HOME トップ選手名鑑
【選手名鑑】大迫 傑
【選手名鑑】大迫 傑

大迫 傑
OSAKO SUGURU

SNS:

広告の下にコンテンツが続きます

Nike
1991年5月23日
金井中(東京)→佐久長聖高(長野)→早大→日清食品グループ
3000m:7.40.09(14年=日本記録)
5000m:13.08.40(15年=日本記録)
10000m:27.36.93(20年)
マラソン:2.05.29(19年)
■代表歴
オリンピック(21東京、16リオ)
世界選手権(15北京、13モスクワ)
アジア大会(14仁川)

【年度別ベスト】
5000m
07年(高1) 14分30秒07
08年(高2) 13分58秒66
09年(高3) 14分07秒93
10年(大1) 13分47秒29
11年(大2) 13分31秒27
12年(大3) 13分33秒84
13年(大4) 13分20秒80
14年    13分26秒15
15年    13分08秒40=日本記録
16年    13分31秒45
17年    13分25秒56
18年    13分29秒11
19年    13分40秒48
20年    13分33秒83
21年    ―
22年    13分30秒23
10000m
08年(高2) 29分41秒24
09年(高3) 28分57秒00
10年(大1) 28分35秒75
11年(大2) 28分42秒83
12年(大3) 27分56秒94
13年(大4) 27分38秒31
14年     28分11秒94
15年     27分45秒24
16年     27分50秒27
17年     27分46秒64
18年     28分26秒41
19年     27分57秒41
20年     27分36秒93
21年     27分56秒44
マラソン
17年     2時間07分19秒
18年     2時間05分50秒
19年     2時間05分29秒
20年     ―
21年     2時間10分41秒
【国際主要大会】
・オリンピック
16年 5000m予選(13分31秒45)、10000m17位(27分51秒94)
21年 マラソン6位(2時間10分41秒)
・世界選手権
13年 10000m21位(28分19秒50)
15年 5000m予選(13分45秒82)
・アジア大会
14年 10000m2位(28分11秒94)
・世界ジュニア選手権
10年 10000m8位(29分40秒14)
【国内主要大会】
・日本選手権
11年 5000m6位(13分43秒15)
12年 10000m2位(28分18秒15)
13年 10000m2位(28分25秒84)
14年 10000m2位(28分33秒57)
15年 5000m2位(13分37秒72)
16年 5000m1位(13分37秒13)、10000m1位(28分07秒44)
17年 10000m1位(28分35秒47)
20年 10000m6位(27分36秒93)
・日本インカレ
11年 1500m1位(3分45秒06)、5000m3位(13分55秒22)
13年 5000m2位(13分47秒21)
・全中
06年 3000m3位(8分41秒59)

『月刊陸上競技』掲載号
2009年2月号 全国高校駅伝、日本高校最高記録で初優勝★★
2010年2月号 全国高校駅伝、1区超高速レース日本人歴代2位で制す
2010年9月号 世界ジュニア、入賞第1号
2010年10月号 夏合宿特集、世界見据える1年生コンビ
2010年12月号 全日本大学駅伝、1年生で7人抜きの快走で優勝に貢献
2011年2月号 箱根駅伝優勝★★
2011年10月号 ユニバーシアード、渡辺康幸監督以来の10000m V
2012年4月号 福岡国際クロカン、〝同門〟対決制す
2012年9月号 トラッシーズンを沸かせた3年生
2013年5月号 学生長距離界のエース インタビュー
2013年6月号 10000mで日本歴代4位の27分38秒31
2015年4月号 拠点を海外に。プロ選手に転向
2015年9月号 8年ぶりに5000m日本新
2016年8月号 日本選手権、長距離2冠。五輪代表掴む
2016年11月号 オリンピアン自身が連続写真で、技術解説
2017年6月号 ボストン・マラソン、初マラソンで3位
2018年1月号 福岡国際マラソン、日本人最高タイム&スペシャルインタビュー
2018年4月号 日本選手権クロカン、独走V
2018年9月号 男子マラソン、設楽悠太との対談インタビュー
2018年10月号 コーチが語る、マラソン・トレーニング
2018年11月号 シカゴ・マラソンで日本新
2018年12月号 マラソン日本新を語る
2019年2月号 アスリート・オブ・ザ・イヤー受賞
2019年3月号 東京マラソン展望
2019年5月号 秋のMGCに向けてインタビュー
2019年6月号 MGCファイナリスト名鑑
2019年11月号 マラソン日本記録保持者インタビュー
2020年3月号 東京マラソンに向けて決意
2020年4月号 東京マラソン、2度目の日本新で五輪代表&インタビュー
2020年6月号 東京五輪代表、改めて承認

