HOME 【Headline】今日の陸上ニュース(過去記事)※2023年1月~6月

陸上関連のニュース記事のLINKを毎日更新!

広告の下にコンテンツが続きます

●6月30日
名大院出身・本郷汰樹、初の日本代表 狙うは世界陸上、英大会へ(毎日新聞)
25年世界陸上東京大会、運営組織の代表理事に尾県貢氏「新しいスポーツ界のモデルを」(日刊スポーツ)
【陸上】日本陸連、パリ五輪1万mの代表内定条件を承認 24年日本選手権の日程も決定(日刊スポーツ)
日本選手権優勝者をパリ五輪代表に 陸上1万メートル(産経新聞)
インターハイ表彰台“1位”は自分が上がる 陸上・河原怜音選手(岡山商大附属)【キラキラアスリート】(FNNプライムオンライン)
オリスラガース、今季世界最高V 陸上DL(時事通信)
【HAKONE LIFE】元青学寮長からトレイルラン世界最高峰への挑戦 神野大地先輩きっかけ(スポーツ報知)
【箱根への道】中央学院大「1人に頼りすぎず」箱根一本勝負!エース吉田礼志が熱中症で全日本逃す(スポーツ報知)
箱根駅伝全国化は24年1回限り確実視に関西勢は理解の声「1回きりになるだろうとは思ってた」(日刊スポーツ)

●6月29日
アジア大会開閉会式は8万人収容 9月開幕、中国・杭州の会場公開(共同通信)
山下泰裕氏、JOC会長3期目 新専務は陸連会長の尾県貢氏(共同通信)
【陸上】ホクレンDC士別大会に田中希実出場! 細谷恭平、佐藤早也伽らMGC出場者も参戦(日刊スポーツ)
【陸上】設楽悠太が西鉄入社を発表「自身の走りで貢献」個人目標に25年世界選手権出場掲げる(日刊スポーツ)
福岡大、箱根駅伝予選会出場を断念 当初前向きも「一つの方向に向かえないなら…」(西日本新聞)
【陸上】日本男子400mリレー、DL代表メンバー発表!坂井隆一郎ら世界選手権の出場権目指す(スポーツ報知)
マラソン元日本記録保持者・設楽悠太、7月から西日本鉄道に所属を発表「貢献できるように頑張ります」3月末にホンダ退社(スポーツ報知)
話題沸騰のOnスパイク、2種類発売  横田真人氏「想像以上」/陸上(サンスポ)
【陸上】“全国化”来春の箱根駅伝は23校出場 例年より3校増も関東以外の予選会突破は高い壁(日刊スポーツ)
箱根駅伝、予選会は全国から参加可能も関東勢以外には茨の道 「関東勢以外の最高は25位くらい」の声も(スポーツ報知)
箱根駅伝、関大は不参加表明「出雲駅伝・全日本大学駅伝・丹後駅伝で優勝目指したいという声が強かった」(スポーツ報知)
箱根駅伝の出場校が3枠増! ボーダーライン校にチャンス…来年1月開催の100回記念大会(スポーツ報知)
陸上男子長距離の元日本記録保持者・布上正之さん89歳で死去…北海道陸上界に多大な功績残す(スポーツ報知)

●6月28日
【全中出場決定】陸上 鶴藤健琉選手・川本航太選手(岡山・京山中3年)【キラキラアスリート 岡山】(FNNプライムオンライン)
【全中出場決定】陸上 石原万結選手・南和奏選手(岡山・京山中2年)【キラキラアスリート 岡山】(FNNプライムオンライン)
ナイター陸上記録会 安部(十八親和銀)2位 一般・高校・中学女子3000(長崎新聞)
亀田仁一路を擁する関大が10月の第100回箱根予選会不参加を表明 「出雲、全日本で地方勢トップと丹後駅伝で優勝を目指したい」(スポーツ報知)
青学大・原晋監督「影響力あるスポーツ人になるべき」箱根駅伝全国化が来年限りの方向に再び異論(日刊スポーツ)
【陸上】チェコ開催大会に参戦の北口榛花、63m72で優勝/今季の成績一覧(日刊スポーツ)
男子110M障害の泉谷駿介、13秒37の4位 「全然駄目。この調子ではまずい」…(スポーツ報知)
やり投げ女子・北口榛花、63メートル72で優勝「勝てて良かった」(スポーツ報知)
双子で挑むインターハイ 男子1600メートルリレー「高校記録を塗り替える」(西日本新聞)
本格転向2年で「アジア王者」 世代屈指のスプリンターが描く未来(西日本新聞)
【陸上】女子やり投げ北口榛花が優勝、110障害の泉谷駿介は4位「この調子ではまずい」(日刊スポーツ)
女子やり投げで北口が優勝 陸上国際大会(北海道新聞)
走り幅跳び吉田弘道が味わった天国から地獄 5月に8メートル26も6月の日本選手権は7メートル54(スポニチ)
「全国化」第100回大会の来年1月箱根駅伝の出場校は20校+3校 記念大会の特別ルール(日刊スポーツ)

●6月27日
日清カップ県小学生陸上 小河原さんが5年女子800㍍優勝(日高新報)
盛岡市で小学生の陸上記録会 応援背にトラック・フィールドで記録更新目指す(TBS NEWS DIG )
世界最速の会計士が100mで9秒93「文字通り飛んでいるような感覚だった」英国歴代4位タイ(日刊スポーツ)
青学大・原晋監督「まさに茶番劇」箱根駅伝の全国化が来年1月の100回大会限りの見通しに異論(日刊スポーツ)
「全ての世界記録を消し去る」実業家がドーピング容認の総合大会を計画 陸上、水泳など5競技(日刊スポーツ)
U20陸上 優勝など船橋市長に報告 市船高の山中さん、杉本さんら5人(東京新聞)
箱根駅伝“全国化”は第100回大会限り見通し 101回予選会参加資格は従来の「関東学連」に(日刊スポーツ)

広告の下にコンテンツが続きます

●6月26日
日本陸連・尾県貢会長が重任「多くの人が楽しめる陸上を推進したい」専務理事は田崎博道氏が新たに就任(デイリースポーツ)
【陸上】ヘルシンキ五輪金メダリストのディーン・スミスさん死去 引退後はスタントマンで活躍(日刊スポーツ)
吉田(西池ジュニア)100大会新 県学童陸上(宮崎日日新聞)
清水(男子100)門田(男子砲丸投げ)県中学新 県中学陸上(中日新聞)
陸上=ベルギー砲丸投げ選手が100m障害出場、母国失格の危機で(ロイター)
山縣亮太、復帰後シーズンベスト10秒29 パリ五輪へ「一歩ずつ順調に上がってきている。全て来年のため」(スポーツ報知)
夫婦でMGC弾み! 一山が独走V、鈴木は昨年3月以来復帰戦で(スポニチ)
女子100メートル障害 青木が12秒90で大混戦制した 日本選手権の雪辱晴らした(スポニチ)
多田修平 100m五輪後ベスト10秒21「殻破れそう」 桐生きっかけ、バッシング乗り越えた(デイリースポーツ)

●6月25日
山縣亮太 目標の10秒2台「着実に走りが戻りつつある」日本記録樹立の布勢スプリントで手応え(デイリースポーツ)
青木益未が女王寺田明日香にリベンジV 来月アジア選手権で世界選手権の参加標準突破に照準「緊張感の中で出せたら」(デイリースポーツ)
砲丸投げ選手がハードラーに、チームの失格危機で急きょ出場(AFP=時事)
「国内最古」陸上競技場、完成100年へ…織田幹雄らオリンピアン育む(読売新聞)
一山がハーフ女子制す 男子は定方V、復帰の鈴木7位―函館マラソン(時事通信)
女子は一山麻緒が優勝 函館マラソンのハーフ(共同通信)
【陸上】鈴木健吾、函館ハーフで昨年3月以来の実戦復帰!1時間2分46秒の7位でフィニッシュ(日刊スポーツ)
【陸上】サロマ湖100kmウルトラマラソンで山口純平が日本新記録達成で思わず涙(日テレNEWS)
【陸上】男子200m アメリカのノア・ライルズ 20秒未満レースの数でボルトの記録に並ぶ(日テレNEWS)
ヒューズが9秒83、男子100m英国最高記録を更新(AFP=時事)
休養明けの多田修平 10秒21で2位、東京五輪のバトンミスから「殻破れそう」布勢スプリント(デイリースポーツ)
男子100m 鈴木涼太が10秒17 自己ベストで誕生日V、多田は10秒21で2位、手術から復活の山縣はB決勝で1位【布勢スプリント】(TBS NEWS DIG)
【陸上】山縣亮太が10秒34で100メートルB決勝を制す 布勢スプリント(日刊スポーツ)
【陸上】東京五輪代表の青木益未が12秒90でV 寺田明日香に競り勝つ 100メートル障害(日刊スポーツ)
スズキの鈴木涼太、10秒17でバースデーV「最高の誕生日」(スポーツ報知)
山縣亮太、決勝は10秒34…同走デーデーは10秒40(スポーツ報知)
ジャマイカの新星、男子日本記録のスタジアムで圧巻の走り「とても走りやすいトラック」(スポーツ報知)
野本周成、世陸参加標準突破でVも内定はお預け…大会新の13秒28(スポーツ報知)
女子100mハードル 青木益未が0.01秒差で優勝!日本選手権Vの寺田が2位、日本記録保持者の福部が3位【布勢スプリント】(TBS NEWS DIG)
青木益未、12秒90で優勝…高反発タータン生かす「走らされて前に進む感覚」(スポーツ報知)
山縣亮太、日本新樹立のトラックで10秒29…東京五輪直前の21年には9秒95(スポーツ報知)
君嶋愛梨沙、全体トップ11秒41で決勝へ…ジャマイカの新星も11秒44をマーク(スポーツ報知)
寺田明日香、全体トップ12秒92で決勝へ…12秒78突破なら世陸内定(スポーツ報知)
福部真子、12秒96で決勝へ…涙のV逸日本選手権から再起の一歩(スポーツ報知)

