HOME アイテム

2020.08.28

【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「CLIFTON(クリフトン)7」
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「CLIFTON(クリフトン)7」

【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!!
ホカ オネオネ「CLIFTON(クリフトン)7」

HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)を代表するシリーズの最新作「CLIFTON(クリフトン)7」(税別16,000円)が8月初旬に発売された。「マシュマロのようなクッション」と表現されるホカ オネオネのシューズの中で、クリフトン7はどんな特徴があるのだろうか。

定番のシリーズがアップデート

分厚いミッドソールによるクッション性と、想像以上の軽さ。HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)の「CLIFTON(クリフトン)」シリーズは、これまで多くのランナーから評価されてきた同ブランドの定番シューズだ。

8月初旬に発売された「CLIFTON(クリフトン)7」も、従来の路線を受け継ぎながら細かいところが改良されている。まず、アッパーの素材はオープンエンジニアードサンドイッチメッシュになり、通気性が向上。踵には着脱に便利なプルタブがつき、履き口の中にはフィット性を高めるためのアンクルパットも追加された。

8月初旬に発売されたHOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)の「CLIFTON(クリフトン)7」

重さは27.0cmで247gと、前作よりも8g軽量化。他社も含めるとジョギング用モデル全体で見れば平均よりやや軽い程度だが、ミッドソールのボリュームは段違いだ。シューズを手に持ってみても、見た目からは想像できないような軽さがある。

着地衝撃を和らげるクッション性
ゆっくり走るには最適

足を入れてみると、まずアッパーのフィット感の良さが印象的だ。足の甲をしっかりホールドし、走行時の横ブレなどもなく安定している。普段25.0~25.5cmのシューズを履く筆者は25.0cmをチョイス。指先はやや余るものの、実際に走るとホールド性の高さもあって支障はない。アンクルパットのおかげで踵の位置も安定し、全体のフィット感は良好だ。

そして、何よりも走っている時のミッドソールの柔らかさが楽しい。「マシュマロのようなクッション」と呼ばれる通り、「ムニッ」と着地した時の気持ち良さは以前紹介した「RINCON(リンコン)2」と似た感触。ただし、アウトソールのラバー素材のパターンが異なるためか、このクリフトン7はリンコン2のような『足裏感覚』はそこまでではなく、「面」全体で接地するような感覚となっている。また、ソールの素材は独自素材ではなく、シューズでは一般的な素材であるEVAなのだから驚きだ。

ミッドソールの基本構造は「RINCON(リンコン)2」とほぼ同じ。アウトソールに使われているラバーの面積が広く、耐久性が高くなっている

一方、トラックで走ってみたところ、1000m4分を切るスピードになると接地時のレスポンスの遅れが気になった。個人的にはこの靴で快適に走れるのは1km5~6分あたりだと感じる。それ以上のスピードを出したい時は同ブランドのレース用モデル「CARBON X(カーボン エックス)」などを履くのが無難だろう。

中上級者のジョグからファンランナーのレース、トレーニングまで、長く走りたい時に活躍できそうなシューズだ。

文/山本慎一郎

<関連記事>
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカオネオネ「ROCKET X(ロケット エックス)」
【PR】ホカ オネオネのエリート向けシューズ「ROCKET X」軽量&カーボンプレート搭載の新モデルが発売
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「RINCON(リンコン)2」
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「CLIFTON EDGE(クリフトン エッジ)」

【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「CLIFTON(クリフトン)7」

HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)を代表するシリーズの最新作「CLIFTON(クリフトン)7」(税別16,000円)が8月初旬に発売された。「マシュマロのようなクッション」と表現されるホカ オネオネのシューズの中で、クリフトン7はどんな特徴があるのだろうか。

定番のシリーズがアップデート

分厚いミッドソールによるクッション性と、想像以上の軽さ。HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)の「CLIFTON(クリフトン)」シリーズは、これまで多くのランナーから評価されてきた同ブランドの定番シューズだ。 8月初旬に発売された「CLIFTON(クリフトン)7」も、従来の路線を受け継ぎながら細かいところが改良されている。まず、アッパーの素材はオープンエンジニアードサンドイッチメッシュになり、通気性が向上。踵には着脱に便利なプルタブがつき、履き口の中にはフィット性を高めるためのアンクルパットも追加された。 8月初旬に発売されたHOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)の「CLIFTON(クリフトン)7」 重さは27.0cmで247gと、前作よりも8g軽量化。他社も含めるとジョギング用モデル全体で見れば平均よりやや軽い程度だが、ミッドソールのボリュームは段違いだ。シューズを手に持ってみても、見た目からは想像できないような軽さがある。

着地衝撃を和らげるクッション性 ゆっくり走るには最適

足を入れてみると、まずアッパーのフィット感の良さが印象的だ。足の甲をしっかりホールドし、走行時の横ブレなどもなく安定している。普段25.0~25.5cmのシューズを履く筆者は25.0cmをチョイス。指先はやや余るものの、実際に走るとホールド性の高さもあって支障はない。アンクルパットのおかげで踵の位置も安定し、全体のフィット感は良好だ。 そして、何よりも走っている時のミッドソールの柔らかさが楽しい。「マシュマロのようなクッション」と呼ばれる通り、「ムニッ」と着地した時の気持ち良さは以前紹介した「RINCON(リンコン)2」と似た感触。ただし、アウトソールのラバー素材のパターンが異なるためか、このクリフトン7はリンコン2のような『足裏感覚』はそこまでではなく、「面」全体で接地するような感覚となっている。また、ソールの素材は独自素材ではなく、シューズでは一般的な素材であるEVAなのだから驚きだ。 ミッドソールの基本構造は「RINCON(リンコン)2」とほぼ同じ。アウトソールに使われているラバーの面積が広く、耐久性が高くなっている 一方、トラックで走ってみたところ、1000m4分を切るスピードになると接地時のレスポンスの遅れが気になった。個人的にはこの靴で快適に走れるのは1km5~6分あたりだと感じる。それ以上のスピードを出したい時は同ブランドのレース用モデル「CARBON X(カーボン エックス)」などを履くのが無難だろう。 中上級者のジョグからファンランナーのレース、トレーニングまで、長く走りたい時に活躍できそうなシューズだ。 文/山本慎一郎 <関連記事> 【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカオネオネ「ROCKET X(ロケット エックス)」 【PR】ホカ オネオネのエリート向けシューズ「ROCKET X」軽量&カーボンプレート搭載の新モデルが発売 【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「RINCON(リンコン)2」 【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「CLIFTON EDGE(クリフトン エッジ)」

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top