HOME 特集

2023.02.25

JAG大崎が2年ぶり開催!東京五輪代表・鶴田玲美、棒高跳・竹川倖生、円盤投・堤雄司らが「合宿のメッカ」に集結!
JAG大崎が2年ぶり開催!東京五輪代表・鶴田玲美、棒高跳・竹川倖生、円盤投・堤雄司らが「合宿のメッカ」に集結!

2年ぶりにJAG大崎が開催。左から円盤投の堤雄司(ALSOK群馬)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)、棒高跳の竹川倖生(丸元産業)

国内屈指の陸上専用トレーニング施設「ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅」(鹿児島)を舞台にした競技会、「2023 Japan Athlete Games in Osaki」が2月26日に行われる。

同大会は2021年に第1回大会が行われ、国内初の室内100mレースでは男子で山縣亮太(セイコー)が日本最高記録となる10秒39をマークするなど、トップ選手が集まって盛況となった。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年はコロナ禍の影響で中止となり、2年ぶり2回目の開催。注目はやはり、国内唯一の直線100m室内公認トラックで行われる男女短距離だ。女子60mには、鹿児島出身の東京五輪4×100mリレー代表の鶴田玲美(南九州ファミリーマート)が参戦。今年初戦だった2月5日の日本選手権室内60mは7秒55で3位と、200mが得意の鶴田としてはまずまずのスタートを切った。地元で、屋外シーズンへさらに弾みをつける快走となるか。

女子60mと100mにエントリーした名倉千晃(NTN)も、100mの自己ベストが11秒53、全国規模の大会で数多くの実績を残してきた選手だ。男子100mは昨年の全日本実業団対抗選手権3位の矢橋寛明(陸岐道)らが中心の争いとなりそう。

男子棒高跳には2018年アジア大会代表・竹川倖生(丸元産業)が参戦。澤慎吾(きらぼし銀行)、来間弘樹(ストライダーズ)らとの好勝負に期待だ。

初の試みとなる投てき種目には、男女とも豪華メンバーが顔をそろえた。

広告の下にコンテンツが続きます

男子円盤投には62m59の日本記録を持つ堤雄司(ALSOK群馬)が登録。砲丸投との2種目にエントリーした幸長慎一(四国大AC)との投げ合いは見応えがありそう。

男子砲丸投には昨年の日本選手権覇者・村上輝(日本体育施設)をはじめ佐藤征平(新潟アルビレックスRC)、森下大地(ウィザス)と18mプッターがずらり。

男子ハンマー投も墨訓熙(小林クリエイト)、木村友大(ゼンリン)、赤穂弘樹(まなびや園)と実績のあるスロワーが激突する。

女子も日本選手権優勝経験のある円盤投・辻川美乃利(内田洋行AC)、ハンマー投・勝山眸美(オリコ)がエントリー。ハンマー投には日本歴代7位の62m94を持つ小舘充華(染めQ)も参戦する。

広告の下にコンテンツが続きます

このほか、男女60mハードル、男女走幅跳、女子砲丸投が行われ、女子60mハードルには地元の大村美香(南国殖産)が出場する。

また、同大会内のイベントとして、男子短距離の桐生祥秀(日本生命)が主宰する「Sprint50 Challenge」も開催される。対象は小学生200人で、25日に行われる予選で全体タイムの上位に入った選手が、翌日の桐生と対決する「桐生Final」に進出となる。