●6月24日
【陸上】名古屋大が11年ぶり全日本大学駅伝出場へ 2位皇学館大は連続出場「6」で途切れる(日刊スポーツ)
君嶋愛梨沙 日本記録を視野「11秒1台を目指したい」布勢スプリント前日会見(デイリースポーツ)
山縣亮太 日本記録樹立の布勢スプリントへ「感触思い出す」前日会見で抱負「殻を破るレースを」(デイリースポーツ)
100Mの山縣亮太、日本記録をマークした布勢スプリントに2年ぶりの参戦「一番状態が良い」(スポーツ報知)
東洋大「収穫の多い」男鹿駅伝に…復帰のエース松山和希力走「箱根の2区をフラッシュバック」(読売新聞)
男鹿駅伝、青学大が大会新記録で初優勝…「山の神」候補の若林宏樹が区間賞の好走(読売新聞)
「仮想箱根駅伝」男鹿駅伝で青学大が初優勝 原晋監督「箱根駅伝V奪回への第一歩です」(スポーツ報知)
学生3大駅伝「登竜門」男鹿駅伝は青学大優勝 ロッテ佐々木朗希の幼なじみ佐々木塁がゴールテープ切る(スポーツ報知)
大舞台 心から楽しむ 「日本勢全員が決勝」目標 陸上女子やり投げ 北口榛花(読売新聞)

●6月23日
【陸上】高校全国3冠の順大・大野聖登「三浦龍司さんのように」目指すはトラック、駅伝の両立(日刊スポーツ)
室伏由佳さんが日本陸連理事に、増田明美さん再任…女性理事は最多13人で43%占める(読売新聞)
【陸上】日本陸連理事に木村文子さん新任 女性割合は過去最高43.3%、平均年齢約3歳若返り(日刊スポーツ)
競歩・山西利和に「パワー!!」注入 同僚が“なかやまきんに君”真似て熱いエール(スポニチ)
競歩・丸尾知司、6年ぶり世界陸上はメダルが照準「応援してくれる方がいる限り…(スポニチ)
【競歩】山西利和、世界選手権3連覇へ「積極的にレースを」 丸尾知司は17年以来の代表(日刊スポーツ)
「学生3大ローカル駅伝」の第2戦、男鹿駅伝が24日号砲 中大、青学大、順大、東洋大、東海大など参戦(スポーツ報知)
木村文子氏が日本陸連理事に就任 100障害でロンドン五輪と東京五輪出場(中国新聞デジタル)
競歩の山西利和、世陸3連覇から24年パリ五輪制覇も見据え「レース自体が来年のシミュレーション」(スポーツ報知)
泉谷駿介「わくわく感大きい」 DL初参戦へ決意/陸上(サンスポ)
陸上の永江君、野中さんがインターハイへ(日髙新報)
世界陸上110mH日本人初の決勝へ、泉谷駿介が“武者修行”「13秒0台が海外で出せたら自信に」(TBS DIG NEWS)
栗山英樹氏と原晋氏、2人の名将がスペシャル対談! 読売新聞が動画インタビュー…7月1日配信(スポーツ報知)

広告の下にコンテンツが続きます

●6月22日
小針だけじゃない!!佐野(静岡市立)高校女子スプリンター 11秒8台連発、全国へ(静岡新聞)
「目標10秒1台、インカレで優勝を」 灰玉平(八学大)、陸上日本選手権7位報告(デーリー東北)

●6月21日
【陸上】7月1日実業団・学生対抗に柳田大輝参戦 女子100m障害は寺田や福部ら12秒台3人(日刊スポーツ)
【全中出場決定】陸上・樋口遥選手・黒田六花選手・永瀬友棉選手(岡山・京山中)【キラキラアスリート】(FNNプライムオンライン)
石巻地区中総体・陸上 312人、31種目で躍動(河北新報)
東京マラソンの大会要項が発表 MGCファイナルチャレンジ/陸上(サンスポ)
陸上の飯塚翔太が母校・中大で講演会「最終的に無敵になる」31歳で現役活躍の秘けつ(スポーツ報知)
来年の東京マラソンも定員3万8千人 コロナ事前検査なしの方針(産経新聞)
陸上とミュージカルの「二刀流」高校生「おかげで緊張はあまりない」 跳躍2冠で全国へ 高校記録も視野(西スポWeb)
短距離2冠に選手宣誓 福岡大若葉の柴藤凜が主役級の活躍(西スポWeb)
福岡雙葉の佐田、総体の舞台でも魅せる 陸上北九州大会 走り高跳び、三段跳び優勝(西日本新聞)

●6月20日
山中さんが和歌山県高校記録 野中さんも全国へ、近畿高校総体陸上(紀伊民報)
陸上女子1500m学生王者 樫原沙紀 広島・呉から世界へ 教育実習で母校へ 地元で練習中(TBS DIG NEWS)
全日本大学駅伝、鹿児島大が39大会ぶり切符…九州地区選考会で強豪私立を破り「感無量」(読売新聞)
さらなる飛躍決意 岡崎隼弥選手、九州実業団陸上100メートルV(毎日新聞)
23四国高校選手権第5日=陸上 四学香川西勢5種目V(四国新聞)
県勢10種目14人、3チーム全国へ 南九州陸上最終日(宮崎日日新聞)
男子棒高跳びで原口篤志(王寺工―東大阪大2年)優勝 – 西日本学生陸上競技対校選手権(奈良新聞)

●6月19日
IH陸上近畿大会 京都橘高校が短距離種目、リレー種目を制し、初の総合優勝!(KBS京都)
「中国高校総体陸上・岡山勢の活躍」倉敷高校勢は男子5000メートルで圧倒的な強さ 1年ドルーリー選手は2冠【岡山】(TBS DIG NEWS)
IH陸上近畿大会 花園高校のアツオビン・アンドリュウ選手が投てき3種目で全国へ!洛南高校の津田伊万選手が200mとリレーで三冠!(KBS京都)
日本陸連「深くお詫び」日本代表内定選手のリリース記載漏れ マッカーサーがアジア大会出場へ(スポニチ)
<全九州高校体育大会>陸上競技 佐賀県勢の成績 6月18日(佐賀新聞)
’23四国高校選手権第4日=陸上 県勢8種目で頂点(四国新聞)
東海高校総体陸上、女子三段跳びの山田亜胡が田方農業高に女子初の東海タイトルもたらす!(静岡新聞)
県勢4種目6人全国へ 南九州陸上第3日(宮崎日日新聞)
盛岡一・丹野正知が男子三段跳びV 東北高校選手権陸上(岩手日報)
<東海高校総体> 陸上 成川(東海大静岡翔洋)男子200大会新V(中日新聞)
ドルーリー朱瑛里の強さの秘密は「肘の引き」 増田明美さん「日本の宝だから大事に」2冠とも自己ベストで全国高校総体へ(デイリースポーツ)
ドルーリー朱瑛里が16年ぶり2冠…中国高校総体 陸上女子800&1500メートル(スポーツ報知)
男子200メートルで成川倭士が大会新で初優勝&3冠達成…東海高校総体(スポーツ報知)

広告の下にコンテンツが続きます

●6月18日
【陸上】3段跳び始めて2カ月の広島舟入・長谷川沙良が中国高校新記録V、走り幅跳びも制し2冠(日刊スポーツ)
ドルーリー朱瑛里、中国高校総体2冠 800mと1500m制して小原怜以来となる16年ぶり快挙(スポニチ)
ドルーリー朱瑛里 800mも自己ベストで全国高校総体へ「記録もついてきました」1500mと2冠、中国高校総体(デイリースポーツ)
東海大・石原翔太郎、ラスト伊勢路へ「悔いの残らない走りを」 全日本大学駅伝選考会/陸上(サンスポ)
東京農大、14年ぶりの本大会切符 ルーキー・前田が好記録「100点をあげたい」 全日本大学駅伝選考会/陸上(サンスポ)
陸上・男子100メートルで富士見・土屋太陽が初優勝…静岡県勢5人が全国切符(スポーツ報知)

●6月17日
【陸上】仙台育英の佐藤柚優&松島夏希、目標通りの仲良しワンツー女子2000m障害 東北総体(日刊スポーツ)
【陸上】青森山田・伊藤吏央が自己ベストで男子800m優勝、インターハイへ自信に 東北総体(日刊スポーツ)
【陸上】富士市立・小針陽葉、女子100mもV「個人3冠」へ18日200m出場 東海総体(日刊スポーツ)
【陸上】昨年覇者の浜松開誠館・辻本桜寿が大会新更新も2位 男子3000m障害 東海総体(日刊スポーツ)
インターハイでも期待大? 女子走り幅跳びは広島勢が表彰台独占 中国高校選手権(中国新聞)
「仲間とインターハイへ」陸上広島勢、奮闘中 中国高校選手権の主な選手コメント(中国新聞)
東京農大、14年ぶりの本戦出場 ルーキー前田「思い切った判断ができた」 全日本大学駅伝予選会/陸上(サンスポ)
中央学院大はエース吉田礼志がまさかの失格で伊勢路切符逃す 箱根駅伝予選会で巻き返しを誓う(スポーツ報知)
【陸上】城西大が1位通過で3年ぶり全日本大学駅伝切符 大東大、東農大、国士館大なども出場へ(日刊スポーツ)
城西大がトップ通過 中央学院大はまさかの失格 全日本大学駅伝関東地区選考会/陸上(サンスポ)
東農大14年ぶり出場!前田和摩U20歴代2位の激走 中央学院大まさかの失格 全日本大学駅伝関東選考会(スポーツ報知)
【陸上】田中希実が新プロジェクトを開始 きっかけは父・健智氏「何かを動かすきっかけに」(東スポ)
男子110メートル障害の宮本皓寿が準決勝、決勝と連続大会新で初優勝(スポーツ報知)
女子三段跳びの北海道栄・堀下結愛が初制覇…父・航監督の前で自己新マーク(スポーツ報知)
「世界陸上→MGC」中49日の強攻プラン 成長株の加世田梨花が先輩・松田瑞生と目指すゴール(産経新聞)
【陸上】各校の出走者、有力選手の配置は? 全日本大学駅伝予選会関東地区の主なエントリー選手(日刊スポーツ)

