月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

【Headline】今日の陸上ニュース

陸上関連のニュース記事のLINKを毎日更新!
●5月21日
陸上 浜松市立・沢田結弥、女子1500メートル静岡県記録で初優勝!「狙ってました」(スポーツ報知)
スーパー高校生から学生最強ランナーへ 箱根駅伝の名門で進化模索(毎日新聞)
ウクライナ選手51人が死亡 ロシア侵攻で、ブブカ氏明かす(時事通信)
柳田大輝 100メートル自己ベストV 今季日本人3位10秒19も苦笑い(デイリースポーツ)
柳田大輝 自己ベスト10秒19で初優勝 7月世界選手権の参加標準記録には届かず(スポニチ)

●5月20日
ロシアの侵攻でウクライナのアスリート51人死亡 IOC総会で報告(毎日新聞)
三浦龍司 専門外5000Mで全体トップで決勝進出「引っ張ることができた」 関東インカレ(デイリースポーツ)
東京五輪3000M障害7位入賞の三浦龍司が5000M予選で圧巻のトップ通過(スポーツ報知)
三浦龍司、5000メートル13分51秒90で予選通過「しっかり引っ張れた(スポニチ)
競歩、鈴木が世界陸上辞退 19年世界選手権50キロ覇者(共同通信)
柳田大輝、自己ベスト10秒19でV 関東学生対校選手権/陸上(サンスポ)
競歩日本代表の鈴木雄介、7月の世界選手権辞退「コンディション不良」現役続行には意欲(日刊スポーツ)
陸上・柳田大輝が今季日本人3位の100M10秒19でV 自己ベストも「物足りない」(デイリースポーツ)
陸上関東学生対抗選手権 男子100mは柳田大輝が10秒19で制す、自己ベストを更新(日刊スポーツ)
柳田大輝、自己新10秒19で関東インカレ初V「0台出したかった」100メートル今季日本人3位(スポニチ)
競歩・鈴木雄介が世界選手権の出場辞退「コンディション不良のため」 追加選手はなし(スポニチ)
【陸上】都大路の衝撃から1年半 ムッソーニはさらに速くなっています(中国新聞)
東海大の飯沢千翔が関東学生1部1500Mを圧勝「6月に3分33秒を狙います」(スポーツ報知)
青学大の山内健登、宇田川瞬矢が1、2フィニッシュ 関東学生2部1500M(スポーツ報知)
箱根駅伝に「ヘリテージプラーク」、世界陸連が授与…陸上競技の歴史に貢献(読売新聞)
「陸上の世界遺産」に認定された箱根駅伝 関東学生対校第2日に受賞式開催(スポーツ報知)
陸上・柳田大輝、100M10秒29で決勝進出 世界切符獲得へ好調な走り(デイリースポーツ)
男子100M 柳田大輝が10秒29で同日午後の決勝へ…関東インカレ(スポーツ報知)
【HAKONE LIFE】関東学生陸上競技連盟幹事長・高橋花奈さん「有観客の良さ後輩につなぐ」(スポーツ報知)
柳田大輝、準決勝も10秒29 関東インカレ100メートル(スポニチ)
カナダ銀、中国が銅に繰り上げ 東京五輪の陸上400リレー―IOC(時事通信)
東洋大1年・柳田が10秒29マーク 男子100メートル予選で全体トップ(スポニチ)

●5月19日
カナダ銀、中国が銅へ 東京五輪陸上男子リレー(共同通信)
高良彩花が史上2人目の4連覇…陸上・関東学生女子走り幅跳びで(スポーツ報知)
高良、女子走り幅跳びで4連覇 関東学生陸上第1日(共同通信)
男子1部1万Mは順大4年の伊予田達弥が初優勝「1ミリでも箱根の優勝に近づけたかな」…陸上・関東学生(スポーツ報知)
世界陸上、国立競技場で招致 25年大会で日本陸連要望(共同通信)
関東学生2部1万Mは青学大の岸本大紀が2位惜敗の日本人トップ「エースとしての走りを続けたい」(スポーツ報知)
関東学生2部1500Mで青学大が3人決勝進出…原晋監督「スピードも強化しています」(スポーツ報知)
柳田大輝が10秒29で予選通過 決勝で「10秒05狙う」/陸上(サンスポ)
柳田大輝が100M予選突破 世陸参加標準も「出せる状況にある」…陸上・関東インカレ(スポーツ報知)
陸上・柳田大輝 100M10秒29で予選突破 目標の9秒台は「早いうちに出したい」(デイリースポーツ)
【陸上】箱根を沸かせた三上雄太、地元中国電力で成長中(中国新聞)
柳田大輝、10秒29で準決勝へ「10秒05を決勝で狙っていければ」関東インカレ100m(スポニチ)
高野山の高校に陸上部誕生 高地トレで全国駅伝目指す
陸上 立命館慶祥・水野琉之介が男子100メートル連覇、女子も恵庭北・鮫沢聖香が2年連続V(スポーツ報知)
東京五輪金のヤコブス、100m今季初戦で優勝も内容に不満(時事通信=AFP)
新生福岡国際マラソンにトップ選手が 世界陸連格付け「エリートレベル」(西日本スポーツ)

●5月18日
【駅伝】中国電力の佐藤敦之コーチ、強豪復活担う その指導スタイルは…(中国新聞)
夫婦でギネス記録 マラソンの鈴木健吾・一山麻緒 宇和島から表彰(毎日新聞)
箱根駅伝初V狙う国学院大のユニホームが王者・青学大と同じアディダスに変更(スポーツ報知)
東京国際大を学生駅伝の強豪に育てた名伯楽が語る「考えさせ、比べさせる」指導の流儀(読売新聞)
陸上 東海大札幌・後藤琉太朗、ケニア人留学生に競り勝ち1500メートル初優勝(スポーツ報知)
田中希実、枠にとらわれず挑戦 原点の「楽しさ」大切に(スポニチ)

●5月17日
東京オリンピック女子マラソン代表 約1年ぶりのトラックレース 天満屋・前田穂南(岡山放送)
田中希実、海外レース参戦へ 世界選手権を見据えて(時事通信)
陸上 サレジオ・田島愛理「自己ベストが目標」・・・静岡県高校総体20日開幕(スポーツ報知)
105歳の陸上選手、「体力の衰え」で引退…5年前にマスターズ日本記録(読売新聞)

●5月16日
青学大・原晋監督が箱根駅伝の名実況で知られた河村アナを悼む「1号車の河村さんに実況してもらうことが夢でした」(スポーツ報知)
「箱根駅伝名実況河村アナが…残念無念」青学大・原監督が急逝の日テレ河村アナを悼む(中日スポーツ)
青学大・原晋監督が日テレ河村亮アナを悼む「青学大駅伝部は河村アナに育てて頂きました」(東スポ)
箱根1号車実況11度の日テレ河村アナ死去 青学大・原晋監督悼む「河村アナに育てて頂きました」(デイリースポーツ)

●5月15日
箱根駅伝シードを逃した東海大のエース石原翔太郎が1年ぶりに実戦復帰(スポーツ報知)
園田世玲奈、自己記録を塗り替える大会新で女子1万メートル競歩3連覇【陸上・中部実業団対抗】(中日スポーツ)
染谷佳大200V 見据えるのは24年「パリだけを見てやっている」…東日本実業団(スポーツ報知)
山西利和「最大のターゲットは世界選手権での金メダル 中部実業団対抗1万m競歩で3連覇(スポニチ)
広中璃梨佳「世界陸上」でも超絶スパート披露できるか “トラックの女王” が称える読みの力(東スポ)
“トラックの女王”福士加代子氏 陸上女子1万m・萩谷楓、五島莉乃に見た「伸びしろ」(東スポ)

●5月14日
前田穂南、1万で2位 中国実業団陸上(時事通信)
田中希実 同僚に敗れ悔しさとふがいなさ「勝てれば何秒でもよかった」 「やる気が湧かない」(中日スポーツ)
ウォルシュ、男子400V 森本が女子三段跳び大会新―東日本実業団陸上(時事通信)
田中希実に“日本人1位”の壁「あまりかみ合っていない」1500メートル4分11秒27 中部実業団対抗(デイリースポーツ)
田中希実 4分11秒27で2位「何をするにしてもやる気が…」 中部実業団対抗1500メートルに出場(スポニチ)
競歩・岡田久美子が連覇 世陸へ「気持ちをぶらさず取り組みたい」…東日本実業団(スポーツ報知)
田中希実 中部実業団対抗は1500メートルに出場 その後は海外2大会に参戦(スポニチ)
ニューイヤー駅伝〝優勝旗紛失騒動〟が終結へ 新調決定的で気になるお値段は…(東スポ)

●5月13日
安藤友香が女子1万で優勝 関西実業団陸上(時事通信)
25年世界陸上、東京開催へ「実現の後押しを」日本陸連が都に応援要請(スポニチ)
25年世界陸上東京招致に向け都へ応援要請「多くの意義・価値を有している」日本陸連尾縣会長(日刊スポーツ)
陸連が25年世界陸上招致へ都に応援要請「多くの意義・価値を有している」(デイリースポーツ)

●5月12日
デフリンピック日本代表、出場継続求めるネット署名に川内優輝ら協力(スポニチ)
給水に消毒アルコールで棄権者、女子競歩を再実施…山梨県高校総体(読売新聞)
山梨の高校競歩、再レースへ 給水コップに消毒液混入(時事通信)
自己ベスト14人の大東文化大、真名子圭監督の下で急成長…箱根駅伝へ記録会で弾み(読売新聞)
給水に消毒アルコールで棄権者、女子競歩を再実施…山梨県高校総体(読売新聞)
消毒液給水の競歩、再レースへ 高校総体、女子5000m(共同通信)
給水コップに消毒液、飲んだ選手が棄権 高校総体の競歩やり直しへ(朝日新聞)
日本選手権出場見送った不破聖衣来 「逆算せずに足の回復最優先」監督が引用した山縣亮太の言葉(日刊スポーツ)
福島の陸上…愛した40年 川本和久氏死去、トップ選手多数輩出(福島民友新聞)
福島大教授・川本和久氏が死去 64歳、福島県の陸上指導で功績(福島民友新聞)

●5月11日
陸上の指導者、川本和久さん死去 日本代表を多数育成(共同通信)
福島大陸上部の川本和久監督が64歳で死去 池田久美子や丹野麻美ら多くの日本代表指導(スポーツ報知)
鈴木健吾&一山麻緒夫婦が「マラソン最速合計タイム」のギネス記録で公式認定証(スポーツ報知)
山下一貴 アジア大会の日本代表に初選出「金メダルを獲得できるように頑張りたい」(スポーツ報知)
札幌冬季五輪招致、市民調査で反対38.2%…年内にも候補地絞り込みで地元の支持拡大が急務(スポーツ報知)
福士加代子さん「前、行きな」 全日本実業団レース中に小林祐梨子さんにゲキ飛ばした理由(デイリースポーツ)
素顔の福士加代子さん 転んでも、かっこ悪くても、別にいいじゃん!(デイリースポーツ)

●5月10日
世界パラ陸上、24年5月開催が決定 コロナで2度延期、会場は神戸ユニバー(神戸新聞)
デフリンピック、日本は金11個 1大会最多(共同通信)
東京パラ金の道下美里がトラックでも自らのアジア記録更新狙う(西日本スポーツ)
福士加代子さん あの時いまこれから「衝撃のエチオピア合宿、彼らは体の動かし方を知っている」(デイリースポーツ)
【陸上】ケンブリッジ飛鳥、追突事故による頸椎捻挫で調整不足 日本選手権は“ぶっつけ本番”(日刊スポーツ)

