HOME 特集

2020.09.30

【展望】100m桐生VSケンブリッジ 至極の最速決定戦/日本選手権展望
【展望】100m桐生VSケンブリッジ 至極の最速決定戦/日本選手権展望


 10月1日から3日に新潟・デンカビッグスワンスタジアムで開催される日本選手権。メインイベントとなるのが男子100mだ。昨年100m、200mの2種目を2年ぶりに制したサニブラウン・アブデル・ハキームはエントリーせず、山縣亮太(セイコー)は欠場が発表されたものの、桐生祥秀(日本生命)とケンブリッジ飛鳥(Nike)を軸に、今年もハイレベルな争いとなりそうだ。

 今年初めての大きな大会となった8月23日のセイコーゴールデングランプリ東京(以下、GGP/国立競技場)。100mは、およそ1時間半のリカバリーで行われた予選と決勝で、桐生とケンブリッジが2本とも同じようなレースを見せた。10秒14(-0. 2)で優勝した桐生、10秒16で2位のケンブリッジ。予選でも顔を合わせ、桐生が10秒09(+0.7)、ケンブリッジが10秒11と、やはり100分の2秒差でフィニッシュしている。

 ライバル対決・第2ラウンドは、8月29日に福井で行われたAthlete Night Games in FUKUI。ここでもケンブリッジと桐生が好調を維持。GGPと違うのは、予選、決勝ともケンブリッジが先着したことだった。

 予選はケンブリッジが10秒05(+0.9)、桐生は10秒07。ケンブリッジは3年前に出した10秒08の自己記録を更新した。それをさらに縮めたのが、約2時間後の決勝。日本歴代7位タイの10秒03(+1. 0)で突っ走ったケンブリッジが、10秒06の桐生を突き放した。

 昨年のドーハ世界選手権代表の住友電工コンビ・小池祐貴と多田修平もGGPに続いて出場し、小池が10秒19で3位、多田は10秒21で4位。多田は予選のほうが良くて、10秒18(+1.5)。2人とも今季初めて10秒1台に乗せてきた。

 今季は桐生とケンブリッジがややリードしている感がある。昨年の日本選手権は桐生が2位で、ケンブリッジは8位。

 昨年の日本選手権後、桐生を指導する土江寛裕コーチは「サニブラウンはギアが6速まであるのに、桐生は5速。今後はどう6速を作るか」と話していたが、まさしくそこが桐生の追求すべきところになるのだろう。

 今はいつ、どんなレースでも10秒0台で走れる力がついている。総合的な体力アップで、終盤に身体が反ることもなくなった。桐生が9秒98の自己記録を更新して、さらにその上を目指すためには「トップギアが足りない」(土江コーチ)というのが現状で、きれいに走るだけでなく、中盤でもっと暴れることができれば、アベレージをさらに引き上げられる。

 ストレングスコーチについて身体作りをしてきたケンブリッジは「自分がコントロールできる筋力をつけるようにして、思い通り使えるようになった」と話し、スタート時の「低い姿勢からの加速も苦手ではなくなってきた」。自分では「(10秒08を出した)2017年よりも、今のほうが9秒台に近いところにいる気がする」。ついに10秒03まで来た。

 桐生が優勝すれば、東洋大1年だった2014年以来、6年ぶりのこと。それを阻止してケンブリッジが勝てば、4年ぶりになる。

 この2人に割って入るとすれば、小池だろう。初出場した2年前の日本選手権100mが4位、昨年はサニブラウン、桐生に次いで3位。GGPも福井も納得のいくレースではなく、福井では「まだスパイクを履いた走りに身体が慣れていなくて、思いっきり加速できない」と、予選も決勝もスタートで出遅れた。スピードの出力は「まだ6~7割」だそうだ。

 続く翌週の富士北麓では、100mと200mに1本ずつ出場。100mは10秒33(+0.8 /3着)で、「感覚は悪くない。少しずつスパイクの使い方、力の出し方が戻ってきた」と話していた。

 ここまで日本代表経験者を挙げてきたが、もう1人忘れてはいけないのが200mをメインにする飯塚翔太(ミズノ)だ。昨年の日本選手権は、100mで4位に入っている男子短距離界のリーダー。今年は8月初めの静岡県選手権で、10秒13(+2. 0)の自己サード記録をマークしている。2種目で日本選手権に合わせてくるだろう。

 そのほか、決勝進出を狙う存在は、竹田一平(スズキAC)、岩崎浩太郎(ユティック)あたりか。福井で32歳にして初めて10秒2台をマークした草野誓也(Accel)、学生陣では水久保漱至(城西大)や宮本大輔(東洋大)とデーデー・ブルーノ(東海大)の3年生コンビなど、幅広い世代の中で準決勝は激戦となりそうだ。また、GGPで10秒27をマークした栁田大輝(東農大二2群馬)の走りにも注目したい。

日本選手権
男子100mスケジュール
10月1日 予選 15:30~、準決勝 19:30~
10月2日 決勝 20:30~

■100m今季8傑
10.03 1.0 ケンブリッジ飛鳥(Nike) 8.29
10.04 1.4 桐生 祥秀(日本生命) 8. 1
10.13 2.0 飯塚 翔太(ミズノ) 8. 2
10.14 1.8 水久保漱至(城西大4) 9.12
10.18 1.5 多田 修平(住友電工) 8.29
10.19 1.0 小池 祐貴(住友電工) 8.29
10.20 1.8 デーデー・ブルーノ(東海大) 9.12
10.21 0.9 東田 旺洋(茨城陸協) 8.29

