HOME インフォ、アイテム
【シューズレポ】 サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「RINCON(リンコン)3」
【シューズレポ】 サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「RINCON(リンコン)3」

 中学時代から陸上競技に取り組み、今も市民ランナーとして走り続けている月陸編集者(マラソンの自己ベストは2時間43分)が、注目のシューズをトライアル! 今回は8月2日に発売されたHOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)の「RINCOM(リンコン)3」(税込15,400円)を紹介する。

スピードへの対応力を増したHOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)の「RINCON(リンコン)3」。写真はメンズモデル

210gの軽量厚底シューズ

 これこそが厚底シューズの“オールラウンドモデル”と言えるかもしれない。数々の厚底ランニングシューズを世に送り出してきたHOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)が、同ブランドの定番である「CLIFTON(クリフトン)」シリーズよりも軽さを追求した「RINCON(リンコン)3」を8月2日に発売した。

 リンコンシリーズは今回で3作目となるが、前作のリンコン2からは大きくモデルチェンジ。アッパーは通気性の高いエンジニアードメッシュを前作から踏襲しているが、シュータン(ベロ)はレース用モデルであるROCKET X(ロケット エックス)CARBON X2(カーボン エックス2)のように薄くてアシンメトリー構造のものに変更。ソールは前作よりも軽くなり、アウトソールのパターンも強度が必要な部分だけにラバーを配置し、クリフトン8と同様に耐久性を高めた。

リンコン3のアウトソールの形状はクリフトン8と同様だが、走り心地は大きく異なる

 ミッドソールの厚さはヒールが29mmで、オフセット(前足部と踵の高低差)が5mmというのは前作と変わらないが、シューズ全体では片足約210g(27.0cmの場合)と8gの軽量化に成功している。ブランドとしてもリンコン3は「これまでとは一線を画したモデル」と評しており、スピードへの対応力に自信を見せている。

さまざまな用途に幅広く対応可能

 足を通してみると、サイズ感は通常25.0~25.0cmのシューズを履くことの多い筆者はウィメンズの25.0cmがぴったりだった。意外だったのはソールが前作よりも硬く感じたことだ。前作はクリフトン8に近い柔らかさと“ミッドソールとの一体感”があったが、リンコン3は前作よりはやや硬めの接地感で、走行時の沈み込みも少ない。ソールの硬度は「MACH(マッハ)4」に近いものを感じる。

 ただし、マッハ4のように『シューズに走らされる感覚』はなく、操作性はナチュラルだ。スピードを上げようとすれば対応するし、ゆっくり走っても快適。また、ソールが硬くなったことで地面から反発が戻ってくるのも速くなり、200~400mなど短い距離のダッシュにも使いやすくなった。ジョギングからスピード練習、レースまで、「この1足があれば大丈夫」と思えるようなシューズに仕上がっている。「クリフトンの姉妹モデル」というイメージだった前作とは違い、今作は“別系統”のシューズへと舵を切ったように思う。

 もちろん、1km4分を切るようなスピードを出す時はトップモデルであるロケットXやカーボンX2のほうが走りやすく、ジョギングに使う場合もクリフトン8のほうがクッション性は高いだろう。だが、リンコン3はそういったさまざまな目的に対して「全部85~90点をつけられるシューズ」であるように感じる。どんな練習にも使えてクセもないため、“厚底のオールラウンドモデル”と位置づけられるシューズになったのではないだろうか。

つま先と踵が反り上がったメタロッカーテクノロジーで重心移動はスムーズ。クセのない走り心地に仕上がっている

 個人的には、10km以上走るような場合は1km4分30秒くらいまでのペースがシューズの“適正速度”であるように感じる。ただ、3kmや5kmなどの短い距離であれば1km4分を切るスピードも出せるし、軽くてクッション性があるため脚へのダメージが少なく、後半にも余力を残しやすい。これからランニングを始めようという初心者ランナーの最初の1足として、さらには「とりあえず1足、クッション性のある練習用のシューズが欲しい」と考えるアスリートにとっても選びやすいモデルと言えるだろう。

文/山本慎一郎

<関連リンク>
RINCON(HOKA公式サイト)

<関連記事>
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「CLIFTON(クリフトン)8」
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「MACH(マッハ)4」
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「CARBON X(カーボン エックス)2」
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「ROCKET X(ロケット エックス)」
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「CLIFTON(クリフトン)7」
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「RINCON(リンコン)2」
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「CLIFTON EDGE(クリフトン エッジ)」
HOKA ONE ONEの「RINCON 3」と「ORA RECOVERY SHOE 2」が8月に新発売/PR

