HOME 特集

2023.08.17

【世界陸上みどころ/女子トラック】田中希実はW入賞なるか 廣中璃梨佳も2種目参戦へ 100mH寺田、青木、田中のフルエントリー 5000mに山本有真
【世界陸上みどころ/女子トラック】田中希実はW入賞なるか 廣中璃梨佳も2種目参戦へ 100mH寺田、青木、田中のフルエントリー 5000mに山本有真

女子トラックは12名が出場。左から鶴田玲美、田中希実、寺田明日香、山本有真

8月19日から始まるブダペスト世界陸上のみどころをチェック! ここでは男女のロード種目を紹介する。

女子トラックには7種目に12人が出場。最も注目を集めるのが21年東京五輪1500m8位の実績を持つ田中希実(New Balance)だろう。1500mと5000mに出場する。

広告の下にコンテンツが続きます

今春、プロに転向。6月上旬の日本選手権で1500mと5000mの2種目制覇を果たすと、ケニアで17日間の合宿を行った。7月上旬に渡欧し、フィンランドでは5000mで日本歴代3位の14分53秒60をマーク。その4日後のアジア選手権1500mでは、序盤のスローな展開から、ペースアップしてシーズンベストの4分06秒75で金メダルを獲得している。

レースを経るごとに、力強くなっているスパート力がどこまで通じるか。2種目で世界記録(1500m3分49秒11、5000m14分05秒20)を持つF.キピエゴン(ケニア)ら強力なアフリカ勢に最後まで食らいつきたいところだ。

持ち味が発揮できれば、1500mで3分台をマークした2年前の五輪のように記録と順位もついてくるはず。1500mで入賞となると、男女通じて世界選手権初。5000mでは97年アテネ大会で8位に入った弘山晴美(資生堂)以来26年ぶりとなる。

なお、1500mには田中と兵庫・西脇工高時代の同級生で、卒業後も今年春まで所属先が一緒だった後藤夢(ユニクロ)も登場。中学時代から全国入賞を持つランナーが、田中と切磋琢磨しながら、実績を重ねて世界選手権に初出場する。昨年出した自己ベスト4分09秒41を更新して、予選を突破できるか。

広告の下にコンテンツが続きます

5000mには田中に加え、山本有真(積水化学)と廣中璃梨佳(日本郵政グループ)の2000年生まれの2人が代表に選出され、15年北京大会以来のフルエントリーとなる。山本は名城大時代、学生駅伝で頭角を現わすと、昨年の栃木国体では5000m15分16秒71の自己新で優勝。社会人1年目の今季はアジア選手権で金メダルを獲得した。初出場の世界選手権で力を出し切りたいところだ。

廣中は参加標準記録を突破した10000mで代表に選ばれていたが、世界陸連からの出場資格者の追加を受けて5000mでも出場権を得た。田中と同じく2種目での出場となる。今季はアキレス腱を痛めた影響で、序盤は不調だったが、7月に入り5000mで15分18秒77をマークして調子を取り戻してきた。

タイムテーブルでは、初日に10000m決勝、5日目に5000m予選、8日目に5000m決勝が行われる。廣中にとっては昨年のオレゴン大会で自己ベスト(30分39秒71/日本歴代2位、レースは12位)を出した10000mでしっかりと走れるかが、ポイントとなりそうだ。そこで勢いを得て5000mでも食らいつけるか。

10000mにはオレゴン大会に続いて五島莉乃(資生堂)も選出された。今季の10000mは5月上旬のゴールデンゲームズinのべおか(2位/31分59秒00)のみ。自己記録31分10秒02(21年)に迫りたいところだ。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年、世界選手権参加標準記録(12秒78)を上回る日本記録12秒73が生まれるなど、近年活況の100mハードルには、寺田明日香(ジャパンクリエイト)、青木益未(七十七銀行)、田中佑美(富士通)の3人が参戦。初のフルエントリーとなる。

