月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【長距離】日本選手権エントリー発表 田中、新谷、廣中は勝てば五輪代表 大迫傑は2種目にエントリー


日本陸連は12月4日に大阪・ヤンマースタジアム長居で行われる日本選手権・長距離のエントリー一覧を発表した。今大会は来年に延期された東京五輪の選考会を兼ねて開催され、すでに東京五輪の参加標準記録を突破済み、または今大会で突破し、優勝すれば代表に内定する。

注目の女子は、5000mに廣中璃梨佳(日本郵政グループ)と田中希実(豊田自動織機TC)らが順当にエントリー。この2人はすでに有効期間内に東京五輪の参加標準記録(15分10秒00)を突破しており、優勝すれば代表権を勝ち取る。期間外ながら15分05秒78をマークしている萩谷楓(エディオン)もエントリー。また、すでに東京五輪マラソン代表に内定している一山麻緒(ワコール)が5000mに登録、昨年優勝の木村友香(資生堂)らも上位をうかがいそうだ。

10000mで標準(31分25秒00)突破をしているのは新谷仁美(積水化学)のみ。新谷は5000mでも標準記録を破っているが、公言通り10000m1本に絞ってきた。他には、前回優勝の鍋島莉奈(日本郵政グループ)や、マラソン代表を逃しトラックで五輪を狙う松田瑞生(ダイハツ)、福士加代子(ワコール)らが名を連ねる。

男子5000mは期間内リストトップの遠藤日向(住友電工)や今季13分22秒60の自己記録を出している坂東悠汰(富士通)らが順当に登録。若手に注目株がそろい、中大ルーキーの吉居大和や、高校記録を2度更新している石田洸介(東農大二高3年)がシニア一線級相手にどんな走りを見せるか。

10000mには55名がエントリーしたため、日本選手権では異例となる2組によるタイムレースで実施。好調の鈴木健吾(富士通)や設楽悠太(Honda)らマラソン勢に加え、実業団デビューで自己新をマークした相澤晃(旭化成)も上位候補だ。男子マラソンで五輪代表の大迫傑(Nike)は5000mと10000mの両方にエントリー。その動向が注目される。

また、3000m障害もハイレベルで、男子は順大1年目の三浦龍司が有効期間外ながら五輪参加標準記録(8分22秒00)をクリアする日本歴代2位の8分19秒37をマーク。堂々リストトップで、参加標準記録突破しての優勝を狙う。山口浩勢(愛三工業)、青木涼真(Honda)に加え、ケガから復帰した塩尻和也(富士通)も注目だ。女子は昨年優勝の吉村玲美(大東大)が連覇を目指す。昨年は招待枠でドーハ世界選手権にも出場。参加標準記録(9分30秒00)クリアなるか。

レースや観客を入れて実施。時間、男女の順は調整中となっている。

●日本選手権・長距離
エントリー一覧
12月4日(金)/大阪・ヤンマースタジアム長居
時間予定
15:30頃~ 3000m障害
16:24頃~ 5000m
17:13頃~ 10000m



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com