●5月9日
東大出身のGMO近藤秀一が引退 19年箱根駅伝に出場 19年ドーハ世界陸上代表の山岸宏貴も引退(スポーツ報知)
男子マラソンの山岸が引退 陸上(時事通信)
【陸上】小池祐貴パリ五輪へ世界選手権後は海外で強化「フロリダ最有力。次点でロサンゼルス」(日刊スポーツ)
【陸上】多田修平、左大腿裏肉離れを報告「日本選手権、間に合うかどうか現段階では分かりませんが…」(スポニチ)
「びわ湖マラソン」開催へ 来年3月、市民参加型で(共同通信)
【陸上】東大時代に箱根出場、GMO近藤秀一が現役引退「目標を達成するのが難しいと判断」(スポニチ)
大阪陸協「夢プロ」第2期へ…パリ五輪へ小池や多田ら支援(産経新聞)
東京五輪3000M障害7位の順大・三浦龍司は関東インカレ5000Mに出場 駒大・田沢廉、拓大・不破聖衣来は登録なし(スポーツ報知)
多田修平「ちょっと頑張りすぎていた」左太もも裏の肉離れを報告 8日セイコーGGPは当日棄権(日刊スポーツ)
セイコーGGP棄権の多田修平、左太もも肉離れを明かす「ちょっと頑張り過ぎていたのかな」(スポーツ報知)
小池祐貴「支援に見合った成果を」OSAKA夢プログラム第2期が始動/陸上(サンスポ)
【陸上】大阪から世界的アスリート輩出へ 小池祐貴らが第2期指定選手に「結果で返せるように」(日刊スポーツ)
「OSAKA夢プログラム」第2期に小池祐貴、泉谷駿介ら(デイリースポーツ)
【陸上】OSAKA夢プロ第2期スタート パリ五輪へ小池祐貴、秦澄美鈴らをバックアップ(スポニチ)
【陸上】仙台国際ハーフマラソン “3代目山の神”神野大地は杜の都で手応え上々(日刊スポーツ)
服部勇馬、プラハ・マラソンで2時間18分6秒の9位 終盤に急失速(スポニチ)
部員1人に監督1人 空海の聖地から都大路への二人三脚 和歌山(毎日新聞)
コールマンがドーピング違反後初の100mで優勝 ゴールデンGP(AFP=時事通信)
【陸上】日本選手権で前代未聞の大失態 テレビカメラケーブルが選手の首にからまり負傷(日刊スポーツ)
このままでは不破聖衣来は駅伝に「殺される」…ケガ完治せず日本選手権1万m欠場(日刊ゲンダイ)
田中希実がつかみつつある飛躍のヒント セイコーGGP4位も「悔しい思いを知る方が向いてる」(東スポ)
小池祐貴、日本人トップ2位 世界陸上標準突破逃すも「ようやく手がかりがつかめた」(スポーツ報知)
やり投げ・北口 世界女王抑え優勝「全ての力を使い切った感じなく投げられた」(スポニチ)
希実 女子1500、攻めの走りで日本勢最高4位、最後かわされ「理想を求めすぎた」(スポニチ)
三浦 男子3000障害今季初レース快勝、冷静に「逃げ切れてまとめることできた」(スポニチ)
小池 10秒22で2位、世界陸上男子100参加標準突破ならずも「手がかりつかめた」(スポニチ)
不破聖衣来「世界陸上」絶望…まさに “ケガの功名” か 福士加代子氏が指摘する超一流へのステップ(東スポ)
三浦龍司が優勝「パリにつなげる」 男子3000メートル障害/陸上(サンスポ)
競歩の給水コップに誤って消毒液「再発防止策をしっかり実行していきたい」長崎幸太郎・山梨県知事(日刊スポーツ・共同)

●5月8日
昨年の箱根駅伝予選会でチーム最下位の大東大ワンジルが6年ぶりに自己ベスト 真名子圭監督のもと復活(スポーツ報知)
世陸王者のコールマン、貫禄の10秒09でV「成績で言えば『B+』くらい」…セイコーGGP男子100M(スポーツ報知)
セイコーGGP 3000メートル障害 三浦龍司が圧巻Vも危機感「今年一年は頭打ちになる」(東スポ)
村竹ラシッド、オレゴン世陸参加標準に肉薄「優勝はうれしいけど、あと少し及ばなかった」(スポーツ報知)
福島千里さん「私の持つ日本記録が更新される日を心待ちに」国立で引退セレモニー(スポニチ)
三浦龍司、3000m障害V「逃げ切れて、まとめることできた」(スポニチ)
男子100はコールマンが優勝、小池祐貴は日本勢トップの2位…陸上セイコーグランプリ(読売新聞)
黒川和樹、五輪銀メダリストとの奮戦に手応え「ベストで走れば勝てたかも…」(スポーツ報知)
【陸上】GGP男子400m、佐藤風雅が自己ベスト日本人トップ2位も「レベルの違い痛感した」(日刊スポーツ)
女子走り幅跳びは秦澄美鈴が制す「記録には満足していない」6m63に反省(スポニチ)
母が日本人のノーマン、44秒62でV…オレゴン世陸は「当然金メダルを狙って」(スポーツ報知)
東京五輪代表のデーデーは無念の予選落ち「練習不足を感じている」男子100m(デイリースポーツ)
【陸上】女子やり投げは北口榛花V「もっといく」世界選手権の参加標準7センチ足りずも手応え(日刊スポーツ)
やり投げ・北口榛花V「観客がいるっていいな」1投目に63m93(スポニチ)
なぜ起きた?カメラクルー事故「暗黙の了解」破れ走路横切り「NHKに信頼感あった」(デイリースポーツ)
【マラソン】一山麻緒の人生設計「大きなイベントはパリまで」その後は…(スポニチ)
【陸上】周回遅れ選手がカメラケーブルに絡まりバランス崩す SNSで関係者が再発防止を訴え(日刊スポーツ)
【陸上】不破聖衣来、日本選手権欠場で世界選手権女子1万m絶望的 日本陸連「評価は難しい」(日刊スポーツ)
広中璃梨佳2連覇で世陸代表決定 五輪になかった歓声が「背中押してくれた」(デイリースポーツ)
「世界と戦う上では厳しい結果」 日本陸連が男女1万メートルを総括(デイリースポーツ)
競歩給水カップに消毒液 甲府、選手1人棄権(産経新聞)

●5月7日
陸上でカメラクルーがコースに出て選手がコードに引っ掛かる事故 所属「再発防止を」(デイリースポーツ)
陸上・田沢が今大会での世界選手権切符獲得逃す10位「記録を残せなかったのは弱さ」(デイリースポーツ)
不破聖衣来の世界選手権出場は「日本選手権に出ていないと評価は難しい」と山崎強化委員長(デイリースポーツ)
日本記録保持者・相沢晃Vも世界陸上内定お預け「最後のチャンス」6月に派遣標準記録突破を狙う【陸上】(中日スポーツ)
日本選手権2度目Vの相沢晃、6月のホクレンで世陸切符獲りへ「どんなにきつくてもタイムを狙う」(スポーツ報知)
相沢晃が2年ぶりV「日本記録保持者のプライド」日本選手権1万メートル(スポニチ)
【陸上】田沢廉10位で世界陸上の内定逃す「休まず練習をして疲労が取れていなかった」(日刊スポーツ)
不破聖衣来、小林成美らが争う3枠目 選考基準は「この日本選手権に出ていないと評価は難しい」(スポニチ)
東京五輪陸上代表・相沢が2年ぶりV「五輪、日本記録保持者として負けない自信あった」(デイリースポーツ)
田沢廉は10位「体力が持たずに落ちた」世界選手権の一発内定逃す 日本選手権1万メートル(スポニチ)
日本選手権1万Mの裏で箱根駅伝復活出場を目指す立大が快走 上野監督のペースメイクで国安と林が28分台突入(スポーツ報知)
広中璃梨佳が女子1万mを堂々2連覇! 世界陸上へ「強い選手ともまれながら走りたい」(東スポ)
広中璃梨佳、1万メートルで世陸切符「パリ五輪へのステップ」 今年1月に貧血苦しむも復活V(スポーツ報知)
相沢晃、日本選手権1万M優勝も、世陸の参加標準にはあと一歩届かず(スポーツ報知)
日本記録保持者の相沢晃が2年ぶりVも世陸参加標準突破ならず 突破者の田沢廉10位で内定ならず(デイリースポーツ)
【陸上】相沢晃、日本選手権1万m2年ぶり2度目V 駒大田沢は10位で世界選手権代表逃す(日刊スポーツ)
広中璃梨佳、五島莉乃が1万Mでオレゴン世界陸上の代表内定(スポーツ報知)
五島莉乃が世界陸上内定 緊張一転、強気の1万m 日本選手権(毎日新聞)
広中璃梨佳が連覇、世界陸上内定 五島莉乃も 日本選手権1万m(毎日新聞)
五島莉乃、自身初の世界陸上切符…日本選手権で3位(スポーツ報知)
【陸上】広中璃梨佳、日本選手権1万mVで7月世界陸上切符 不破聖衣来は股関節周り故障で欠場(日刊スポーツ)
【陸上】男子100m小池祐貴「今季一番を」多田修平「国立を好印象にできれば」 前日会見(日刊スポーツ)
田中希実「久しぶりに国立、タイムを狙うよりもレースを楽しみたい」東京五輪以来の国立に思い(日刊スポーツ)
やり投げの北口榛花、8日・セイコーGGPで派遣標準突破狙う「やってきたことを発揮したい」(スポーツ報知)
世陸100M王者コールマン、ドーピング規則違反から復活の今季へ「勝って帰りたい」…8日・セイコーGGP(スポーツ報知)
多田修平、国立競技場での苦い思い出払拭へ「良い結果残したい」…8日・セイコーGGP(スポーツ報知)
小池祐貴、世陸王者と3季ぶり再戦「肌で感じられるのは貴重な経験」 世陸標準にも意欲…8日・セイコーGGP(スポーツ報知)
小池祐貴 世界選手権参加標準の10秒05を「狙おうかな」陸上・セイコーGGP(デイリースポーツ)
やり投げ・北口榛花「さらに良い思い出に」東京五輪超えビッグスロー目指す 8日セイコーGGP会見(スポニチ)
田中希実、東京五輪から約9か月ぶり国立競技場に「レースを楽しみたい」…8日・セイコーGGP(スポーツ報知)
今季初の3000m障害・三浦龍司「最低限8分30秒は切りたい」8日セイコーGGP(スポニチ)
1500mの田中希実「展開が予想できない部分を楽しめるように」8日にセイコーGGP(スポニチ)
三浦龍司「世界選手権に向けた弾みのレースに」 3000メートル障害初戦へ意気込み…8日・セイコーGGP(スポーツ報知)
川内優輝、設楽悠太ら選手紹介記事?良く見たら全員ものまね芸人の投稿に驚きの声「見分けつかない」(デイリースポーツ)
【陸上】不破聖衣来、無念欠場で世界切符絶望 拓大監督「今後は一度体をリセットさせて」(スポニチ)
不破聖衣来、世陸代表選考会を欠場「将来の事を考えて」…日本選手権兼ねた女子1万M(スポーツ報知)
【陸上】不破聖衣来が日本選手権1万m欠場、五十嵐監督「将来の事を考えて判断」葛藤明かす(日刊スポーツ)
不破聖衣来、日本選手権欠場「将来の事を考えて判断」/陸上(サンスポ)
【陸上】田中希実、9カ月ぶり国立で「景気づけ」米遠征へ実戦こそが最大の練習/GGP連載3(日刊スポーツ)
女子1万メートル日本選手権 世界陸上切符へ熾烈争い 22歳名城大・小林成美「不安な状況も楽しむ」(スポーツ報知)

●5月6日
杭州アジア大会、23年に延期 新型コロナの影響で(時事通信)
五島「日の丸背負う」 7日、日本選手権1万メートル―陸上(時事通信)
不破聖衣来、広中璃梨佳らに負けない 五島莉乃は攻めのレースを貫く「私の強みを生かす」(東スポ)
五島莉乃、世界選手権へ「優勝を目指す」/陸上(サンスポ)
小林成美、世界選手権代表へ「我慢比べで勝ちたい」/陸上(サンスポ)
五島莉乃「世界選手権に絶対出場」名城大・小林成美「全力尽くしたい」日本選手権1万m前日会見(日刊スポーツ)
五島莉乃、小林成美が世陸切符へ意欲「日の丸を背負う」7日に日本選手権1万M 不破、広中らと激突(デイリースポーツ)
世界陸上をかけた日本選手権1万M前日 名城大の小林成美「がむしゃらに頑張る」(スポーツ報知)
五島莉乃「優勝目指す」小林成美「我慢比べ勝つ」世陸切符懸け7日に日本選手権1万m(スポニチ)
陸上女子100メートル石堂陽奈11秒65で2位 日本グランプリシリーズ水戸招待(日刊スポーツ)
女子陸上のレジェンド・福士加代子氏の第2の人生プランは「社内託児所」からスタート!(東スポ)
【箱根への道】駒大・佐藤圭汰、高校史上最速 世陸で初の海外へ「世界陸上で行けるように頑張ります」(スポーツ報知)
中大・吉居駿恭、兄・大和と兄弟リレー「箱根駅伝も兄と優勝したいです」(スポーツ報知)
青学大・黒田朝日ら逸材ぞろい…原晋監督「駅伝メンバー争いに絡みそうな新人がたくさんいる」(スポーツ報知)

