HOME 国内

2024.04.12

世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至
世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

23年日本選手権女子100mの様子

日本グランプリシリーズの吉岡隆徳記念第78回出雲陸上が4月13、14日に行われる。今大会は5月に開かれる世界リレー(バハマ)の代表選考会を兼ねて実施。その先にはパリ五輪も待つ重要なレースとなる。グランプリ種目は男子100m、200m、300m、400m、女子100m、200m、400mだ。

男子100mには、世界室内選手権60m代表の東田旺洋(関彰商事)がエントリー。今季は好調で、60mでは6秒5台に突入し、世界室内選手権では準決勝に進んだ。100mでは10秒10の自己ベストを持つ。

昨年10秒1台をマークしている鈴木涼太(スズキ)はブダペスト世界選手権4×100mリレー代表。10秒19を持つ井上直紀(早大)はケガから復帰なるか。10秒10のベストを持つ和田遼(ミキハウス)も岩壁杯オープンで10秒13と復調してきた。

東京五輪4×100mリレー代表のデーデー・ブルーノ(セイコー)も復活を期す。そして、200mを得意とする飯塚翔太(ミズノ)が100mにエントリー。今季は200mで20秒48をマークするなど、好調なシーズンインを見せている。

男子200mには水久保漱至(宮崎アスリート)、アジア大会ファイナリストの宇野勝翔(オリコ)、植本尚輝(エースジャパン)らがしのぎを削る。東京五輪代表の山下潤(ANA)にも注目だ。

男子300mには東京五輪リレー代表の鈴木碧斗(住友電工)、オレゴン世界選手権代表の川端魁人(中京大クラブ)、西裕大(MINT TOKYO)らが並ぶ。

男子400mにはブダペスト世界選手権リレー代表の今泉堅貴(Team SSP)、19・22年世界選手権同代表の河内光起(大阪ガス)らがエントリーしている。東京六大学を制している眞々田洸大(早大)も勢いがある。

女子100mには兒玉芽生(ミズノ)、君嶋愛梨沙(土木管理総合)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)という、日本のトップ3がそろい踏み。高卒1年目の山形愛羽(福岡大)の走りにも注目だ。

女子200mは青野朱李(NDソフト)が好調。税田ジェニファー璃美(甲南大)、鷺麻耶子(早大)らがどんな走りを見せるか。

女子400mは昨年の日本選手権を制した久保山晴菜(今村病院)と松本奈菜子(東邦銀行)が中心。セカンドベストの53秒64をマークしている岩田優奈(スズキ)、復調してきた松尾季奈(スーパーフレスコ)も絡みそうだ。

昨年の成績や記録から、すでにリレー候補選手に上がっている選手もいるため、世界リレー代表は今大会の結果だけでは決まらないが、ここでどんなアピールができるか。

なお、世界リレーで上位14ヵ国に入ればパリ五輪代表の出場権をつかむことができる。パリ五輪を見据えた熱いレースから目が離せない。大会の様子は両日ともライブ配信される。

日本グランプリシリーズの吉岡隆徳記念第78回出雲陸上が4月13、14日に行われる。今大会は5月に開かれる世界リレー(バハマ)の代表選考会を兼ねて実施。その先にはパリ五輪も待つ重要なレースとなる。グランプリ種目は男子100m、200m、300m、400m、女子100m、200m、400mだ。 男子100mには、世界室内選手権60m代表の東田旺洋(関彰商事)がエントリー。今季は好調で、60mでは6秒5台に突入し、世界室内選手権では準決勝に進んだ。100mでは10秒10の自己ベストを持つ。 昨年10秒1台をマークしている鈴木涼太(スズキ)はブダペスト世界選手権4×100mリレー代表。10秒19を持つ井上直紀(早大)はケガから復帰なるか。10秒10のベストを持つ和田遼(ミキハウス)も岩壁杯オープンで10秒13と復調してきた。 東京五輪4×100mリレー代表のデーデー・ブルーノ(セイコー)も復活を期す。そして、200mを得意とする飯塚翔太(ミズノ)が100mにエントリー。今季は200mで20秒48をマークするなど、好調なシーズンインを見せている。 男子200mには水久保漱至(宮崎アスリート)、アジア大会ファイナリストの宇野勝翔(オリコ)、植本尚輝(エースジャパン)らがしのぎを削る。東京五輪代表の山下潤(ANA)にも注目だ。 男子300mには東京五輪リレー代表の鈴木碧斗(住友電工)、オレゴン世界選手権代表の川端魁人(中京大クラブ)、西裕大(MINT TOKYO)らが並ぶ。 男子400mにはブダペスト世界選手権リレー代表の今泉堅貴(Team SSP)、19・22年世界選手権同代表の河内光起(大阪ガス)らがエントリーしている。東京六大学を制している眞々田洸大(早大)も勢いがある。 女子100mには兒玉芽生(ミズノ)、君嶋愛梨沙(土木管理総合)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)という、日本のトップ3がそろい踏み。高卒1年目の山形愛羽(福岡大)の走りにも注目だ。 女子200mは青野朱李(NDソフト)が好調。税田ジェニファー璃美(甲南大)、鷺麻耶子(早大)らがどんな走りを見せるか。 女子400mは昨年の日本選手権を制した久保山晴菜(今村病院)と松本奈菜子(東邦銀行)が中心。セカンドベストの53秒64をマークしている岩田優奈(スズキ)、復調してきた松尾季奈(スーパーフレスコ)も絡みそうだ。 昨年の成績や記録から、すでにリレー候補選手に上がっている選手もいるため、世界リレー代表は今大会の結果だけでは決まらないが、ここでどんなアピールができるか。 なお、世界リレーで上位14ヵ国に入ればパリ五輪代表の出場権をつかむことができる。パリ五輪を見据えた熱いレースから目が離せない。大会の様子は両日ともライブ配信される。

【動画】世界リレー代表選考!出雲陸上のライブ配信をチェック

ライブ配信1日目 https://x.gd/g7qf3 ライブ配信2日目 https://x.gd/zGfDB

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top