月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【円盤投】齋藤真希が2年ぶりV 学生歴代2位の55m41/日本選手権


◇第104回日本選手権(10月1日~3日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)最終日

日本選手権最終日、最初の種目である女子円盤投で、齋藤真希(東女体大)が4投目に55m41を投げて2年ぶりに制した。この記録は日本歴代5位、学生歴代2位、U20日本新の好記録で、U20の今季世界ランキングでも5位に入る快投だった。(※大学2年の早生まれのためU20資格を持つ)

「自分の思っている、円盤をしっかり残して振り切るという動作をこれまでで一番できたと思います」と笑顔。日本インカレではファウルが続きトップ8に残れず「悔しかった」。その後の練習で右足首を負傷したというが、テーピングで固定して問題なし。「いつもは3月くらいにベストが出るので、シーズン中に出せたのはうれしい」と話し、最終6投目にも55m24をマークし、「2回投げられたのはビックリ」と喜んだ。

齋藤は中学時代から円盤投を始め、各世代の最高記録を次々と更新。2年前は高校3年生で頂点に立っていた。今後は関東インカレや北九州カーニバルに出場予定。「次は56m以上を」と意気込みを語った。

日本記録を持つ郡菜々佳(九州共立大院)は1、2回目のファウルが響き、トップ8か漏れて涙。45m13の9位に終わった。「ウエイトトレーニングもマックスを更新できていて、調子は良かった」というだけに、「冷静じゃなかった」というのが悔やまれる。だが、練習やフィジカル面は確実に成長。試合に向けて心の準備ができれば必ず戻ってくるだろう。

■女子円盤投上位成績
齋藤 真希(東女体大)55m41=U20日本新
50m59/51m65/50m35/55m41/×/55m24
辻川美乃利(内田洋行AC)51m62
藤森 夏美(福井県スポーツ協会)50m46

■円盤投日本歴代10傑
59.03 郡菜々佳 19年
58.62 室伏由佳 07年
56.51 中西美代子 00年
56.08 北森郁子 87年
55.41 齋藤真希 20年
55.17 山口智子 05年
54.46 辻川美乃利 19年
54.22 髙橋亜弓 12年
53.67 池田理恵 01年
53.54 小山裕子 94年



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com