月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

JMC初代チャンピオンは鈴木健吾と一山麻緒 オレゴン世界選手権代表にも内定!


日本陸連は24日、2021年からスタートしたジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズ(以下 JMC シリーズ)のシリーズ1のポイントランキングを発表。男子は鈴木健吾(富士通)、女子は一山麻緒(ワコール)が初代チャンピオンに輝き、夫婦そろって第105回日本選手権者となった。また、2人は7月に開催されるオレゴン世界選手権代表にも内定した。

JMCシリーズは国内外の公認マラソン大会を体系化し、選手強化や日本のマラソン全体の活性化につなげる新たな仕組みで、大会の順位およびタイムをポイント化し、ランキング形式で競うもの。JMCシリーズ1は第0期(2020年12月~21年10月)と第1期(2021年11月~22年3月)のポイントを合算して行われた。

男子の鈴木は2時間4分56秒で優勝した21年2月のびわ湖毎日マラソン(1394点)、2時間5分28秒で日本人トップとなった今月の東京マラソン(1384点)で合計2778点を獲得。細谷恭平(黒崎播磨)に130点差を付けてトップに立った。

一方の女子は一山が昨年の大阪国際女子(2時間21分11秒で優勝)で1291点、今月の東京マラソンでは2時間21分02秒で日本人最高位を占めて1293点の高得点を重ね、合計2584点でランキングトップ。2位の松田瑞生(ダイハツ)とはわずか6点差だった。

JMCシリーズは優勝者に600万円、2位300万円、3位100万円の賞金が贈られる。また、上位8位以内に入った選手には2023年秋に行われるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)への出場権が与えられることになっており、男子5位の吉田祐也(GMOインターネットグループ)、同7位井上大仁(三菱重工)、女子8位の和久夢来(ユニバーサルエンターテインメント)が新たに出場権を手にした。

■JMCシリーズ1ポイントランキングトップ8
<男子>
1位 2778点 鈴木健吾(富士通)
2位 2646点 細谷恭平(黒崎播磨)
3位 2602点 大塚祥平(九電工)
4位 2588点 土方英和(Honda)
5位 2527点 吉田祐也(GMOインターネットグループ)※MGC出場権獲得
6位 2522点 聞谷賢人(トヨタ紡織)
7位 2513点 井上大仁(三菱重工)         ※MGC出場権獲得
8位 2508点 其田健也(JR東日本)
<女子>
1位 2584点 一山麻緒(ワコール)
2位 2578点 松田瑞生(ダイハツ)
3位 2477点 上杉真穂(スターツ)
4位 2460点 松下菜摘(天満屋)
5位 2453点 阿部有香里(しまむら)
6位 2447点 佐藤早也伽(積水化学)
7位 2362点 福良郁美(大塚製薬)
8位 2362点 和久夢来(ユニバーサルエンターテインメント)※MGC出場権獲得
賞金:優勝600万円、2位300万円、3位100万円

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com