●5月5日
東京五輪女子円盤投げ6位カマルプリート・カウル、禁止薬物の使用で暫定的資格停止処分(日刊スポーツ)
江島が男子棒高跳び優勝 水戸招待陸上(共同通信)
東京五輪代表・江島雅紀「糧になる」5メートル40で棒高跳び優勝 水戸招待陸上(スポニチ)
【陸上】駒大のスーパールーキー佐藤圭汰が快走 5000mでU-20日本新13分22秒91(スポニチ)
【陸上】多田修平、不本意東京五輪でメラッ日本人5人目の9秒台へ「やったるぞ」/GGP連載1(日刊スポーツ)
【陸上】超新星・不破聖衣来 7日の日本選手権は万全なのか…広中璃梨佳ら強豪と“直接対決”(東スポ)
多田修平、筋力強化に手応え「100%しっかり狙う気持ちで」5人目9秒台へ(日刊スポーツ)

●5月4日
遠藤日向、日本歴代2位の13分10秒69…オレゴン世陸参加標準記録も突破(スポーツ報知)
遠藤が男子5000メートル優勝 世界陸上の参加標準を突破(共同通信)
桐生が欠場 セイコー陸上(時事通信)
児玉0・02秒差に泣く 女子200メートルA決勝進めず「勝負弱さ出た」(西日本新聞)
九電工・真野、男子走り高跳びV アジア大会代表へ手応え(西日本新聞)
陸上の桐生、セイコーGP欠場 右脚に違和感(共同通信)
桐生が陸上セイコーGP欠場(共同通信)
桐生祥秀がセイコーGGPを欠場…右太もも裏に違和感 世陸王者との対決はお預けに(スポーツ報知)
陸上・桐生祥秀がセイコーGGP欠場 右ハムストリングス違和感で(スポニチ)
飯塚翔太、200メートル世界陸上参加標準記録0.1秒差に迫るV パリ五輪へ「もちろん行きますね」(スポーツ報知)
銀のリオ侍 飯塚翔太30歳 200m地元V「初優勝みたい」 パリ五輪視界「もちろん」(デイリースポーツ)

●5月3日
田中希実800メートル独走V「勝ててよかった」 2日前の棄権も問題なし【陸上】(中日スポーツ)
200メートル連覇の飯塚翔太「いけるところまでいく」24年パリ五輪へ、30歳が決意表明【陸上】(中日スポーツ)
男子200メートルで犬塚が2位と大健闘(スポーツ報知)
女子円盤投げの郡菜々が57メートル87で優勝しアジア大会へ前進 陸上静岡国際(西日本スポーツ)
飯塚翔太、20秒34で優勝 女子800は田中希実V―静岡国際陸上(時事通信)
飯塚翔太が20秒34で200メートル優勝 地元・静岡からパリ五輪へ「行くところまで行く」(スポーツ報知)
陸上・飯塚翔太が200MでV 24年パリ五輪も視野「行けるところまで行きます」(デイリースポーツ)
飯塚翔太、20秒34で200mV「初優勝みたいな気持ち」静岡国際からパリへ再出発(スポニチ)
【陸上】飯塚翔太が20秒34で優勝 日本短距離界を支える30歳が存在感 男子200m(日刊スポーツ)
ファラーが1万mでまさかの敗戦 競技続行を明言せず(AFP=時事)
田中希実「今日は勝ちたかった」800m制す 静岡国際(スポニチ)
田中希実が800メートルを2分3秒10で優勝 2日前の木南記念棄権は「大事をとって」(スポーツ報知)
田中希実 800MでV 右ふともも違和感は「今は痛み全然ない」陸上・静岡国際(デイリースポーツ)
【陸上】田中希実、800m制す 右太ももにテーピングも不安払拭の快走 次戦はセイコーGGP(日刊スポーツ)
飯塚翔太が20秒43で決勝へ 小池祐貴は20秒55 静岡国際200m予選(スポニチ
小池祐貴 200M20秒55で決勝進出 陸上・静岡国際(デイリースポーツ)
陸上=元五輪王者ファラー「トラック競技はこれで終わり」(ロイター)
棒高跳び日本選手権王者・竹川倖生、静岡国際陸上に出場「一番上を目指す」(スポーツ報知)

●5月2日
【陸上】泉谷駿介、橋岡優輝、安部孝駿がセイコーGGPを欠場(スポニチ)
箱根駅伝予選会3年連続敗退の上武大 アテネ五輪6位の諏訪利成氏が監督就任決定(スポーツ報知)
上武大駅伝監督にアテネ五輪マラソン6位の諏訪利成氏「私が見てきた世界を目指してほしい」(日刊スポーツ・共同)
箱根駅伝優勝の青学大がGW合宿地の妙高市でランニング教室開催(スポーツ報知)
東京五輪、男子競歩銅メダルの山西利和に「中部実業団陸上オブ・ザ・イヤー」(中日スポーツ)
順大・伊豫田が箱根駅伝「優勝と区間賞狙う」 大学ラストイヤーに燃える(中国新聞)
黒川和樹、男子400M障害優勝 参加標準記録と同タイムで初の世陸へ前進「よっしゃ! あぶねぇ~!」(スポーツ報知)
陸上男子400メートル障害・黒川、大会新記録Vで世界選手権の参加標準記録突破(スポニチ)

●5月1日
女子やり投げ北口、リハビリ乗り越え貫禄V(産経新聞)
丸山優真が十種競技V 地元大阪で歓喜 「幼なじみや友達も応援に来てくれていた」(スポニチ)
【陸上】黒川和樹「アブねえ!」400mH48秒90雄たけびV 世界選手権参加標準突破 木南記念(日刊スポーツ)
七種Vのヘンプヒル恵「消えてなくなりたいという感情も」右膝大ケガから復活(スポニチ)
ヘンプヒル恵が復活V 大ケガ乗り越え木南記念の七種競技で頂点(スポニチ)
田中希実が木南記念800メートルを棄権…右太ももに違和感のため(スポーツ報知)
田中希実、木南記念800m棄権「右太腿に違和感」と大会関係者が説明(スポニチ)
“モデルジャンパー”秦澄美鈴、木南記念V「記録は物足りないけど…」世界選手権へ照準(スポニチ)
黒川和樹が世界陸上参加標準ギリギリ突破Vに「危ね~」陸上・木南記念(デイリースポーツ)
北口榛花「五輪の前より状態は良い」 腹斜筋の肉離れから復活V…(スポーツ報知)
男子1500mは飯沢千翔がV「点数にすれば60点ぐらい」世界選手権参加標準届かず(スポニチ)
黒川和樹、オレゴン世界陸上代表へ前進…参加標準ピッタリ突破「あぶね~!」(スポニチ)
男子400m障害・黒川和樹、48秒90でV「あぶねー!」世界選手権参加標準ギリギリ突破(スポニチ)
北口榛花が優勝 3カ月のリハビリ乗り越え「去年よりいい状態」陸上・木南記念(デイリースポーツ)
女子やり投げ北口榛花が優勝「久しぶりの大きな大会で楽しみだった」左脇腹負傷から復活(日刊スポーツ)
やり投げ・北口榛花、61メートル20でV「痛くて競技ができなかった」期間乗り越え(スポニチ)
サニブラウン、100mで10秒08 追い風参考記録(スポニチ)
サニブラウンが米競技会で100m出場、追い風参考10秒08 シーズン序盤で好タイム(日刊スポーツ)
米の18歳スプリンター・ナイトン、200mで驚異の19秒49 U-20世界新&世界歴代4位(スポニチ)
サニブラウン、追い風参考10秒08…同走のブロメルが9秒75でトップ(スポーツ報知)
陸上・サニブラウン、追い風参考2・1Mで100M10秒08と好走(デイリースポーツ)
ディーン元気 30歳まだまだ元気です!3メートル以上大差のV!日本記録も照準「普通にやれば出る」(スポーツ報知)
ディーン元気 好発進V国内初戦81m91「当たり前」 やり投げロンドン五輪代表(デイリースポーツ)

●4月30日
やり投げVのディーン元気「去年より大人になれたかな」東京五輪中は釣りに没頭【陸上・木南道孝記念】(中日スポーツ)
男子走り幅跳びは伏兵の吉田V 陸上の木南道孝記念(産経新聞)
30歳のディーン、視線は再び五輪へ「この3年が勝負」(産経新聞)
男子やり投げはディーン元気が貫禄V 木南道孝記念(産経新聞)
【陸上】児玉芽生が女子200m優勝 前日100mで4位も切り替え「やるべきことに集中して」(日刊スポーツ)
児玉芽生が社会人初戴冠 女子200m優勝「自分自身の走りに集中しようと思った」(デイリースポーツ)
陸上・児玉芽生が木南記念200メートルでV 今春ミズノ入社で「結果を出したい気持ちがある」(スポニチ)
【陸上】走り幅跳び橋岡優輝が左足首痛で3本目以降取りやめ 9日に負傷「完治までに至らず」(日刊スポーツ)
橋岡優輝が左足首痛 2本で跳躍終え「世界選手権へリスクは避けたい」(デイリースポーツ)
走り幅跳び・橋岡優輝 左足首痛で3本目以降は跳ばず…セイコーGGPは「無理はできない」(スポニチ)
橋岡優輝、左足首痛でオレゴン世陸参加標準突破ならず「予想以上に響いた」(スポーツ報知)
ディーン元気が国内初戦を81m91で優勝 東京五輪を逃した悔しさ胸にパリへ好発進(デイリースポーツ)
【陸上】やり投げディーン元気V「今年の第1歩目」東京五輪逃し釣り三昧リフレッシュ 木南記念(日刊スポーツ)
やり投げ・ディーン元気 81メートル91で優勝「パリに向けて世界の空気になじみたい」(スポニチ)
ディーン元気、完全復活へ「日本記録は出ると思っている」…木南記念で快勝(スポーツ報知)
女子陸上のトラックとマラソン「日本は遅れている」 野口みずきの恩師・藤田信之氏が危機感(日刊ゲンダイ)
三浦龍司”専門外種目”の5000MでV 最後の100Mで猛烈スパートし逆転【織田記念陸上】(中日スポーツ)

●4月29日
山縣亮太 復帰に向けて慎重な姿勢を示す「完全に治したい思いが強い」 昨年10月に右ヒザ手術(スポニチ)
ホープの村竹ラシッドが優勝、男子110メートル障害、織田記念国際(デイリースポーツ)
小池が10秒49で優勝 男子110障害は村竹―織田記念陸上(時事通信)
小池祐貴、逆風切り裂いて織田記念V「風に押されながらのレースだった」…次戦は静岡国際(スポーツ報知)
小池祐貴、10秒49で優勝 向かい風3・3メートルの悪条件も「まぁ許してあげようかな」/陸上(サンスポ)
小池祐貴「合格点は超えた」、男子100mを10秒49で優勝…織田記念国際(読売新聞)
【陸上】小池祐貴10秒49V「合格点は超えた」今季国内初戦で向かい風3・3m厳しい条件の中(日刊スポーツ)
小池祐貴 強風にも負けず100メートル王者 10秒49に「許してあげられるかな」 織田記念国際(スポニチ)
小池祐貴が100M優勝、強烈向かい風で10秒49に「まあ許してあげようかな」 陸上・織田記念国際(デイリースポーツ)
小池祐貴が10秒49で優勝、多田修平は決勝進めず…織田記念国際100m(読売新聞)
村竹ラシッドが13秒55でV 今季中に「13秒0台を」…織田記念・男子110メートル障害決勝(スポーツ報知)
「新星」村竹ラシッドが男子110メートルハードルを制す「勝ち切ることを意識」 織田記念国際(スポニチ)
泉谷駿介、社会人初レースで14秒10 雨、風、寒さに耐え決勝進出…織田記念・男子110メートル障害予選(スポーツ報知)
陸上織田記念国際 激しい雨のため男子110メートルハードルが一時中断(スポニチ)
100M日本記録持つ山懸亮太、現時点で復帰戦は未定 東京五輪後に右膝手術「パリ見据え、しっかり治したい」【陸上】(中日スポーツ)
山縣亮太 右膝手術から順調回復も復帰時期は未定「パリを見据えてマイペースで調整したい」(スポニチ)
【陸上】山縣亮太「回復は順調だけど、パリまでに完全に治したい」昨年手術した右膝の状態明かす(日刊スポーツ)
陸上 100M日本記録保持者の山縣亮太、負傷の右膝回復は「順調」 復帰時期は未定(デイリースポーツ)
山縣亮太、右膝手術の経過明かす「パリまでに完全に治したい」復帰戦めどは立てず…(スポーツ報知)
多田修平「日本新出したい」目標は優勝 織田記念国際へ意気込み(デイリースポーツ)
箱根駅伝早大新監督、花田勝彦氏が就任へ…早大OBで箱根V経験、上武大を率いて初出場から常連校に育てた(スポーツ報知)

