HOME 国内、世界陸上、日本代表
いざ決戦! 20km競歩で山西利和、池田向希がV争い 女子1万mに廣中&五島 三浦、田中、男子100m勢は予選に挑む /世界陸上Day1みどころ
いざ決戦! 20km競歩で山西利和、池田向希がV争い 女子1万mに廣中&五島 三浦、田中、男子100m勢は予選に挑む /世界陸上Day1みどころ

ブダペスト世界選手権の初日に登場する三浦龍司、池田向希、山西利和、田中希実

陸上競技の世界ナンバーワンを決める世界陸上競技選手権(以下、世界選手権)が8月19日から8月27日までの9日間、ハンガリー・ブダペストの国立競技場で行われる。

世界選手権は通常隔年開催だが、コロナ禍で21年に開催予定だったオレゴン大会が22年に延期となった影響から、史上初めて2年連続での開催となる。

広告の下にコンテンツが続きます

ブダペストは「ドナウの真珠」とも称される都市で、ハンガリーは今大会のためにドナウ川のほとりに新たな競技場を新設。美しき青きスタジアムで世界トップのアスリートたちによる熱戦が繰り広げられそうだ。

日本とハンガリーとの時差は7時間。現地の午前セッションは日本時間の昼過ぎから20時頃まで、午後セッションは深夜から未明にかけて実施される。

大会のオープニングを飾るのは15時50分(以下、日本時間)スタートの男子20km競歩。日本は最初の種目から金メダルの予感が漂う。

世界選手権2連覇中の山西利和(愛知製鋼)と前回銀の池田向希(旭化成)がいきなり登場。今回も2人による激しいメダル争いが期待できそうだ。

広告の下にコンテンツが続きます

今季の山西はスロー調整で、5月の国際競技会でも3位に敗れるなど、本来の歩きにはほど遠かった。しかし、王者はそれも織り込み済みで、本番に向けてはしっかりと調子を上げてくるだろう。優勝すれば史上2人目の3連覇の偉業となる。

21年の東京五輪でも銀メダルの池田は悲願の世界一へ強い決意で挑む。また、5回目の出場の髙橋英輝(富士通)、初出場の古賀友太(大塚製薬)も入賞の可能性を十分に秘める。

海外勢では東京、オレゴンで金メダルを獲得しているマッシモ・スタノ(イタリア)、2度の銅メダルの実績を持つペルセウス・カールストレーム(スウェーデン)、今季リストトップの張俊(中国)などが、日本勢をマークしてくるだろう。

トラック最初の決勝種目となる女子10000mには前回と同じく廣中璃梨佳(日本郵政グループ)と五島莉乃(資生堂)が出場。廣中はアキレス腱痛から徐々に調子を上げており、上位勢に食らいつきたい。レースは20日の3時55分から行われる。

広告の下にコンテンツが続きます

このほか、日本勢がトラック種目、跳躍種目の予選に登場する。

男子3000m障害には三浦龍司(順大)と青木涼真(Honda)、砂田晟弥(プレス工業)がフルエントリーした。

注目の三浦は3組で世界記録保持者のラメチャ・ギルマ(エチオピア)と同組。今大会から中長距離種目の次ラウンド進出条件が着順のみとなり、3000m障害は上位5位までが決勝に進む。どのようなペースでもフィニッシュまで気を抜けない予選となるだろう。

20日の2時43分からは注目の男子100m予選も始まる。日本からはサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)の3人が挑む。

広告の下にコンテンツが続きます

オレゴンでの予選通過ラインは10秒15前後。風次第ではあるが、近年のレベルアッップから10秒0台は求められそうだ。なお、24年パリ五輪の標準記録は10秒00となっている。

女子1500m予選には田中希実(New Balance)と後藤夢(ユニクロ)がエントリー。1組に入った田中は決勝進出に向けて、余裕を持って通過したいところだ。

フィールドでは女子走幅跳の秦澄美鈴(シバタ工業)が予選に登場。7月のアジア選手権では6m97の日本記録で優勝し、7mの大台にも迫った。海外遠征で経験も重ねており、予選落ちに終わった前回とは違った心境で臨む。

