HOME 国内、日本代表

2023.10.02

100mH銅メダルの田中佑美 中国代表の不正スタート疑惑のゴタゴタに「どうなっても走るのかな?と思っていた」アジア大会での「ウキウキ感大事に」/アジア大会
100mH銅メダルの田中佑美 中国代表の不正スタート疑惑のゴタゴタに「どうなっても走るのかな?と思っていた」アジア大会での「ウキウキ感大事に」/アジア大会

23年アジア大会で記者会見に応じる女子100mHの田中佑美

◇第19回アジア大会(9月29日~10月5日/中国・杭州)

中国・杭州で開催されている第19回アジア大会の陸上競技の3日目午後セッションに行われた女子100mハードルで、田中佑美(富士通)が13秒04(±0)で銅メダルを獲得した。

呉艶妮(中国)が不正スタートにより一度は失格。隣にいたインドのヤーラジにもレッドカードが出された。しかし、猛抗議の末に2人とも不正スタートが取り消されてスタートすることに。

呉艶妮は2着、ヤーラジが3着でフィニッシュ。田中は4着で入選したが、呉艶妮はレース後に失格が確定し、田中の銅メダルが決まった。

当初は、「えっと…えっと…という感じ」と困惑した様子だった田中。その後、表彰式を終えて再び取材に応じた。以下は田中のコメントをまとめたもの。

「メダルは物理的には重いです。3位になったらなったで、どうせなら優勝したかったと欲が出てくるのが人間だなと思いました」

「世界選手権は1本(予選を)走ってそのままショックを受けて帰ってくるだけでしたが、今回はちゃんとファイナルまで残れて、全選手と『お疲れさま』『パリで会おうね』と言い合えた。スポーツで心をつなぐというのも感じましたし、総じて良い大会でした」

「メダルはもちろんうれしいですけど、大きなものはありません。他の方と同じでパリ五輪に向けての一歩だと思っています」

「私も一度フライングしてからとりあえず走らせてもらった経験があります(※)。ゴタゴタしていたので、どうなっても走るのかな?と思っていて、後からキャンセル(失格)があるのかなくらいの気持ちでした」

※2016年のアジア・ジュニア選手権(ベトナム)の決勝で、田中は不正スタートにより失格を言い渡されたあと、抗議が通って一度走ったものの、最終的に失格となった経験がある

「失格になるかもしれないけど、一番だったら関係ないので、頑張るぞって思っていました」

「全日本実業団くらいから注目していただくことも増えて守りに入っている気持ちもあった。試合前のウキウキが減ってきていたのですが、アジア大会の決勝はフライング前は本当にウキウキしていたので、その気持ちを絶対に忘れないようにしたい。そういう自分を大事にしたいと思います」

◇第19回アジア大会(9月29日~10月5日/中国・杭州) 中国・杭州で開催されている第19回アジア大会の陸上競技の3日目午後セッションに行われた女子100mハードルで、田中佑美(富士通)が13秒04(±0)で銅メダルを獲得した。 呉艶妮(中国)が不正スタートにより一度は失格。隣にいたインドのヤーラジにもレッドカードが出された。しかし、猛抗議の末に2人とも不正スタートが取り消されてスタートすることに。 呉艶妮は2着、ヤーラジが3着でフィニッシュ。田中は4着で入選したが、呉艶妮はレース後に失格が確定し、田中の銅メダルが決まった。 当初は、「えっと…えっと…という感じ」と困惑した様子だった田中。その後、表彰式を終えて再び取材に応じた。以下は田中のコメントをまとめたもの。 「メダルは物理的には重いです。3位になったらなったで、どうせなら優勝したかったと欲が出てくるのが人間だなと思いました」 「世界選手権は1本(予選を)走ってそのままショックを受けて帰ってくるだけでしたが、今回はちゃんとファイナルまで残れて、全選手と『お疲れさま』『パリで会おうね』と言い合えた。スポーツで心をつなぐというのも感じましたし、総じて良い大会でした」 「メダルはもちろんうれしいですけど、大きなものはありません。他の方と同じでパリ五輪に向けての一歩だと思っています」 「私も一度フライングしてからとりあえず走らせてもらった経験があります(※)。ゴタゴタしていたので、どうなっても走るのかな?と思っていて、後からキャンセル(失格)があるのかなくらいの気持ちでした」 ※2016年のアジア・ジュニア選手権(ベトナム)の決勝で、田中は不正スタートにより失格を言い渡されたあと、抗議が通って一度走ったものの、最終的に失格となった経験がある 「失格になるかもしれないけど、一番だったら関係ないので、頑張るぞって思っていました」 「全日本実業団くらいから注目していただくことも増えて守りに入っている気持ちもあった。試合前のウキウキが減ってきていたのですが、アジア大会の決勝はフライング前は本当にウキウキしていたので、その気持ちを絶対に忘れないようにしたい。そういう自分を大事にしたいと思います」

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top