 中学時代から陸上競技に取り組み、今も市民ランナーとして走り続けている月陸編集者(マラソンの自己ベストは2時間43分)が、注目のシューズをトライアル! 今回は8月2日に発売されたHOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)の「RINCOM(リンコン)3」(税込15,400円)を紹介する。 スピードへの対応力を増したHOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)の「RINCON(リンコン)3」。写真はメンズモデル

210gの軽量厚底シューズ

 これこそが厚底シューズの“オールラウンドモデル”と言えるかもしれない。数々の厚底ランニングシューズを世に送り出してきたHOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)が、同ブランドの定番である「CLIFTON(クリフトン)」シリーズよりも軽さを追求した「RINCON(リンコン)3」を8月2日に発売した。  リンコンシリーズは今回で3作目となるが、前作のリンコン2からは大きくモデルチェンジ。アッパーは通気性の高いエンジニアードメッシュを前作から踏襲しているが、シュータン(ベロ)はレース用モデルであるROCKET X(ロケット エックス)CARBON X2(カーボン エックス2)のように薄くてアシンメトリー構造のものに変更。ソールは前作よりも軽くなり、アウトソールのパターンも強度が必要な部分だけにラバーを配置し、クリフトン8と同様に耐久性を高めた。 リンコン3のアウトソールの形状はクリフトン8と同様だが、走り心地は大きく異なる  ミッドソールの厚さはヒールが29mmで、オフセット(前足部と踵の高低差)が5mmというのは前作と変わらないが、シューズ全体では片足約210g(27.0cmの場合)と8gの軽量化に成功している。ブランドとしてもリンコン3は「これまでとは一線を画したモデル」と評しており、スピードへの対応力に自信を見せている。

さまざまな用途に幅広く対応可能

 足を通してみると、サイズ感は通常25.0~25.0cmのシューズを履くことの多い筆者はウィメンズの25.0cmがぴったりだった。意外だったのはソールが前作よりも硬く感じたことだ。前作はクリフトン8に近い柔らかさと“ミッドソールとの一体感”があったが、リンコン3は前作よりはやや硬めの接地感で、走行時の沈み込みも少ない。ソールの硬度は「MACH(マッハ)4」に近いものを感じる。  ただし、マッハ4のように『シューズに走らされる感覚』はなく、操作性はナチュラルだ。スピードを上げようとすれば対応するし、ゆっくり走っても快適。また、ソールが硬くなったことで地面から反発が戻ってくるのも速くなり、200~400mなど短い距離のダッシュにも使いやすくなった。ジョギングからスピード練習、レースまで、「この1足があれば大丈夫」と思えるようなシューズに仕上がっている。「クリフトンの姉妹モデル」というイメージだった前作とは違い、今作は“別系統”のシューズへと舵を切ったように思う。  もちろん、1km4分を切るようなスピードを出す時はトップモデルであるロケットXやカーボンX2のほうが走りやすく、ジョギングに使う場合もクリフトン8のほうがクッション性は高いだろう。だが、リンコン3はそういったさまざまな目的に対して「全部85~90点をつけられるシューズ」であるように感じる。どんな練習にも使えてクセもないため、“厚底のオールラウンドモデル”と位置づけられるシューズになったのではないだろうか。 つま先と踵が反り上がったメタロッカーテクノロジーで重心移動はスムーズ。クセのない走り心地に仕上がっている  個人的には、10km以上走るような場合は1km4分30秒くらいまでのペースがシューズの“適正速度”であるように感じる。ただ、3kmや5kmなどの短い距離であれば1km4分を切るスピードも出せるし、軽くてクッション性があるため脚へのダメージが少なく、後半にも余力を残しやすい。これからランニングを始めようという初心者ランナーの最初の1足として、さらには「とりあえず1足、クッション性のある練習用のシューズが欲しい」と考えるアスリートにとっても選びやすいモデルと言えるだろう。 文/山本慎一郎 <関連リンク> RINCON(HOKA公式サイト) <関連記事> 【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「CLIFTON(クリフトン)8」 【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「MACH(マッハ)4」 【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「CARBON X(カーボン エックス)2」 【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「ROCKET X(ロケット エックス)」 【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「CLIFTON(クリフトン)7」 【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「RINCON(リンコン)2」 【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「CLIFTON EDGE(クリフトン エッジ)」 HOKA ONE ONEの「RINCON 3」と「ORA RECOVERY SHOE 2」が8月に新発売/PR

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

NEWS 100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top