●6月16日
【陸上】常盤木学園・千葉安珠が自己ベスト11秒84で100m制し全国へ 大会新の4継と2冠(日刊スポーツ)
【陸上】仙台育英・大浜逞真、大逆転で男子5000m東北V「純粋にうれしい」自己記録大幅更新(日刊スポーツ)
【陸上】富士市立の小針陽葉、走り幅跳び東海大会初V「思っていたより記録が出た」(日刊スポーツ)
「いざインターハイ」意気込む陸上広島勢 中国高校選手権の主な選手コメント(中国新聞)
【ベテラン記者コラム(463)】マラソン五輪代表「3人目」をめぐる戦いへの影響は… MGCファイナルチャレンジの設定タイム決定(サンスポ)
陸上の関東大会が開幕 初日は短距離や砲丸投げなどで県勢が躍動 山梨開催は8年ぶり(TBS NEWS DIG)
IH陸上近畿大会 京都府予選で投てき種目3冠に輝いた花園高校のアツオビン・アンドリュウ選手がまず男子ハンマー投げで優勝!(KBS京都)
陸上・全国高校総体近畿予選 男子砲丸投げ、社の須田が優勝(神戸新聞)
上野裕一郎監督率いる立大が全日本大学駅伝初出場なるか 17日号砲の関東選考会出場選手発表(スポーツ報知)
津山高のドルーリー朱瑛里が1500Mで中国地区高校新記録で優勝 全国高校総体出場権を獲得(スポーツ報知)
【陸上】ドルーリー朱瑛里が全国切符獲得「体軽く調子上がっていた」女子1500m中国高校新V(日刊スポーツ)
タルー、女子100制す 陸上DL(時事通信)
全九州高校大会 男子1500・川原など長崎県勢10人が全国切符(長崎新聞)
陸上2冠の高田高・杉本が初出場へ きょうから東海総体 三重(伊勢新聞)
【陸上】桐生祥秀と小池祐貴、広中璃梨佳ら9月開幕の杭州アジア大会代表に選出(日刊スポーツ)
札幌開成中高・宮沢朝凪 大会タイ記録で男子800メートル2連覇!(スポーツ報知)
ドルーリー朱瑛里、全国切符に王手 中国高校総体1500mで決勝進出(スポニチ)
有森氏が理事候補 世界陸連(時事通信)
信念貫いた中村 最後の日本選手権「完走」―陸上十種競技(時事通信)
【箱根への道】日大は新雅弘・新監督のもと、4年ぶり箱根路目指す…高校駅伝3度日本一の名将が再建担う(スポーツ報知)
【道の記憶】山下りから平坦に、最も苦しい場面で指揮官からの“力水” 大八木弘明氏の「男だろ!」など声がけ(スポーツ報知)

●6月15日
【陸上】会津学鳳・久家すずか、東北高校女子5000m大会新記録で2連覇「とても安心しました」(日刊スポーツ)
【陸上】男子1500m学法石川ワンツーフィニッシュ全国決定 斎藤一筋が有言実行V 東北高校陸上(日刊スポーツ)
アジア大会代表に桐生、小池ら 陸上(時事通信)
駒大・佐藤圭汰、田沢廉、広中璃梨佳、田中佑美らを選出 杭州アジア大会/陸上(サンスポ)
男子400m優勝の中島佑気ジョセフが日本人2人目の44秒台秒読み段階に 2位の佐藤風も十分な手応え【日本選手権レビュー】(TBS NEWS DIG)
沼津東の寺岡若葉が3種目で全国切符目指す…東海総体陸上16日開幕(スポーツ報知)
立命館慶祥の小川蒼生が男子100㍍&400㍍リレーで2冠…全道高校体育大会(スポーツ報知)

広告の下にコンテンツが続きます

●6月14日
宮城3冠の常盤木学園・千葉安珠、インターハイ優勝へ「やらないといけないことはたくさんある」(日刊スポーツ)
新潟明訓400mリレー目標は39秒台突入 岩舩遙信主将「今年は優勝したい」北信越高校総体(日刊スポーツ)
デーデー・ブルーノや福部真子らが福井ナイター陸上2023参戦 7月28日と29日に9.98スタジアム(福井新聞)
【陸上】今夏ユニバの男子短距離代表を変更、鵜沢飛羽→稲毛碧に 4月に代表メンバー発表済み(日刊スポーツ)
やり投げの北口榛花、チェコの競技会で59メートル69の2位(スポーツ報知)
北口は女子やり投げ2位 陸上(時事通信)
陸上・松本「勝ち気なレースを」 東海高校総体、16日から集中開催(伊勢新聞)
陸上=五輪金メダリストのボウイさん、死因は出産時の合併症(ロイター)
【陸上】サニブラウン、フィンランド競技会で10秒29「何事もなく2レースを走れたのが一番」(日刊スポーツ)
【陸上】サニブラウン、10秒29で決勝8位 最後はスピード緩めてゴール フィンランド競技会(日刊スポーツ)
【陸上】女子100m障害は福部真子ら12秒台3人!7月福井ナイター陸上エントリー一部発表(日刊スポーツ)
サニブラウン、フィンランドの競技会で10秒29の8位(スポーツ報知)

●6月13日
全国高校総体陸上北海道予選が開幕、男子走り幅跳びで三浦颯太が最終試技で逆転初優勝(スポーツ報知)
2度の左足手術を克服した幕別清陵・西岡優希が女子ハンマー投げ初V…北海道高校陸上選手権第1日(スポーツ報知)
陸上のアジア大会日本代表に110メートル障害の横地大雅(チームSSP)、女子400メートルの久保山晴菜(今村病院)(佐賀新聞)
【陸上】アジア選手権に新潟RCから2人選出 走り高跳びで長谷川直人初出場、郡菜々佳は3度目(日刊スポーツ)
【陸上】アジア選手権日本代表発表!男子100mは坂井&栁田、女子ハンマー投げにマッカーサー(日刊スポーツ)
リオ金のボウイ選手、死因は出産に伴う合併症 陸上女子(AFP=時事)

●6月12日
蘇炳添、世界陸上など欠場=地元開催のアジア大会も(時事通信)
「部がなくて出られなかったけど…」中総体に“地域クラブ”が出場可能に 陸上など4競技【長崎市中総体】(TBS NEWS DIG)
U20アジア陸上男子800mで優勝 立迫選手が報告会(NHK news)
第24回若狭陸上記録会、3大会新記録誕生 福井県小浜市で180人参加 2023年6月11日実施(福井新聞)
【特集・未来アスリートたち】立命大陸上部が草津市と合同で公認記録会(RAG)を開催、競技と運営を両立しトップアスリートを目指す(スポーツ報知)
【陸上】男子10種は丸山優真が初優勝、右代啓祐は9位 女子7種は山崎有紀が2年ぶりV(日刊スポーツ)

●6月11日
水口瞳が現役引退 今月9日に東京五輪代表の青木涼真との結婚を発表/陸上(サンスポ)
第100回箱根駅伝予選会、全国に門戸開放も賛否さまざま「選手へのリスペクト足りないんじゃないか」(スポニチ)
インカレで脚光浴びた関大・亀田仁一路、チーム7年ぶりに全日本切符獲得 過密日程での箱根予選会挑戦は…(スポーツ報知)
大阪経大、立命大、関大、関学大が全日本大学駅伝切符獲得 関西地区選考会/陸上(サンスポ)
大経大、立命大、関大、関学大が全日本大学駅伝切符を獲得 箱根予選会にも挑戦ならハード日程に…関西地区予選(スポーツ報知)
丸山が初優勝 山崎、2年ぶり5度目V―陸上日本選手権混成(時事通信)
女子やり投げ、北口榛花が今季世界2位・65メートル09でパリ連覇 五輪へ弾み「相性良い」(スポーツ報知)
【陸上】桐生祥秀「足の回復は順調」SNSに投稿 セイコーGGPで左ハムストリング肉離れ(日刊スポーツ)

広告の下にコンテンツが続きます

●6月10日
駒大・伊藤蒼唯が自己ベスト13分44秒49「満足していい結果ではない」/陸上(サンスポ)
駒大・白鳥哲汰が2年半ぶり自己ベスト更新「足を引っ張ってばかり・・・駒大にいた印を残したい」/陸上(サンスポ)
マラソン日本学生記録保持者の横田俊吾がJR東日本デビュー「MGCに出るからにはパリ五輪を目指します」(スポーツ報知)
【陸上】北口榛花がダイヤモンドリーグで優勝…日本選手権の涙から一週間で“笑顔”に(北海道UHB)
【陸上】寺田明日香ら北海道関係3選手が日本一&今週は混成競技に注目…日本選手権(北海道UHB)
東海大から転校した吉田響が創価大デビュー戦で5000M自己ベスト「箱根駅伝優勝を目指して頑張ります」(スポーツ報知)
丸山が前半トップ 女子は大玉が首位―陸上日本選手権混成(時事通信)
【陸上】電子ペーサー“ウェーブライト”が登場…7月のホクレン中長距離チャレンジ(北海道UHB)
陸上=キピエゴンが女子5000mでも世界新、1500mから2週連続快挙(ロイター)
キピエゴンが女子5000mでも世界新、ギルマは男子3000m障害で記録更新(AFP=時事)
【陸上】北口榛花、65m超えで昨夏の世界王者を圧倒! 涙の日本選手権から1週間…DL3勝目(日刊スポーツ)
順大の三浦龍司、ダイヤモンドリーグ3000M障害で日本新記録…来春、卒業後はスバルへ(スポーツ報知)
【陸上】三浦龍司、3000m障害で日本新記録樹立!DLパリで自身の日本記録0・01秒更新(日刊スポーツ)
三浦、日本新で2位 北口、65メートル超で3勝目―陸上DL(時事通信)
日本新!三浦龍司 3000m障害で自身の日本記録超え2位 DLで初の表彰台 やり投・北口榛花 今季ベスト65m09で大会連覇(TBS NEWS DIG)

