます

注目の男子200mにはオレゴン世界選手権代表の飯塚翔太(ミズノ)と上山紘輝(住友電工)の他に、学生個人選手権200m優勝の西裕大(早大)や鵜澤飛羽(筑波大)らが出場する。女子200mは昨年の日本選手権優勝の兒玉芽生(ミズノ)、織田記念で100m日本人トップの2位に入った鶴田玲美(南九州ファミリーマート)、青野朱李(NDソフト)らトップ選手がそろってエントリーされている。

男子400mには、オレゴン世界選手権リレー男子4×400mリレーにアジア新記録で4位入賞を果たした川端魁人(中京大クラブ)、佐藤風雅(ミズノ)、中島佑気ジョセフ(東洋大)が登場。女子400mにも同リレー代表の松本奈菜子(東邦銀行)、小林茉由(J.VIC)らが出場を予定している。

男子400mハードルはオレゴン世界選手権代表の黒川和樹(法大)やベテランの岸本鷹幸(富士通)がエントリー。女子400mハードルは招待選手の宇都宮絵莉(長谷川体育施設)、日本選手権2連覇中の山本亜美(立命大)がレースをリードしそうだ。

フィールド種目では男子の走高跳とハンマー投、女子の走幅跳と円盤投が実施される。
アジア室内選手権の男子走高跳金メダリスト・赤松諒一(アワーズ)が今季国内初戦に挑む。また、柏村亮太(ヤマダホールディングス)がハンマー投に登録。女子走幅跳はオレゴン世界選手権代表の秦澄美鈴(シバタ工業)、女子円盤投は59m03の日本記録を持つ郡菜々佳(新潟アルビレックスRC)ら有力選手がエントリーされている。

広告の下にコンテンツが続きます

今大会も織田記念同様、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズにも指定され、大会結果は世界ランキングにも大きく反映される。海外からの招待選手も出場し、ハイレベルな争いが繰り広げられそうだ。大会の様子は日本陸連公式YouTubeにてライブ配信が実施される予定となっている。

◇第38回静岡国際(5月3日/静岡・エコパスタジアム) 日本グランプリシリーズのG1の静岡国際陸上が5月3日に行われる。 開会式は12時から、グランプリ種目は男子6種目、女子6種目の計12種目を実施され、12時30分の女子800mBレースから競技が始まる。女子800mは塩見綾乃(岩谷産業)、北村夢(エディオン)、川田朱夏(ニコニコのリ)らがタイムレース決勝で争う。男子800mには前回、日本歴代5位の1分46秒17で日本人トップの薄田健太郎(DeNA)や、日本記録保持者の川元奨(スズキ)が出場を予定している。 注目の男子200mにはオレゴン世界選手権代表の飯塚翔太(ミズノ)と上山紘輝(住友電工)の他に、学生個人選手権200m優勝の西裕大(早大)や鵜澤飛羽(筑波大)らが出場する。女子200mは昨年の日本選手権優勝の兒玉芽生(ミズノ)、織田記念で100m日本人トップの2位に入った鶴田玲美(南九州ファミリーマート)、青野朱李(NDソフト)らトップ選手がそろってエントリーされている。 男子400mには、オレゴン世界選手権リレー男子4×400mリレーにアジア新記録で4位入賞を果たした川端魁人(中京大クラブ)、佐藤風雅(ミズノ)、中島佑気ジョセフ(東洋大)が登場。女子400mにも同リレー代表の松本奈菜子(東邦銀行)、小林茉由(J.VIC)らが出場を予定している。 男子400mハードルはオレゴン世界選手権代表の黒川和樹(法大)やベテランの岸本鷹幸(富士通)がエントリー。女子400mハードルは招待選手の宇都宮絵莉(長谷川体育施設)、日本選手権2連覇中の山本亜美(立命大)がレースをリードしそうだ。 フィールド種目では男子の走高跳とハンマー投、女子の走幅跳と円盤投が実施される。 アジア室内選手権の男子走高跳金メダリスト・赤松諒一(アワーズ)が今季国内初戦に挑む。また、柏村亮太(ヤマダホールディングス)がハンマー投に登録。女子走幅跳はオレゴン世界選手権代表の秦澄美鈴(シバタ工業)、女子円盤投は59m03の日本記録を持つ郡菜々佳(新潟アルビレックスRC)ら有力選手がエントリーされている。 今大会も織田記念同様、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズにも指定され、大会結果は世界ランキングにも大きく反映される。海外からの招待選手も出場し、ハイレベルな争いが繰り広げられそうだ。大会の様子は日本陸連公式YouTubeにてライブ配信が実施される予定となっている。

【動画】静岡国際のライブ配信をチェック!

https://www.youtube.com/live/w_9Lb4Sy89I?feature=share

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

「ここが自分の最高地点じゃない」2時間6分18秒!衝撃の初マラソン初V飾った國學院大・平林清澄 世界へ意欲/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

2024.02.26

パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS 山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

2024.02.26

山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われた。シニア男子 […]

NEWS 女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

2024.02.26

女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、49人が出走 […]

NEWS 衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top