HOME 国内

2023.10.02

400mHで好記録 ハードル二刀流の豊田兼がパリ五輪標準突破 瀧野未来が高校女子初の56秒台/新潟ACC
400mHで好記録 ハードル二刀流の豊田兼がパリ五輪標準突破 瀧野未来が高校女子初の56秒台/新潟ACC

男子400mHのパリ五輪参加標準記録を突破した豊田兼(慶大、中央)

◇アスレチックスチャレンジカップ(9月30日~10月1日/新潟市・デンカビッグスワンスタジアム)

大会2日目は男女の400mハードルで好記録が誕生した。男子は2組に出場した豊田兼(慶大)が日本歴代6位、学生歴代4位の48秒47をマークして優勝。パリ五輪参加標準記録(48秒70)も突破した。同種目の五輪標準突破者は8月の世界選手権で48秒58をマークした黒川和樹(法大)に続いて2人目となる。

8月の成都ワールドユニバーシティゲームズでは、110mハードルで金メダルを獲得した大学3年生。自己ベストは日本歴代6位の13秒29(22年)。一方でロングスプリントも強く、400mでは45秒92(22年)の自己ベストを持ち、400mハードルでは9月の日本インカレで小川大輝(東洋大)と48秒91で同着優勝している。この時の自己ベストを0.44秒更新。「目標の48秒6台」を上回り、「驚きました。タイムには満足しています」と喜んでいた。

3組では、筒江海斗(スポーツテクノ和広)が初の48秒台となる48秒77をマークして総合2位。福岡大出身の社会人3年目で、これまでのベストは5月のセイコーゴールデングランプリで出した49秒35だった。「前週の全日本実業団は予選落ちだったけど、切り替えることができました。しっかり走れました」。大幅に自己記録を短縮し、パリ五輪参加標準記録に0.07秒と迫った。

女子400mハードルでは夏のインターハイを2連覇した瀧野未来(京都橘高3)が高校女子初の56秒台となる56秒90をマーク。2015年に石塚晴子(東大阪大敬愛高3)がマークした高校記録(57秒09)を8年ぶりに塗り替えた。これまでの自己ベストは57秒45で、一気に0.55秒短縮。高校新はシーズン当初からの目標だったが、ラストチャンスでついに達成した。

男子100mは、東京五輪代表の多田修平(住友電工)が10秒24(+0.1)で優勝した。2位には前週の全日本実業団を制した東田旺洋(関彰商事)が10秒32で入り、3位は10秒33で樋口陸人(スズキ)。日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)は10秒34で4位だった。

男子200mは飯塚翔太(ミズノ)が20秒42(±0)、男子400mは中島佑気ジョセフ(東洋大)がセカンドベストタイの45秒12と、ブダペスト世界選手権セミファイナリストがそろって制した。

女子やり投では佐藤友佳(ニコニコのり)が60m37を放ってV。女子1500mはM.チェロップ(新日本住設)が4分07秒62で1位。木村友香(積水化学)が4分11秒29で日本人トップの2位だった。

男子走高跳は瀬古優斗(滋賀陸協)が2m24で優勝。昨年6月の日本選手権でアキレス腱断裂から1年4ヵ月ぶりに実戦復帰した戸邉直人(JAL)は2m15で5位だった。

走幅跳は男子が鳥海勇斗(日大)が7m97(+1.1)で、女子は髙良彩花(JAL)が6m34(+1.1)でそれぞれ1位、女子円盤投はL.ジェイド(英国)が58m53で制し、2位には郡菜々佳(新潟アルビレックスRC)が55m20で入った。

◇アスレチックスチャレンジカップ(9月30日~10月1日/新潟市・デンカビッグスワンスタジアム) 大会2日目は男女の400mハードルで好記録が誕生した。男子は2組に出場した豊田兼(慶大)が日本歴代6位、学生歴代4位の48秒47をマークして優勝。パリ五輪参加標準記録(48秒70)も突破した。同種目の五輪標準突破者は8月の世界選手権で48秒58をマークした黒川和樹(法大)に続いて2人目となる。 8月の成都ワールドユニバーシティゲームズでは、110mハードルで金メダルを獲得した大学3年生。自己ベストは日本歴代6位の13秒29(22年)。一方でロングスプリントも強く、400mでは45秒92(22年)の自己ベストを持ち、400mハードルでは9月の日本インカレで小川大輝(東洋大)と48秒91で同着優勝している。この時の自己ベストを0.44秒更新。「目標の48秒6台」を上回り、「驚きました。タイムには満足しています」と喜んでいた。 3組では、筒江海斗(スポーツテクノ和広)が初の48秒台となる48秒77をマークして総合2位。福岡大出身の社会人3年目で、これまでのベストは5月のセイコーゴールデングランプリで出した49秒35だった。「前週の全日本実業団は予選落ちだったけど、切り替えることができました。しっかり走れました」。大幅に自己記録を短縮し、パリ五輪参加標準記録に0.07秒と迫った。 女子400mハードルでは夏のインターハイを2連覇した瀧野未来(京都橘高3)が高校女子初の56秒台となる56秒90をマーク。2015年に石塚晴子(東大阪大敬愛高3)がマークした高校記録(57秒09)を8年ぶりに塗り替えた。これまでの自己ベストは57秒45で、一気に0.55秒短縮。高校新はシーズン当初からの目標だったが、ラストチャンスでついに達成した。 男子100mは、東京五輪代表の多田修平(住友電工)が10秒24(+0.1)で優勝した。2位には前週の全日本実業団を制した東田旺洋(関彰商事)が10秒32で入り、3位は10秒33で樋口陸人(スズキ)。日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)は10秒34で4位だった。 男子200mは飯塚翔太(ミズノ)が20秒42(±0)、男子400mは中島佑気ジョセフ(東洋大)がセカンドベストタイの45秒12と、ブダペスト世界選手権セミファイナリストがそろって制した。 女子やり投では佐藤友佳(ニコニコのり)が60m37を放ってV。女子1500mはM.チェロップ(新日本住設)が4分07秒62で1位。木村友香(積水化学)が4分11秒29で日本人トップの2位だった。 男子走高跳は瀬古優斗(滋賀陸協)が2m24で優勝。昨年6月の日本選手権でアキレス腱断裂から1年4ヵ月ぶりに実戦復帰した戸邉直人(JAL)は2m15で5位だった。 走幅跳は男子が鳥海勇斗(日大)が7m97(+1.1)で、女子は髙良彩花(JAL)が6m34(+1.1)でそれぞれ1位、女子円盤投はL.ジェイド(英国)が58m53で制し、2位には郡菜々佳(新潟アルビレックスRC)が55m20で入った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top