HOME 国内、世界陸上、日本代表
WA世界陸上の「Road to Budapest」ランキングが更新 サニブラウンら出場圏内キープ、400mH黒川和樹が浮上
WA世界陸上の「Road to Budapest」ランキングが更新 サニブラウンら出場圏内キープ、400mH黒川和樹が浮上

サニブラウン・アブデル・ハキーム(23年日本選手権)

世界陸連(WA)が8月19日に開幕するブダペスト世界選手権の出場資格獲得者を示すランキング「Road to Budapest」を更新した。

男子100mは参加標準記録(10秒00)突破者はいないものの、アジア選手権を制した栁田大輝(東洋大)が33位、日本選手権Vの坂井隆一郎(大阪ガス)が34位にランクイン。オレゴン世界選手権7位のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)も46位で、ターゲットナンバー(出場枠目安)の48人以内に入っている。同200mではアジア選手権金メダルの鵜澤飛羽(筑波大)と同3位の上山紘輝(住友電工)の2人がランキング圏内にいる。

男子400mハードルでは黒川和樹(法大)が有効期間ぎりぎりで出場した田島記念の結果が反映されて一気にターゲットナンバー内に浮上した。一方、岸本鷹幸(富士通)は更新後にターゲットナンバーから外れた。

そのほか、変動があったのは女子三段跳の髙島真織子(九電工)、男子棒高跳の柄澤智哉(日体大)、男子3000m障害の砂田晟弥(プレス工業)、男子やり投の新井涼平(スズキ)、小椋健司(エイジェックスポーツ)らが圏外に押し出された。

5000mは男子の遠藤日向(住友電工)と塩尻和也(富士通)、女子の山本有真(積水化学)の3人がターゲットナンバーの安全圏に。なお、女子の田中希実(New Balance)は参加標準記録を突破している。

男子10000mの田澤廉(トヨタ自動車)はアジア選手権Vで「エリアチャンピオン」と表記されいるが、バーレーンの選手がクロスカントリー枠ですでに出場圏内にいるため、現段階では「エリアチャンピオン」として出場資格は得られない状況となっている。

今後、出場資格の辞退や他種目に絞る選手などもいるため、ランキングが変動する可能性がある。この後、WAから正式に参加資格者が公表され、それを元に日本陸連が「第2次日本代表選手」を発表。また、8月7日にエントリーが締め切られるため、そこでも追加で出場資格を得る可能性が残されている。

ブダペスト世界選手権は8月19日から27日までの9日間で開催される。

世界陸連(WA)が8月19日に開幕するブダペスト世界選手権の出場資格獲得者を示すランキング「Road to Budapest」を更新した。 男子100mは参加標準記録(10秒00)突破者はいないものの、アジア選手権を制した栁田大輝(東洋大)が33位、日本選手権Vの坂井隆一郎(大阪ガス)が34位にランクイン。オレゴン世界選手権7位のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)も46位で、ターゲットナンバー(出場枠目安)の48人以内に入っている。同200mではアジア選手権金メダルの鵜澤飛羽(筑波大)と同3位の上山紘輝(住友電工)の2人がランキング圏内にいる。 男子400mハードルでは黒川和樹(法大)が有効期間ぎりぎりで出場した田島記念の結果が反映されて一気にターゲットナンバー内に浮上した。一方、岸本鷹幸(富士通)は更新後にターゲットナンバーから外れた。 そのほか、変動があったのは女子三段跳の髙島真織子(九電工)、男子棒高跳の柄澤智哉(日体大)、男子3000m障害の砂田晟弥(プレス工業)、男子やり投の新井涼平(スズキ)、小椋健司(エイジェックスポーツ)らが圏外に押し出された。 5000mは男子の遠藤日向(住友電工)と塩尻和也(富士通)、女子の山本有真(積水化学)の3人がターゲットナンバーの安全圏に。なお、女子の田中希実(New Balance)は参加標準記録を突破している。 男子10000mの田澤廉(トヨタ自動車)はアジア選手権Vで「エリアチャンピオン」と表記されいるが、バーレーンの選手がクロスカントリー枠ですでに出場圏内にいるため、現段階では「エリアチャンピオン」として出場資格は得られない状況となっている。 今後、出場資格の辞退や他種目に絞る選手などもいるため、ランキングが変動する可能性がある。この後、WAから正式に参加資格者が公表され、それを元に日本陸連が「第2次日本代表選手」を発表。また、8月7日にエントリーが締め切られるため、そこでも追加で出場資格を得る可能性が残されている。 ブダペスト世界選手権は8月19日から27日までの9日間で開催される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.15

女子800m衝撃の日本新1分59秒93!久保凛が激走振り返る「タイマーを見たら2分を切れそうだったので、最後は気持ちで走った」

日本の歴史と文化の発祥の地でもある橿原で歴史が動いた。日本女子中距離界の新時代突入を告げる衝撃のレースだった。 7月15日に行われた関西学連第1回長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛高2大阪)が快走。同 […]

NEWS 女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

2024.07.15

女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

7月14日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・チャレンジャー大会のレシスプリント国際がラ・ショー・ド・フォン(スイス)で開催され、女子400mハードルではオレゴン世界選手権金メダルのF.ボル(オランダ)が50秒95の […]

NEWS サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

2024.07.15

サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

7月14日、イタリア・リエティで行われた競技会の男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場し、10秒20(+0.9)で4位だった。 同レースには練習拠点とするタンブルウィードTCのチームメイトとともに参 […]

NEWS 清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

2024.07.15

清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

7月15日に行われた石川県国三スポーツ大会予選会の男子少年B100mで、清水空跳(星稜高1)が10秒26(+1.9)で優勝した。高校1年生としては初の10秒2台に突入する快記録で、高校歴代でも9位にランクインした。 予選 […]

NEWS 久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

2024.07.15

久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

7月15日に行われた長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛2大阪)が快挙を達成。同種目日本人女子初の2分切りとなる1分59秒93をマークした。 従来の日本記録は杉森美保が2005年の日本選手権で作った2分 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top