大会の模様はライブ配信される予定。充実の設備に今や「合宿のメッカ」として名高い施設で繰り広げられる熱戦は見逃せない。

ライブ配信、記録速報などは大会ホームページでチェック

広告の下にコンテンツが続きます

次ページ 2023 Japan Athlete Games in Osaki エントリーリスト

国内屈指の陸上専用トレーニング施設「ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅」(鹿児島)を舞台にした競技会、「2023 Japan Athlete Games in Osaki」が2月26日に行われる。 同大会は2021年に第1回大会が行われ、国内初の室内100mレースでは男子で山縣亮太(セイコー)が日本最高記録となる10秒39をマークするなど、トップ選手が集まって盛況となった。 昨年はコロナ禍の影響で中止となり、2年ぶり2回目の開催。注目はやはり、国内唯一の直線100m室内公認トラックで行われる男女短距離だ。女子60mには、鹿児島出身の東京五輪4×100mリレー代表の鶴田玲美(南九州ファミリーマート)が参戦。今年初戦だった2月5日の日本選手権室内60mは7秒55で3位と、200mが得意の鶴田としてはまずまずのスタートを切った。地元で、屋外シーズンへさらに弾みをつける快走となるか。 女子60mと100mにエントリーした名倉千晃(NTN)も、100mの自己ベストが11秒53、全国規模の大会で数多くの実績を残してきた選手だ。男子100mは昨年の全日本実業団対抗選手権3位の矢橋寛明(陸岐道)らが中心の争いとなりそう。 男子棒高跳には2018年アジア大会代表・竹川倖生(丸元産業)が参戦。澤慎吾(きらぼし銀行)、来間弘樹(ストライダーズ)らとの好勝負に期待だ。 初の試みとなる投てき種目には、男女とも豪華メンバーが顔をそろえた。 男子円盤投には62m59の日本記録を持つ堤雄司(ALSOK群馬)が登録。砲丸投との2種目にエントリーした幸長慎一(四国大AC)との投げ合いは見応えがありそう。 男子砲丸投には昨年の日本選手権覇者・村上輝(日本体育施設)をはじめ佐藤征平(新潟アルビレックスRC)、森下大地(ウィザス)と18mプッターがずらり。 男子ハンマー投も墨訓熙(小林クリエイト)、木村友大(ゼンリン)、赤穂弘樹(まなびや園)と実績のあるスロワーが激突する。 女子も日本選手権優勝経験のある円盤投・辻川美乃利(内田洋行AC)、ハンマー投・勝山眸美(オリコ)がエントリー。ハンマー投には日本歴代7位の62m94を持つ小舘充華(染めQ)も参戦する。 このほか、男女60mハードル、男女走幅跳、女子砲丸投が行われ、女子60mハードルには地元の大村美香(南国殖産)が出場する。 また、同大会内のイベントとして、男子短距離の桐生祥秀(日本生命)が主宰する「Sprint50 Challenge」も開催される。対象は小学生200人で、25日に行われる予選で全体タイムの上位に入った選手が、翌日の桐生と対決する「桐生Final」に進出となる。 大会の模様はライブ配信される予定。充実の設備に今や「合宿のメッカ」として名高い施設で繰り広げられる熱戦は見逃せない。 ライブ配信、記録速報などは大会ホームページでチェック 次ページ 2023 Japan Athlete Games in Osaki エントリーリスト
■2023 Japan Athlete Games in Osaki エントリーリスト ●男子 60m 野上 翼(京教大) 伊藤弘大(至学館大) 勝瀬健大(なにわJAC) 岡崎隼弥(ATHLETELINK) 倉澤幹拡(アスレチック宮崎) 中野翔大(大体大) 栗 克章(常葉大) 菅野 嗣(田子重) 大津 瑛(宮崎アスリートクラブ) 横 幹太(鹿屋体大) ・100m 野上 翼(京教大) 植本尚輝(大阪陸協) 矢橋寛明(陸岐道) 伊藤弘大(至学館大) 勝瀬健大(なにわJAC) 倉澤幹拡(アスレチック宮崎) 川上亮磨(鹿児島南高) 中野翔大(大体大) 藤原裕弥(大東文化大) 菅野 嗣(田子重) 太田芳栄(鹿児島南高) 横田幹太(鹿屋体大) 辻田幸輝(京産大) 河野将己(熊本陸協) 中東大輔(京産大) 川口大輝(京産大) 松嶋碧士(鹿児島南高) 横道 凌(田子重) ・60mH 吉田昂央(田子重) 正木友海(国見台AC) ・棒高跳 竹川倖生(丸元産業) 澤 慎吾(きらぼし銀行) 堀川晴海(陸桜会) 石橋和也(アマギ) 来間弘樹(ストライダーズ) 大内山莉玖(甲南高) ・走幅跳 石倉南斗(NTN) 永峰健斗(田子重) 肝付宇紀(ATHLETELINK) 海老沼勝輝(三和建設AC) 小畠康成(鹿屋体大) 畑中慎也(トータルスポーツ) 小野武蔵(大阪陸協) 吉本和希(大体大T.C) 横道 凌(田子重) ・砲丸投 村上 輝(日本体育施設) 佐藤征平(新潟アルビレックスRC) 森下大地(ウィザス) 幸長慎一(四国大AC) ・円盤投 堤 雄司(ALSOK群馬) 幸長慎一(四国大AC) 和田拓巳(但馬AC) ・ハンマー投 墨 訓熙(小林クリエイト) 木村友大(ゼンリン) 赤穂弘樹(まなびや園) ●女子 ・60m 鶴田玲美(南九州ファミリーマート) 名倉千晃(NTN) 松本沙耶子(七十七銀行) 塗木ひかる(鹿児島大) 小松崎妃紅(水戸啓明高) 三島菜楠(国際学院高) 坂元瑠菜(鹿児島南高) ・100m 名倉千晃(NTN) 細谷優美(阿見AC) 渡邊 輝(田子重) 塗木ひかる(鹿児島大) 小松崎妃紅(水戸啓明高) ・60mH 大村美香(南国殖産) 鎌田咲季(グリーンクロス) 有川実花(鹿児島南高) 住吉璃音(鹿児島高) 片野坂唯月(鹿児島高) 柳田陽香(鹿児島高) ・走幅跳 中野 瞳(KAGOTANI) 平加有梨奈(ニッパツ) 佐々木明日香(七十七銀行) 橋本結空(国際学院高) 三藤祐梨子(七十七銀行) 柳田陽香(鹿児島高) 住吉璃音(鹿児島高) 片野坂唯月(鹿児島高) ・砲丸投 松下ちひろ(国士舘クラブ) ・円盤投 川口紅音(ウィザス) 辻川美乃利(内田洋行AC) 半田水晶(染めQ) ・ハンマー投 小舘充華(染めQ) 勝山眸美(オリコ) 髙橋沙湖(佐賀県スポ教) ・パラ走幅跳 川口梨央(NPOかがやき)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top