東京五輪で準決勝に進んだ寺田は今季、日本選手権を2年ぶりに制し、アジア選手権では銀メダルを獲得。記録でも2年ぶりに自己記録を0.01秒更新する12秒86(日本歴代2位タイ)をマークした。集大成とするパリ五輪を見据え、大事な国際舞台となる。

昨年4月に当時の日本記録となる12秒86をマークした青木は、持ち味のスタートで流れを作り、中盤での走りがポイントとなりそう。オレゴンでは準決勝に進んでいるだけに、万全な状態で臨めば、2年連続のセミファイナリストもあり得る。

田中は4月に日本人4人目の12秒台(12秒97)をマークした後、5月には木南記念で12秒91、セイコーゴールデングランプリでは12秒89と短縮。日本選手権で3位に入ったあと、欧州でも12秒91をマークして初の世界選手権代表をつかんだ。高校、大学と注目を集めたハードラーが世界を相手にどんなレースを見せるか。

広告の下にコンテンツが続きます

日本記録保持者で、オレゴンのセミファイナリスト・福部真子(日本建設工業)が代表に入れなかったほどハイレベルな争いを経て代表となった3人。日本女子100mハードルの実力を大舞台で発揮してほしい。

100mには11秒36(日本歴代4位タイ)の自己ベストを持つ君嶋愛梨紗(土木管理総合)が、4×100mリレーで出場したオレゴン大会に続く2大会連続の代表となった。また、200mには23秒17(日本歴代3位)の鶴田玲美(南九州ファミリーマート)が初出場する。この2種目での代表は2015年の北京大会で100mと200mに出場した福島千里(北海道ハイテクAC)以来となる。世界の牙城は厚いが、収穫のあるレースにしたいところだ。

このほか、400mハードルには日本選手権を日本歴代5位の56秒06をマークして優勝した山本亜美(立命大)と、56秒50(日本歴代8位タイ)の自己ベストを持つ宇都宮絵莉(長谷川体育施設)がそろって初出場する。この種目では、モスクワ大会の久保倉里美(新潟アルビレックスRC)以来10年ぶりの派遣。まずは自己ベストを塗り替えて次への弾みとしてほしいところだ。

