HOME 高校、好記録

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ
【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

24年日本室内大阪の60mHに出場した髙城昊紀

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。

髙城は昨年の全中では中学用ハードル(高さ91.4cm)で13秒50の中学新記録を打ち立てて日本一に。さらに秋のU16大会ではジュニア規格のハードル(高さ99.1cm)で13秒66(+2.5)と、追い風参考ながら驚異的なタイムをマーク。2位以下に大差をつけて優勝を果たすなど、注目を集めてきた。

この3月に宮崎西高附属中を卒業し、内部進学で宮崎西高に入学している髙城。練習環境などは大きく変わらず、トレーニングを続けている。

110mハードルでは、高校生以上になるとハードルの高さが上がって106.7cmとなり、高校1年生ではその高さに苦労する選手も少なくない。それでも、髙城は3月に初めてハイハードルのレースに臨み14秒60と快走。高校デビュー戦となったこの日もさらに記録を短縮した。

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年の全中では中学用ハードル(高さ91.4cm)で13秒50の中学新記録を打ち立てて日本一に。さらに秋のU16大会ではジュニア規格のハードル(高さ99.1cm)で13秒66(+2.5)と、追い風参考ながら驚異的なタイムをマーク。2位以下に大差をつけて優勝を果たすなど、注目を集めてきた。 この3月に宮崎西高附属中を卒業し、内部進学で宮崎西高に入学している髙城。練習環境などは大きく変わらず、トレーニングを続けている。 110mハードルでは、高校生以上になるとハードルの高さが上がって106.7cmとなり、高校1年生ではその高さに苦労する選手も少なくない。それでも、髙城は3月に初めてハイハードルのレースに臨み14秒60と快走。高校デビュー戦となったこの日もさらに記録を短縮した。

男子110mハードル高1歴代10傑

14.13 1.3 高橋遼将(中京大中京・愛知) 2019.10. 6 14.26 0.5 西徹朗(名古屋・愛知)    2019.10.26 14.32 1.9 池田海(松山北・愛媛)    2018.10.13 14.32 0.8 髙城昊紀(宮崎西・宮崎)   2024. 4.13 14.41 1.2 浅井惺流(東海大翔洋・静岡) 2022. 8.21 14.43 0.7 北條友葵(三田国際・東京)  2021. 8. 1 14.44 1.4 鳥井大輝(千葉黎明・千葉)  2023.10.21 14.48 0.3 古賀ジェレミー(東京・東京) 2023.11.11 14.50 -0.3 古谷拓夢(相洋・神奈川)   2012.10.27 14.50 -2.3 伊藤真治(岐阜聖徳・岐阜)  2020. 8. 1

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top