●4月28日
男子100メートル小池祐喜 29日は強風予報「ちょっとタイムは出しがたいですね」【陸上】(中日スポーツ)
【陸上】多田修平が今季中の9秒台マーク誓う「100%狙う気持ちでやっていきたい」(日刊スポーツ)
今季中に9秒台…男子100メートル多田修平が誓った 「織田記念国際、目標は優勝。タイムにもこだわる」【陸上】(中日スポーツ)
五輪代表の多田「目標は優勝」 織田記念国際陸上、29日開催(共同通信)
泉谷駿介 社会人初戦へ「ワクワク」男子110メートル障害日本記録保持者(デイリースポーツ)
陸上男子100メートル多田修平 「東京五輪は悔しい思い」パリに向けて9秒台「100&%狙う気持ち」(スポニチ)
【陸上】110m障害・泉谷駿介、3月に左足首を捻挫していた 「違和感がある程度」(日刊スポーツ)
多田修平「どんな風でも集中して走りたい」 織田記念前日会見(スポーツ報知)
多田修平 100M9秒台&日本記録へ意欲「勝負の中で自然と出せれば」(デイリースポーツ)
【陸上】小池祐貴「今のベストを尽くすことが大事」7月の世界選手権見据え、29日織田記念国際(日刊スポーツ)
泉谷駿介「どんな状況でも13秒3台を」 住友電工での初戦へ意気込み(スポーツ報知)
陸上・小池祐貴 織田記念で今季国内初戦「今のベストを尽くす」(デイリースポーツ)
小池祐貴、“暴逆風”の予報に苦笑い「どんな状況でも優勝できれば」 29日織田記念国際(スポーツ報知)
陸上・小池祐貴「タイムは天候次第」 29日織田記念男子100メートル(スポニチ)
桐生祥秀、29日織田記念欠場…足に違和感「軽い怪我でしたが大事をとって」(スポーツ報知)
桐生祥秀があす29日の織田記念を欠場 出雲で違和感「軽いケガでしたが大事をとって」(スポニチ)
桐生祥秀「大事をとって」織田記念陸上を欠場、24日の出雲陸上で足に違和感(日刊スポーツ)
桐生祥秀、織田記念を欠場 陸上(時事通信)
桐生祥秀が織田記念欠場 24日出雲陸上で足に違和感「大事をとる」(デイリースポーツ)
全国中学重量挙げチャンピオンの八木山中・佐藤和花、元五輪代表の父と連覇&新記録目指す・・・ガンバる東北人(スポーツ報知)
ケンブリッジ飛鳥 高速道路で追突され頸椎捻挫 6月の日本選手権は経過見ながら(スポニチ)

●4月27日
ケンブリッジ飛鳥が事故で軽度の頸椎捻挫「1日でも早い回復に努めてまいります」(日刊スポーツ)
事故に巻き込まれたケンブリッジ飛鳥がコメント発表「1日でも早い回復に努めてまいります」(スポニチ)
ケンブリッジ飛鳥のマネジメント会社「様子を見ながら日本選手権の出場を目指すことになる」(スポニチ)
ローレウス・スポーツ賞、フェルスタッペンとトンプソンヘラに(ロイター)
【陸上】女子1500で東京五輪8位の田中希実、初戦の5000で日本人トップと上々 セイコーGG(日刊スポーツ)
【陸上】走り幅跳び橋岡優輝、8m40の日本記録更新狙って跳ぶ セイコーGG(日刊スポーツ)
【陸上】注目オリンピアンの活躍 女子100障害の青木益未、日本記録更新に挑戦 セイコーGG(日刊スポーツ)
【陸上】走り高跳び戸辺直人、日本記録保持者が世界選手権に弾みつける セイコーGG(日刊スポーツ)
【陸上】小池、桐生、多田リベンジの舞台だ 国立で東京五輪後初の国際大会5・8セイコーGG(日刊スポーツ)
金丸祐三さん 大阪成蹊大女子陸上部監督として新たな人生「想像を超えていってほしい」 妻と二人三脚(スポニチ)

●4月26日
川内、仙台ハーフ欠場 陸上(時事通信)
競歩代表に東京五輪銀の池田、銅の山西ら11人 世界陸上(産経新聞)
世界陸上競歩代表に池田ら選出 前回金の鈴木も(共同通信)
世界陸上競歩代表に山西、池田ら 松永は35キロ出場へ(時事通信)
川内優輝、5・8仙台国際ハーフ欠場 新型コロナ陽性で3週連続走れず…(スポニチ)
箱根駅伝で大東大を率いた奈良修氏が高校駅伝の強豪・豊川高の新監督に就任 高校生の指導は初(スポーツ報知)
競歩の新距離35キロとは? 今村SD「日本の選手にとって非常にチャンス」(東スポ)
世界選手権代表発表 東京五輪メダリストの山西利和&池田向希が競歩の男子20キロ代表に 男子35キロで鈴木雄介も選出(サンスポ)
世界陸上の競歩男子代表出そろう「金メダルを死守」山西、鈴木ら2種目8選手(スポニチ)
オレゴン世陸“W内定”の松永大介、35キロに出場へ…鈴木雄介もワイルドカードで代表入り(スポーツ報知)
【競歩】東京五輪銀の池田向希、銅の山西利和ら世界選手権出場選手を発表/一覧(日刊スポーツ)

●4月25日
東京パラ陸上4冠のマルセル・フグ “スポーツ界のアカデミー賞”を受賞「誇りに思います」(スポニチ)
田中希実 1500m連覇、30分後に1万m日本人トップ「マラソンにもつながる」(デイリースポーツ)
希実「試す機会」、貫禄の女子1500V、30分後の1万は日本人トップ2位(スポニチ)
桐生 万全10秒18でV 世陸参加標準突破お預けも「まずまずのスタート」(スポニチ)

●4月24日
桐生が10秒18「まずまず」国内初戦でV 次戦4・29織田記念へ「タイムも勝敗も」(デイリースポーツ)
桐生祥秀が10秒18で出雲陸上V 今季国内初戦「まずまずのスタート」 多田が2位10秒27(スポニチ)
桐生祥秀、国内初戦で快勝「もう一段ギアは上がる」…次戦は中4日で織田記念国際(スポーツ報知)
桐生祥秀が10秒18で国内初戦をしっかり勝ちきり「まずまずのスタート切れた」(中日スポーツ)
多田修平10秒27で2位「自分の強みが1個もないような展開」得意のスタートで主導権を奪えず(日刊スポーツ)
デーデー「体にキレがなかった」社会人初戦は100メートルで8人中8位の10秒50(日刊スポーツ)
デーデー・ブルーノ 社会人初戦はホロ苦8位「キレがない」…オレゴン世陸へ修正誓う(スポーツ報知)
中村高洋が日本勢トップの10位(共同通信)
田中希実 女子1万メートル日本人最上位の2位、30分前の1500メートルと“同日2冠”ならず(スポーツ報知)
田中希実が1500メートル優勝 30分後に1万で1万メートルで日本人トップ(デイリースポーツ)
田中希実が異例の挑戦 午後5時開始1500m優勝 同5時半開始1万mは2位(スポニチ)
田中希実が異例間隔で2種目挑戦、1500m制した25分後に1万m出場し日本人トップ(日刊スポーツ)
田中希実が女子1500メートルV! 異例の挑戦、30分後には1万メート出場で“同日2冠”へ(スポーツ報知)
男子2000メートル障害で楠康成が日本新、会社社長と二足のわらじ(デイリースポーツ)
アシックスC女子5千m 川村、自己新で日本人トップ2位に 兵庫リレーカーニバル(神戸新聞)
2年ぶり海外遠征中の川内優輝がコロナ陽性でスペインのレース棄権 ボストンから転戦(デイリースポーツ)
男子マラソン・川内優輝が新型コロナ陽性…2年3カ月ぶり海外遠征で(スポニチ)

●4月23日
川内優輝が海外遠征中に新型コロナ感染…スペインのレースは棄権(スポーツ報知)
世界を知った田中希実、異例の2種目挑戦「楽しむ」 兵庫リレーカーニバル女子1500mと1万m(神戸新聞)

●4月22日
国立競技場発着で実施 レガシーハーフマラソン(共同通信)
【HAKONE LIFE】創価大・嶋津雄大「5年生」の目標は「マラソンの土台を広げられる一年に」(スポーツ報知)
【箱根への道】青学大・佐々木塁は完全試合投手・朗希と元チームメート…震災以来会えない旧友の活躍励み(スポーツ報知)
九州陸上競技協会の元理事長・渡辺和己氏が死去 86歳(西日本スポーツ)

●4月21日
【陸上】順大・四釜峻佑「普段は公園を走らないので新鮮」代々木公園でオンラインマイクロレース(日刊スポーツ)
国立競技場、20年度9億円赤字 トラック存続を明示へ(共同通信)
陸上・拓大の飯野コーチ 右アキレス腱痛の不破聖衣来の現状を説明「前向きに受け入れている」(デイリースポーツ)
ニューバランス主催の1マイルレースが代々木公園でスタート…順大の四釜峻佑「新鮮な経験だった」(スポーツ報知)
元マラソン選手・福士加代子「やりたいことがたくさんある」 セカンドステージも勢いは「止まらない」 自伝「福士加代子」上梓(夕刊フジ)
【陸上】不破聖衣来、広中璃梨佳ら日本選手権1万mにエントリー(日刊スポーツ)
世界陸上へ 日本選手権1万Mのエントリー選手発表 男子は田沢廉、女子は不破聖衣来ら(デイリースポーツ)
不破聖衣来、日本選手権1万メートルにエントリー/陸上(サンスポ)

●4月20日
マラソンランナー・大迫傑らが開くオンライン講座「スタディアム・レクチャー」5月12日から開講(スポニチ)
「本当に引退しちゃうんだ」福島千里の後継者候補が受けた衝撃と決意(西日本新聞)
陸上界の逸材アツオビンが狙う日本人未到達の大記録(西日本新聞)
「謎の自信がある」陸上でインターハイ2連覇のホープが再出発(西日本新聞)

●4月19日
駒沢大の田沢廉、「本職」ではないレースで快走…世界見据えて進化した感覚(読売新聞)
1500Mでも驚異のスパート、三浦龍司…五輪7位の得意種目で「世界と戦える速さ」求めて(読売新聞)
大東文化大も復活させるか、高校駅伝で成功した真名子圭・新監督が刻む「基本のリズム」(読売新聞)
ボストン・マラソン、男女ともケニア勢がV 川内は20位(AFP)
ボストン・マラソン、川内20位 五輪女王ジェプチルチルは初制覇(共同通信)

●4月18日
田中希実「自分の殻破る」 脱スペシャリストへの挑戦(産経新聞)
新潟RCに女子円盤投げ日本記録の郡菜々佳が加入「パリ五輪は目指したい1番の場所」目標を明言(日刊スポーツ)
陸上=五輪2種目連覇のトンプソンヘラ、今年の女子世界最速タイム(ロイター)
谷井孝行氏が指摘「20キロのスピード&50キロの粘り」…川野将虎、今季世界最高V(スポーツ報知)
競歩・川野将虎 大逆転Vで世界切符 「完治まで半年以上かかる」貧血からの復活(スポニチ)
【陸上】不破聖衣来〝玉砕〟最下位は想定内 五十嵐監督と二人三脚で「世界への扉」を切り開く(東スポ)
不破聖衣来 周回遅れ最下位も目的完遂 日本選手権に向け復帰戦で痛みなく完走(デイリースポーツ)

