月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

棒高跳の山本、江島が代表入り 31歳・寺田が初五輪、田中、卜部は女子1500m日本初の快挙 東京五輪第2次内定選手発表


日本陸連は7月2日、世界陸連のワールドランキングにより東京五輪参加資格を得た選手から、第2次内定選手を発表した。

6月27日まで行われた日本選手権の終了時点で内定した選手は35名(※複数種目の内定者あり)。今回、新たに第2次内定選手として新たに30名の内定が発表された。

男子400mのウォルシュ・ジュリアン(富士通)は2大会連続の五輪。5000mは松枝博輝と坂東悠汰の富士通勢が代表に。棒高跳は山本聖途(トヨタ自動車)と江島雅紀(富士通)もそろってワールドランキングで代表を決めた。山本はロンドン、リオに次いで3大会連続の五輪となる。やり投の小南拓人(染めQ)は初出場。

走高跳の日本記録保持者・戸邉直人(JAL)は初の五輪、衛藤昂(味の素AGF)は2回目。

女子100mハードルはワールドランキングにより3名がフルエントリーで、日本記録保持者の寺田明日香(ジャパンクリエイト)と青木益未(七十七銀行)が初出場、木村文子(エディオン)は2大会ぶりのオリンピック。女子3000m障害は日本選手権を制した山中柚乃(愛媛銀行)が代表入り。

女子1500mは田中希実(豊田自動織機TC)と卜部蘭(積水化学)が初代表。この種目の日本勢オリンピック出場は初めて。なお、田中は5000mでも代表に内定している。

女子5000mは新谷仁美(積水化学)が出場権を得ていたが辞退し、変わってワールドランキングで出場権を得た萩谷楓(エディオン)の出場が決まった。

マラソン、競歩、第1次内定も含めて男子43名、女子22名の合計65名。うち52名が初出場となる。

■第2次代表内定選手
●男子
100m
小池祐貴(住友電工/初)
200m
サニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC/初)、山下潤(ANA/初)、飯塚翔太(ミズノ/3)
4×100mR
桐生祥秀(日本生命/2)、デーデー・ブルーノ(東海大/初)
400m
ウォルシュ・ジュリアン(富士通/2)
4×400mR
川端魁人(三重教員AC/初)、佐藤拳太郎(富士通/2)、鈴木碧斗(東洋大/初)、伊東利来也(三菱マテリアル/初)
5000m
松枝博輝(富士通/初)、坂東悠汰(富士通/初)
400mH
山内大夢(早大/初)
走高跳
戸邉直人(JAL/初)、衛藤昂(味の素AGF/2)
棒高跳
山本聖途(トヨタ自動車/3)、江島雅紀(富士通/初)
やり投
小南拓人(染めQ/初)
●女子
4×100mR
兒玉芽生(福岡大/初)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート/初)、齋藤愛美(大阪成蹊大/初)、青山華依(甲南大/初)、石川優(青学大/初)
1500m
田中希実(豊田自動織機TC/初)、卜部蘭(積水化学/初)
5000m
萩谷楓(エディオン/初)
100mH
寺田明日香(ジャパンクリエイト/初)、青木益未(七十七銀行/初)、木村文子(エディオン/2)
3000m障害
山中柚乃(愛媛銀行/初)
20km競歩
河添香織(自衛隊体育学校/初)

◎補欠登録
男子
100m 桐生祥秀(日本生命)
200m 小池祐貴(住友電工)
110mH 村竹ラシッド(順大)
400mH 豊田将樹(富士通)
20km競歩 古賀友太(明大)
50km競歩 小林快(新潟アルビレックスRC)
マラソン 大塚祥平(九電工)
4×100mR 柳田大輝(東農大二高・群馬)
4×400mR 池田弘佑(あすなろ会)
女子
5000m 木村友香(資生堂)
マラソン 松田瑞生(ダイハツ)
4×100mR 壹岐あいこ(立命大)
※補欠登録選手は、7月28日以降各種目のファイナルコンファメーション提出期限までは疾病・負傷等の理由に限り代表選手との交替可能



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com