HOME 国内

2024.04.16

2023年度「実業団陸上of The Year」発表! Athlete of The Year賞には泉谷駿介を選出
2023年度「実業団陸上of The Year」発表! Athlete of The Year賞には泉谷駿介を選出

23年全日本実業団対抗の男子走幅跳で優勝した泉谷駿介

2023年度「実業団陸上of The Year表彰」受賞者・受賞チーム

■Athlete of The Year賞
泉谷駿介(住友電工)
■Finalアスリート賞
廣中璃梨佳(JP日本郵政グループ)
田中希実(Team NB)
前田穂南(天満屋)
太田智樹(トヨタ自動車)
佐藤拳太郎(富士通)
■U23アスリート賞
山本有真(積水化学)
四釜峻佑(ロジスティード)
■特別賞
北口榛花(JAL)
■Coach of The Year賞
熊本剛監督(トヨタ自動車)
■Team of The Year賞
KAGOTANI
■Finalistチーム賞
トヨタ自動車
積水化学
■社会貢献賞
ヤマダホールディングス

日本実業団陸上競技連合は4月16日、2023年度「実業団陸上of The Year 表彰」の受賞者・受賞チームをホームページで発表し、個人賞のAthlete of The Year賞には昨年9月の全日本実業団対抗選手権の男子走幅跳に8m10の好記録で連覇を果たし、8月のブダペスト世界選手権では110mハードルで同種目日本勢初入賞となる5位に入った泉谷駿介(住友電工)を選出した。 Finalアスリート賞は、実業団が主催や共催をした大会および他の国内外主要大会で活躍が顕著だった女子長距離の廣中璃梨佳(JP日本郵政グループ)、女子中長距離の田中希実(Team NB)、女子マラソンの前田穂南(天満屋)、男子長距離の太田智樹(トヨタ自動車)、男子短距離の佐藤拳太郎(富士通)が受賞。ブダペスト世界選手権の女子やり投で金メダルを獲得した北口榛花(JAL)は実業団が主催・共催した大会に出場していないため本表彰の対象外ながら特別賞が贈られる。 U23アスリート賞には長距離の山本有真(積水化学)、四釜峻佑(ロジスティード)の2名を選出。Coach of The Year賞は、ニューイヤー駅伝でトヨタ自動車を8年ぶり4度目の優勝に導いた熊本剛監督に贈呈する。 Team of The Year賞には、全日本実業団対抗選手権で初の男女総合優勝を果たしたKAGOTANIを選出。男女の全日本実業団駅伝を制したトヨタ自動車と積水化学にはFinalistチーム賞が贈られる。 また、社会貢献賞には、子どもたちを中心に幅広い年齢層を対象にした陸上教室を全国各地で長年展開し、聴覚に障がいのある子どもたちにデフ陸上教室も実施しているヤマダホールディングスを選出した。 表彰式は、9月に山口市で開催される全日本実業団対抗選手権の中で行われる予定。

2023年度「実業団陸上of The Year表彰」受賞者・受賞チーム

■Athlete of The Year賞 泉谷駿介(住友電工) ■Finalアスリート賞 廣中璃梨佳(JP日本郵政グループ) 田中希実(Team NB) 前田穂南(天満屋) 太田智樹(トヨタ自動車) 佐藤拳太郎(富士通) ■U23アスリート賞 山本有真(積水化学) 四釜峻佑(ロジスティード) ■特別賞 北口榛花(JAL) ■Coach of The Year賞 熊本剛監督(トヨタ自動車) ■Team of The Year賞 KAGOTANI ■Finalistチーム賞 トヨタ自動車 積水化学 ■社会貢献賞 ヤマダホールディングス

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.23

伊勢路を懸けて学生ランナーが激闘のトラックレース 相模原で今夜開催/全日本大学駅伝関東選考会

全日本大学駅伝関東選考会の出場校をチェック 東海大 東洋大 順大  帝京大 早大 中央学大 日大 日体大 明大 法大 駿河台大 山梨学大 麗澤大 専大 東農大 国士大 神奈川大 立教大 亜大 流経大

NEWS やり投・北口榛花が64m28のシーズンベスト!昨年6月以来の2位も64m超を2発で調子上げる

2024.06.23

やり投・北口榛花が64m28のシーズンベスト!昨年6月以来の2位も64m超を2発で調子上げる

女子やり投のブダペスト世界選手権金メダリストでパリ五輪代表に内定している北口榛花(JAL)が、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・シルバーのクオルタネゲームズ(フィンランド)に出場。シーズンベストの64m28を投げて2 […]

NEWS 皇學館大2年ぶり7回目の本大会 就任1年・寺田夏生監督のもと、安定した走りで伊勢路復帰/全日本大学駅伝東海選考会

2024.06.22

皇學館大2年ぶり7回目の本大会 就任1年・寺田夏生監督のもと、安定した走りで伊勢路復帰/全日本大学駅伝東海選考会

全日本大学駅伝東海地区選考会総合成績 1位 皇學館大   4時間10分53秒62 –以上、全日本大学駅伝出場権獲得– 2位 愛知工大   4時間12分44秒16 3位 岐阜共立大  4時間13分06秒92 4位 中京大  […]

NEWS ブダペスト世界選手権代表の丸山優真は3位で折り返し 4月に左膝損傷「自分の気持ち無駄にしたくない」/日本選手権混成

2024.06.22

ブダペスト世界選手権代表の丸山優真は3位で折り返し 4月に左膝損傷「自分の気持ち無駄にしたくない」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場)1日目 パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技の初日が行われ、男子十種競技は森口諒也(オリコ)が4003点を上げてトップで折 […]

NEWS 十種競技・初V狙う森口諒也が初日トップ「優勝しに岐阜に来ました」/日本選手権混成

2024.06.22

十種競技・初V狙う森口諒也が初日トップ「優勝しに岐阜に来ました」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場)1日目 パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技の初日が行われ、男子十種競技は森口諒也(オリコ)が4003点と、ただ1人400 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top