HOME 高校

2022.05.23

砲丸投の山田暉斗が高校歴代9位の17m50! 女子トラックは東海大相模が席巻/IH神奈川県大会
砲丸投の山田暉斗が高校歴代9位の17m50! 女子トラックは東海大相模が席巻/IH神奈川県大会

今夏の徳島インターハイに向けた都道府県予選が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。

広告の下にコンテンツが続きます

神奈川県大会は14、15、21、22日と2週にわたって三ッ沢公園陸上競技場で行われ、男子投てきの山田暉斗(法政二3)が15日の砲丸投で高校歴代9位となる17m50をマークし、大会記録(16m68)と自らが持つ県高校記録(17m45)を更新。49m41の自己ベストで制した円盤投と合わせて、2年連続2冠を達成した。

自身が「練習の比率は、円盤を試合前に少しやるくらいで9対1ぐらい」と言うように、メイン種目の砲丸投は3年前の全中と昨年10月のU18大会で二度、日本一に輝いている。高校最後の今季は、「昨年4位に終わったインターハイで優勝する」ことを目標に掲げ、今大会は「南関東やインターハイに向けて、1投目である程度の記録を出して、そこから少しずつ記録を伸ばしていく」というプランを描いていた。その狙い通り、1投目に17m14をマークし、2~5投目のファイルを「中盤や少し空回りしてしまった」と反省したものの、最終6投目のビッグプットで優勝に花を添えた。

さらに山田は、翌週の円盤投でも1回目にセカンドベストの46m55で主導権を握ると、4回目に49m41まで記録を伸ばして他を寄せつけなかった。「今日は力の方向が安定していませんでしたが、4回目は脱力して、回転の流れを止めずに投げられた」と勝因を分析。大会記録(50m35)に届かなかった点については苦笑いを浮かべたものの、県大会は通過点に過ぎない。昨年は予選敗退に終わったインターハイを見据え、「全国に強い選手がいますが、何とか食らいついて、できれば砲丸投との2冠を果たしたいです」と力を込めた。

広告の下にコンテンツが続きます

女子のトラック種目では、東海大相模勢が大活躍。100mを井上瑞葵、200mと400mを瀬田陽菜、1500mと3000mを近藤希美(いずれも2年)が制し、4×400mリレーも3分44秒79の好タイムで、2011年以降連覇が続いていた相洋を下して初優勝をつかんだ。

アンカー勝負で競り勝った瀬田は「絶対に負けたくないという気持ちと、自分が突き放してゴールしないといけないという思いで走りました」と胸を張った。1走を務めた和田久美子(3年)はチームの快進撃の要因を「みんなが目標に向かって切磋琢磨し、刺激し合えていること」と語り、この勢いで南関東、さらにインターハイへと乗り込むつもりだ。

神奈川県大会では他に、男子3000m障害で古川達也(川崎橘3)が9分08秒41で23年ぶりに大会記録を塗り替え、男子1500mの矢口陽太(厚木東3)も3分50秒09の大会新記録で頂点に立った。学校対抗は男子が4年ぶりに、女子は2年連続でともに法政二が制し、最優秀選手に男子は山田、女子は瀬田が選ばれた。

文/小野哲史

広告の下にコンテンツが続きます
今夏の徳島インターハイに向けた都道府県予選が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 神奈川県大会は14、15、21、22日と2週にわたって三ッ沢公園陸上競技場で行われ、男子投てきの山田暉斗(法政二3)が15日の砲丸投で高校歴代9位となる17m50をマークし、大会記録(16m68)と自らが持つ県高校記録(17m45)を更新。49m41の自己ベストで制した円盤投と合わせて、2年連続2冠を達成した。 自身が「練習の比率は、円盤を試合前に少しやるくらいで9対1ぐらい」と言うように、メイン種目の砲丸投は3年前の全中と昨年10月のU18大会で二度、日本一に輝いている。高校最後の今季は、「昨年4位に終わったインターハイで優勝する」ことを目標に掲げ、今大会は「南関東やインターハイに向けて、1投目である程度の記録を出して、そこから少しずつ記録を伸ばしていく」というプランを描いていた。その狙い通り、1投目に17m14をマークし、2~5投目のファイルを「中盤や少し空回りしてしまった」と反省したものの、最終6投目のビッグプットで優勝に花を添えた。 さらに山田は、翌週の円盤投でも1回目にセカンドベストの46m55で主導権を握ると、4回目に49m41まで記録を伸ばして他を寄せつけなかった。「今日は力の方向が安定していませんでしたが、4回目は脱力して、回転の流れを止めずに投げられた」と勝因を分析。大会記録(50m35)に届かなかった点については苦笑いを浮かべたものの、県大会は通過点に過ぎない。昨年は予選敗退に終わったインターハイを見据え、「全国に強い選手がいますが、何とか食らいついて、できれば砲丸投との2冠を果たしたいです」と力を込めた。 女子のトラック種目では、東海大相模勢が大活躍。100mを井上瑞葵、200mと400mを瀬田陽菜、1500mと3000mを近藤希美(いずれも2年)が制し、4×400mリレーも3分44秒79の好タイムで、2011年以降連覇が続いていた相洋を下して初優勝をつかんだ。 アンカー勝負で競り勝った瀬田は「絶対に負けたくないという気持ちと、自分が突き放してゴールしないといけないという思いで走りました」と胸を張った。1走を務めた和田久美子(3年)はチームの快進撃の要因を「みんなが目標に向かって切磋琢磨し、刺激し合えていること」と語り、この勢いで南関東、さらにインターハイへと乗り込むつもりだ。 神奈川県大会では他に、男子3000m障害で古川達也(川崎橘3)が9分08秒41で23年ぶりに大会記録を塗り替え、男子1500mの矢口陽太(厚木東3)も3分50秒09の大会新記録で頂点に立った。学校対抗は男子が4年ぶりに、女子は2年連続でともに法政二が制し、最優秀選手に男子は山田、女子は瀬田が選ばれた。 文/小野哲史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top