●4月17日
男子フルは元永好多朗がV 3年ぶり開催かすみがうらマラソン(スポニチ)
黒川、男子400障害V 女子5000の不破は最下位―学生陸上(時事通信)
駒大の篠原倖太朗が5000M優勝 1万M3位から中1日で好走 青学大の鶴川正也らに競り勝つ(スポーツ報知)
男子400M障害は黒川和樹が大会新で制す 世界陸上へも意欲…日本学生個人選手権(スポーツ報知)
不破聖衣来故障明け“ぶっつけ本番”最下位も「全ては5月7日に勝負するために」日本選手権照準(日刊スポーツ)
不破聖衣来が最下位 ケガの原因「体の成長よりもランナーの成長の方が大きかった」監督が説明(日刊スポーツ)
不破聖衣来、最下位は右足アキレス腱故障明けが理由 日本選手権へ五十嵐監督「目的を果たせた」(日刊スポーツ)
最下位の不破聖衣来、原因は右足アキレスけん故障明けのため 日本選手権へ「生きた練習」(スポーツ報知)
不破聖衣来、覚悟の完走「どんなに批判されても大丈夫」復帰レース最下位もペース貫く(スポニチ)
女子3000メートル障害は大東大・吉村玲美が大会新V …日本学生個人選手権(スポーツ報知)
男子3000M障害で早大の菖蒲敦司が優勝「三浦龍司の背中を追っていきたい。箱根駅伝は優勝が目標」(スポーツ報知)
川野V、世界選手権へ 女子は園田が代表入り―日本選手権35キロ競歩(時事通信)
川野将虎、極度の貧血を自炊で克服…オレゴン世陸内定「競歩界引っ張る存在に」(スポーツ報知)
川野将虎、大逆転Vでオレゴン世陸切符…今季世界最高の2時間26分40秒(スポーツ報知)
池田向希、オレゴン世陸代表内定…東京五輪銀メダリストが悲願の頂点へ(スポーツ報知)
池田向希、五輪銀でも変わらぬ向上心「もっともっと極めていきたい」 オレゴン世陸代表に内定(スポーツ報知)
競歩・世界選手権代表に新たに5人 35キロは川野&園田、20キロは池田&藤井&岡田(スポニチ)
競歩新種目35キロ 川野が派遣突破で世界選手権の代表内定狙う 17日に国内初開催「輪島大会」(スポニチ)
超新星・不破聖衣来 世界陸上への “試金石”…17日「日本学生個人選手権」の注目ポイント(東スポ)

●4月16日
女子100メートルは青山華依が制す「自分の走りができて良かった」…陸上日本学生個人選手権(スポーツ報知)
青山華依、100メートル大会新11秒47「自己ベスト出せて良かった」学生個人選手権制す(スポニチ)
柳田大輝が100m大学デビュー戦いきなりV「風にも助けられた」桐生ら輩出の東洋大で自炊奮闘(日刊スポーツ)
柳田大輝が男子100メートル優勝 世陸の標準記録も「狙える」…日本学生個人選手権(スポーツ報知)
柳田大輝、追い風参考で100メートル10秒15「状態次第で0秒台狙える」学生個人選手権V(スポニチ)
柳田大輝が大学デビュー戦を10秒30でV 日本学生個人選手権/陸上(サンスポ)
男子砲丸投げはアツオビンが自己ベスト18メートル42でV 日本学生個人選手権/陸上(サンスポ)
川野「派遣記録が目標」 17日に日本選手権35キロ競歩―陸上(時事通信)
東京五輪6位の川野将虎、貧血乗り越え世陸へ 国内初開催35キロは「スピードが武器になる」…17日全日本競歩(スポーツ報知)
宮城スタジアムの観客席スタンドたわむ 中高の陸上大会会場変更(河北新報)
日本学生陸上個人選手権 名城大1年・米沢奈々香、女子1500Mで5位…静岡・北浜中で全中優勝(スポーツ報知)

●4月15日
男子1500、飯沢が大会新でV 日本学生個人陸上第1日(共同通信)
吉居駿恭が大学初レース 兄大和の箱根での活躍に対抗心燃やす「負けられない」(日刊スポーツ)
中大・吉居駿恭の大学デビュー戦は28分56秒95の8位 今年の箱根駅伝MVPの「兄に負けられない」(スポーツ報知)
男子1万メートルは葛西潤が優勝 2位は嶋津雄大で創価ワンツー…日本学生個人(スポーツ報知)
村竹ラシッドが110メートル障害でV 日本学生個人選手権/陸上(サンスポ)
“パリ五輪の星”村竹ラシッド、110M障害でV「パリ五輪でメダル獲りたい」(デイリースポーツ)
男子110メートル障害は村竹ラシッドが制す「良い感じに仕上がってきた」…日本学生個人(スポーツ報知)
英国が東京五輪陸上リレー銀メダル返還、薬物違反で(AFP)
陸上=アリソン・フェリックスが今季で引退、五輪で金7個(ロイター)

●4月14日
仙台大職員の佐々木琢磨が夏季デフリンピック4種目に出場へ「金メダルを取ることが目標」(日刊スポーツ)
川内優輝、2年3カ月ぶり海外レースへ ボストン→マラガ→バンクーバー転戦(スポニチ)
アリソン・フェリックス、今季で現役引退 陸上女子短距離で五輪「金」7個(日刊スポーツ)
競歩で五輪銀の池田が最優秀選手 実業団陸上、山縣は特別賞(共同通信)
アリソン・フェリックスが今季で引退 ネットは織田裕二気に掛ける「アリソン愛も見納めか」(デイリースポーツ)
陸上のフェリックス、今季で引退 女子短距離で五輪「金」7個(東京新聞)
実業団陸上 競歩・池田向希が最優秀賞に 東京五輪で銀(毎日新聞)
フェリックスが今年で引退 陸上女子最多11個の五輪メダル(時事通信)
間髪入れず走り続ける新社会人の田中希実「世界で活躍する陸上選手」目標に歩むパリ五輪への道(日刊スポーツ)

●4月13日
コロナ禍を恐れぬ即断即決「いけるときにいくしかない」 野口みずきさんがゲスト参加のランイベントを伊勢市で5月5日に開催(中日スポーツ)
箱根駅伝予選会3年連続敗退の上武大 アテネ五輪6位の諏訪利成氏が監督就任へ(スポーツ報知)

●4月12日
【動画】パリ五輪目指す紫村選手を支援 佐賀県の「ハガクレアスリート」に認定(佐賀新聞)
山西が35キロ欠場 日本選手権競歩(時事通信)
橋岡優輝、東京五輪会場で再びの大飛躍に期待…セイコーGGP参戦へ(スポーツ報知)
福島千里さん 順天堂大陸上部の短距離アシスタントコーチに就任「選手と共に成長したい」(スポニチ)
3年ぶり開催の焼津みなとマラソン、箱根駅伝を走った高林遼哉&スーパーミセス・佐野亜友美が初出場V(スポーツ報知)
日本最速 福島千里さんが順大短距離アシスタントコーチ就任「選手とともに成長していきたい」(デイリースポーツ)

●4月11日
連戦もなんのその! 東洋大エース松山和希が1万mで大幅自己新【陸上競技・金栗記念選抜】(Yahoo!ニュース)
青木益未、100m障害で日本新の12秒86 寺田明日香の記録破る(日刊スポーツ)
五輪3大会出場・福島千里さん、順大陸上部アシスタントコーチ就任「元気で個性的な選手たちと共に、成長」(スポーツ報知)
大学対抗ぺアマラソン大会で東洋大コンビが快走(スポーツ報知)

●4月10日
箱根駅伝15位に終わった国士舘大が指導体制変更 助監督から昇格した小川博之監督「シード権獲得」(スポーツ報知)
100m障害の青木が日本新 12秒86、陸上女子(共同通信)
【陸上】田中希実V「緊張していた割には集中していた」シーズンイン岩国・女子800m(日刊スポーツ)
小池祐貴、100メートル10秒22→200メートル20秒85…オレゴン世陸イヤー順調仕上がり(スポーツ報知)
東京五輪代表の青木、12秒86の日本新 陸上女子100障害(時事通信)
マラソンの大迫傑さん、小中学生80人に実技指導 仙台ハーフイベント(河北新報)

●4月9日
三浦龍司、「専門外」1500mで好タイムV…「公式戦のいいスタート」
三浦、男子1500V 田中は女子5000で6位―陸上金栗記念(時事通信)
田中希実「遅いと思います」5000メートル15分26秒53 社会人初レースに辛口評価(スポニチ)
田沢廉 5000Mで日本人トップ5位「全体的に良かった」世界選手権出場へ弾み(デイリースポーツ)
陸上の中長距離、三浦龍司が優勝 田中希実は6位(共同通信)
田中希実「最低限」今季初戦で5000m日本人トップ6位 残り600mで五島莉乃を逆転(日刊スポーツ)
駒大・田沢廉、5000メートル13分22秒60で日本人トップ「全体的に見れば良かった」(スポニチ)
田中希実 5000Mで日本人トップも「遅いと思います(デイリースポーツ)
田中希実、社会人初戦は「遅いと思います」 日本人トップも15分26秒53(スポーツ報知)
陸上金栗記念・三浦龍司1500m優勝 日本歴代2位3分36秒59「結果オーライ」笑みこぼれる(日刊スポーツ)
桐生、今季初戦は10秒41 陸上(時事通信)
三浦龍司、本命外1500メートルで日本歴代2位3分36秒59「これを励みに」(スポニチ)
三浦龍司 1500Mで日本歴代2位の快走「できのいいレースだった」(デイリースポーツ)
三浦龍司、“本職外”1500mでも日本歴代2位の快走「手応えのあるレース」 オレゴン世陸へ視界良好(スポーツ報知)
「日本一速い監督」立大・上野裕一郎監督が13分台で2組日本人トップ「立教大の進歩を見て欲しい」(スポーツ報知)
桐生祥秀、今季初戦は10秒41で4位 悪天候でのレース(デイリースポーツ)
城西大・山本樹、地元から箱根駅伝初出場を目指す・・・焼津みなとマラソン10日号砲(スポーツ報知)

●4月8日
薬物陽性の競歩元五輪王者、潔白裁定にWADAと陸連が反論(AFP)
箱根駅伝総合V4回の大東大長距離ブロック新監督に真名子圭氏 19年仙台育英で全国高校駅伝V(日刊スポーツ)
講演会の“テッパン”ネタはメダルとトップ選手と橋本聖子さん【岡崎朋美のすべらないい話】(日刊ゲンダイ)
【箱根への道】「高校日本一の名将」大東大・真名子圭新監督が母校を4年ぶり本戦に導く 古豪復権へ(スポーツ報知)

●4月7日
桐生祥秀、豪州で今季初戦出場へ…ブリスベンでの競技会100メートルにエントリー(スポーツ報知)
GMOが亀鷹律良監督と原晋EKIDENダイレクターの就任を発表(スポーツ報知)
大東大・真名子圭監督 箱根駅伝予選会で敗退が続くチーム再建へ「近い将来、優勝を狙います」就任会見で抱負(スポーツ報知)
三浦龍司3000m障害、田中希実1500mにエントリー セイコーゴールデングランプリ陸上(日刊スポーツ)
東京五輪入賞コンビが参戦…セイコーGGPに田中希実&三浦龍司が出場へ(スポーツ報知)
ボストン・マラソンからロシア在住選手ら除外 ウクライナ侵攻への制裁で(スポニチ)
ロシア選手らの出場認めず ボストン・マラソン(時事通信)
ロシア選手らを除外 陸上のボストンマラソン(共同通信)
陸上GMO新監督に亀鷹律良氏が就任 花田勝彦監督は3月末で退任(スポーツ報知)

