HOME 国内

2023.06.13

女子100mHに福部真子と青木益未がエントリー! 男子走幅跳は吉田弘道、城山正太郎らが登録/福井ナイトゲームズ
女子100mHに福部真子と青木益未がエントリー! 男子走幅跳は吉田弘道、城山正太郎らが登録/福井ナイトゲームズ

Athlete Night Gamesにエントリーした女子100mHの福部真子と青木益未。前回大会では同タイムでフィニッシュした

13日、日本グランプリシリーズG2・Athlete Night Games in FUKUI2023(7月28日~29日)のエントリー選手の一部が主催者より発表された。

女子100mハードルには12秒73の日本記録保持者でブダペスト世界選手権の参加標準記録を突破している福部真子(日本建設工業)が登録。日本選手権2位の青木益未(七十七銀行)もエントリーされている。

広告の下にコンテンツが続きます

男女走幅跳にも有力選手が名を連ねた。男子には5月のセイコーゴールデングランプリで8m26をマークして優勝を飾った吉田弘道(神崎郡陸協)や、日本選手権優勝者でアジア選手権の代表にも選出されている城山正太郎(ゼンリン)、昨年の世界選手権代表の山川夏輝(佐賀県スポ協)がエントリー。女子は6m75の自己記録を持つ秦澄美鈴(シバタ工業)が招待されている。

男子100mでは10秒10のベストを持つ和田遼(ミキハウス)を筆頭に、デーデー・ブルーノ(セイコー)、東田旺洋(関彰商事)など実力者が勢揃い。女子やり投には日本選手権を制した斉藤真理菜(スズキ)と上田百寧(ゼンリン)が招待選手として登録されたほか、男子やり投の新井涼平(スズキ)、同110mハードルの村竹ラシッド(順大)などがエントリーリストに入っている。

Athlete Night Games in FUKUIは、福井陸協を中心に「海外のような競技会を開きたい」と2019年に創設。フィールド内に観客席を設け、クラウドファンディングを活用した新しい形の競技会として定着している。

前回は男子110mハードルの高山峻野(ゼンリン)が13秒36の好記録で優勝を飾ったほか、女子100mハードルでは青木と福部が12秒92の同タイムでフィニッシュするなど名勝負も生まれた。

広告の下にコンテンツが続きます

エントリーは6月30日まで。今夏に行われるブダペスト世界選手権の参加標準記録の有効期限が7月30日となっていることから、今後さらに有力選手の出場が見込まれる予定となっている。

13日、日本グランプリシリーズG2・Athlete Night Games in FUKUI2023(7月28日~29日)のエントリー選手の一部が主催者より発表された。 女子100mハードルには12秒73の日本記録保持者でブダペスト世界選手権の参加標準記録を突破している福部真子(日本建設工業)が登録。日本選手権2位の青木益未(七十七銀行)もエントリーされている。 男女走幅跳にも有力選手が名を連ねた。男子には5月のセイコーゴールデングランプリで8m26をマークして優勝を飾った吉田弘道(神崎郡陸協)や、日本選手権優勝者でアジア選手権の代表にも選出されている城山正太郎(ゼンリン)、昨年の世界選手権代表の山川夏輝(佐賀県スポ協)がエントリー。女子は6m75の自己記録を持つ秦澄美鈴(シバタ工業)が招待されている。 男子100mでは10秒10のベストを持つ和田遼(ミキハウス)を筆頭に、デーデー・ブルーノ(セイコー)、東田旺洋(関彰商事)など実力者が勢揃い。女子やり投には日本選手権を制した斉藤真理菜(スズキ)と上田百寧(ゼンリン)が招待選手として登録されたほか、男子やり投の新井涼平(スズキ)、同110mハードルの村竹ラシッド(順大)などがエントリーリストに入っている。 Athlete Night Games in FUKUIは、福井陸協を中心に「海外のような競技会を開きたい」と2019年に創設。フィールド内に観客席を設け、クラウドファンディングを活用した新しい形の競技会として定着している。 前回は男子110mハードルの高山峻野(ゼンリン)が13秒36の好記録で優勝を飾ったほか、女子100mハードルでは青木と福部が12秒92の同タイムでフィニッシュするなど名勝負も生まれた。 エントリーは6月30日まで。今夏に行われるブダペスト世界選手権の参加標準記録の有効期限が7月30日となっていることから、今後さらに有力選手の出場が見込まれる予定となっている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top