HOME インフォ、アイテム
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「MACH(マッハ)4」
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「MACH(マッハ)4」

【シューズレポ】
サブスリー編集者が語る!!
ホカ オネオネ「MACH(マッハ)4」

 中学時代から陸上競技に取り組み、今も市民ランナーとして走り続けている月陸編集者(マラソンの自己ベストは2時間43分)が、注目のシューズをトライアル! 今回は3月5日に発売されたHOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)の「MACH(マッハ)4」(税込17,600円)を紹介する。

HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)の高反発スピードモデル「MACH(マッハ)4」

HOKA最新モデルから派生した高反発スピードモデル

 HOKAらしさを感じられる一足の登場だ。ここ数ヵ月で「ROCKET X(ロケット エックス)」、「CARBON X(カーボン エックス)2」と、ミッドソールにカーボンプレートを内蔵したモデルを次々にリリースしてきたホカ オネオネ。そんな厚底レーシングシューズの“元祖”と呼べるブランドが3月5日に発売したモデルが「MACH(マッハ)4」だ。

広告の下にコンテンツが続きます

 その特徴は、プレートを内蔵していない高反発スピードモデルであること。ソールは反発力の高いラバライズドEVAのアウトソールに、衝撃を和らげる柔らかいミッドソール素材を組み合わせて構成。ヒール部分はクッション性を高め、前足部にはある程度の硬さを持たせることで推進力を生み出している。これは「PROFLY(プロフライ)」と呼ばれるホカ オネオネのテクノロジーで、カーボンX 2などにも採用されている。

 また、踵が「Swallow Tail」という後方に突き出た形状をしているのも個性的だ。カーボンX 2やCLIFTON EDGE(クリフトン エッジ)を思わせるフォルムとなっており、これらが合わさることでマッハ4は「HOKAならではの快活な走り心地とエネルギッシュな足元の感覚」を実現しているという。

アウトソールの面積が広いのが特徴。スピードモデルながら安定性は高い

自然にピッチが上がる靴

 実際に足を通してみると、まずはアウトソールの接地面積の広さが印象に残る。履き心地はクリフトン エッジやカーボンX 2に近く、コシのある柔らかさ。CLIFTON(クリフトン)7のようなフカフカ感の強いタイプとは別物となっている。

 サイズ感はホカ オネオネの他のモデルよりは少し小さめで、これまで24.5~25.0cmを選んできた筆者はウィメンズの25.0cmがぴったり。カーボンX2よりは一回り小さく、フィット感もややタイトな印象がある。クリフトン7やクリフトン エッジに近いかもしれない。

広告の下にコンテンツが続きます

 そして、走ってみて感じたのは予想以上の軽快さだ。接地面が広く感じるのはクリフトン エッジに似ているが、それよりも明らかに脚が回転しやすく、自然にピッチが上がる。ソール自体の反発が強いというよりは、前足部への重心移動がスムーズで、それによってロスなく推進力が生まれているイメージだ。

ソールの厚さは最大29mmで、オフセットは5mm。実際に走ると重心移動のしやすさが際立つ

 ちなみに、ソールのオフセット(踵と前足部の高低差)は5mmに抑えられており、脚が“転がる”ような感覚はあまりない。それでも自然に脚が回っていくのはPROFLYテクノロジーの効果だろう。

 重量は片足約232g(27.0cm)。カーボンプレートがないことで反発が弱いのでは?と思うかもしれないが、反発自体はホカ オネオネのカーボン搭載モデルと比べてもそれほど大きな違いは感じない。クッション性と走りやすさを両立した、HOKAらしさを感じられるシューズと言えるだろう。

 では、この靴の“適正速度”はどこなのかと言えば、筆者はマラソンのレースペース付近ではないかと感じた。筆者の現時点での走力(5000m18分台)であれば、1km4分あたりまではシューズの性能と走りが噛み合って楽に走れる印象がある。クッション性と安定性のバランスが絶妙で、“クリフトン エッジのスピードタイプ”と言えるような走行感に仕上がっている。ロードでの距離走など走り込みで持ち味を発揮しそうだ。

広告の下にコンテンツが続きます

 マラソン3時間台前半までのランナーであればレース兼トレーニング用シューズとして大いに活用できそうだ。特に、接地が不安定なランナーにとっては、この靴の高い安定性と推進力はとても心強く感じられるに違いない。

文/山本慎一郎

<関連記事>
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「CARBON X(カーボン エックス)2」
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「ROCKET X(ロケット エックス)」
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「CLIFTON(クリフトン)7」
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「RINCON(リンコン)2」
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「CLIFTON EDGE(クリフトン エッジ)」

【シューズレポ】 サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「MACH(マッハ)4」

 中学時代から陸上競技に取り組み、今も市民ランナーとして走り続けている月陸編集者(マラソンの自己ベストは2時間43分)が、注目のシューズをトライアル! 今回は3月5日に発売されたHOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)の「MACH(マッハ)4」(税込17,600円)を紹介する。 HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)の高反発スピードモデル「MACH(マッハ)4」