●4月6日
泉谷駿介、オレゴン世陸決勝進出に現実味…苅部俊二ディレクター「天井知らず、どこまでいくか」(スポーツ報知)
東京五輪から再出発の“リレー侍”「バトン失敗だけではない」 個の強化で世界メダル返り咲きへ(スポーツ報知)
<新戦力 駅伝実業団の精鋭たち>三菱重工/近藤亮太(順大)・松倉唯斗(山梨学院大)・キプラガット・コリル(ケニア)(長崎新聞)
<新戦力 駅伝実業団の精鋭たち>十八親和銀行/明石伊央(ルートインホテルズ)・安部実伽子(日体大)(長崎新聞)
<新戦力 駅伝実業団の精鋭たち>メモリード/陣内綾子(九電工)(長崎新聞)
千葉さん、ルートインのアドバイザーに 陸上(時事通信)
東京五輪100メートル金のヤコブス、2022年も確かな実力証明 世界陸上へ勢い(時事通信)

●4月5日
佐藤、悔しい高校ラストラン 駒大進学、1500で世界へ―陸上(時事通信)
高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソンの招待選手発表 24日の大会当日は小出監督の命日「運命を感じる」(中日スポーツ)
スズキ入社の陸上インカレ王者・鈴木涼太が目標「年内に10秒0台」(スポーツ報知)
巨人・大勢の姉あかりが長距離の名門・天満屋で現役復帰…東京五輪女子マラソン代表前田穂南ら在籍(スポーツ報知)

●4月4日
世界選手権マラソン補欠、其田と安藤を選出/陸上(サンスポ)
オレゴン世界陸上のマラソン代表補欠が決定…男子は其田健也、女子は安藤友香(スポーツ報知)
世界陸上マラソン日本代表 其田健也と安藤友香が補欠に選出(スポニチ)
陸上の福士さん、板柳の「りんご大使」に就任(朝日新聞)
陸上長距離の石橋桜、東女体大へ進学 都大路は走れなかったけど…大学ではトラックで頑張る!(日刊スポーツ)

●4月3日
念願のマラソン世界切符 松田瑞生を再起させた母の言葉(産経新聞)
陸上人生振り返る一冊 福士さん、引退後語る(大阪日日新聞)

●4月2日
小池祐貴、米スタンフォード招待で今季初戦…100メートルで2位(スポーツ報知)
念願のマラソン世界切符 松田瑞生を再起させた母の言葉(産経新聞)
24年パリ五輪、競泳は夜決勝 マラソンは午前8時スタート(東京新聞)
旭川龍谷陸上部の阿部文仁監督が新陸上クラブ「Ryukoku AC」創設(スポーツ報知)
マラソン嫌いの新谷仁美が狙う「4つの日本記録」はそんなにすごいのか?(日刊ゲンダイ)

●4月1日
摂南大陸上競技部ヘッドコーチに竹澤健介氏 早大エースで箱根駅伝3年連続区間賞 北京五輪1万mにも出場(スポーツ報知)
田中希実 新社会人の抱負は「流れにまかせる」ヘルマン・ヘッセに影響(デイリースポーツ)
陸上・田中希実 新社会人の抱負は「流れにまかせる」 そのココロは…(スポニチ)
田中希実「結果出さないといけない責任感、緊張、プレッシャー」371人の“同期”と入社式(日刊スポーツ)
田中希実「流れにまかせる」色紙に新社会人の意気込み ヘッセ著「シッダールタ」などから着想(日刊スポーツ)
「強さと競争心」求める城西大、再起の春…成果の証明は箱根駅伝2023で(読売新聞)
流通経大の奈良修監督が退任 就任からわずか2年 ディランゴも1年で退学(スポーツ報知)
トヨタ自動車の藤本引退 陸上(時事通信)

●3月31日
【マラソン】松田瑞生が日本新に意欲満々「みずきさんの記録を瑞生が…」 世界選手権はメダル争いに自信(東スポ)
【マラソン】大迫復帰をどう思う? 鈴木健吾らJMC上位3人の感想は…(東スポ)
【マラソン】陸連が表彰式で〝自虐ネタ〟 瀬古氏ら出演ユーチューブの再生回数「伸びない」(東スポ)
鈴木健吾、一山麻緒が夫婦で1200万円獲得「マラソン界を盛り上げたい」JMCシリーズ表彰式(日刊スポーツ)
松田瑞生「みずきさんの記録をみずきが抜きたい」7月世界陸上で野口みずき超え日本記録意欲(日刊スポーツ)
松田瑞生、日本新記録へ意欲「みずきさんの記録を瑞生が抜きます」(スポーツ報知)
鈴木健吾、一山麻緒が夫婦でJMCシリーズ頂点に…瀬古利彦氏「お二人で日本のマラソンを引っ張って」(スポーツ報知)
鈴木健吾&一山麻緒 夫婦それぞれ表彰金600万円獲得 JMCシリーズアワード(スポニチ)
美女スプリンターの市川華菜さん、結婚を報告「力を合わせて笑顔あふれる家庭に」2ショット公開(スポーツ報知)

●3月30日
春の国学院大旋風、日本学生ハーフでワンツーフィニッシュ…箱根駅伝の注目株に(読売新聞)
昨季引退の市川華菜さんが中京大コーチ就任へ…ミズノ新体制発表(スポーツ報知)
2025年世界陸上は東京開催で決まりなのか? 日本陸連が国立競技場の規則をひっそり改正(日刊ゲンダイ)
新谷仁美「二度とやりたくない」マラソンで世陸代表入り…スピード面評価と高岡SD「いい順位への期待」(スポーツ報知)
新谷 マラソンと決別宣言も一転「もう一回、日本記録に向けて挑戦」、世界陸上日本代表選出(スポニチ)
鈴木健吾&一山麻緒、夫婦そろって世界選手権代表入り/マラソン(サンスポ)
新谷仁美「二度とやりたくない」から一転…マラソン再び! 7月「世界選手権」代表入り(サンスポ)
「自分に価値があることに気付いた」新谷、マラソン専念の転機は東京マラソン【陸上・日本代表】(中日スポーツ)

●3月29日
「マラソンもう嫌」新谷仁美がマラソン専念へ 自身に伸びしろ見いだしたか【陸上・日本代表】(中日スポーツ)
“最速の夫婦”鈴木健吾と一山麻緒が世界陸上マラソン代表に選出「2人で頑張っていけたら」(日刊スポーツ)
新谷仁美が世界陸上マラソン日本代表に選出「安藤さんと比較して1分5秒上回って」高岡寿成氏(日刊スポーツ)
世界最速夫婦が2人で世陸マラソンへ 鈴木「表彰台に挑戦したい」 一山「五輪以上の順位を」(スポニチ)
新谷仁美がオレゴン世陸マラソン代表入り…鈴木&一山の“最速夫婦”も参戦(スポーツ報知)
世界陸上マラソン代表 女子は一山麻緒、松田瑞生、新谷仁美に決定 男子は鈴木健吾、星岳、西山雄介(スポニチ)
佐藤圭汰が事実上の駒大デビュー「1500Mで世界陸上を狙います。3大駅伝でも区間新記録でチームに貢献したい」(スポーツ報知)
新谷仁美 マラソン継続表明「もう一度日本記録に挑戦を」 東京マラソン後「2度と走りたくない」から一転(スポニチ)

●3月28日
新谷仁美「もう1回、日本記録に向けて挑戦したい」マラソン挑戦継続、4つの日本記録が目標(日刊スポーツ)
東京五輪マラソン入賞、一山麻緒がワコール退社、資生堂へ 永山監督も(京都新聞)
マラソン一山が資生堂加入 女子で五輪8位、結婚機に(共同通信)
一山麻緒、資生堂移籍へ ワコール退社し再出発―女子マラソン(時事通信)
一山麻緒が資生堂に移籍、ワコールを3月31日で退社「結婚を機に関東での新たな拠点を」(日刊スポーツ)
マラソン一山麻緒 4月から資生堂へ移籍「心機一転、新たな環境でのスタートがとても楽しみ」(スポニチ)
一山麻緒、4月から資生堂へ移籍「心機一転、新たな環境でのスタートが楽しみ」(スポーツ報知)
選手と起業家〝二刀流〟 陸上日本選手権男子800覇者 田母神一喜さん(郡山出身)走る楽しさ伝える(福島民報)

●3月27日
育英大(高崎市) 嶌津秀一監督(55)…育英大、駅伝なぜ成長?(読売新聞)
トヨタの西山選手「もっと上へ」 別府大分毎日マラソンで自身初V/田原市長らへ今後の抱負(東日新聞)
川内優輝、3年ぶりボストン「先頭集団で勝負」パリ選考MGCは「テクニカルなコースがいい」(スポニチ)
「県民に感謝」陸上引退・福士さんが初の講演(東奥日報)

●3月26日
東京五輪3000M障害7位入賞の三浦龍司が今年初のトラックレース出場 3000Mで7分55秒(スポーツ報知)
五輪メダリスト円谷幸吉選手を冊子で顕彰 福島県須賀川市が発行(福島民報)
東京五輪「痛恨のバトンミス」の背景は 日本陸連ディレクターが語る(時事通信)

●3月25日
男子100に桐生、小池ら セイコー陸上(時事通信)
多田修平、桐生祥秀、小池祐貴らが男子100mエントリー 5月8日セイコーゴールデンGP陸上(日刊スポーツ)
【HAKONE LIFE】「日本一強い」東洋大牛久高の 山本浩之監督「一緒に走って生徒の力を引き出したい」(スポーツ報知)
【箱根への道】国学院大・前田監督、頂点へ「5年生」島崎慎愛がキーパーソン「最高の1年にしてほしい」(スポーツ報知)

●3月24日
鈴木と一山、夫婦でマラソン代表 新制度のポイントランキング1位―世界陸上(時事通信)
ジャパンマラソンチャンピオンシップ、初代王者に鈴木健吾と一山麻緒(読売新聞)
マラソン鈴木健吾&一山麻緒 夫婦で世界選手権の代表内定 ともに東京マラソン日本勢トップ(スポニチ)
セメンヤ、目指すは5000m世界陸上出場 3000mでは自己新(AFP)
急成長した長距離界のホープ山口智規が「世界の大迫」目指し早大へ/加藤友里恵(日刊スポーツ)

●3月23日
国立競技場で世界陸上開催可能に 日本陸連がルール改正(共同通信)
日本陸連「ウェルネス陸上」で裾野広げる 中長期計画「JAAF REFORM」説明(日刊スポーツ)
陸上女子中距離の川田朱夏が4月からニコニコのりに就職 就職支援制度「アスナビ」利用(日刊スポーツ)
桐生祥秀「日吉との最後のレース」 ライバル引退で惜別走 「感動した」「ステキ」の声(デイリースポーツ)
女子競技の未来「危うい」 世界陸連会長、トランス選手問題で警鐘(AFP)

●3月22日
田中希実「縁を大事に」豊田自動織機へ/陸上(サンスポ)
東京五輪女子1500で8位入賞、陸上・田中希実が豊田自動織機入り(スポニチ)
陸上女子の田中希実が4月から豊田自動織機に入社「人としても成長していけるよう」(日刊スポーツ)
ロシアの競歩選手、ドーピングで五輪金メダル剥奪へ(AFP)
五輪=女子競歩ロシアのラシュマノワ、ドーピングで金メダル剥奪(ロイター)
ドーピングでロンドン五輪金剥奪 女子競歩、ロシアのラシュマノワ(共同通信)
五輪金メダリストが薬物違反 ロシアの女子競歩選手―陸上(時事通信)
箱根復路110キロ、女子中学生6人がたすきでつなぐ…「フルマラソンにも挑戦したい」(読売新聞)
陸上 井上さん 京都・洛南高へ 中能登中で全中駅伝MVP 次の高みに(中日新聞)
広がるスポーツ界のロシア除外、為末大さんの考えは? ウクライナ侵攻にどう対応すべきか(共同通信)
源選手、NTNで世界陸上目指す 男子800メートルで日本タイ記録(伊勢新聞)

●3月21日
箱根駅伝当日変更で出番なしだった駒大・篠原倖太朗が好走連発(スポーツ報知)
大迫傑が現役復帰表明後“初レース”「真剣に」小学生らと快走(デイリースポーツ)
デュプランティスが世界新 男子棒高跳び―陸上(時事通信)
ロハスが女子三段跳びで世界新、ウクライナ選手が銀 世界室内陸上(AFP)
デュプランティスが男子棒高跳び6m20の世界新 世界室内陸上(AFP)
ウクライナの東京五輪銅・マフチフが女子走り高跳び優勝「母国守りたい」と砲撃避け会場へ(スポニチ)
春の高校伊那駅伝 県内外から120チーム(長野日報)

