HOME 国内、大学

2022.05.23

国立決戦の関東インカレ 日大が王座奪還29度目制覇 女子は日体大が初の連覇達成/成績一覧
国立決戦の関東インカレ 日大が王座奪還29度目制覇 女子は日体大が初の連覇達成/成績一覧

5月19日から22日まで、第101回関東学生対校選手権大会(関東インカレ)が開催された。舞台は東京・国立競技場。ハーフマラソンは神宮外苑の周回コースで実施された。1919年に産声を上げた関東インカレ。3年ぶりに有観客であったため、声出しの集団応援こそ禁止されたものの、インカレらしい雰囲気が戻ってきた。

広告の下にコンテンツが続きます

男子1部優勝は日大で、131.5点を獲得。2大会ぶり29回目の優勝を果たした(※20年は学校対抗未実施)。19年まで8連覇を達成していた日大が王座を奪還。主将の福田翔大はハンマー投で69m88の大会新で優勝し、4×100mリレーは29年ぶりの頂点に。走幅跳、三段跳、十種競技も制して得点を重ねた。福田は「どの種目もバランス良く、みんなが得点を積み重ねてくれました」と言い、「8連覇以上、つないでいってほしいです」と後輩へ思いを託した。

女子1部優勝は日体大。177.5点で2年連続10回目の頂点だが、これが初の“連覇”だった。200mで宮武アビーダラリーが優勝、5000m山崎りさ、10000m黒田澪もトップとなるなど、活躍した。主将の高橋真由は「初めて総合連覇をできてうれしいです」と笑顔。自身はケガで出場がならなかったが、「サポートという立場でまとめられたと思います」と語った。

男子2部は国武大が優勝し、2位の大東大とともに来季の1部昇格を決めた。変わって流通経済大、駿河台大が降格。大会最優秀選手は男子が投てき2冠の奥村仁志(国士大)、女子は円盤投4連覇の齋藤真希(東女体大)が選出された。

■関東インカレ総合成績
・男子1部
総合
日大 131.5=2大会ぶり29回目
トラック優勝
東洋大87点
フィールド優勝
日大84.5点
多種目優勝
日大6
・女子1部
総合
日体大 177.5点
トラック優勝
日体大99点
フィールド優勝
筑波大73点
多種目優勝
日体大、筑波大6

◇優勝者一覧
●男子
100m 栁田大輝(東洋大1) 10秒19(-0.2)
200m 鵜澤飛羽 (筑波大2) 20秒77(-0.7)
400m 中島佑気ジョセフ(東洋大3) 46秒19
800m 松本純弥(法大4) 1分47秒23
1500m 飯澤千翔(東海大4) 3分44秒44
5000m 三浦龍司(順大3) 13分42秒35
10000m 伊豫田達弥(順大4) 28分42秒85
ハーフマラソン 藤本珠輝(日体大4) 1時間2分20秒=大会新
110mH 横地大雅(法大4) 13秒81(-0.3)
400mH 黒川和樹(法大3) 49秒20
3000m障害 菖蒲敦司(早大3) 8分52秒38
10000m競歩 濱西 諒(明大4) 40分05秒25
4×100mR 日大(塚口・三田寺・鈴木・一瀬) 39秒18
4×400mR 東洋大(萩原・川上・臼木・中島) 3分04秒59
走高跳 藤井稜真(筑波大4) 2m11
棒高跳 柄澤智哉(日体大2) 5m40
走幅跳 舞永夏稀(日大1) 7m73(-0.4)
三段跳 廣田麟太郎(日大2) 15m99(-0.2)
砲丸投 奥村仁志(国士大4) 18m26=大会新
円盤投 奥村仁志(国士大4) 53m42
ハンマー投 福田翔大(日大4) 69m88=大会新
十種競技 山下朋紀(日大4) 7091点
●女子
100m 三浦由奈(筑波大) 11秒74(+0.8)
200m 宮武アビーダラリ-(日体大3) 24秒04(-0.3)
400m 飯田景子(中大2) 53秒84
800m 山口 光(順大4) 2分08秒14
1500m 樫原紗紀(筑波大3) 4分16秒41=大会新
5000m 山﨑りさ(日体大2) 16分05秒97
10000m 黒田 澪(日体大4) 33分27秒57
100mH 玉置菜々子(国士大4) 13秒37(+0.1)
400mH 松岡萌絵(中大2) 57秒83
3000m障害 吉村玲美(大東大4) 10分00秒86
10000m競歩 内藤未唯(神奈川大2) 46分43秒31
4×100mR 日体大(田中・宮武・広沢・工藤) 45秒01
4×400mR 中大(髙島・松岡・大島・飯田) 3分39秒23
走高跳 伊藤 楓(日体大1) 1m77
棒高跳 塩崎 泉(筑波大4) 4m00
走幅跳 髙良彩花(筑波大4) 6m38(+0.2)
三段跳 髙良彩花(筑波大4) 12m93(+0.5)
砲丸投 大野史佳(埼玉大4) 14m65
円盤投 齋藤真希(東女体大4) 57m43=大会新
ハンマー投 渡邉ももこ(筑波大4) 58m30
やり投 村上碧海(日体大1) 56m30
七種競技 梶木菜々香(中大4) 5257点