世界の超人たちが集う世界陸上は、8月19日から27日までの9日間、“東欧のパリ”と称される美しき街・ブダペストを舞台に行われる。

広告の下にコンテンツが続きます
8月19日から始まるブダペスト世界陸上のみどころをチェック! ここでは男女のロード種目を紹介する。 女子トラックには7種目に12人が出場。最も注目を集めるのが21年東京五輪1500m8位の実績を持つ田中希実(New Balance)だろう。1500mと5000mに出場する。 今春、プロに転向。6月上旬の日本選手権で1500mと5000mの2種目制覇を果たすと、ケニアで17日間の合宿を行った。7月上旬に渡欧し、フィンランドでは5000mで日本歴代3位の14分53秒60をマーク。その4日後のアジア選手権1500mでは、序盤のスローな展開から、ペースアップしてシーズンベストの4分06秒75で金メダルを獲得している。 レースを経るごとに、力強くなっているスパート力がどこまで通じるか。2種目で世界記録(1500m3分49秒11、5000m14分05秒20)を持つF.キピエゴン(ケニア)ら強力なアフリカ勢に最後まで食らいつきたいところだ。 持ち味が発揮できれば、1500mで3分台をマークした2年前の五輪のように記録と順位もついてくるはず。1500mで入賞となると、男女通じて世界選手権初。5000mでは97年アテネ大会で8位に入った弘山晴美(資生堂)以来26年ぶりとなる。 なお、1500mには田中と兵庫・西脇工高時代の同級生で、卒業後も今年春まで所属先が一緒だった後藤夢(ユニクロ)も登場。中学時代から全国入賞を持つランナーが、田中と切磋琢磨しながら、実績を重ねて世界選手権に初出場する。昨年出した自己ベスト4分09秒41を更新して、予選を突破できるか。 5000mには田中に加え、山本有真(積水化学)と廣中璃梨佳(日本郵政グループ)の2000年生まれの2人が代表に選出され、15年北京大会以来のフルエントリーとなる。山本は名城大時代、学生駅伝で頭角を現わすと、昨年の栃木国体では5000m15分16秒71の自己新で優勝。社会人1年目の今季はアジア選手権で金メダルを獲得した。初出場の世界選手権で力を出し切りたいところだ。 廣中は参加標準記録を突破した10000mで代表に選ばれていたが、世界陸連からの出場資格者の追加を受けて5000mでも出場権を得た。田中と同じく2種目での出場となる。今季はアキレス腱を痛めた影響で、序盤は不調だったが、7月に入り5000mで15分18秒77をマークして調子を取り戻してきた。 タイムテーブルでは、初日に10000m決勝、5日目に5000m予選、8日目に5000m決勝が行われる。廣中にとっては昨年のオレゴン大会で自己ベスト(30分39秒71/日本歴代2位、レースは12位)を出した10000mでしっかりと走れるかが、ポイントとなりそうだ。そこで勢いを得て5000mでも食らいつけるか。 10000mにはオレゴン大会に続いて五島莉乃(資生堂)も選出された。今季の10000mは5月上旬のゴールデンゲームズinのべおか(2位/31分59秒00)のみ。自己記録31分10秒02(21年)に迫りたいところだ。 昨年、世界選手権参加標準記録(12秒78)を上回る日本記録12秒73が生まれるなど、近年活況の100mハードルには、寺田明日香(ジャパンクリエイト)、青木益未(七十七銀行)、田中佑美(富士通)の3人が参戦。初のフルエントリーとなる。 東京五輪で準決勝に進んだ寺田は今季、日本選手権を2年ぶりに制し、アジア選手権では銀メダルを獲得。記録でも2年ぶりに自己記録を0.01秒更新する12秒86(日本歴代2位タイ)をマークした。集大成とするパリ五輪を見据え、大事な国際舞台となる。 昨年4月に当時の日本記録となる12秒86をマークした青木は、持ち味のスタートで流れを作り、中盤での走りがポイントとなりそう。オレゴンでは準決勝に進んでいるだけに、万全な状態で臨めば、2年連続のセミファイナリストもあり得る。 田中は4月に日本人4人目の12秒台(12秒97)をマークした後、5月には木南記念で12秒91、セイコーゴールデングランプリでは12秒89と短縮。日本選手権で3位に入ったあと、欧州でも12秒91をマークして初の世界選手権代表をつかんだ。高校、大学と注目を集めたハードラーが世界を相手にどんなレースを見せるか。 日本記録保持者で、オレゴンのセミファイナリスト・福部真子(日本建設工業)が代表に入れなかったほどハイレベルな争いを経て代表となった3人。日本女子100mハードルの実力を大舞台で発揮してほしい。 100mには11秒36(日本歴代4位タイ)の自己ベストを持つ君嶋愛梨紗(土木管理総合)が、4×100mリレーで出場したオレゴン大会に続く2大会連続の代表となった。また、200mには23秒17(日本歴代3位)の鶴田玲美(南九州ファミリーマート)が初出場する。この2種目での代表は2015年の北京大会で100mと200mに出場した福島千里(北海道ハイテクAC)以来となる。世界の牙城は厚いが、収穫のあるレースにしたいところだ。 このほか、400mハードルには日本選手権を日本歴代5位の56秒06をマークして優勝した山本亜美(立命大)と、56秒50(日本歴代8位タイ)の自己ベストを持つ宇都宮絵莉(長谷川体育施設)がそろって初出場する。この種目では、モスクワ大会の久保倉里美(新潟アルビレックスRC)以来10年ぶりの派遣。まずは自己ベストを塗り替えて次への弾みとしてほしいところだ。 世界の超人たちが集う世界陸上は、8月19日から27日までの9日間、“東欧のパリ”と称される美しき街・ブダペストを舞台に行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top