激戦! インターハイ地区大会ハイライト 注目の女子短距離戦線(『月刊陸上競技』2019年8月号誌面転載記事)

激戦! インターハイ地区大会ハイライト
注目の女子短距離戦線

青山 11秒61の快走(高2歴代3位)
4継は45秒78の大会新

近畿大会の女子100mを高校歴代6位タイ、高2歴代3位となる11秒61(+1.1)で制した青山華依(大阪2、右)

水を打った静けさを破る号砲。近畿大会100mの決勝がスタートすると、大きな歓声の中で1人抜け出した選手がいた。青山華依(大阪2)だ。「スタートを切って頭を上げたら、みんな前。スタートの対応が遅いんです」。苦手とする序盤で出遅れたが、青山に焦りはなかった。

持ち味である加速のついた中間疾走で、アッという間にトップに出ると、一気にフィニッシュへ。追い風を背に受けて出した11秒61(+1.1)の大会新記録は、近畿高校記録(11秒66)を4年ぶりに更新する高校歴代5位タイ(当時)、高2歴代3位の快走だった。200mでは吉岡里奈(西京3京都)に0秒03先着されたものの、24秒04(+4.0)の2位。個人2種目で全国を決めた。

昨年のインターハイは100m準決勝止まり。だが、秋には国体少年B100m優勝、U18日本選手権100m優勝、200m2位と一気に飛躍した。167cm の長身で、両親ともにインターハイ優勝の経験を持つ青山。日本選手権100mでも3位に入り、大舞台でも力を発揮した。「追い風に恵まれれば、11秒5台を狙って優勝したい」。親子制覇を目指して沖縄に乗り込むつもりだ。

青山が狙っているのは100mだけではない。アンカーを務める4× 100mリレーでは、本田理乃(3年)、酒井日菜美(1年)、山本珠菜(3年)とつないだバトンを受け、45秒78の大会新をマーク。本田が「45秒台前半で優勝したい」と言えば、山本は「45秒台前半か、45秒を切りたい」と、3年生2人は高みを目指している。

小塚湖先生の「トップスピードにいかに乗せるか」という練習で鍛え上げられてきた大阪のスプリンター陣。この夏、沖縄でどんな旋風を巻き起こすのだろうか。
(力武敏昌)

青山(右から2人目)をアンカーに配置した大阪は女子4×100mRを45秒78の大会新で優勝した