月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

【展望】多田修平、桐生祥秀、デーデー・ブルーノらが出雲陸上に集結!注目選手をチェック

日本グランプリシリーズ出雲大会の吉岡隆徳記念第76回出雲陸上が4月23、24日に島根・浜山公園陸上競技場で行われる(※グランプリレースは24日)。島根県出身で1932年ロス五輪100m6位となり『暁の超特急』と言われた吉岡隆徳の冠がつく今大会、グランプリ種目「YOSHIOKAスプリント」は100mと300m。短距離種目の国内シーズンインに多くのトップスプリンターたちが集結する。

男子100mには昨年の日本選手権を制し、東京五輪にも出場した多田修平(住友電工)がエントリー。多田は3月の屋外100m(10秒32)に出場したあと、日本選手権室内と世界室内選手権で60mに出場した。4月には10秒30をマーク。アップした筋力を走りにつながれば好記録が期待できそうだ。

また、東京五輪4×100mリレー代表の桐生祥秀(日本生命)とデーデー・ブルーノ(セイコー)も出場予定。桐生は豪州でシーズンインし、荒天のため記録は伸び悩んだ(10秒55と10秒41)が、冬季は順調に積めているようだ。デーデーは東海大を卒業してセイコー所属に。昨年痛めた右脚付け根からは回復。社会人デビュー戦でどんな走りを見せるか。

東京五輪4×400mリレー代表の佐藤拳太郎(富士通)、川端魁人(中京大クラブ)、は男子400mにエントリー。ケガからの復調を期す井本佳伸(東京ガスエコモ)の走りにも注目が集まる。

女子100mは、東京五輪4×100mリレー代表の鶴田玲美(南九州ファミリーマート)がエントリー。資格記録トップは愛知・中京大中京高のエース・藏重みう(3年)で、11秒58を持つ。300mには昨年の400m日本選手権者・小林茉由(J.VIC)、松本奈菜子(東邦銀行)、久保山晴菜(今村病院)といった実力者が参戦する。

オレゴン世界選手権まで続くシーズンを占う大事な主要大会“初戦”。トップスプリンターたちの走りに注目だ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com