HOME 国内、大学

2024.05.29

日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も
日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

栁田大輝と山本亜美

日本学連は5月29日、2024日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)のエントリー選手を発表した。

男子100mにブダペスト世界選手権代表の栁田大輝(東洋大)がエントリー。1年時には同大会で優勝している。今年は自己タイの10秒02をマーク。パリ五輪参加標準記録にあと0.02秒に迫っている。他には昨年高校歴代2位の10秒19をマークしてる黒木海翔(中大)、織田記念で優勝している守祐陽(大東大)らが登録した。

男子800mには1分47秒台を持つ前田陽向(環太平洋大)、北村魁士(山梨学大)、佐藤主理(鹿屋体大)の3人が登録。男子5000mには箱根駅伝Vの青学大から鶴川正也、黒田朝日、野村昭夢、ルーキーの飯田翔大らが登録している。また、3000m障害には黒田然もエントリーした。

熾烈な110mハードルには、小池綾(法大)、池田海(早大)、西徹朗(同)ら有力ハードラーがズラリ。400mハードルには関東インカレを制した井之上駿太(法大)、昨年の日本インカレ王者・小川大輝(東洋大)が名を連ねる。男子棒高跳にはブダペスト世界選手権代表の柄澤智哉(日体大)、関東インカレVの北田琉偉(同)が登録した。三段跳も安立雄斗(福岡大院)や宮尾真仁(東洋大)と力のあるジャンパーが出場見込みだ。

男子砲丸投はアツオビン・ジェイソン(福岡大)、円盤投は北原博企(新潟医療福祉大)、やり投は80mスロワーの清川裕哉(東海大)と巖雄作(筑波大)がエントリーした。

女子100m、200mには世界リレー代表の山形愛羽(福岡大)がエントリー。100mでは関東インカレVの石川優(青学大)、関西インカレVの奥野由萌ら甲南大勢と激突となりそうだ。

1500mには名城大から米澤奈々香やルーキーの近藤希美が登録。関東インカレで100mハードルと200mを制してMVPに輝いた髙橋亜珠(筑波大)が100mハードルに登録した。林美希(早大)や13秒25がベストの伊藤彩香(福岡大)もエントリーしている。

女子400mハードルの山本亜美(立命大)、円盤投の齋藤真希(東海大院)というブダペスト世界選手権代表も登録。三段跳には船田茜理(武庫川女大院)、ハンマー投には村上来花(九州共立大)と、学生記録保持者2人がエントリーした。

日本学連は5月29日、2024日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)のエントリー選手を発表した。 男子100mにブダペスト世界選手権代表の栁田大輝(東洋大)がエントリー。1年時には同大会で優勝している。今年は自己タイの10秒02をマーク。パリ五輪参加標準記録にあと0.02秒に迫っている。他には昨年高校歴代2位の10秒19をマークしてる黒木海翔(中大)、織田記念で優勝している守祐陽(大東大)らが登録した。 男子800mには1分47秒台を持つ前田陽向(環太平洋大)、北村魁士(山梨学大)、佐藤主理(鹿屋体大)の3人が登録。男子5000mには箱根駅伝Vの青学大から鶴川正也、黒田朝日、野村昭夢、ルーキーの飯田翔大らが登録している。また、3000m障害には黒田然もエントリーした。 熾烈な110mハードルには、小池綾(法大)、池田海(早大)、西徹朗(同)ら有力ハードラーがズラリ。400mハードルには関東インカレを制した井之上駿太(法大)、昨年の日本インカレ王者・小川大輝(東洋大)が名を連ねる。男子棒高跳にはブダペスト世界選手権代表の柄澤智哉(日体大)、関東インカレVの北田琉偉(同)が登録した。三段跳も安立雄斗(福岡大院)や宮尾真仁(東洋大)と力のあるジャンパーが出場見込みだ。 男子砲丸投はアツオビン・ジェイソン(福岡大)、円盤投は北原博企(新潟医療福祉大)、やり投は80mスロワーの清川裕哉(東海大)と巖雄作(筑波大)がエントリーした。 女子100m、200mには世界リレー代表の山形愛羽(福岡大)がエントリー。100mでは関東インカレVの石川優(青学大)、関西インカレVの奥野由萌ら甲南大勢と激突となりそうだ。 1500mには名城大から米澤奈々香やルーキーの近藤希美が登録。関東インカレで100mハードルと200mを制してMVPに輝いた髙橋亜珠(筑波大)が100mハードルに登録した。林美希(早大)や13秒25がベストの伊藤彩香(福岡大)もエントリーしている。 女子400mハードルの山本亜美(立命大)、円盤投の齋藤真希(東海大院)というブダペスト世界選手権代表も登録。三段跳には船田茜理(武庫川女大院)、ハンマー投には村上来花(九州共立大)と、学生記録保持者2人がエントリーした。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

NEWS 八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

2024.06.12

八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ南九州地区大会(熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)は6月13日から16日までの4日間、宮崎市の宮崎県総合運動公園ひなた陸上競技場で開か […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top