HOKA最新モデルから派生した高反発スピードモデル

 HOKAらしさを感じられる一足の登場だ。ここ数ヵ月で「ROCKET X(ロケット エックス)」、「CARBON X(カーボン エックス)2」と、ミッドソールにカーボンプレートを内蔵したモデルを次々にリリースしてきたホカ オネオネ。そんな厚底レーシングシューズの“元祖”と呼べるブランドが3月5日に発売したモデルが「MACH(マッハ)4」だ。  その特徴は、プレートを内蔵していない高反発スピードモデルであること。ソールは反発力の高いラバライズドEVAのアウトソールに、衝撃を和らげる柔らかいミッドソール素材を組み合わせて構成。ヒール部分はクッション性を高め、前足部にはある程度の硬さを持たせることで推進力を生み出している。これは「PROFLY(プロフライ)」と呼ばれるホカ オネオネのテクノロジーで、カーボンX 2などにも採用されている。  また、踵が「Swallow Tail」という後方に突き出た形状をしているのも個性的だ。カーボンX 2やCLIFTON EDGE(クリフトン エッジ)を思わせるフォルムとなっており、これらが合わさることでマッハ4は「HOKAならではの快活な走り心地とエネルギッシュな足元の感覚」を実現しているという。 アウトソールの面積が広いのが特徴。スピードモデルながら安定性は高い

自然にピッチが上がる靴

 実際に足を通してみると、まずはアウトソールの接地面積の広さが印象に残る。履き心地はクリフトン エッジやカーボンX 2に近く、コシのある柔らかさ。CLIFTON(クリフトン)7のようなフカフカ感の強いタイプとは別物となっている。  サイズ感はホカ オネオネの他のモデルよりは少し小さめで、これまで24.5~25.0cmを選んできた筆者はウィメンズの25.0cmがぴったり。カーボンX2よりは一回り小さく、フィット感もややタイトな印象がある。クリフトン7やクリフトン エッジに近いかもしれない。  そして、走ってみて感じたのは予想以上の軽快さだ。接地面が広く感じるのはクリフトン エッジに似ているが、それよりも明らかに脚が回転しやすく、自然にピッチが上がる。ソール自体の反発が強いというよりは、前足部への重心移動がスムーズで、それによってロスなく推進力が生まれているイメージだ。 ソールの厚さは最大29mmで、オフセットは5mm。実際に走ると重心移動のしやすさが際立つ  ちなみに、ソールのオフセット(踵と前足部の高低差)は5mmに抑えられており、脚が“転がる”ような感覚はあまりない。それでも自然に脚が回っていくのはPROFLYテクノロジーの効果だろう。  重量は片足約232g(27.0cm)。カーボンプレートがないことで反発が弱いのでは?と思うかもしれないが、反発自体はホカ オネオネのカーボン搭載モデルと比べてもそれほど大きな違いは感じない。クッション性と走りやすさを両立した、HOKAらしさを感じられるシューズと言えるだろう。  では、この靴の“適正速度”はどこなのかと言えば、筆者はマラソンのレースペース付近ではないかと感じた。筆者の現時点での走力(5000m18分台)であれば、1km4分あたりまではシューズの性能と走りが噛み合って楽に走れる印象がある。クッション性と安定性のバランスが絶妙で、“クリフトン エッジのスピードタイプ”と言えるような走行感に仕上がっている。ロードでの距離走など走り込みで持ち味を発揮しそうだ。  マラソン3時間台前半までのランナーであればレース兼トレーニング用シューズとして大いに活用できそうだ。特に、接地が不安定なランナーにとっては、この靴の高い安定性と推進力はとても心強く感じられるに違いない。 文/山本慎一郎 <関連記事> 【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「CARBON X(カーボン エックス)2」 【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「ROCKET X(ロケット エックス)」 【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「CLIFTON(クリフトン)7」 【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「RINCON(リンコン)2」 【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ホカ オネオネ「CLIFTON EDGE(クリフトン エッジ)」

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.16

森井勇磨が初サブ10で8位入賞!パリ五輪代表・大迫傑に先着する殊勲 大迫は13位/ボストンマラソン

ワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンマラソンが米国で行われ、S.レマ(エチオピア)が2時間6分17秒(以下、速報値)で優勝した。 東京五輪6位、そしてパリ五輪代表に内定している大迫傑(Nike)が出場。やや気温 […]

NEWS クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。 異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦 日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、40 […]

NEWS 躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)
PR

2024.04.15

躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)

厳しいトレーニングを可能にするコンディショニングへのこだわり 近年の國學院大學は学生駅伝で毎回のように上位に名を連ね、その存在感を確かなものにしつつある。勢いの原動力は、日々の厳しいトレーニングとそれを可能にするコンディ […]

NEWS 男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

2024.04.15

男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

日本陸連は4月15日、世界競歩チーム選手権(トルコ・アンタルヤ)の男女混合競歩リレーに出場を予定していた女子の園田世玲奈(NTN)が慢性萎縮性胃炎のため出場を辞退すると発表した。同種目には女子20kmで代表入りしていた渕 […]

NEWS 織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

2024.04.15

織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

4月29日に行われる織田記念(広島広域公園競技場)のエントリーリストが主催者から発表され、看板種目の男子100mには昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)、3月の世界室内選手権60mファイナリストの多田修平(住友電 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top