●3月20日
女子三段跳び、ロハスが世界新 陸上の世界室内選手権(共同通信)
野本、男子60障害で準決勝へ 走り高跳びの戸辺12位―世界室内陸上(時事通信)
春の「高校駅伝日本一」男子は佐久長聖が圧勝 エース吉岡大翔が好走(スポーツ報知)
松永V、世界選手権へ 全日本競歩能美大会(共同通信)
松永V、世界陸上へ 4年ぶり制覇、古賀友2位―全日本競歩(時事通信)
陸上のウクライナ女子選手が兵士に感謝し世界室内選手権金メダル「彼らのおかげでここにいる」(東スポ)
ウクライナ選手が女子走り高跳びで金、世界室内陸上(AFP)
五輪100m王者ヤコブスが男子60m制覇、世界室内陸上(AFP=時事)

●3月19日
ブブカ氏、母国ウクライナ選手の安否確認に追われる日々(AFP)
五輪=リラ氏が無罪主張、東京大会出場選手に違法薬物提供の疑い(ロイター)
チェルシー購入の入札が締め切り カブスオーナーや世界陸連会長、元所属スター選手らが応募(東スポ)
マラソンのキプチョゲ、心を整えた行者の走り(日本経済新聞)

●3月18日
田中、日本新も決勝に進めず 女子1500予選―世界室内陸上(時事通信)
陸上ダイヤモンドリーグ、ウクライナ侵攻のロシアと支援したベラルーシの選手を大会から除外(日刊スポーツ・共同)

●3月17日
福岡国際マラソン「復活」にこれだけの疑問 昨年終幕のはずが…なぜ?(日刊ゲンダイ)

●3月16日
短距離界のホープ デーデー・ブルーノ〝珍目標〟「名刺を作り直してもらいたい」(東スポ)
デーデー・ブルーノ「TEAM SEIKO」で10秒19自己記録入り名刺 「また作り直してもらえるように」(スポーツ報知)
混合1600リレー、走順は男女交互 世界陸連(時事通信)
物議を醸した大阪国際女子 女子レースで男子PMが引っ張る違和感を専門家に聞く(日刊ゲンダイ)

●3月15日
ウィメンズでタイムも順位も昨年を上回れなかった福居紗希、悔しさばねに捲土重来を期す【マラソン】(中日スポーツ)
福士加代子さんの野望「ざっくり園長になれれば」所属先ワコールに託児所開設を提案(日刊スポーツ)
福士加代子さん自著出版の“本音会見” 有森裕子さん、高橋尚子さんは「怖い人たちじゃなかった…」(スポーツ報知)

●3月14日
日本陸連、23年世界選手権の内定条件案を発表 今年の入賞最上位者に優先措置(スポニチ)
陸連 世陸の報奨金大幅減 金1000万が300万「財政を考えて」17年前の水準に(デイリースポーツ)
昨年で幕おろした福岡国際マラソン、後継新大会として今年以降も継続 これまでのコースも継承(日刊スポーツ)
昨年12月終了の福岡国際マラソン、後継大会が今年12月に開催へ(スポーツ報知)
12月4日に「福岡国際マラソン2022」開催 昨年終了も継続決定(スポニチ)
昨年で終了の「福岡国際マラソン」が復活 従来コースを使用し後継大会を12月4日に開催(中日スポーツ) 
福岡国際マラソン、後継大会が決定 新たな運営体制を構築(時事通信)
〝腹筋バキバキ〟のトルソワが陸上競技転向に意欲=タス通信報道(東スポ)
安藤友香 日本人最高3位でMGC切符 「忍者走り」でニンニン!2時間22分22秒(スポニチ)
世界選手権女王チェプンゲティッチが大会新V 世界最高賞金2900万円ゲット(スポニチ)
増田明美さんが分析 日本人トップでゴールの安藤友香、ゴール時22度で記録以上の価値(スポーツ報知)
安藤友香、2づくしでゴール 2時間22分22秒で日本人トップの3位(スポーツ報知)
男子60mは坂井隆一郎が優勝、多田修平は棄権 日本室内選手権(日刊スポーツ)
東北の有力スポーツ選手の進路は… 高校、大学を今春卒業、次のステージへ(河北新報)

●3月13日
小出義雄さんのピンクのシャツは弟子や孫弟子に何を訴えたのだろう【満薗文博コラム・光と影と】(中日スポーツ)
鈴木優花が現役大学生で唯一のMGC出場権「大学のトレーニングの正しさを証明したい」【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
「マラソンもう走らない」新谷仁美について…陸連「所属先と本人の気持ちもある」世界選手権出場の意思確認へ(中日スポーツ)
3位の安藤友香「悔しい」率直な思い吐露「強い選手についていけなくて…」【名古屋ウィメンズ】(中日スポーツ)
世界と戦うには…42・195キロを全力で走り続けられるような練習の見直しも必要【名古屋ウィメンズ・金哲彦評論】(中日スポーツ)
「万全ではなかった」岩出玲亜、苦しみながらもMGC出場権獲得「仕事果たせた」【名古屋ウィメンズ】(中日スポーツ)
安藤友香、細田あい、鈴木優花ら8選手にMGC出場権【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
初マラソン太田琴菜が5位でMGC出場権ゲット 鈴木亜由子からの激励LINEに応えた【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
「辞めなくてよかった…」4位の細田あい涙、大幅自己新でMGC出場権獲得【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
和久夢来、恩師・小出義雄さんの思い背負い…「監督をパリに連れて行きたい」【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
「ペースメーカーゆっくりすぎる」序盤で抜け出したチェプンゲティッチが大会新V【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
野村沙世が初の地元大会で”恩返しラン”「幸せな気分で走ることができた」【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
安藤友香が日本選手最高の3位、優勝は2時間17分18秒の好タイム、大会新でチェプンゲティッチ【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
【名古屋ウィメンズ】日本人トップ3位安藤友香「今日のレースでは戦えない」パリ五輪へ鍛え直す(日刊スポーツ)
【世界選手権選考】松田瑞生、一山麻緒は確実 残り1枠は新谷仁美と安藤友香の争い(日刊スポーツ)
【名古屋ウィメンズ】世界最高額25万ドル獲得のチェプンゲティッチ、使い道は「ふふふ」(日刊スポーツ)
【野口みずき】これが本物のレース チェプンゲティッチ5キロからペースメーカー置き去りで独走(日刊スポーツ)
【名古屋ウィメンズ】安藤友香「世界との差を感じた」3位、5キロで離され「悔しい」と第一声(日刊スポーツ)
【名古屋ウィメンズ】細田あい、自己新での日本人2位に涙…引退決意も「つながり」MGCゲット(日刊スポーツ)
【名古屋ウィメンズ】安藤友香が日本人トップ3位 チェプンゲティッチが大会新記録で優勝/詳細(日刊スポーツ)
【名古屋ウィメンズ】安藤友香、日本人トップの3位 MGC出場権獲得「パリではメダル獲得を」(日刊スポーツ)
【名古屋ウィメンズ】チェプンゲティッチ優勝&25万ドルゲット 世界歴代4位の実力見せた(日刊スポーツ)
学生新記録で5位の鈴木優花、24年パリ五輪でメダル&入賞を「大きな目標に」…卒業後は第一生命入り(スポーツ報知)
賞金25万ドル、マラソン男女通じ世界最高額…優勝のチェプンゲティッチ、使い道は「まだ全く考えていない」(スポーツ報知)
安藤友香がゾロ目の2時間22分22秒でゴール…日本人トップの3位に「パリ五輪ではメダルを目指して」(スポーツ報知)
坂井が男子60メートルV 多田は決勝を棄権―陸上日本室内選手権(時事通信)
坂井が優勝、多田は棄権 陸上の日本室内選手権(共同通信)
多田修平、日本室内陸上60Mで決勝棄権「体が重い」 予選2位突破も体調考慮で世界室内へ仕切り直し(スポーツ報知)
国学院大1年の平林清澄が日本学生ハーフ初優勝…24年パリ五輪へ「来年、MGCを狙います」(スポーツ報知)
「日本一速い監督」立大・上野裕一郎監督が現役学生ランナーに交じり快走…立川シティ優勝(スポーツ報知)
ハーフマラソン学生日本一は国学院大の平林清澄 2位も国学院大の中西大翔(スポーツ報知)
IOC、ウクライナ支援2千万円 選手退避や医療で(共同通信)
青木益未、女子60メートル障害で3連覇 森本麻里子、女子三段跳び室内日本新でV(日刊スポーツ・共同)

●3月12日
【名古屋ウィメンズマラソン】7月世界選手権の代表選考会 カギは新谷と上杉のタイム上回れるか(中日スポーツ)
「守りに入らずチャレンジ」 松田杏奈は自己記録更新に挑む【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
【名古屋ウィメンズマラソン】期待の若手・鈴木優花「不安よりも楽しみが大きい」と明るい表情(中日スポーツ)
「状態はここ数年で一番」 清田真央、MGC獲得へ意気込み【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
安藤友香「優勝するという目標で頑張ります」海外勢と真っ向勝負誓う【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
小出義雄監督の最後の教え子・和久夢来 内に秘めた才能を見抜いた名伯楽の言葉【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
女子60m障害は青木がV3 陸上の日本室内選手権(共同通信)
女子円盤投げ日本記録保持者の郡菜々佳「必ず結果を」新潟アルビレックスランニングクラブに入団(日刊スポーツ)
仙台育英高陸上長距離 真名子圭監督が退任 4月から母校・大東大へ(河北新報)
箱根駅伝優勝4回も近年低迷の大東大再建に高校日本一・仙台育英の真名子圭監督が就任へ(スポーツ報知)

●3月11日
25万ドル獲得へ安藤友香「力出し切り後悔ないレースを」名古屋ウィメンズマラソン招待選手会見(日刊スポーツ)
前回5位の田中華絵、世界最速の男の走りを刺激にMGC切符目指す【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
世界歴代4位のチェプンゲティッチは同国ランナーに刺激「彼女のように世界記録を更新できるように」【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
“3度目の正直”なるか 安藤友香が居並ぶライバルたちの前で堂々V宣言【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
V賞金25万ドルの名古屋ウィメンズ、13日号砲…安藤友香は一山、新谷から刺激(スポーツ報知)
世界室内代表に多田修平、戸辺直人、橋岡優輝、田中希実ら…セルビアで開催(スポーツ報知)
マラソン鈴木健吾「選ばれたら前で勝負できる積極的な走りを」7月の世界選手権へ気合(日刊スポーツ)
マラソン鈴木健吾「世界でメダル争いできるように強さ、速さを磨いていかないといけない」(スポーツ報知)
マラソン男子・鈴木健吾「積極的な走りで勝負したい」世界選手権トップ争いへ名乗り(スポニチ)
ロシアとベラルーシの大会出場「あり得ない」 世界陸連会長(AFP=時事)
元日本代表・金丸祐三現コーチが陸上女子の強豪・大阪成蹊大監督に就任(スポーツ報知)
世界陸連、ベラルーシ陸連に世界選手権参加などを禁止する制裁決める(読売新聞)
ベラルーシ連盟を資格停止 世界陸連(時事通信)
「速すぎて…足元にも及ばない」尊敬する同学年ランナーから金言もらった竹山楓菜【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
プロランナー岩出玲亜「寂しいけど…尊敬してます」退任する帝京大ラグビー部・岩出雅之監督はおじ(中日スポーツ)
【箱根への道】順大クインテット、打倒・青学へ伝説超える…西沢侑真新主将「全員が区間賞争い」(スポーツ報知)

●3月10日
安藤友香が入村 レース当日は気温上昇の予報、ドリンクの絶対確保を誓う【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
名古屋ウィメンズマラソン優勝賞金は世界最高額!25万ドル約2875万円!女子アスリート応援(日刊スポーツ)
『7番は駄目なんだ』 川内理江、大阪の忘れ物は名古屋でつかみ取る【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)

●3月9日
「日本一速い監督」立大の上野裕一郎監督が日本学生ハーフマラソン併催の立川ハーフマラソンに参戦(スポーツ報知)
東京マラソンでは3分の差…日本最速の鈴木健吾が王者キプチョゲに迫る方法とは(日刊ゲンダイ)長野の山間で育まれた強さと柔らかさ 細田あい「日の丸を付けて走るのは自分の夢」世界選手権、そしてパリ五輪へ【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)