広告の下にコンテンツが続きます
5月19日から22日まで、第101回関東学生対校選手権大会(関東インカレ)が開催された。舞台は東京・国立競技場。ハーフマラソンは神宮外苑の周回コースで実施された。1919年に産声を上げた関東インカレ。3年ぶりに有観客であったため、声出しの集団応援こそ禁止されたものの、インカレらしい雰囲気が戻ってきた。 男子1部優勝は日大で、131.5点を獲得。2大会ぶり29回目の優勝を果たした(※20年は学校対抗未実施)。19年まで8連覇を達成していた日大が王座を奪還。主将の福田翔大はハンマー投で69m88の大会新で優勝し、4×100mリレーは29年ぶりの頂点に。走幅跳、三段跳、十種競技も制して得点を重ねた。福田は「どの種目もバランス良く、みんなが得点を積み重ねてくれました」と言い、「8連覇以上、つないでいってほしいです」と後輩へ思いを託した。 女子1部優勝は日体大。177.5点で2年連続10回目の頂点だが、これが初の“連覇”だった。200mで宮武アビーダラリーが優勝、5000m山崎りさ、10000m黒田澪もトップとなるなど、活躍した。主将の高橋真由は「初めて総合連覇をできてうれしいです」と笑顔。自身はケガで出場がならなかったが、「サポートという立場でまとめられたと思います」と語った。 男子2部は国武大が優勝し、2位の大東大とともに来季の1部昇格を決めた。変わって流通経済大、駿河台大が降格。大会最優秀選手は男子が投てき2冠の奥村仁志(国士大)、女子は円盤投4連覇の齋藤真希(東女体大)が選出された。 ■関東インカレ総合成績 ・男子1部 総合 日大 131.5=2大会ぶり29回目 トラック優勝 東洋大87点 フィールド優勝 日大84.5点 多種目優勝 日大6 ・女子1部 総合 日体大 177.5点 トラック優勝 日体大99点 フィールド優勝 筑波大73点 多種目優勝 日体大、筑波大6 ◇優勝者一覧 ●男子 100m 栁田大輝(東洋大1) 10秒19(-0.2) 200m 鵜澤飛羽 (筑波大2) 20秒77(-0.7) 400m 中島佑気ジョセフ(東洋大3) 46秒19 800m 松本純弥(法大4) 1分47秒23 1500m 飯澤千翔(東海大4) 3分44秒44 5000m 三浦龍司(順大3) 13分42秒35 10000m 伊豫田達弥(順大4) 28分42秒85 ハーフマラソン 藤本珠輝(日体大4) 1時間2分20秒=大会新 110mH 横地大雅(法大4) 13秒81(-0.3) 400mH 黒川和樹(法大3) 49秒20 3000m障害 菖蒲敦司(早大3) 8分52秒38 10000m競歩 濱西 諒(明大4) 40分05秒25 4×100mR 日大(塚口・三田寺・鈴木・一瀬) 39秒18 4×400mR 東洋大(萩原・川上・臼木・中島) 3分04秒59 走高跳 藤井稜真(筑波大4) 2m11 棒高跳 柄澤智哉(日体大2) 5m40 走幅跳 舞永夏稀(日大1) 7m73(-0.4) 三段跳 廣田麟太郎(日大2) 15m99(-0.2) 砲丸投 奥村仁志(国士大4) 18m26=大会新 円盤投 奥村仁志(国士大4) 53m42 ハンマー投 福田翔大(日大4) 69m88=大会新 十種競技 山下朋紀(日大4) 7091点 ●女子 100m 三浦由奈(筑波大) 11秒74(+0.8) 200m 宮武アビーダラリ-(日体大3) 24秒04(-0.3) 400m 飯田景子(中大2) 53秒84 800m 山口 光(順大4) 2分08秒14 1500m 樫原紗紀(筑波大3) 4分16秒41=大会新 5000m 山﨑りさ(日体大2) 16分05秒97 10000m 黒田 澪(日体大4) 33分27秒57 100mH 玉置菜々子(国士大4) 13秒37(+0.1) 400mH 松岡萌絵(中大2) 57秒83 3000m障害 吉村玲美(大東大4) 10分00秒86 10000m競歩 内藤未唯(神奈川大2) 46分43秒31 4×100mR 日体大(田中・宮武・広沢・工藤) 45秒01 4×400mR 中大(髙島・松岡・大島・飯田) 3分39秒23 走高跳 伊藤 楓(日体大1) 1m77 棒高跳 塩崎 泉(筑波大4) 4m00 走幅跳 髙良彩花(筑波大4) 6m38(+0.2) 三段跳 髙良彩花(筑波大4) 12m93(+0.5) 砲丸投 大野史佳(埼玉大4) 14m65 円盤投 齋藤真希(東女体大4) 57m43=大会新 ハンマー投 渡邉ももこ(筑波大4) 58m30 やり投 村上碧海(日体大1) 56m30 七種競技 梶木菜々香(中大4) 5257点

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top