●6月9日
【陸上】東京五輪3000m障害代表の青木涼真が結婚発表「先日入籍」マラソン水口瞳と(日刊スポーツ)
引退発表の中村「肩の荷下りた」 10日から日本選手権混成―陸上(時事通信)

●6月8日
18歳の”クイーン・オブ・アスリート”林美希 走って跳んで投げる7種競技への挑戦、そしてハードルへ(名古屋テレビ)
【陸上】ディーン元気効果実感「身体がイーブンに浮いてる感じ」ミズノ寝具新製品は寝心地良い(日刊スポーツ)
北大院生、日本一に迫る 高橋佑輔「アマチュア究めたい」―陸上(時事通信)
「初代・山の神」降臨から16年…今井正人 参加者最年長39歳でパリ五輪マラソン予選会へ 日誌にしたためた覚悟「一日一日が最後」(西スポ WEB OTTO/西日本新聞)

●6月7日
マラソン代表選考の設定記録発表 パリ五輪3人目の枠―日本陸連(時事通信)
【陸上】MGCファイナルチャレンジ設定記録発表 突破者不在なら10月MGC3位選手が代表に(日刊スポーツ)
【陸上】布勢スプリント男子100mに柳田大輝参戦 女子100m障害には寺田や福部ら参戦予定(日刊スポーツ)
世界陸上ブダペスト女子35km競歩代表に渕瀬真寿美を追加選出 6回目の世陸へ(TBS NEWS DIG)
世界陸上ブダペスト代表内定は110mハードル今季世界2位の泉谷に三浦、髙山の3人 追加代表入り候補に田中、坂井、ディーン、鵜澤、森本ら多数(TBS NEWS DIG)

広告の下にコンテンツが続きます

●6月6日
木村淳「やりたい気持ち消えなかった」 元陸上短距離日本代表からプロボクサーに!(デイリースポーツ)
【陸上】36歳渕瀬真寿美、世界選手権35キロ競歩に追加選出! 日本選手権3位で6度目代表へ(日刊スポーツ)
福部真子「集中しすぎて…」世界への扉で明暗分ける 陸上日本選手権 広島県勢 髙山・真野・池崎(TBS NEWS DIG/RCC中国放送)
ミズノが寝具に参入 スポーツ用品技術活用で熟睡サポート 陸上・飯塚翔太も寝心地に太鼓判「かかとまでハマる」(デイリースポーツ)
【陸上】「すごく寝た感ある」男子短距離の飯塚翔太明かす“熟睡法” ミズノ新製品イベント登場(日刊スポーツ)
陸上110m障害で日本記録更新!パリ五輪で金狙う「陸上界の大谷翔平」驚異の身体能力(日刊ゲンダイ)
110M障害の泉谷駿介、試合1週間前からコーヒー断ち「勝負の朝に飲むのが楽しみ」“ルーチン”明かす(スポーツ報知)

●6月5日
【世界陸上ブダペスト】110mHで今季世界2位&日本記録更新の泉谷駿介「ファイナルを目指して」 新たに4人の代表選手発表(TBS NEWS DIG)
加世田梨花、世界選手権&MGCにチャレンジ「世界に挑戦することで新たな自分になれる」/陸上(サンスポ)
11年もたってから入賞と言われても…競歩・渕瀬真寿美の戸惑い ドーピングが奪った喜びと時間(日刊スポーツ)
【陸上】110m障害日本新の泉谷駿介「勝負の日の朝にコーヒー」“マイルール”で世界選手権雪辱(日刊スポーツ)
坂井隆一郎が世界と戦っていくポイント 昨年のようなスタートと現在の後半のスピード維持【朝原宣治の目】(デイリースポーツ)
東京五輪金に肉薄日本新の泉谷、3度目の世陸は日本人初のメダルへ「ファイナルに行けるように」…男子110M障害(スポーツ報知)
女子100M障害の寺田明日香、男子・泉谷駿介の日本新に刺激「行くしかないっす」…日本選手権から一夜明け(スポーツ報知)
【陸上】100m障害で日本選手権V寺田明日香「家族3人で発掘作業」笑顔いっぱいで所属先訪問(日刊スポーツ)
【陸上】100mで人類初の9秒台を出したジム・ハインズさんが死去 76歳(日刊スポーツ)
【陸上】「うれしさの涙」坂井隆一郎、100m初優勝!左足テーピング「今後こういう状況ある」(日刊スポーツ)
【陸上】伊東浩司氏 坂井は後半の伸びで引き出し増えた サニブラウン途中でやめる勇気がすごい(日刊スポーツ)
泉谷駿介、日本新13秒04で3連覇 自身記録塗り替え世陸内定 12秒台届かずも向かい風「まあいいか」(スポーツ報知)
青戸慎司氏、サニブラウンはホワっとした走りでもったいない 1日2本そろえる経験がまだまだ足りない(スポーツ報知)
サニブラウン10秒59まさかの最下位 準決勝&同日決勝1度目スタートで脚つって「何もできなかった」(スポーツ報知)
坂井隆一郎が10秒11で涙の初V「いつか勝ちたいと思っていた」得意のスタート決め柳田追撃かわした(スポーツ報知)
高野進氏 サニブラウンの魅力 ストライドだけではダメ(スポニチ)

●6月4日
【陸上】坂井隆一郎が地元大阪で涙の初優勝「うれしさの涙です」左足痛み抱えテーピング強行出場(日刊スポーツ)
【陸上】サニブラウンにまさかのアクシデント…足がつり最下位「日々の生活見直したい」反省(日刊スポーツ)
【陸上】泉谷駿介「まずはファイナリスト」世界選手権3位以内で8月にもパリ五輪代表に内定(日刊スポーツ)
女子5000m制し2冠達成 田中希実、ロングスパートで示した「世界で戦う覚悟」 陸上日本選手権(神戸新聞)
男子110m障害で日本新 女子走り幅跳び、武庫川女大出身・秦澄美鈴が3年連続4度目V 陸上日本選手権(神戸新聞)
世界陸上マラソン代表の加世田梨花、5000Mでも2位「勝負できるところを見せたかった」(スポーツ報知)
山本亜美が400メートル障害3連覇 日本歴代5位56秒06「3台目で勝てると思った」(スポーツ報知)
【陸上】秦澄美鈴6m63で走り幅跳び優勝「1本目に集中していきたい」同種目V3は16年ぶり(日刊スポーツ)
【速報】<陸上・日本選手権>岩佐隆時(チームSSP)が自己新で2位(佐賀新聞)
【陸上】小池祐貴は3位 スタートからV坂井隆一郎らの後塵拝し初優勝逃す 男子100m決勝(日刊スポーツ)
【陸上】19歳の栁田大輝が10秒13の自己ベストで2位 日本選手権男子100m決勝(日刊スポーツ)
サニブラウン、まさか最下位…坂井隆一郎が10秒11で初V(スポーツ報知)
【陸上】サニブラウンが100m連覇逃す 世界選手権代表もお預け(日刊スポーツ)
【陸上】田中希実2冠 15分10秒63で女子5000m優勝 世界選手権の参加標準記録には及ばず(日刊スポーツ)
田中希実、2年連続の2冠…5000メートルでも3度目V(スポーツ報知)
【陸上】男子110m障害の泉谷駿介が日本新の13秒04!3連覇で世界選手権代表内定ゲット(日刊スポーツ)
高山峻野、13秒30の2位でブダペスト世陸内定…日本新マーク泉谷駿介に苦笑い「自分のレースどころではない」
男子800M、川元奨「歴史を作れてうれしい」 大会新の5年ぶり同種目最多7度目のV(スポーツ報知)
泉谷駿介、日本新の13秒04で優勝「このタイムは自信になります」 ブダペスト世陸代表へ…内定条件クリア(スポーツ報知)
【陸上】君嶋愛梨沙が女子200m優勝 自己ベスト23秒17 連覇した100mと2冠達成(日刊スポーツ)
君嶋愛梨沙、日本歴代3位タイで短距離2冠「タイムを聞いてびっくり」(スポーツ報知)
女子は一山が優勝 仙台国際ハーフマラソン(時事通信)
【陸上】東京五輪代表のデーデー・ブルーノは準決勝敗退「折れないようにやっていきたい」(日刊スポーツ)
【陸上】坂井隆一郎が10秒17で100m決勝進出 全体トップの好タイム(日刊スポーツ)
【陸上】小池祐貴がサニブラウンに1000分の7秒差で1位通過、日本選手権男子100m準決勝(日刊スポーツ)
【陸上】栁田大輝が10秒19、100m1組1位通過で決勝進出 スピード落としゴールの余裕も(日刊スポーツ)
【陸上】サニブラウンが決勝進出「少しでも陸上を好きに」100人の子供を無料招待(日刊スポーツ)
サニブラウン、2連覇に王手…決勝は日本選手権史上初の9秒台決着に期待!(スポーツ報知)
【陸上】デフ100m山田真樹V 25年世界大会へ「応援したいと思ってもらえるような選手に」(日刊スポーツ)
上野裕一郎監督率いる立大が初の伊勢路を目指す 全日本大学駅伝関東選考会出場校と選手発表(スポーツ報知)
インターハイ目指し東海総体に挑む 鈴鹿高の後藤と皇學館高の岡島 三重県高校総体・陸上(伊勢新聞)
山内大夢、自己最高の2位 日本陸上男子障害400(福島民友新聞)
青学大の原晋監督が熊本に温泉旅館を購入 支配人は箱根駅伝初Vメンバー6区の村井駿さん(スポーツ報知)
【陸上日本選手権】第4日・見どころ サニブラウンの連覇、田中希実の2冠なるか…“モデルジャンパー”秦も登場
サニブラウン、日本選手権初の100メートル9秒台狙う「仕上げていく過程で勝手にポンと出る」…予選1位通過(スポーツ報知)
森本麻里子、女子三段跳び日本記録24年ぶり更新し5連覇「日本のお家芸にしたい」(スポーツ報知)
女子ハンマー投げに超新星 23歳マッカーサーが日本選手権初出場V…昨年米国から日本国籍へ(スポーツ報知)
【陸上】サニブラウン「富士の青」&「日の出の赤」左右非対称カラーの特注スパイクで連覇へ(日刊スポーツ)
【陸上】女子1500五輪連覇中のキピエゴンが世界新 ゲンゼベ・ディババの記録を8年ぶり更新(日刊スポーツ)

