HOME 国内

2023.05.02

田澤廉、塩尻和也ら1万mで世界陸上目指す 廣中璃梨花は3位以内で代表に内定/ゴールデンゲームズ
田澤廉、塩尻和也ら1万mで世界陸上目指す 廣中璃梨花は3位以内で代表に内定/ゴールデンゲームズ

10000mに出場する田澤廉と廣中璃梨佳

日本グランプリシリーズG3の第34回ゴールデンゲームズinのべおか(宮崎・延岡市)が5月4日に行われる。

長距離に特化した人気の大会。今年の10000mの日本選手権が12月開催となったため、男女10000mはブダペスト世界選手権の代表選考会を兼ねて実施される。参加標準記録を突破した選手で3位以内に入れば代表に内定。注目選手をチェックしていこう。

広告の下にコンテンツが続きます

世界選手権に出場するには参加標準記録を突破するか、もしくはワールドランキングでターゲットナンバー(出場枠=27)に入る必要がある。参加標準記録を突破した選手がターゲットナンバーを超える場合、ワールドランキングでの出場枠はなくなる。

男子の参加標準記録は日本記録(27分18秒75/相澤晃、旭化成)よりも高い27分10秒00。これを切るのは簡単ではない。

最も注目を集めるのは田澤廉(トヨタ自動車)。駒大4年だった昨年はオレゴン世界選手権に出場した。27分23秒44の自己記録は日本歴代2位で日本人学生最高記録。田澤の強さは“一発”だけではなく、これまで5度も27分台をマークしているところにある。

ワールドランキングは期間内の2レースから計算される。学生として最後に米国で出場した3月の「TheTEN」で27分28秒04。選考会でしっかり27分台をマークして優勝しておきたいところ。その上で、7月までに海外などで参加標準記録を狙う可能性もある。

広告の下にコンテンツが続きます

専任コーチを務める大八木弘明コーチは「27分10~20秒を出すための準備をしている」と語っている。田澤のポテンシャルから言えば可能性はある。

他では塩尻和也(富士通)、太田智樹(トヨタ自動車)、羽生拓矢(トヨタ紡織)あたりが上位候補。塩尻は3000m障害でリオ五輪に出場した。今季は3000m障害を“封印”してフラットレースで世界を狙う。太田は4月8日の金栗記念で27分42秒49をマークして日本人トップ。羽生は昨年27分27秒49(日本歴代4位)を叩き出している。

マラソンでアジア大会代表に選ばれた池田耀平(Kao)や林田洋翔(三菱重工)もいる。鎧坂哲哉、村山謙太、茂木圭次郎の旭化成トリオは“地元”で輝けるか。

なお、日本記録保持者で東京五輪代表の相澤は故障のため12月の日本選手権10000mへ照準を絞る。東京五輪&オレゴン世界選手権代表の伊藤達彦(Honda)はこの大会の5000mにエントリーしている。

広告の下にコンテンツが続きます

女子の参加標準記録は30分40秒00。エントリー9名のうち、これを突破しているのは廣中璃梨佳(日本郵政グループ)のみ。東京五輪(7位)&オレゴン世界選手権代表で、日本歴代2位の30分39秒71のベストを持つ廣中。オレゴン以降はやや調子を落としており、アジア室内3000mでもメダルに届かず。左アキレス腱の違和感のため世界クロスカントリー選手権を欠場している。どこまで調子を上げてくるか。

オレゴン世界選手権代表の五島莉乃(資生堂)は、昨年12月に31分22秒38をマーク。3月にはスペインで10kmに出場するなど順調だ。木村友香(資生堂)、マラソンで世界選手権代表を決めた加世田梨花(ダイハツ)らの走りにも注目が集まる。

女子は20時35分、男子は21時15分にスタート。大会の様子はライブ配信される。ブダペスト行きの切符を手にするのは果たして。

日本グランプリシリーズG3の第34回ゴールデンゲームズinのべおか(宮崎・延岡市)が5月4日に行われる。 長距離に特化した人気の大会。今年の10000mの日本選手権が12月開催となったため、男女10000mはブダペスト世界選手権の代表選考会を兼ねて実施される。参加標準記録を突破した選手で3位以内に入れば代表に内定。注目選手をチェックしていこう。 世界選手権に出場するには参加標準記録を突破するか、もしくはワールドランキングでターゲットナンバー(出場枠=27)に入る必要がある。参加標準記録を突破した選手がターゲットナンバーを超える場合、ワールドランキングでの出場枠はなくなる。 男子の参加標準記録は日本記録(27分18秒75/相澤晃、旭化成)よりも高い27分10秒00。これを切るのは簡単ではない。 最も注目を集めるのは田澤廉(トヨタ自動車)。駒大4年だった昨年はオレゴン世界選手権に出場した。27分23秒44の自己記録は日本歴代2位で日本人学生最高記録。田澤の強さは“一発”だけではなく、これまで5度も27分台をマークしているところにある。 ワールドランキングは期間内の2レースから計算される。学生として最後に米国で出場した3月の「TheTEN」で27分28秒04。選考会でしっかり27分台をマークして優勝しておきたいところ。その上で、7月までに海外などで参加標準記録を狙う可能性もある。 専任コーチを務める大八木弘明コーチは「27分10~20秒を出すための準備をしている」と語っている。田澤のポテンシャルから言えば可能性はある。 他では塩尻和也(富士通)、太田智樹(トヨタ自動車)、羽生拓矢(トヨタ紡織)あたりが上位候補。塩尻は3000m障害でリオ五輪に出場した。今季は3000m障害を“封印”してフラットレースで世界を狙う。太田は4月8日の金栗記念で27分42秒49をマークして日本人トップ。羽生は昨年27分27秒49(日本歴代4位)を叩き出している。 マラソンでアジア大会代表に選ばれた池田耀平(Kao)や林田洋翔(三菱重工)もいる。鎧坂哲哉、村山謙太、茂木圭次郎の旭化成トリオは“地元”で輝けるか。 なお、日本記録保持者で東京五輪代表の相澤は故障のため12月の日本選手権10000mへ照準を絞る。東京五輪&オレゴン世界選手権代表の伊藤達彦(Honda)はこの大会の5000mにエントリーしている。 女子の参加標準記録は30分40秒00。エントリー9名のうち、これを突破しているのは廣中璃梨佳(日本郵政グループ)のみ。東京五輪(7位)&オレゴン世界選手権代表で、日本歴代2位の30分39秒71のベストを持つ廣中。オレゴン以降はやや調子を落としており、アジア室内3000mでもメダルに届かず。左アキレス腱の違和感のため世界クロスカントリー選手権を欠場している。どこまで調子を上げてくるか。 オレゴン世界選手権代表の五島莉乃(資生堂)は、昨年12月に31分22秒38をマーク。3月にはスペインで10kmに出場するなど順調だ。木村友香(資生堂)、マラソンで世界選手権代表を決めた加世田梨花(ダイハツ)らの走りにも注目が集まる。 女子は20時35分、男子は21時15分にスタート。大会の様子はライブ配信される。ブダペスト行きの切符を手にするのは果たして。

【動画】2023ゴールデンゲームズinのべおかライブ配信をチェック

https://youtu.be/CVHrxttPlwQ

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top