HOME 東京五輪、日本代表、五輪
東京五輪代表、小池祐貴は100mを選択 200mはサニブラウン、山下、飯塚が代表に 桐生、デーデーがリレーメンバー
東京五輪代表、小池祐貴は100mを選択 200mはサニブラウン、山下、飯塚が代表に 桐生、デーデーがリレーメンバー


日本陸連は7月2日、世界陸連のワールドランキングにより東京五輪参加資格を得た選手を含めた第2次内定選手を発表。注目を集めた男子短距離の代表もリレーメンバーも含めて正式に決まった。

男子100mで4位に入り、200mで優勝した小池祐貴(住友電工)は、ともに参加標準記録を突破して出場する権利を有したが、日本陸連の4×100mリレーで金メダルを獲得するための戦略で2種目登録を原則しない方針があったため100mに専念する。

その結果、100mは多田修平(住友電工)、山縣亮太(セイコー)と小池が代表、200mは参加標準記録突破済みのサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)、ワールドランキングで出場資格を得た山下潤(ANA)と飯塚翔太(ミズノ)が代表に決まった。飯塚は3大会連続、小池、サニブラウン、山下は初出場。

男子4×100mリレーのメンバーには、100mで5位だった桐生祥秀(日本生命)と、100mと200mで2位と躍進したデーデー・ブルーノ(東海大)が選ばれた。

男子4×400mリレーメンバーは、日本選手権400mで上位に入った、川端魁人(三重教員AC)、佐藤拳太郎(富士通)、鈴木碧斗(東洋大)、伊東利来也(三菱マテリアル)が代表入りした。

なお、100mの補欠に桐生、200mの補欠に小池。4×100mリレーの補欠には柳田大輝(東農大二高・群馬)、4×400mリレーの補欠に池田弘佑(あすなろ会)が選ばれている。

女子4×100mリレーは、世界リレーで出場権獲得に貢献した、兒玉芽生(福岡大)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)、齋藤愛美(大阪成蹊大)、青山華依(甲南大)、石川優(青学大)が代表となり、補欠に壹岐あいこ(立命大)が選ばれた。

■短距離関連の東京五輪代表内定選手
男子
100m
多田修平(住友電工/初)、山縣亮太(セイコー/3)、小池祐貴(住友電工/初)
200m
サニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC/初)、山下潤(ANA/初)、飯塚翔太(ミズノ/3)
4×100mR
桐生祥秀(日本生命/2)、デーデー・ブルーノ(東海大/初)
400m
ウォルシュ・ジュリアン(富士通/2)
4×400mR
川端魁人(三重教員AC/初)、佐藤拳太郎(富士通/2)、鈴木碧斗(東洋大/初)、伊東利来也(三菱マテリアル/初)

女子
4×100mR
兒玉芽生(福岡大/初)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート/初)、齋藤愛美(大阪成蹊大/初)、青山華依(甲南大/初)、石川優(青学大/初)

◎補欠登録
男子
100m 桐生祥秀(日本生命)
200m 小池祐貴(住友電工)
4×100mR 柳田大輝(東農大二高・群馬)
4×400mR 池田弘佑(あすなろ会)
女子
4×100mR 壹岐あいこ(立命大)

※補欠登録選手は、7月28日以降各種目のファイナルコンファメーション提出期限までは疾病・負傷等の理由に限り代表選手との交替可能

日本陸連は7月2日、世界陸連のワールドランキングにより東京五輪参加資格を得た選手を含めた第2次内定選手を発表。注目を集めた男子短距離の代表もリレーメンバーも含めて正式に決まった。 男子100mで4位に入り、200mで優勝した小池祐貴(住友電工)は、ともに参加標準記録を突破して出場する権利を有したが、日本陸連の4×100mリレーで金メダルを獲得するための戦略で2種目登録を原則しない方針があったため100mに専念する。 その結果、100mは多田修平(住友電工)、山縣亮太(セイコー)と小池が代表、200mは参加標準記録突破済みのサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)、ワールドランキングで出場資格を得た山下潤(ANA)と飯塚翔太(ミズノ)が代表に決まった。飯塚は3大会連続、小池、サニブラウン、山下は初出場。 男子4×100mリレーのメンバーには、100mで5位だった桐生祥秀(日本生命)と、100mと200mで2位と躍進したデーデー・ブルーノ(東海大)が選ばれた。 男子4×400mリレーメンバーは、日本選手権400mで上位に入った、川端魁人(三重教員AC)、佐藤拳太郎(富士通)、鈴木碧斗(東洋大)、伊東利来也(三菱マテリアル)が代表入りした。 なお、100mの補欠に桐生、200mの補欠に小池。4×100mリレーの補欠には柳田大輝(東農大二高・群馬)、4×400mリレーの補欠に池田弘佑(あすなろ会)が選ばれている。 女子4×100mリレーは、世界リレーで出場権獲得に貢献した、兒玉芽生(福岡大)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)、齋藤愛美(大阪成蹊大)、青山華依(甲南大)、石川優(青学大)が代表となり、補欠に壹岐あいこ(立命大)が選ばれた。 ■短距離関連の東京五輪代表内定選手 男子 100m 多田修平(住友電工/初)、山縣亮太(セイコー/3)、小池祐貴(住友電工/初) 200m サニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC/初)、山下潤(ANA/初)、飯塚翔太(ミズノ/3) 4×100mR 桐生祥秀(日本生命/2)、デーデー・ブルーノ(東海大/初) 400m ウォルシュ・ジュリアン(富士通/2) 4×400mR 川端魁人(三重教員AC/初)、佐藤拳太郎(富士通/2)、鈴木碧斗(東洋大/初)、伊東利来也(三菱マテリアル/初) 女子 4×100mR 兒玉芽生(福岡大/初)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート/初)、齋藤愛美(大阪成蹊大/初)、青山華依(甲南大/初)、石川優(青学大/初) ◎補欠登録 男子 100m 桐生祥秀(日本生命) 200m 小池祐貴(住友電工) 4×100mR 柳田大輝(東農大二高・群馬) 4×400mR 池田弘佑(あすなろ会) 女子 4×100mR 壹岐あいこ(立命大) ※補欠登録選手は、7月28日以降各種目のファイナルコンファメーション提出期限までは疾病・負傷等の理由に限り代表選手との交替可能

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日)

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日/神奈川・平塚、ハンマー投のみ東海大) ●男子 100m   200m   400m   800m   1500m  東秀太(広島経大3)  3分49秒40 50 […]

NEWS 100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

2024.06.14

100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)1日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)が13秒35(+0.3)をマーク […]

NEWS パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top