●6月3日
【陸上】小川大貴、自己ベスト49秒52で初V「まさか自分が優勝とは」男子400メートル障害(日刊スポーツ)
【陸上】坂井隆一郎が予選通過「力を使わずにいこうと。予想通りの展開」男子100m(日刊スポーツ)
【陸上】城山正太郎が初V「ひとつ殻破るきっかけに」3連覇狙った橋岡優輝破る 男子走り幅跳び(日刊スポーツ)
【陸上】「絶賛、迷子ですね」橋岡優輝が日本選手権3連覇逃す 男子走り幅跳び(日刊スポーツ)
【陸上】坂井隆一郎は10秒33で予選突破し「とりあえず良かった」男子100m予選(日刊スポーツ)
諸田実が優勝、柳川が2位 群馬県勢4人が入賞《陸上日本選手権・女子棒高跳び》(上毛新聞)
柄沢(群馬・前橋育英高出身)が初優勝 《陸上日本選手権・男子棒高跳び》(上毛新聞)
「絶賛、迷子です」橋岡優輝、男子走り幅跳びで3連覇逃す 助走の改革途上で「悪いとこ取りというか…」(スポーツ報知)
【陸上】ロスに拠点移した小池祐貴が力強い走りで準決勝進出 男子100メートル予選(日刊スポーツ)
【陸上】「自分を追い込んでしまった…」走り幅跳び吉田弘道、世界選手権の代表内定逃す(日刊スポーツ)
【陸上】福部真子4位、12秒99で競り負け世陸内定逃す「結果は結果」女子100メートル障害(日刊スポーツ)
福部真子、世陸内定逃し涙「招集前から震えが止まらなかった」 掲示板誤表示も…(スポーツ報知)
【陸上】19歳柳田大輝が余裕で準決勝進出 男子100メートル予選(日刊スポーツ)
サニブラウン、10秒13で予選突破「きょうは刺激の日」準決勝&決勝で国内初9秒台なら世陸代表内定(スポーツ報知)
【陸上】サニブラウン100m準決勝進出「ここからっすね」昨年大会以来358日ぶり国内レース(日刊スポーツ)
【陸上】高山峻野も順当に決勝へ 昨年8月に日本歴代2位の記録 男子110メートル障害(日刊スポーツ)
寺田明日香、空前の激戦制し2年ぶり5度目の日本一…日本選手権史上初の12秒台決着(スポーツ報知)
【陸上】順位誤表示の大チョンボ「選手ショック」寺田明日香Vもやんわり苦言 女子100m障害(日刊スポーツ)
【陸上】世界選手権メダル期待の泉谷駿介が余裕の決勝進出 男子110メートル障害予選(日刊スポーツ)
吉田弘道、自身初の世陸切符お預け…“超新星”まさかトップ8に残れず(スポーツ報知)
泉谷駿介、13秒32で決勝へ…高山峻野も13秒45で通過、ともに決勝3位以内で世陸切符(スポーツ報知)
【陸上】森本麻里子、24年ぶり日本新記録14m16で5連覇 ボブスレー経験も 女子3段跳び(日刊スポーツ)
【陸上】女子ハンマー投げマッカーサー、日本選手権で“一撃決着”4月に日本新記録樹立の23歳
マッカーサーが堂々日本Vデビュー 63メートル31で初優勝…日本選手権女子ハンマー投げ(スポーツ報知)
森本麻里子が女子三段跳びで24年ぶりに日本新14メートル16「素直にうれしい」…陸上日本選手権(スポーツ報知)
陸上=東京五輪で金のキピエゴン、女子1500mで8年ぶり世界新記録(ロイター)
今村病院・久保山が初V 女子400メートル 日本陸上選手権で佐賀県勢8年ぶり頂点(佐賀新聞)
松本奈菜子、復活の4位 日本陸上女子400(福島民友新聞)
ケニアのキピエゴンが世界新 陸上女子1500(時事通信)
【陸上日本選手権】第3日・見どころ 100メートル予選にサニブラウン登場!吉田VS橋岡の走り幅跳び決にも注目(スポーツ報知)
「もう辞めようかな」女子やり投げ・斉藤真理菜、母に感謝し涙…22年世陸銅の北口榛花を破って5年ぶりV(スポーツ報知)
【陸上】「しんどいことにチャレンジ」田中希実、1500mで4連覇 快走の陰に“プラン変更”(日刊スポーツ)
東京五輪3000M障害7位の順大・三浦龍司が来春、スバル入りへ パリ五輪でメダル目指す(スポーツ報知)

●6月2日
【陸上】200m優勝の鵜沢飛羽、100m挑戦は「考えてない。9秒台狙うなんて言わないです」(日刊スポーツ)
【陸上】昨年の高校総体女王・蔵重みう、100m11秒72で3位「表彰台にあがれてよかった」(日刊スポーツ)
【陸上】君嶋愛梨沙が女子100メートル連覇 11秒59をマーク「連覇すると決めていた」(日刊スポーツ)
【陸上】田中希実、女子1500m4連覇も世界選手権代表内定ならず 参加標準記録届かず(日刊スポーツ)
田中希実、1500Mで史上2人目の日本選手権4連覇…プロ転向の今季も確かな強さ(スポーツ報知)
君嶋愛梨沙、100M2連覇…今後も夢は大きく「目標は10秒台や日本記録」(スポーツ報知)
【陸上】河村一輝が2年ぶりV、ゴール後のガッツポーズで大会記録更新 男子1500m(日刊スポーツ)
【陸上】鵜沢飛羽、200m20秒32で初優勝「大きな場で優勝することができてうれしい」(日刊スポーツ)
鵜沢飛羽、自己ベスト20秒32で初の日本一「大きな場で優勝できてうれしい」(スポーツ報知)
【陸上】やり投げの北口榛花3連覇ならず 大雨の影響に苦しむ(日刊スポーツ)
北口榛花、日本選手権3連覇逃す…内定済みのブダペスト世陸、2大会連続メダルへ巻き返す(スポーツ報知)
【スポーツ速報】三浦龍司、陸上3000m障害日本選手権3連覇 世界選手権内定(山陰中央新報)
【陸上】三浦龍司「勝ちきるのが最低限」世界選手権今大会内定第1号 3000m障害で圧勝(日刊スポーツ)
青木が田中との競り合い制して13秒04 福部&寺田との“4強対決”決勝は激戦必至…女子100メートル障害(スポーツ報知)
【速報】陸上日本選手権 久保山晴菜(今村病院)が女子400mで初優勝 佐賀北高校出身(佐賀新聞)
福部真子、12秒台連発で決勝へ視界良好…寺田明日香も12秒台マーク(スポーツ報知)
東京五輪代表の黒川和樹、予選敗退で3連覇逃す…53秒15の2組7着(スポーツ報知)
12年ロンドン五輪8位入賞に繰り上げの渕瀬真寿美「今後の人生に必要」…ドーピング違反でロシア選手失格(スポーツ報知)
男子円盤投げで堤雄司が5年連続10度目優勝 大雨、開始遅れ、腰痛を乗り越え「勝てたことがうれしい」(スポーツ報知)
堤(ALSOK群馬)が5連覇 《陸上日本選手権・男子円盤投げ》(上毛新聞)
【陸上】日本記録保持者の福部真子が予選でいきなり12秒台で準決勝進出 女子100m障害(日刊スポーツ)
福部真子、全体トップ12秒99で準決勝へ…寺田明日香も2組トップ(スポーツ報知)
【陸上】日本選手権投てき種目の日程が一部変更 女子やり投げ決勝は予定通り午後6時25分開始(日刊スポーツ)
女子円盤投げの郡、連覇逃し「悔しい」 陸上日本選手権(西日本新聞)
【陸上日本選手権】第2日・見どころ 東京五輪7位三浦龍司が3連覇へ、大混戦の女子100M障害にも注目(スポーツ報知)
【陸上】佐藤圭汰が学生トップ4位も「力不足」吉岡大翔14位 日本選手権5000m学生勢結果(日刊スポーツ)
【陸上】君嶋愛梨沙、女子100m連覇王手「10秒台&日本記録が目標なので、まだ物足りない」(日刊スポーツ)
【陸上】駒大・佐藤圭汰5000m4位「3位以内入らないと」五輪へ「悔しさ知った方が強くなれる」(日刊スポーツ)
【陸上】「苦しかった」田中希実、3種目→2種目厳選 4連覇王手も「世界レベルの走り」追求(日刊スポーツ)
【箱根への道】MGC進出67人中61人が関東の大学出身…「世界で通用する選手育成」1920年箱根駅伝創設時に掲げた理念浸透(スポーツ報知)