●3月8日
大迫選手、仙台国際ハーフのゲストランナーに 市長との約束通り(河北新報)
ブブカ氏、スポーツ界に母国ウクライナの支援求める(AFP=時事)
陸上走り幅跳び 東海大静岡翔洋・深沢瑞樹が日本高校記録を狙う「絶対に跳びたい」(スポーツ報知)
デュプランティスが6m19の世界新樹立、男子棒高跳び(AFP=時事)
陸上=デュプランティス、男子棒高跳び世界記録を更新(ロイター)
デュプランティスが世界新 陸上男子棒高跳び(時事通信)
脳裏に焼きつく高橋尚子さん金…東京五輪1万m出場の安藤友香 パリ五輪へ「次こそマラソンで出たい」【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
【陸上】MGCへ中国地方実業団から2人 相葉(中電工)と岡本(中電)、30代が奮闘(中国新聞)
戸辺直人、走り高跳び日本新記録とパリ五輪メダルへ誓い 東京五輪のアキレスけん痛乗り越え(時事通信)

●3月7日
【コラム】東京マラソンで感じたウクライナとの連帯…Vキプチョゲの思いに沸き起こった拍手(日刊スポーツ)
一山麻緒恩師明かす「あの夫婦は持っている」ともに状態万全ではなかった東京マラソンギネス樹立(日刊スポーツ)
【東京マラソン】キプチョゲ世界記録更新なら4400万円ゲットだった…賞金事情にフォーカス(日刊スポーツ)
【東京マラソン】日本勢トップ4位鈴木健吾 一夜明けツイート「大きな一歩」さらなる飛躍誓う(日刊スポーツ)
開いた世界との差にも…瀬古利彦氏はご満悦 東京マラソン 鈴木、一山夫妻がそろって日本選手トップ 一昨年、大迫への辛口評価と大違い(夕刊フジ)
メイエールが世界室内欠場、コロナワクチンの影響明かす(AFP=時事)
星岳選手、マラソン優勝を仙台大明成高で報告 「母校の教えが原点」(河北新報)
世界最速夫婦だ!鈴木&一山が同一マラソン夫婦合計タイムギネス記録更新(スポニチ)
一山 女子日本勢最高6位 終盤までトップ争い新谷に感謝(スポニチ)
新谷 13年ぶりフルマラソン挑戦で日本歴代6位自己新も「やっぱり私はトラックで頑張りたい」(スポニチ)
キプチョゲ初出場初V コース間違えタイムロスも日本国内最高2時間2分40秒(スポニチ)
コスゲイ、Vで東京五輪の雪辱 女子国内最高記録2時間16分2秒(スポニチ)
諏訪利成氏 鈴木と一山に見たプレッシャーに打ち勝つ強さ(スポニチ)
キプチョゲ恐るべし…コース遠回りしても大会新 先導の白バイが間違えた(スポーツ報知)
鈴木健吾、一山麻緒と世界最速夫婦だ 合計4時間26分30秒でギネス更新(スポーツ報知)
一山麻緒、鈴木健吾と夫婦で国内最高位「2人で1番はすごくうれしい」…東京マラソン6位(スポーツ報知)
【東京マラソン】大会新Vのコスゲイ、向かい風なければ「15分を切って走れたと思う」(日刊スポーツ)
【東京マラソン】新谷仁美、自己新も「2度と走りたくない。よく好きでやっているな。もう嫌」(日刊スポーツ)
男子8人、女子3人がパリ五輪代表選考会「MGC」出場権獲得(日刊スポーツ)
其田、「100点」のレース 東京マラソン(時事通信)
日本テレビ系「東京マラソン」視聴率11・3% 鈴木健吾と一山麻緒夫妻がそれぞれ日本人トップ(日刊スポーツ)
【尾方剛さん解説】鈴木健吾は自力で押せたのが好記録につながった…東京マラソンで日本勢最高4位(スポーツ報知)
【増田明美さん解説】一山麻緒は新谷仁美と互いの力を引き出し合った…東京マラソン日本勢最高位6位(スポーツ報知)
陸上男子ロードレース50キロ モコカが世界新の2時間40分13秒(日刊スポーツ)

●3月6日
東京マラソン、参加者は1万9188人(毎日新聞)
【東京マラソン・谷口浩美の目】鈴木健吾は自己ベストを狙うなら先頭集団で走るレースを(サンスポ)
陸連瀬古利彦副会長 快走のキプチョゲを大絶賛「神のような人。よくぞ地球上に」(デイリースポーツ)
【東京マラソン・男子】世界記録保持者キプチョゲが優勝 鈴木健吾が日本勢最高の4位/詳細(日刊スポーツ)
世界選手権マラソン代表の選考方法は?男女各3選手 鈴木健吾&一山麻緒ともにJMCランク1位(日刊スポーツ)
【東京マラソン】一山麻緒、夫の鈴木健吾と揃って日本人1位!同一大会夫婦合計のギネス記録更新(日刊スポーツ)
【東京マラソン・女子】一山麻緒が日本人最高の6位、新谷仁美7位 大会新でコスゲイV/詳細(日刊スポーツ)
【瀬古利彦】精神的に結婚がいい影響及ぼした鈴木健吾と一山麻緒 後に続く選手のロールモデルに(日刊スポーツ)
【東京マラソン】新谷仁美、笑顔で「マラソンはもう嫌」一山麻緒には感謝「彼女がいて良かった」(日刊スポーツ)
【東京マラソン】キプチョゲ2時間2分40秒優勝!日本国内初の2分台 女子コスゲイも国内最高(日刊スポーツ)
大迫傑、キプチョゲに質問「どうしたら長く活躍できるか」回答は…(日刊スポーツ)
キプチョゲ、自ら会見延長し世界平和訴える「結束して、団結して、解決策を」(日刊スポーツ)
「STRONG」キプチョゲV「ストロングの意味が分かってくれたと思います」(日刊スポーツ)
「ほぼ歩いている状態」 吉田祐也が初めてぶつかった「未知」の壁(朝日新聞)
東京マラソン「上野3丁目の失態」 キプチョゲら正規コース走らずゴール 白バイがコース間違える(スポーツ報知)
新谷仁美、東京マラソン好走も“新谷節”さく裂「2時間以上も走る必要ないわな…」
マラソン世界最強夫妻の鈴木健吾&一山麻緒を鈴木の恩師、大後栄治監督が祝福(スポーツ報知)
キプチョゲの圧巻の走りに現役復帰の大迫傑「厳しい世界に戻ってきたと襟を正す思いです」(スポーツ報知)
箱根駅伝5区区間賞の細谷翔馬が日本学生歴代3位の好タイム 今春から公務員ランナー(スポーツ報知)
瀬古利彦氏、キプチョゲを絶賛「神のような人」 国内最高2時間2分40秒V(スポーツ報知)キプチョゲ、序盤でコース間違えも異次元快記録…早野忠昭ディレクター「一安心している」(スポーツ報知)
13年ぶりのマラソン挑戦で自己記録大幅更新7位の新谷仁美「マラソンはもうやらない。もう嫌っ」(スポーツ報知)
鈴木健吾&一山麻緒マラソン世界最強夫妻 同一レースで合計4時間26分30秒(スポーツ報知)キプチョゲが圧勝 先導の白バイがコースを間違えタイムロスも2時間2分40秒 鈴木健吾が日本人トップ(スポーツ報知)
男女の世界記録保持者が参戦の東京マラソンが間もなくスタート 新谷仁美、一山麻緒が17年ぶりの日本記録更新なるか(スポーツ報知)
【増田明美さん解説】新谷仁美の日本新記録の成否は“省エネ”が左右する…東京マラソン今日号砲(スポーツ報知)
【東京マラソン】男女ともに世界記録持つ外国勢注目 男子五輪連覇キプチョゲ 女子コスゲイ(日刊スポーツ)

●3月5日
13年ぶりマラソン挑戦の新谷仁美 失意の五輪乗り越える(産経新聞)
東京マラソンで「世界」を体感 高岡寿成SDインタビュー(産経新聞)
川野が35キロで4位 競歩世界チーム選手権(時事通信)
ブブカ氏「われわれが勝つ」 棒高跳びの伝説、母国ウクライナ支援(AFP=時事)
初マラソン日本歴代1位でVの星岳が仙台大明成で優勝報告
鈴木健吾 6日号砲・東京マラソンに「チャレンジャーとして、ワクワクする」五輪連覇キプチョゲも参戦(スポーツ報知)
新谷節で「新しい恋人」探し 6日東京マラソンで13年ぶりフル挑戦、日本記録更新狙う(スポニチ)
男子世界記録保持者・キプチョゲ「強い決意を持って走る」、レース後のあんパン楽しみ(スポニチ)
鈴木&一山“夫妻記録”更新は興味なく平常心「目指してない」「みじんもない」(スポニチ)
土方は“設楽先輩タイム”2時間6分11秒目標「多くの選手に勝てるように頑張る」(スポニチ)

●3月4日
男子日本記録保持者・鈴木健吾「貪欲にチャレンジしたい」世界選手権出場権獲得へ意欲【東京マラソン】(中日スポーツ)
一山麻緒、夫の鈴木健吾とともに出場 “夫妻”のギネス記録は「目指していないです」【東京マラソン】(中日スポーツ)
東京五輪を引きずる過去の自分と決別 新谷仁美はただ必死に42・195キロに臨む【東京マラソン】(中日スポーツ)
初マラソンV星岳が母校仙台大明成で優勝報告会「学校の力に地元の力になれるよう」MGCへ意欲(日刊スポーツ)
東京マラソン有力選手が会見 キプチョゲ「強い走りを」(時事通信)
東京マラソン出場のキプチョゲ、ロシアのウクライナ侵攻に「話し合うことが大事だと思います」(日刊スポーツ)
新谷仁美13年ぶりマラソン「魅力分からない」「新しい恋人見つけられるよう」新谷節で決意(日刊スポーツ)
世界記録保持者キプチョゲ、あんパン好きを公言「強いレースを」/東京マラソン(サンスポ)
東京マラソンで13年ぶりマラソン挑戦の新谷仁美らが会見「新しい恋人を見つけられるように楽しみたい」(スポーツ報知)
男子マラソン絶対王者のキプチョゲがロシアのウクライナ侵攻に「テーブルに集まり、解決策を」(スポーツ報知)
現役復帰の大迫傑に瀬古利彦リーダー期待「パリ五輪代表争いに加わるでしょう」(スポーツ報知)
ホクレン女子陸上部が来春解散…かつては北京五輪代表・赤羽有紀子さんも所属(スポーツ報知)

●3月3日
東京マラソン、一般ランナー受け付けスタート…参加者にPCR検査義務付け(読売新聞)
関東学生陸上で箱根駅伝と並ぶ2大イベントのインカレは国立競技場開催! 原監督「楽しみです」(スポーツ報知)
ホクレン陸上部来春解散 コロナ禍の減収など理由(産経新聞)
ホクレン女子陸上部解散へ 「ママさんランナー」赤羽有紀子らが活躍(スポニチ)
世界陸連、ロシアを全ての主催大会から除外 「中立選手」もNG コー会長「今回は事情が違う」(スポニチ)

●3月2日
静岡県出身の高校生ナンバー1ランナー・米沢奈々香インタビュー(スポーツ報知)
仙台育英・米沢奈々香 宮城で大きく成長、次のステージへ(スポーツ報知)
砲丸投げのアダムズが引退 五輪4大会連続メダル/陸上(サンスポ・共同)
世界陸連、ロシアとベラルーシ除外(時事通信)
陸上、卓球などロシアを除外 ウクライナへの侵攻で(共同通信)

●3月1日
東京マラソンに挑む新谷仁美、失意の五輪経て「過去との果たし合い」へ…中距離コーチが授ける独自の攻略法(読売新聞)
コニカミノルタ酒井勝充監督代行が1年ぶりに監督に復帰(スポーツ報知)
東京五輪代表・児玉芽生とのパリ「共演」誓うハードラー鎌田咲季 福岡県支援事業でアスリート社員に(西日本スポーツ)

過去のニュース
2022年1~3月
2021年10~12月
2021年8~9月
2021年5~7月
2021年1~4月

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com