HOME トップ選手名鑑
【選手名鑑】鈴木 亜由子
【選手名鑑】鈴木 亜由子

鈴木 亜由子
SUZUKI AYUKO

日本郵政グループ
1991年10月8日
豊城中(愛知)→時習館高(愛知)→名大
5000m:15.08.29(15年)
10000m:31.18.16(16年)
マラソン:2.21.33(24年)

■代表歴
オリンピック(16リオ、21東京) 
世界選手権(15北京、17ロンドン)

【年度別ベスト】
5000m
10年度(大1) 15分37秒83
11年度(大2) 15分33秒47
12年度(大3) 15分34秒15
13年度(大4) 15分31秒45
14年度     15分14秒96
15年度     15分08秒29
16年度     15分24秒47
17年度     15分20秒50
20年度     15分57秒16
21年度     ―
22年度     15分45秒35
23年度     -
10000m
13年度(大4) 32分49秒02
14年度     33分23秒48
15年度     31分48秒18
16年度     31分18秒16
17年度     31分27秒30
18年度     31分57秒82
19年度     31分33秒62
20年度     ―
21年度     ―
22年度     32分52秒04
23年度     -
マラソン
18年度     2時間28分32秒
19年度     2時間29分02秒
20年度     -
21年度     2時間33分14秒
22年度     2時間21分52秒
23年度     2時間21分33秒

【国際主要大会】
・オリンピック
16年 5000m予選(15分41秒81)
21年 マラソン19位(2時間33分14秒)
・世界選手権
15年 5000m9位(15分08秒29)
17年 5000m予選(15分24秒86)、10000m10位(31分27秒30)
・世界ジュニア選手権
10年 5000m5位(15分47秒36)
【国内主要大会】
・日本選手権
13年 5000m4位(15分31秒45)
15年 5000m3位(15分24秒14)
16年 5000m2位(15分24秒47)、10000m1位(31分18秒73)
17年 5000m2位(15分20秒50)、10000m2位(31分41秒65)
18年 10000m2位(31分57秒82)
19年 10000m2位(31分46秒25)
・全日本実業団
14年 5000m2位(15分14秒96)
15年 10000m1位(31分48秒18)
・日本インカレ
10年 5000m3位(15分49秒22)
11年 5000m1位(15分44秒02)
12年 5000m1位(15分44秒45)
13年 5000m2位(15分46秒39)
・インターハイ
09年 3000m8位(9分20秒24)
・全中
05年 800m1位(2分11秒72)、1500m1位(4分31秒12)
06年 800m5位(2分13秒65)、1500m1位(4分24秒74)

『月刊陸上競技』掲載号
2010年9月号 世界ジュニア 5000m大幅自己新で5位
2012年4月号 マイプライバシー
2013年9月号 ユニバーシアード 日本選手団の「金」第1号に!
2014年12月号 人物クローズアップ
2015年10月号 北京世界選手権 堂々たる入賞争い
2016年3月号 zoom up 日本郵政グループのダブルエース
2016年6月号 女子10000mで初の五輪派遣設定記録突破
2016年8月号 追跡日本選手権
2017年9月号 世界陸上 念願の「入賞」にあと一歩
2018年9月号 北海道マラソン展望
2018年10月号 北海道マラソン 初マラソンV
2019年3月号 丸亀国際 ハーフ初挑戦で日本歴代3位の快走
2019年11月号 五輪内定Interview

鈴木 亜由子 SUZUKI AYUKO 日本郵政グループ 1991年10月8日 豊城中(愛知)→時習館高(愛知)→名大 5000m:15.08.29(15年) 10000m:31.18.16(16年) マラソン:2.21.33(24年) ■代表歴 オリンピック(16リオ、21東京)  世界選手権(15北京、17ロンドン) 【年度別ベスト】 5000m 10年度(大1) 15分37秒83 11年度(大2) 15分33秒47 12年度(大3) 15分34秒15 13年度(大4) 15分31秒45 14年度     15分14秒96 15年度     15分08秒29 16年度     15分24秒47 17年度     15分20秒50 20年度     15分57秒16 21年度     ― 22年度     15分45秒35 23年度     - 10000m 13年度(大4) 32分49秒02 14年度     33分23秒48 15年度     31分48秒18 16年度     31分18秒16 17年度     31分27秒30 18年度     31分57秒82 19年度     31分33秒62 20年度     ― 21年度     ― 22年度     32分52秒04 23年度     - マラソン 18年度     2時間28分32秒 19年度     2時間29分02秒 20年度     - 21年度     2時間33分14秒 22年度     2時間21分52秒 23年度     2時間21分33秒 【国際主要大会】 ・オリンピック 16年 5000m予選(15分41秒81) 21年 マラソン19位(2時間33分14秒) ・世界選手権 15年 5000m9位(15分08秒29) 17年 5000m予選(15分24秒86)、10000m10位(31分27秒30) ・世界ジュニア選手権 10年 5000m5位(15分47秒36) 【国内主要大会】 ・日本選手権 13年 5000m4位(15分31秒45) 15年 5000m3位(15分24秒14) 16年 5000m2位(15分24秒47)、10000m1位(31分18秒73) 17年 5000m2位(15分20秒50)、10000m2位(31分41秒65) 18年 10000m2位(31分57秒82) 19年 10000m2位(31分46秒25) ・全日本実業団 14年 5000m2位(15分14秒96) 15年 10000m1位(31分48秒18) ・日本インカレ 10年 5000m3位(15分49秒22) 11年 5000m1位(15分44秒02) 12年 5000m1位(15分44秒45) 13年 5000m2位(15分46秒39) ・インターハイ 09年 3000m8位(9分20秒24) ・全中 05年 800m1位(2分11秒72)、1500m1位(4分31秒12) 06年 800m5位(2分13秒65)、1500m1位(4分24秒74) 『月刊陸上競技』掲載号 2010年9月号 世界ジュニア 5000m大幅自己新で5位 2012年4月号 マイプライバシー 2013年9月号 ユニバーシアード 日本選手団の「金」第1号に! 2014年12月号 人物クローズアップ 2015年10月号 北京世界選手権 堂々たる入賞争い 2016年3月号 zoom up 日本郵政グループのダブルエース 2016年6月号 女子10000mで初の五輪派遣設定記録突破 2016年8月号 追跡日本選手権 2017年9月号 世界陸上 念願の「入賞」にあと一歩 2018年9月号 北海道マラソン展望 2018年10月号 北海道マラソン 初マラソンV 2019年3月号 丸亀国際 ハーフ初挑戦で日本歴代3位の快走 2019年11月号 五輪内定Interview

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top