●6月1日
【陸上】大迫傑、7年ぶり5000m出場も途中棄権 じりじり離され残り3周で自らストップ(日刊スポーツ)
【陸上】ディーン元気が82m65で連覇達成!好調キープで今季3勝目 男子やり投げ(日刊スポーツ)
飯塚翔太、20秒63の3組トップで決勝へ…リオ五輪銀“リレー侍”で唯一の参戦(スポーツ報知)
ディーン元気、2連覇でブダペスト世陸代表へ前進…80メートル超を連発(スポーツ報知)
【陸上】昨年高校総体女王の蔵重みう、100m初決勝へ 今春から甲南大入りし伊東浩司氏に師事(日刊スポーツ)
君嶋愛梨沙、準決勝全体トップの11秒57で決勝へ…2連覇へ視界良好(スポーツ報知)
国学院大の青木瑠郁、U20の5000Mで優勝「やり直しの意味を込めて大阪に戻ってきた」(スポーツ報知)
大東大の野田真理耶が女子5000mでV U20日本選手権/陸上(サンスポ)
女子円盤投げ日本記録保持者の郡菜々佳、2位で連覇逃し「あー、本当に悔しいしか出てこない」【陸上日本選手権】(西スポ WEB OTTO)
【陸上】田中希実「世界で通用する走りを」4連覇懸かる1500m決勝へも意識は“世界”へ(日刊スポーツ)
【陸上】日本選手権開幕!大迫傑が7年ぶり男子5000m出場予定、大学生ランナーも続々参戦(日刊スポーツ)
【陸上日本選手権】第1日・見どころ 田中希実が1500M予、大迫傑ら出場の5000M決は大混戦か…(スポーツ報知)
日大・林真理子理事長、箱根100回大会で復活出場へ駅伝チームを「バックアップします」(スポーツ報知)
サニブラウン 東レと契約締結「切磋琢磨していきたい」日本選手権連覇にも意欲(スポニチ)
【陸上】伊東浩司氏、9秒台期待 男子100m8年ぶり日程変更は「とてもいいこと」日本選手権(日刊スポーツ)
三浦龍司、日本選手権で男子3000メートル障害3連覇へ「いい緊張感」/陸上(サンスポ)

●5月31日
上野裕一郎、佐藤悠基、大迫傑…佐久長聖レジェンドが日本選手権5000メートルで対決 恩師の両角速監督も期待(スポーツ報知)
サニブラウンが日本選手権2連覇へ「勝ちたい気持ちはある。良い走りを見せる」…6月1日開(スポーツ報知)
順大の三浦龍司、日本選手権3連覇へ「勝ち続けないといけない」…6月1日開幕(スポーツ報知)
陸上100m障害・福部真子「心臓がバクバク。夜も眠れないぐらい不安」 6月1日から陸上日本選手権(スポニチ)
五輪とパラ、同じユニホームに 陸上(時事通信)
【陸上】サニブラウン、東レとグローバルパートナーシップ契約締結 1日開幕の日本選手権出場(日刊スポーツ)
男子5000mに大迫傑、遠藤日向、佐藤圭汰、吉岡大翔らが出場 日本選手権スタートリスト発表/陸上(サンスポ)
陸上男子1万メートル 横田玖磨選手「ニューイヤー駅伝で結果を」(毎日新聞)
サニブラウン連覇なるか 女子100メートル障害は混戦―陸上日本選手権(時事通信)
【日本選手権の注目選手・田中希実】昨年の3種目挑戦から今年は2種目に 5000mは今季初レースで標準記録突破に意欲(TBS NEWS DIG)
箱根駅伝、陸上の裾野広げて100回大会へ…「記念シンポジウムin京都」詳報(読売新聞)

●5月30日
「いちかばちか」最終6回目に逆転、中国高校選手権出場切符つかむ 陸上女子走り幅跳びの沼田・伊木美陽留 広島県高校総体(中国新聞)
大会新は女子の五つ 3000では世羅のローズ・ワングイが従来記録を15秒以上縮める 広島県高校総体・陸上(中国新聞)
全国V経験した兄の助言を胸に、陸上女子投てき3種目制覇 西条農の迫田明華 広島県高校総体(中国新聞)
サニブラウン、田中希実、橋岡優輝らが代表を決めるには?今年の日本選手権は世界陸上ブダペスト最重要選考会【展望】(TBS NEWS DIG)

●5月29日
体調不良はねのけV 叔父は世界選手権の銅メダリスト為末大さん 陸上女子400優勝の皆実高・忰山渚 広島県高校総体(中国新聞)
県高校総体陸上 ラ・サール小田選手が短距離2冠 競歩・大山選手(鹿女子)は2連覇(日テレNEWS)
高橋(山形中央)大会新で優勝 県高校総体・陸上男子110障害(山形新聞)
伊藤(山田高)男子800大会新V 女子棒高跳び、南谷(大湊)制す/県高総体・定通制陸上(東奥日報)
県高校総体・陸上 男子100mは金本凌弥(大分高校3年)が2年連続優勝 大分(FNNプライム)
【速報】<佐賀県高校総体>陸上 男子総合は鳥栖工、女子総合は佐賀清和が優勝(佐賀新聞)
3000mや棒高跳びで新記録続々 ラサール2年生も優勝 県高校総体・陸上(MBC南日本放送)
「優勝できたことはうれしいが…」学法石川が表彰台独占 県高校陸上女子3000m 福島(TBS NEWS DIG)
県高校総体 陸上競技3日目 男女800m決勝 宮崎県(FNNプライム)
箱根駅伝「全国化」地方大学の本音は? 「巻き込まれている」「1回だけでは」前向きな声もあるが…(西スポweb)
カーリー、男子100優勝 陸上DL(時事通信)
高橋(山形中央)大会新で優勝 県高校総体・陸上男子110障害(山形新聞)
佐賀県高校総体>陸上競技 第3日目の結果(佐賀新聞)
【陸上】田中希美の“ケニア武者修行”「強くなりたい。そういう気持ちが大事」(日テレNEWS)
ドルーリー朱瑛里 800m優勝で堂々2冠 中国高校総体は個人2種目と1600mリレーで出場へ(スポニチ)

●5月28日
【陸上】新潟明訓・八木音々が3冠獲得 1600mリレー優勝は「みんなの絆」 高校総体(日刊スポーツ)
山中湖ロードレース ハーフは一般男子・風見 一般女子・山口が制す(スポニチ)
国立・鹿児島大39大会ぶり全日本大学駅伝出場に涙「予選会にも出場できないレベル」から躍進したわけ(西スポ WEB OTTO)
ドルーリー朱瑛里が岡山県高校総体の女子800メートルで優勝 1500メートルとの2冠で中国大会へ(サンスポ)
王者クラウザーが世界記録更新 男子砲丸投げ(AFP=時事)
【陸上】ドルーリー朱瑛里が800mで優勝、県高校総体制し中国大会出場権 1500mに続き2冠(日刊スポーツ)
カーリー圧勝で世界陸上連続金メダルに向けて自信 日本人トップの坂井も9秒台に手応え十分【GGP2023横浜レビュー】(TBS NEWS DIG)

●5月27日
鶴巻陽太が100m優勝、89年の大会記録を34年ぶりに塗り替える 新潟高校総体(日刊スポーツ)
山内裕太、跳躍3冠王に!棒高跳びでは大会新「これは跳んだと思った」新潟県高校総体陸上(日刊スポーツ)
順大が日本学生陸上V30祝賀会 三浦龍司が最初の部員の大先輩に花束贈呈(スポーツ報知)
【陸上】ドルーリー朱瑛里が800m予選突破 複数種目でインターハイ出場へ準決、決勝は28日(日刊スポーツ)
【陸上】関西インカレ男子200は関大制す 400mリレーメンバー上位3位独占し大会記録更新(日刊スポーツ)
〝子役→大学でミュージカル〟北川星瑠が5000mでも快勝! 1万mと2冠 関西インカレ/陸上(サンスポ)
関大・亀田仁一路が5000メートル大会新 1万メートルと2冠 関西インカレ/陸上(サンスポ)
男子110mHの泉谷駿介が13秒07の今季世界2位記録!ブダペストでこの種目初の決勝進出も期待【ゴールデングランプリ2023横浜】(TBS NEWS DIG)
ドルーリー朱瑛里が1500m中国高校総体進出 自己ベストに0秒26差「ラスト300mから行こうと」(スポニチ)

●5月26日
学法石川・増子風希が800mで大会新記録V、1500m2位の悔しさ晴らす完ぺきな走り披露(日刊スポーツ)
長岡大手・大久保然が足つりながら110m障害制覇 新潟県高校総体(日刊スポーツ)
桐生、左太もも裏肉離れで欠場 6月の陸上日本選手権(共同通信)
【陸上】桐生祥秀、左ハムストリング肉離れで日本選手権欠場 今季10秒03マーク好調も無念(日刊スポーツ)
陸上、ドルーリー朱瑛里が優勝 岡山県高校総体の女子1500m(共同通信)
【陸上】ドルーリー朱瑛里が県高校総体1500m優勝「チームメートに感謝」中国大会出場権獲得(日刊スポーツ)
順天堂大・三浦龍司、異次元スパートで5000m連覇…エース激突「関東インカレ」回顧(読売新聞)
今季好調の長身ジャンパー高島真織子、陸上日本選手権の女子三段跳びで四半世紀近く破られていない大記録に挑む(西スポ WEB OTTO)
女子やり投げの上田百寧はベンチプレス175㌔のフィジカルモンスター 強豪集う陸上日本選手権で「どこまで食らいつけるか」(西スポ WEB OTTO)
日本歴代3位の8m26で金メダリストに快勝 男子走幅跳・吉田弘道が世陸参加標準記録突破で代表入りに大きく前進【ゴールデングランプリ2023横浜】(TBS NEWS DIG)
女子棒高跳びは釜田美久が“三度目の正直”新潟県高校新で優勝「信じられなく」高校総体(日刊スポーツ)
女子砲丸投げ、新潟明訓・水藻毬乃が県高校新記録で連覇 新潟県高校総体(日刊スポーツ)
学法石川・増子陽太、5000m3位「まずはインターハイに出場したい」福島県高校総体陸上(日刊スポーツ)