※「月刊陸上競技」10月号掲載をベースに加筆、修正したものです。

 10月1日から3日に新潟・デンカビッグスワンスタジアムで開催される日本選手権。メインイベントとなるのが男子100mだ。昨年100m、200mの2種目を2年ぶりに制したサニブラウン・アブデル・ハキームはエントリーせず、山縣亮太(セイコー)は欠場が発表されたものの、桐生祥秀(日本生命)とケンブリッジ飛鳥(Nike)を軸に、今年もハイレベルな争いとなりそうだ。  今年初めての大きな大会となった8月23日のセイコーゴールデングランプリ東京(以下、GGP/国立競技場)。100mは、およそ1時間半のリカバリーで行われた予選と決勝で、桐生とケンブリッジが2本とも同じようなレースを見せた。10秒14(-0. 2)で優勝した桐生、10秒16で2位のケンブリッジ。予選でも顔を合わせ、桐生が10秒09(+0.7)、ケンブリッジが10秒11と、やはり100分の2秒差でフィニッシュしている。  ライバル対決・第2ラウンドは、8月29日に福井で行われたAthlete Night Games in FUKUI。ここでもケンブリッジと桐生が好調を維持。GGPと違うのは、予選、決勝ともケンブリッジが先着したことだった。  予選はケンブリッジが10秒05(+0.9)、桐生は10秒07。ケンブリッジは3年前に出した10秒08の自己記録を更新した。それをさらに縮めたのが、約2時間後の決勝。日本歴代7位タイの10秒03(+1. 0)で突っ走ったケンブリッジが、10秒06の桐生を突き放した。  昨年のドーハ世界選手権代表の住友電工コンビ・小池祐貴と多田修平もGGPに続いて出場し、小池が10秒19で3位、多田は10秒21で4位。多田は予選のほうが良くて、10秒18(+1.5)。2人とも今季初めて10秒1台に乗せてきた。  今季は桐生とケンブリッジがややリードしている感がある。昨年の日本選手権は桐生が2位で、ケンブリッジは8位。  昨年の日本選手権後、桐生を指導する土江寛裕コーチは「サニブラウンはギアが6速まであるのに、桐生は5速。今後はどう6速を作るか」と話していたが、まさしくそこが桐生の追求すべきところになるのだろう。  今はいつ、どんなレースでも10秒0台で走れる力がついている。総合的な体力アップで、終盤に身体が反ることもなくなった。桐生が9秒98の自己記録を更新して、さらにその上を目指すためには「トップギアが足りない」(土江コーチ)というのが現状で、きれいに走るだけでなく、中盤でもっと暴れることができれば、アベレージをさらに引き上げられる。  ストレングスコーチについて身体作りをしてきたケンブリッジは「自分がコントロールできる筋力をつけるようにして、思い通り使えるようになった」と話し、スタート時の「低い姿勢からの加速も苦手ではなくなってきた」。自分では「(10秒08を出した)2017年よりも、今のほうが9秒台に近いところにいる気がする」。ついに10秒03まで来た。  桐生が優勝すれば、東洋大1年だった2014年以来、6年ぶりのこと。それを阻止してケンブリッジが勝てば、4年ぶりになる。  この2人に割って入るとすれば、小池だろう。初出場した2年前の日本選手権100mが4位、昨年はサニブラウン、桐生に次いで3位。GGPも福井も納得のいくレースではなく、福井では「まだスパイクを履いた走りに身体が慣れていなくて、思いっきり加速できない」と、予選も決勝もスタートで出遅れた。スピードの出力は「まだ6~7割」だそうだ。  続く翌週の富士北麓では、100mと200mに1本ずつ出場。100mは10秒33(+0.8 /3着)で、「感覚は悪くない。少しずつスパイクの使い方、力の出し方が戻ってきた」と話していた。  ここまで日本代表経験者を挙げてきたが、もう1人忘れてはいけないのが200mをメインにする飯塚翔太(ミズノ)だ。昨年の日本選手権は、100mで4位に入っている男子短距離界のリーダー。今年は8月初めの静岡県選手権で、10秒13(+2. 0)の自己サード記録をマークしている。2種目で日本選手権に合わせてくるだろう。  そのほか、決勝進出を狙う存在は、竹田一平(スズキAC)、岩崎浩太郎(ユティック)あたりか。福井で32歳にして初めて10秒2台をマークした草野誓也(Accel)、学生陣では水久保漱至(城西大)や宮本大輔(東洋大)とデーデー・ブルーノ(東海大)の3年生コンビなど、幅広い世代の中で準決勝は激戦となりそうだ。また、GGPで10秒27をマークした栁田大輝(東農大二2群馬)の走りにも注目したい。 日本選手権 男子100mスケジュール 10月1日 予選 15:30~、準決勝 19:30~ 10月2日 決勝 20:30~ ■100m今季8傑 10.03 1.0 ケンブリッジ飛鳥(Nike) 8.29 10.04 1.4 桐生 祥秀(日本生命) 8. 1 10.13 2.0 飯塚 翔太(ミズノ) 8. 2 10.14 1.8 水久保漱至(城西大4) 9.12 10.18 1.5 多田 修平(住友電工) 8.29 10.19 1.0 小池 祐貴(住友電工) 8.29 10.20 1.8 デーデー・ブルーノ(東海大) 9.12 10.21 0.9 東田 旺洋(茨城陸協) 8.29 ※「月刊陸上競技」10月号掲載をベースに加筆、修正したものです。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top