男子三段跳の池畠旭佳瑠(駿河台大AC)は、自己記録(16m75)を上回るジャンプに期待したい。

広告の下にコンテンツが続きます

このほか、男子砲丸投と男女混合4×400mリレーの決勝も行われる。特に男子砲丸投では5月に23m56の世界新を樹立した絶対王者・ライアン・クルーザー(米国)にさらなる記録更新となるかに注目が集まる。

陸上競技の世界ナンバーワンを決める世界陸上競技選手権(以下、世界選手権)が8月19日から8月27日までの9日間、ハンガリー・ブダペストの国立競技場で行われる。 世界選手権は通常隔年開催だが、コロナ禍で21年に開催予定だったオレゴン大会が22年に延期となった影響から、史上初めて2年連続での開催となる。 ブダペストは「ドナウの真珠」とも称される都市で、ハンガリーは今大会のためにドナウ川のほとりに新たな競技場を新設。美しき青きスタジアムで世界トップのアスリートたちによる熱戦が繰り広げられそうだ。 日本とハンガリーとの時差は7時間。現地の午前セッションは日本時間の昼過ぎから20時頃まで、午後セッションは深夜から未明にかけて実施される。 大会のオープニングを飾るのは15時50分(以下、日本時間)スタートの男子20km競歩。日本は最初の種目から金メダルの予感が漂う。 世界選手権2連覇中の山西利和(愛知製鋼)と前回銀の池田向希(旭化成)がいきなり登場。今回も2人による激しいメダル争いが期待できそうだ。 今季の山西はスロー調整で、5月の国際競技会でも3位に敗れるなど、本来の歩きにはほど遠かった。しかし、王者はそれも織り込み済みで、本番に向けてはしっかりと調子を上げてくるだろう。優勝すれば史上2人目の3連覇の偉業となる。 21年の東京五輪でも銀メダルの池田は悲願の世界一へ強い決意で挑む。また、5回目の出場の髙橋英輝(富士通)、初出場の古賀友太(大塚製薬)も入賞の可能性を十分に秘める。 海外勢では東京、オレゴンで金メダルを獲得しているマッシモ・スタノ(イタリア)、2度の銅メダルの実績を持つペルセウス・カールストレーム(スウェーデン)、今季リストトップの張俊(中国)などが、日本勢をマークしてくるだろう。 トラック最初の決勝種目となる女子10000mには前回と同じく廣中璃梨佳(日本郵政グループ)と五島莉乃(資生堂)が出場。廣中はアキレス腱痛から徐々に調子を上げており、上位勢に食らいつきたい。レースは20日の3時55分から行われる。 このほか、日本勢がトラック種目、跳躍種目の予選に登場する。 男子3000m障害には三浦龍司(順大)と青木涼真(Honda)、砂田晟弥(プレス工業)がフルエントリーした。 注目の三浦は3組で世界記録保持者のラメチャ・ギルマ(エチオピア)と同組。今大会から中長距離種目の次ラウンド進出条件が着順のみとなり、3000m障害は上位5位までが決勝に進む。どのようなペースでもフィニッシュまで気を抜けない予選となるだろう。 20日の2時43分からは注目の男子100m予選も始まる。日本からはサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)の3人が挑む。 オレゴンでの予選通過ラインは10秒15前後。風次第ではあるが、近年のレベルアッップから10秒0台は求められそうだ。なお、24年パリ五輪の標準記録は10秒00となっている。 女子1500m予選には田中希実(New Balance)と後藤夢(ユニクロ)がエントリー。1組に入った田中は決勝進出に向けて、余裕を持って通過したいところだ。 フィールドでは女子走幅跳の秦澄美鈴(シバタ工業)が予選に登場。7月のアジア選手権では6m97の日本記録で優勝し、7mの大台にも迫った。海外遠征で経験も重ねており、予選落ちに終わった前回とは違った心境で臨む。 男子三段跳の池畠旭佳瑠(駿河台大AC)は、自己記録(16m75)を上回るジャンプに期待したい。 このほか、男子砲丸投と男女混合4×400mリレーの決勝も行われる。特に男子砲丸投では5月に23m56の世界新を樹立した絶対王者・ライアン・クルーザー(米国)にさらなる記録更新となるかに注目が集まる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top