●5月25日
今シーズン2 勝目! 男子ハンマー投 柏村亮太選手 優勝!! 【第65 回東日本実業団陸上競技選手権大会】(時事通信)
U20アジア陸上選手権 日本代表に選出 鹿児島城西高3年 立迫大徳選手が鹿児島県知事訪問(FNNプライムオンライン)
【陸上】関西インカレ男子1500mは京産大・粟井駿平がV 昨年は2位で「リベンジ果たせた」(日刊スポーツ)
【陸上】関大・宮内和哉が10秒39で100m連覇 400mリレーとの2冠目指す 関西インカレ(日刊スポーツ)
【陸上】甲南大・蔵重みう、関西インカレ100m優勝「素直にうれしい気持ち」昨年高校総体V(日刊スポーツ)
【陸上】関大の亀田仁一路が大会新29分0秒61でV「日本代表になりたいという覚悟ができた」(日刊スポーツ)
【陸上】立命館大・中田千太郎30分7秒22の7位「力をつけないと」課題見つけ全日本予選会へ(日刊スポーツ)

●5月24日
【陸上】女子800メートルで仙台育英が表彰台独占 伊藤夕梛V「インターハイ出られるように」(日刊スポーツ)
いわき秀英・植村真登が1500m制覇「親に恩返しができてうれしい」福島県高校総体(日刊スポーツ)
関大の亀田仁一路が男子1万メートルで貫禄V 24年ぶり大会記録更新 関西インカレ/陸上(サンスポ)
〝ミュージカル女優ランナー〟北川星瑠が女子1万mでV 関西インカレ/陸上(サンスポ)
「自分が跳べば、必然的に記録は変えられる」期待の若手ジャンパー・船田茜理 日本記録更新への誓い(読売テレビ「あすリート」)
女子1500m、立命大の大型新人がV!太田咲雪「ラスト勝負にかけようと」(日刊スポーツ)
早稲田大・金哲彦、出会いと別れと意地の5区…中村清監督へ尽きぬ感謝(読売新聞)
【陸上】女子3000mで仙台育英勢が表彰台独占 磯陽向が自己ベストで0秒07差の大激戦制す(日刊スポーツ)
新・山の神、東洋大の柏原竜二「苦しいのはたった1時間」…内に秘めていた福島への思い(読売新聞)

●5月23日
陸上男子、田中夢臥が2冠 岩手県高校総体(岩手日報)
「山登り男」大東文化大・大久保初男は言った、箱根5区は「自分の庭」(読売新聞)
ウクライナの棒高跳元世界記録保持者セルゲイ・ブブカ氏「困難な時期。日本の支援に感謝」(TBS NEWS DIG)
初代「山の神」を育んだのは野馬追の里…順天堂大・今井正人、原点は砂地のクロカン(読売新聞)
陸上男子、田中夢臥が2冠 岩手県高校総体(岩手日報)
田沢、世界選手権目指し奮闘 アジア王者狙うホープ―陸上長距離(時事通信)
混合競歩、24年4月に五輪予選 陸上(時事通信)
桐生祥秀「2023年の日本選手権は欠場です」セイコーGGPで失速(スポーツ報知)

●5月22日
田沢廉が帰国 ブダペスト世陸へ「自分がやるしかない」英国で今年3回目の27分台(スポーツ報知)
U20世陸代表・沢田結弥、3000M県決勝で30秒差圧勝…1500Mと2年連続2冠達成(スポーツ報知)
世界王者カーリーが9秒91で100m優勝 セイコーGGP(AFP=時事)
【陸上】寺田明日香Vも「あ、4人そろってる」100m障害の戦国時代歓迎「ニヤニヤ」/GGP(日刊スポーツ)
【陸上】「“ビビり跳躍”してしまった…」走り幅跳び秦澄美鈴「まだ力信じきれてない」/GGP(日刊スポーツ)
川内の弟・鮮輝2度目のV 12キロ過ぎから独走 いわて奥州きらめきマラソン(スポニチ)

●5月21日
仙台育英1500m3人娘がインハイ・トリプル入賞へ好発進 水越麻衣Vなど3年生表彰台独占(日刊スポーツ)
【陸上】北口榛花、61m34で4位「私は満足いっていない」高み目指し試行錯誤/GGP(日刊スポーツ)
男子走り高跳びの真野友博が復調に手応え、昨夏の世界選手権で日本人初入賞(西スポweb)
〝戦国時代〟女子100メートル障害は寺田明日香が自己ベストタイでV 日本女子5人が12秒台 セイコーGGP/陸上(サンスポ)
泉谷駿介、男子110m障害を13秒07で優勝! 日本記録にあと0・01秒「もうちょっとほしかった」 セイコーGGP/陸上(サンスポ)
吉田弘道が世界王者・王嘉男を破る8m26!世界陸上参加標準記録突破し優勝 橋岡優輝は7位【陸上GGP・男子走幅跳】(TBS NEWS DIG)
男子100m決勝 3度のスタートもカーリーが9秒91で優勝!坂井隆一郎が10秒10で3位【陸上GGP】(TBS NEWS DIG)
三浦龍司が逆転優勝「勝ち切ることを意識」 今季世界3位の好記録マーク 男子3000メートル障害 セイコーGGP(デイリー)
田中希実が1500メートル優勝 ラスト1周で猛スパート 後続振り切る「すごく自信につながる」 セイコーGGP(デイリー)
【陸上】男子100m予選で桐生祥秀が60m付近で急失速「(左足の)肉離れ」/セイコーGG(日刊スポーツ)
桐生祥秀がレース途中で失速「肉離れだと思う」日本選手権も棄権の意向(スポーツ報知)
【陸上】世界王者カーリーいきなり9秒88!予選で大会新記録 坂井は10秒08で決勝へ/GGP(日刊スポーツ)
浜松開誠館の辻本独走、大会新2冠 静岡県高校総体・陸上(静岡新聞)
三浦は3000m障害今季初戦、女子1500mの田中は練習でかなりの好感触 東京五輪入賞コンビの指導者が語る現状は?【ゴールデングランプリ2023横浜プレビュー】(TBS NEWS DIG)
三菱重工の山下、男子1万メートル23位 九州実業団陸上(西日本新聞)
旭化成・市田孝がパリ五輪マラソンのラストチャンスへ意欲 「いい状態でスタートラインに立てれば記録もついてくる」(西スポweb)
「車が好きで…」トヨタ自動車九州の22歳・横田玖磨が男子1万メートル日本人トップ【陸上・九州実業団選手権】(西スポweb)
静岡県高校総体 女子100メートル、小針陽葉が大会新3連発で連覇達成 決勝は11秒72「80%の出力で自己ベストに近いタイムを出せたのはよかった」(スポーツ報知)
「毎日吐きそう」女子100mH・福部真子に立ちはだかる“12秒50”の壁 世界陸上決勝進出への突破口は“角度”(TBS NEWS DIG)
女子やり投 北口榛花「今季の2試合よりしっかり準備をして臨む大会。できれば日本記録くらい投げたい」【ゴールデングランプリ2023横浜プレビュー】(TBS NEWS DIG)
【陸上】セイコーGGPで日本短距離勢vs世界最速カーリー 坂井隆一郎「ベストに近い記録を」(日刊スポーツ)
宮城県高校総体陸上開幕 女子やり投げは棚木麻心(柴田)が2連覇(河北新報)

●5月20日
「予定通り」山下一貴が世界選手権、MGCへ順調調整【陸上・九州実業団選手権】(西スポweb)
【陸上】仙台育英ルーキーズ鮮烈デビュー 菅野元太V&台湾最強・簡子傑2位 男子1500m(日刊スポーツ)
坂井隆一郎、世界王者のフレッド・カーリーに「どこまで食らいついていけるか」 昨夏の世界選手権準決勝で対戦/陸上(サンスポ)
「また強い鈴木雄介を」 19年世界王者が復帰戦―競歩(時事通信)
順大の三浦龍司、3000M障害初戦へ「キレのある動きを、感覚として持てるように」(スポーツ報知)
田中希実、海外レース2戦を挟み、セイコーGGPへ「世界に通用する走りをする」(スポーツ報知)
競歩・鈴木雄介、3年ぶり実戦で2位 「やっと戻ってこられた」(毎日新聞)
【陸上】やり投げ北口榛花、世界女王との再戦にワクワクも「自分に集中」セイコーGGPへ自信(日刊スポーツ)
スポーツ時々放談 その死から38年…瀬古利彦を育てた執念の勝負師・中村清を思う(日刊ゲンダイ)
女子走り幅跳び 静岡雙葉高2年の橋本詩音が6メートル05の自己ベストで初優勝…昨年インターハイ優勝の記録超え(スポーツ報知)
【陸上】走り幅跳び橋岡優輝「普通ではない」助走を大転換、失敗覚悟のチャレンジでパリ五輪へ(日刊スポーツ)