大迫 傑 OSAKO SUGURU SNS: Nike 1991年5月23日 金井中(東京)→佐久長聖高(長野)→早大→日清食品グループ 3000m:7.40.09(14年=日本記録) 5000m:13.08.40(15年=日本記録) 10000m:27.36.93(20年) マラソン:2.05.29(19年) ■代表歴 オリンピック(21東京、16リオ) 世界選手権(15北京、13モスクワ) アジア大会(14仁川) 【年度別ベスト】 5000m 07年(高1) 14分30秒07 08年(高2) 13分58秒66 09年(高3) 14分07秒93 10年(大1) 13分47秒29 11年(大2) 13分31秒27 12年(大3) 13分33秒84 13年(大4) 13分20秒80 14年    13分26秒15 15年    13分08秒40=日本記録 16年    13分31秒45 17年    13分25秒56 18年    13分29秒11 19年    13分40秒48 20年    13分33秒83 21年    ― 22年    13分30秒23 10000m 08年(高2) 29分41秒24 09年(高3) 28分57秒00 10年(大1) 28分35秒75 11年(大2) 28分42秒83 12年(大3) 27分56秒94 13年(大4) 27分38秒31 14年     28分11秒94 15年     27分45秒24 16年     27分50秒27 17年     27分46秒64 18年     28分26秒41 19年     27分57秒41 20年     27分36秒93 21年     27分56秒44 マラソン 17年     2時間07分19秒 18年     2時間05分50秒 19年     2時間05分29秒 20年     ― 21年     2時間10分41秒 【国際主要大会】 ・オリンピック 16年 5000m予選(13分31秒45)、10000m17位(27分51秒94) 21年 マラソン6位(2時間10分41秒) ・世界選手権 13年 10000m21位(28分19秒50) 15年 5000m予選(13分45秒82) ・アジア大会 14年 10000m2位(28分11秒94) ・世界ジュニア選手権 10年 10000m8位(29分40秒14) 【国内主要大会】 ・日本選手権 11年 5000m6位(13分43秒15) 12年 10000m2位(28分18秒15) 13年 10000m2位(28分25秒84) 14年 10000m2位(28分33秒57) 15年 5000m2位(13分37秒72) 16年 5000m1位(13分37秒13)、10000m1位(28分07秒44) 17年 10000m1位(28分35秒47) 20年 10000m6位(27分36秒93) ・日本インカレ 11年 1500m1位(3分45秒06)、5000m3位(13分55秒22) 13年 5000m2位(13分47秒21) ・全中 06年 3000m3位(8分41秒59) 『月刊陸上競技』掲載号 2009年2月号 全国高校駅伝、日本高校最高記録で初優勝★★ 2010年2月号 全国高校駅伝、1区超高速レース日本人歴代2位で制す 2010年9月号 世界ジュニア、入賞第1号 2010年10月号 夏合宿特集、世界見据える1年生コンビ 2010年12月号 全日本大学駅伝、1年生で7人抜きの快走で優勝に貢献 2011年2月号 箱根駅伝優勝★★ 2011年10月号 ユニバーシアード、渡辺康幸監督以来の10000m V 2012年4月号 福岡国際クロカン、〝同門〟対決制す 2012年9月号 トラッシーズンを沸かせた3年生 2013年5月号 学生長距離界のエース インタビュー 2013年6月号 10000mで日本歴代4位の27分38秒31 2015年4月号 拠点を海外に。プロ選手に転向 2015年9月号 8年ぶりに5000m日本新 2016年8月号 日本選手権、長距離2冠。五輪代表掴む 2016年11月号 オリンピアン自身が連続写真で、技術解説 2017年6月号 ボストン・マラソン、初マラソンで3位 2018年1月号 福岡国際マラソン、日本人最高タイム&スペシャルインタビュー 2018年4月号 日本選手権クロカン、独走V 2018年9月号 男子マラソン、設楽悠太との対談インタビュー 2018年10月号 コーチが語る、マラソン・トレーニング 2018年11月号 シカゴ・マラソンで日本新 2018年12月号 マラソン日本新を語る 2019年2月号 アスリート・オブ・ザ・イヤー受賞 2019年3月号 東京マラソン展望 2019年5月号 秋のMGCに向けてインタビュー 2019年6月号 MGCファイナリスト名鑑 2019年11月号 マラソン日本記録保持者インタビュー 2020年3月号 東京マラソンに向けて決意 2020年4月号 東京マラソン、2度目の日本新で五輪代表&インタビュー 2020年6月号 東京五輪代表、改めて承認

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

駒大・唐澤拓海が小森コーポレーションへ!チームが入寮報告 一線退く決意も一転、27分台ランナーが実業団へ

小森コーポレーションは2024年度から駒大の唐澤拓海が入社すると発表した。チームのSNSで2月26日に入寮した様子が公開されている。 唐澤は埼玉・花咲徳栄高出身。大学2年時の関東インカレ(2部)で5000mと10000m […]

NEWS EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

2024.02.26

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024の内容 多彩なグラフィックで学生駅伝を刻む「EKIDEN GRAPHIC」2023-2024シーズン編! 広告の下にコンテンツが続きます 出雲駅伝、全日本大学駅伝、そして第 […]

NEWS 中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2024.02.26

中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2月26日、資生堂は風間歩佳(中大)と石田萌笑(益田東高・島根)が今年4月1日付で入社することを発表した。 千葉県出身の風間は、船橋旭中時代から全中1500mで2年連続全国入賞するなど活躍。3年のジュニア五輪では3000 […]

NEWS グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

2024.02.26

グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

日本陸連は3月1日から3日まで英国・グラスゴーで行われる世界室内選手権の日本代表について、女子60mハードルで代表に選ばれていた福部真子(日本建設工業)が出場を辞退したと発表した。コンディション不良のためとしている。これ […]

NEWS 女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2024.02.26

女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2月25日、世界陸連(WA)クロスカントリーツアー・ゴールドの第47回アーモンド・ブロッサム国際クロカンがポルトガル・アルブフェイラが男女いずれも9.13kmのコースで行われ、男子はT.ディクメナヨ(スペイン)が27分1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top