月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

日本選手権4日間、新たに17名が東京五輪代表に内定、100mは多田、山縣ら


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の全日程が終了した。今大会で新たに17名が即時内定を得た。日本選手権での内定条件は参加標準記録突破+3位以内。日本記録は110mハードルの泉谷駿介(順大)と3000m障害の三浦龍司(順大)の2つが誕生した。

東京五輪の参加資格は標準記録の突破者と、ターゲットナンバー(出場枠)に満たない場場合はワールドランキングにより追加される。有効期間は6月29日まで。このあと、世界陸連からワールドランキングで出場権を獲得した選手が7月2日以降に発表され、それを元に日本陸連が代表を選出する。

●今大会での新たな東京五輪代表内定
<男子>
100m
多田修平(住友電工/初)、山縣亮太(セイコー/3)
200m
小池祐貴(住友電工/初)
110mH
泉谷駿介(順大/初)、金井大旺(ミズノ/初)、高山峻野(ゼンリン/初)
400mH
黒川和樹(法大/初)、安部孝駿(ヤマダホールディングス/初)
3000m障害
三浦龍司(順大/初)、山口浩勢(愛三工業/初)、青木涼真(Honda/初)
走幅跳
橋岡優輝(富士通/初)、津波響樹(大塚製薬/初)、城山正太郎(ゼンリン/初)
<女子>
5000m
廣中璃梨佳(日本郵政グループ/初)、新谷仁美(積水化学/2)
やり投
北口榛花(JAL/初)

なお、5000m、10000m、マラソン、競歩は以下の選手がすでに内定している。

<男子>
10000m
相澤晃(旭化成/初)、伊藤達彦(Honda/初)
マラソン
中村匠吾(富士通/初)、服部勇馬(トヨタ自動車/初)、大迫傑(Nike/2※マラソンでは初)
20km競歩
山西利和(愛知製鋼/初)、池田向希(旭化成/初)、高橋英輝(富士通/2)
50km競歩
川野将虎(旭化成/初)、丸尾知司(愛知製鋼/初)、勝木隼人(自衛隊体育学校/初)
<女子>
5000m
田中希実(豊田自動織機TC/初※昨年の日本選手権で内定)
10000m
新谷仁美(積水化学/2)、廣中璃梨佳(日本郵政グループ/初)、安藤友香(ワコール/初)
マラソン
前田穂南(天満屋/初)、鈴木亜由子(日本郵政グループ/2※マラソンでは初)、一山麻緒(ワコール/初)
20km競歩
岡田久美子(ビックカメラ/2)、藤井菜々子(エディオン/初)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com