HOME 国内

2024.04.12

北口榛花が帰国「100%以上でパリ五輪を迎えられたら」DL蘇州で初戦後に日本で2試合
北口榛花が帰国「100%以上でパリ五輪を迎えられたら」DL蘇州で初戦後に日本で2試合

帰国会見に臨んだ北口榛花(JAL)

女子やり投世界女王の北口榛花(JAL)が4月12日に帰国し、都内で会見を開いてシーズンインに向けて意気込みを語った

帰国の度に増えるメディアの数がその注目度を物語る。年明けに拠点とするチェコに向かい、3月21日からスペインで合宿し、そのまま帰国した。ギリギリまでハードなトレーニングを積んでいたようで「筋肉痛です」と笑う。

1月の時点でオリンピックムードに「実感がない」と話していたが、選手たちの動向をチェックしつつ「少しずつ湧いてきました」と言う。初戦のダイヤモンドリーグ(DL)蘇州(4月27日)のエントリーリストも発表。目標とするアジア記録保持者の呂會會(中国)とも相まみえる。

「すごいメンバーだなと思って、私が最年少。他の選手は五輪シーズンを経験しているので、合わせてくるだろうなって思います。高いレベルで試合ができるのは楽しいです。勝っても負けても、肩を並べて戦えるのはうれしいこと」

この冬季シーズンで成長は実感している。特に「スピードアップ、パワーアップはできています」。ただ、それを2月以降にやり投と噛み合わせるところは「ある程度、形になってきましたが、ここから試合で調整していきたい」と言い、理想とする投げをするための、この時期の達成度としては「6割くらい」と及第点だった。

練習では「55mくらいしか飛ばない」ため、「試合が何よりの練習」だという。そのため、「最初から100%でとは思っていないので、一つひとつの試合を大事にしながら、パリに向けてやっていき、100%以上でパリ五輪を迎えられれば」と思い描く。

すでにパリ五輪代表に内定済み。「祭典のような雰囲気が楽しみ。小さい頃からやってきた水泳やバドミントンの選手に会ったり、バスケットボールが好きなので、選手にあったりすると、『本物だぁ』って思って話しかけられない。でも、年下なので自分から話しかけたいです」と笑顔を見せた。

DLのあとは、5月5日の水戸招待、そして19日のセイコーゴールデングランプリにエントリー。ゴールデンGPにはチェコでともにトレーニングするペトラ・シカコバ(チェコ)も来日し、「一緒に戦うのが楽しみ」とにっこり。「年々、日本で出る試合が少なくなっていますが、ちょっとでもみなさんの前で競技をしている姿をお見せして、応援したいと思ってもらえるようなパフォーマンスができれば」とアピールする。

パリ五輪では「メダルを取りたい。もちろん、金(メダル)だといいとは、私も、みなさんも思っていると思うので…。そう簡単ではないですが、一番がやっぱり一番いいので、しっかり準備したいです」と力強く語った。

女子やり投世界女王の北口榛花(JAL)が4月12日に帰国し、都内で会見を開いてシーズンインに向けて意気込みを語った 帰国の度に増えるメディアの数がその注目度を物語る。年明けに拠点とするチェコに向かい、3月21日からスペインで合宿し、そのまま帰国した。ギリギリまでハードなトレーニングを積んでいたようで「筋肉痛です」と笑う。 1月の時点でオリンピックムードに「実感がない」と話していたが、選手たちの動向をチェックしつつ「少しずつ湧いてきました」と言う。初戦のダイヤモンドリーグ(DL)蘇州(4月27日)のエントリーリストも発表。目標とするアジア記録保持者の呂會會(中国)とも相まみえる。 「すごいメンバーだなと思って、私が最年少。他の選手は五輪シーズンを経験しているので、合わせてくるだろうなって思います。高いレベルで試合ができるのは楽しいです。勝っても負けても、肩を並べて戦えるのはうれしいこと」 この冬季シーズンで成長は実感している。特に「スピードアップ、パワーアップはできています」。ただ、それを2月以降にやり投と噛み合わせるところは「ある程度、形になってきましたが、ここから試合で調整していきたい」と言い、理想とする投げをするための、この時期の達成度としては「6割くらい」と及第点だった。 練習では「55mくらいしか飛ばない」ため、「試合が何よりの練習」だという。そのため、「最初から100%でとは思っていないので、一つひとつの試合を大事にしながら、パリに向けてやっていき、100%以上でパリ五輪を迎えられれば」と思い描く。 すでにパリ五輪代表に内定済み。「祭典のような雰囲気が楽しみ。小さい頃からやってきた水泳やバドミントンの選手に会ったり、バスケットボールが好きなので、選手にあったりすると、『本物だぁ』って思って話しかけられない。でも、年下なので自分から話しかけたいです」と笑顔を見せた。 DLのあとは、5月5日の水戸招待、そして19日のセイコーゴールデングランプリにエントリー。ゴールデンGPにはチェコでともにトレーニングするペトラ・シカコバ(チェコ)も来日し、「一緒に戦うのが楽しみ」とにっこり。「年々、日本で出る試合が少なくなっていますが、ちょっとでもみなさんの前で競技をしている姿をお見せして、応援したいと思ってもらえるようなパフォーマンスができれば」とアピールする。 パリ五輪では「メダルを取りたい。もちろん、金(メダル)だといいとは、私も、みなさんも思っていると思うので…。そう簡単ではないですが、一番がやっぱり一番いいので、しっかり準備したいです」と力強く語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top