HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.12.10

【箱根駅伝エントリー】3冠に王手の駒大、大エースの田澤廉、鈴木芽吹、花尾恭輔、スーパールーキー佐藤圭汰ら順当 唐澤、白鳥が外れる
【箱根駅伝エントリー】3冠に王手の駒大、大エースの田澤廉、鈴木芽吹、花尾恭輔、スーパールーキー佐藤圭汰ら順当 唐澤、白鳥が外れる

駒大はエースの田澤廉(左)が2区、前回4区の花尾恭輔が8区に入った

第99回箱根駅伝(2023年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

出雲駅伝、全日本大学駅伝を制した駒大は、エースの田澤廉(4年)ら、中心選手の多くがメンバー入りした。

4年生では他に主将の山野力、円健介ら4人が登録。3大駅伝未出走の小野恵崇も入った。また、3年生が最も多く6人。長く故障に苦しみながら出雲で復活を遂げた鈴木芽吹や、花尾恭輔、安原太陽、篠原倖太朗、赤星雄斗らエントリーされている。

出雲、全日本で活躍した佐藤圭汰、全日本4区区間賞の山川拓馬といった強力ルーキーもしっかりメンバー入りしている。

一方、前回の箱根で1区を務めた唐澤拓海(3年)、同7区の白鳥哲汰(3年)が外れている。それだけ選手層が厚いということだろう。

連覇を狙った前回は3位。大エース・田澤を中心に同校初の「学生駅伝3冠」に王手をかけている。悲願達成へチーム一丸となって突き進む。

12月29日に区間エントリー10人と補員6人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

●駒大のエントリー選手は次のページ

第99回箱根駅伝(2023年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。 出雲駅伝、全日本大学駅伝を制した駒大は、エースの田澤廉(4年)ら、中心選手の多くがメンバー入りした。 4年生では他に主将の山野力、円健介ら4人が登録。3大駅伝未出走の小野恵崇も入った。また、3年生が最も多く6人。長く故障に苦しみながら出雲で復活を遂げた鈴木芽吹や、花尾恭輔、安原太陽、篠原倖太朗、赤星雄斗らエントリーされている。 出雲、全日本で活躍した佐藤圭汰、全日本4区区間賞の山川拓馬といった強力ルーキーもしっかりメンバー入りしている。 一方、前回の箱根で1区を務めた唐澤拓海(3年)、同7区の白鳥哲汰(3年)が外れている。それだけ選手層が厚いということだろう。 連覇を狙った前回は3位。大エース・田澤を中心に同校初の「学生駅伝3冠」に王手をかけている。悲願達成へチーム一丸となって突き進む。 12月29日に区間エントリー10人と補員6人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。 ●駒大のエントリー選手は次のページ
■駒大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校) ◎前回3位、出雲優勝、全日本優勝 小野 恵崇(4年/那須拓陽高・栃木) 田澤  廉(4年/青森山田高・青森) 円  健介(4年/倉敷高・岡山) 山野  力(4年/宇部鴻城高・山口)主将 青柿  響(3年/聖望学園高・埼玉) 赤星 雄斗(3年/洛南高・京都) 金子 伊吹(3年/藤沢翔陵高・神奈川) 鈴木 芽吹(3年/佐久長聖高・長野) 花尾 恭輔(3年/鎮西学院高・長崎) 安原 太陽(3年/滋賀学園高・滋賀) 篠原倖太朗(2年/富里高・千葉) 吉本 真啓(2年/世羅高・広島) 伊藤 蒼唯(1年/出雲工高・島根) 帰山 侑大(1年/樹徳高・群馬) 佐藤 圭汰(1年/洛南高・京都) 山川 拓馬(1年/上伊那農高・長野)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top