HOME 特集

2024.02.29

グラスゴー世界室内がいよいよ開幕!多田修平、田中希実らがファイナル目指す メダルなれば日本勢27年ぶり
グラスゴー世界室内がいよいよ開幕!多田修平、田中希実らがファイナル目指す メダルなれば日本勢27年ぶり

24年世界室内選手権の日本代表に選ばれた佐藤拳太郎、多田修平、田中希実

3月1日から3日まで、英国・グラスゴーで世界室内選手権が開催される。日本からは男子4名、女子4名の8人が出場する。

男子60mには多田修平(住友電工)と東田旺洋(関彰商事)が出場。多田はアジア室内選手権の予選で6秒53の日本タイ記録を出すなど順調にシーズンインしている。ノア・ライルズ(米国)やクリスチャン・コールマン(同)といった世界トップスプリンターとどれだけ競ることができるか。「6秒4台とファイナル」(多田)を目指していく。

広告の下にコンテンツが続きます

男子400mには日本記録保持者の佐藤拳太郎(富士通)が登場。自身初の室内レースで狙うのは室内日本記録の45秒76の更新だ。この記録は苅部俊二(現・法大監督)が1997年に出したものであり、この時に銅メダルを取って以降、日本勢個人でのメダルはナシ。「メダル争いに加わりたい」と、27年ぶりメダルに照準を合わせている。

昨年のブダペスト世界選手権・男子走高跳で8位入賞を果たした赤松諒一(アワーズ)は、アジア室内優勝で勢いに乗る。昨年のケガの影響もあり万全とはいかないが、「2m30に乗せる跳躍」で上位争いをもくろむ。

女子は3000mに田中希実(New Balance)が登場。「自分らしいスタイルで世界の強豪選手に食らいつきたい」と言い、展開の激しい室内レースは「持ち味を出せる」と話し、「8分40秒を切りたい」と自身の屋外の日本記録(8分40秒84)と室内日本記録(8分45秒64)、そして2マイル通過時に出した8分40秒05を塗り替えられるか。

60mハードルにはこの種目の日本記録(8秒01)を持つ青木益未(七十七銀行)が初出場。日本選手権・室内で5連覇をするなど得意としており、「7秒台を出したい」と話す。

広告の下にコンテンツが続きます

走幅跳に秦澄美鈴(大阪陸協)、三段跳に森本麻里子(オリコ)が出場。ともに昨年、屋外(6m97/14m16)、室内(6m64/13m66)の日本記録を樹立し、世界選手権にも出場するなど歴史を切り拓いた。パリ五輪を見据え、世界を相手に3回目までに自分の跳躍ができるかどうかがカギを握りそうだ。

世界のトップ選手も次々と参戦。男子砲丸投の世界記録保持者・R.クルーザー(米国)や、男子60mハードルで世界記録を更新したG.ホロウェイ(米国)、男子棒高跳世界記録保持者・A.デュプランティス(スウェーデン)、女子400mショートトラックで世界記録を更新したF.ボル(オランダ)ら錚々たる顔ぶれが並ぶ。

パリ五輪シーズン開幕を告げる世界室内選手権で、どんなパフォーマンスが繰り広げられるか。

3月1日から3日まで、英国・グラスゴーで世界室内選手権が開催される。日本からは男子4名、女子4名の8人が出場する。 男子60mには多田修平(住友電工)と東田旺洋(関彰商事)が出場。多田はアジア室内選手権の予選で6秒53の日本タイ記録を出すなど順調にシーズンインしている。ノア・ライルズ(米国)やクリスチャン・コールマン(同)といった世界トップスプリンターとどれだけ競ることができるか。「6秒4台とファイナル」(多田)を目指していく。 男子400mには日本記録保持者の佐藤拳太郎(富士通)が登場。自身初の室内レースで狙うのは室内日本記録の45秒76の更新だ。この記録は苅部俊二(現・法大監督)が1997年に出したものであり、この時に銅メダルを取って以降、日本勢個人でのメダルはナシ。「メダル争いに加わりたい」と、27年ぶりメダルに照準を合わせている。 昨年のブダペスト世界選手権・男子走高跳で8位入賞を果たした赤松諒一(アワーズ)は、アジア室内優勝で勢いに乗る。昨年のケガの影響もあり万全とはいかないが、「2m30に乗せる跳躍」で上位争いをもくろむ。 女子は3000mに田中希実(New Balance)が登場。「自分らしいスタイルで世界の強豪選手に食らいつきたい」と言い、展開の激しい室内レースは「持ち味を出せる」と話し、「8分40秒を切りたい」と自身の屋外の日本記録(8分40秒84)と室内日本記録(8分45秒64)、そして2マイル通過時に出した8分40秒05を塗り替えられるか。 60mハードルにはこの種目の日本記録(8秒01)を持つ青木益未(七十七銀行)が初出場。日本選手権・室内で5連覇をするなど得意としており、「7秒台を出したい」と話す。 走幅跳に秦澄美鈴(大阪陸協)、三段跳に森本麻里子(オリコ)が出場。ともに昨年、屋外(6m97/14m16)、室内(6m64/13m66)の日本記録を樹立し、世界選手権にも出場するなど歴史を切り拓いた。パリ五輪を見据え、世界を相手に3回目までに自分の跳躍ができるかどうかがカギを握りそうだ。 世界のトップ選手も次々と参戦。男子砲丸投の世界記録保持者・R.クルーザー(米国)や、男子60mハードルで世界記録を更新したG.ホロウェイ(米国)、男子棒高跳世界記録保持者・A.デュプランティス(スウェーデン)、女子400mショートトラックで世界記録を更新したF.ボル(オランダ)ら錚々たる顔ぶれが並ぶ。 パリ五輪シーズン開幕を告げる世界室内選手権で、どんなパフォーマンスが繰り広げられるか。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを […]

NEWS カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

2024.04.21

カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

4月20日、ケニアで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのキプケイノ・クラシックが開催され、男子ハンマー投ではブダペスト世界選手権金メダルのE.カツバーグ(カナダ)が世界歴代9位の84m38で優勝した。 現在2 […]

NEWS 王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

2024.04.21

王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

4月20日、ダイヤモンドリーグ(DL)の初戦が中国・廈門で開催され、男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が自身の持つ世界記録を1cm更新するの6m24で優勝した。 デュプランティスは東京五輪、オレゴン、ブダ […]

NEWS ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

2024.04.21

ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

第44回ロンドン・マラソンが4月21日に行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間16分16秒で優勝。2017年のこの大会でメアリー・ケイタニー(ケニア)が作った女子単独レース世界記録(2時間17分01秒)を […]

NEWS やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

2024.04.21

やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

いよいよ開幕した世界最高峰のダイヤモンドリーグだが、シーズンのスタートに先駆けて、公式YouTubeチャンネルで過去のパフォーマンスを紹介した。 男子棒高跳世界記録保持者のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)や、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top