●5月19日
多田修平、日本選手権欠場を発表「基礎的な練習を積まないと間に合わない」24年パリ五輪見据え苦渋の決断(スポーツ報知)
NGT真下華穂 アスリートと医師の“二刀流”広田有紀さんから学んだ自己肯定感(日刊スポーツ)
陸上高体連札幌支部短距離で立命館慶祥男女が旋風(スポーツ報知)
【道の記憶】電車止め選手を見送る…1919年に開業、箱根駅伝とほぼ同じ歴史刻んできた(スポーツ報知)
【箱根への道】東農大・前田和摩 初陣で力走… 手島莉子記者が選ぶMIP
【箱根への道】東洋大・梅崎蓮 鉄紺の意地…竹内達朗記者が選ぶMIP(スポーツ報知)
元日本記録保持者の寺田明日香が12秒86の日本歴代2位タイ 33歳ママさんハードラーが社長業もこなしながら復調【木南記念レビュー】(TBS NEWS DIG)
【箱根への道】駒大、主力抜きでも強い!赤星雄斗&山川拓馬が関東インカレハーフでワンツー(スポーツ報知)
【陸上】男子100m坂井隆一郎「差縮まっているか」長所スタート強化 カーリーとの対戦心待ち(日刊スポーツ)

●5月18日
投てき・巖優作 ケガから復活V! 女子ハードル・山本亜美はリベンジ果たし代表内定 !世界へ羽ばたく学生アスリートたち(読売テレビ「あすリート」)
「9秒台を出して100mで出場したい」目標は世界陸上100m選出! 出雲陸上男子100m優勝・坂井隆一郎(読売テレビ「あすリート」)
現役で“人類最速”100m世陸金のフレッド・カーリー「歴史に残るような走りがしたい」 小学生と交流イベント(TBS NEWS DIG)
R・キプルト、ドーピング違反で暫定資格停止処分(AFP=時事)
走り幅跳びの浜松北高・山城ツインズが東海切符へワンツー決める…静岡県高校総体陸上19日開幕(スポーツ報知)
【陸上】やり投げ北口榛花GGP横浜3連覇に自信「努力してきた」短距離選手も称賛する練習法(日刊スポーツ)

●5月17日
全国トップクラスの争いも 静岡県高校総体陸上19日開幕(静岡新聞)
世界パラ陸上、神戸開催まであと1年 バリアフリー化など準備着々も、課題は集客(神戸新聞)

●5月16日
「100%で走れ!」 男子100m世界王者F.カーリー 陸上教室で学生たちに速く走るコツを熱血指導(TBS NEWS DIG)
佐々木真菜選手(福島市出身)世界パラ陸上出場決定!メダル獲得、パリパラリンピック出場権獲得へ抱負(TBS NEWS DIG)
5000メートル競歩に池田選手出場 東京五輪で銀 九州実業団陸上(毎日新聞)
山陽特殊製鋼陸上部、4年ぶり新人2人加入 箱根駅伝2度出場の北野選手、1500m日本選手権9位の片山選手 姫路(神戸新聞NEXT)
「自分を信じて最後まで前進」陸上100mの世界王者フレッド・カーリーが学生に走り方を指導(日テレNEWS)

●5月15日
【陸上】22年世界選手権100m金のカーリーが短距離指導 セイコーGGP目標は「世界記録」(日刊スポーツ)
オレゴン世界陸上100M金のカーリーがクリニック「日本の選手は知識がある」(スポーツ報知)
桐生が完全復活、予選で10秒03の快走 世界陸上ブダペスト標準記録まで0秒03「自分自身の可能性を、諦めずにここに戻って来られた」【木南記念レビュー】(TBS NEWS DIG)
「僕が箱根駅伝でエースになる」青学大・鶴川正也が関東インカレ2部5000m2年連続日本勢トップ(日テレNEWS)
五輪後のスポーツ界にある厳しい現実 10種競技の田上駿がプロアスリートという道を決断した訳(日刊スポーツ)
【陸上】「僕が青学の大エースに」3大駅伝“未出走”鶴川正也が宣言、近藤幸太郎の継続力学びに(日刊スポーツ)

●5月14日
石原翔太郎は男子5000mで2位 東海大復活へ「生活面や練習でもみんなの自主性が見受けられる。あとは結果を出すだけ」 関東インカレ/陸上(サンスポ)
順大のスーパールーキー、吉岡大翔は男子5000mで4位「今回の経験が将来につながる」 関東インカレ/陸上(サンスポ)
順大・三浦龍司、強烈スパートで男子5000mで2連覇 今季から主将で「素行がよくなりました」 関東インカレ/陸上(サンスポ)
【陸上】三浦龍司、関東インカレ1部5000m2連覇「臨機応変なレース」3000m障害へ弾み(日刊スポーツ)
青学大・鶴川正也が新エース宣言!「鶴川が走れば勝てるだろうという力をつける」 2部5000mで日本人最高3位 関東インカレ/陸上(サンスポ)
青学大の“未冠の大器”鶴川正也、2年連続の日本人トップ3位… 陸上関東学生対校選手権(スポーツ報知)
東洋大・梅崎蓮は1部ハーフマラソンで3位 2年連続表彰台も「自分の力を見破られていた」 関東インカレ/陸上(サンスポ)
中大・湯浅仁が1部ハーフマラソンで日本人トップの2位 関東インカレ/陸上(サンスポ)
男子100メートルは勝瀬健大が優勝、多田修平は4位 関西実業団選手権/陸上(サンスポ)
【陸上】早大・菖蒲敦司が3000m障害3連覇!「自分のレースをしたら勝てる自信あった」(日刊スポーツ)
青学大の小原響、黒田朝日がワンツーフィニッシュ…関東学生陸上2部3000M障害で(スポーツ報知)
1周多く走って大会新で圧勝 山梨学院大の1年生・キピエゴ…関東学生陸上1部ハーフマラソンで珍事(スポーツ報知)
【陸上】男子ハーフ2部は駒大勢ワンツー決着!優勝した赤星雄斗「箱根王者のプライド持って」(日刊スポーツ)
駒大・山川拓馬は2位 3月ヘルニアでも「言い訳にならない。猛者はどんな状態でもベストな走りでタイムを狙える」 関東インカレ/陸上(サンスポ)
駒大・赤星雄斗が2部ハーフマラソンでV「箱根王者としてのプライドを持って臨んだ」 山川拓馬との一騎打ち制す 関東インカレ/陸上(サンスポ)
【陸上】男子1万m競歩は東学大・吉川絢斗が初優勝 関東学生対校選手権(日刊スポーツ)
【陸上】男子200m安田圭吾が優勝、5000mは石井優樹が大会新で制す 関西実業団選手権(日刊スポーツ)
【陸上】古沢一生が男子1部棒高跳びで初優勝「タイトル取れたことがうれしい」関東インカレ(日刊スポーツ)

●5月13日
朝原宣治さん 36歳までの現役の要因「幼少期の食事や運動が大きな影響」 神戸でイベントに参加(デイリースポーツ)
筑波大・堀内律子が自己ベストで女子やり投げ優勝 6月の日本選手権出場へ「やっとスタートラインに立てた」 関東インカレ/陸上(サンスポ)
男子1500メートルは河村一輝V 中部実業団対抗大会/陸上(サンスポ)
【陸上】順大・村尾雄己が築く「ライバル関係」 関東インカレ3000m障害決勝へ「ワクワク」(日刊スポーツ)
青学大「サンショー3兄弟」が1、2、3フィニッシュ狙う 関東学生陸上2部3000M障害(スポーツ報知)
関東学生陸上1部3000M障害で中大の浦田優斗が予選トップ通過 父は中大前監督で五輪ランナーの春生さん(スポーツ報知)
【陸上】世界最速男カーリー参戦!9秒台の争いへ王者に挑む好調坂井、復活ロード桐生ら短距離陣(日刊スポーツ)
【陸上】三浦龍司、“本職”男子3000m障害で出場へ「納得いくような結果を出していきたい」(日刊スポーツ)
【陸上】男子走り幅跳び東京五輪6位の橋岡優輝、昨年の世界選手権金の王嘉男との対決に注目(日刊スポーツ)
【陸上】やり投げ北口榛花は昨年世界女王バーバーと対決 ディーン元気とともに3連覇狙う(日刊スポーツ)
【陸上】女子1500m田中希実「練習のラストスパートが出せたら4分4秒の力はある」と自信(日刊スポーツ)
【陸上】地主直央「去年より圧倒的に力」関東インカレ400m貫禄V 大型ハードラー豊田兼2位(日刊スポーツ)
【陸上】ユニバ代表の樫原沙紀「限界見にいくレースも」関東インカレ1500m連覇も慢心せず(日刊スポーツ)
【鳥谷敬×鈴木健吾】マラソンで泣きそうになる残り5キロ…トップランナーの乗り切り方(日刊スポーツ)

●5月12日
渕瀬真寿美がロンドン五輪8位入賞に繰り上げ…女子20キロ競歩でロシア選手失格(読売新聞)
【陸上】朝原宣治氏、妻奥野史子さんの活躍に触発され五輪目指した話披露 中学校でスポーツ教室(日刊スポーツ)
【陸上】青学大、関東インカレ1500m2部ワンツー決着「後輩に負けるの本望」高まる競争意識(日刊スポーツ)
【陸上】筑波大・三浦由奈、女子100m2位 順大・大野聖登、男子1500m4位/関東インカレ(日刊スポーツ)
【陸上】柳田大輝「9秒台体験したかった」追い風参考10秒09で100m連覇も反省しきり(日刊スポーツ)
関東学生1部1500Mで東洋大の奧山輝が3位 父は1500M元日本王者の光広さん(スポーツ報知)
柳田大輝が男子1部100Mで2連覇も「ふがいない。9秒台を体験したかった」…関東インカレ(スポーツ報知)
日体大の高村比呂飛が1部1500M優勝 学生個人から2連勝「勝たないといけない」…関東インカレ(スポーツ報知)
青学大勢が2年連続で1、2フィニッシュ 原晋監督「出雲駅伝で活躍を期待」…関東学生2部1500Mで(スポーツ報知)
東洋大が男子400メートルリレーV 柳田は100メートルとの2冠「勝ち切れてよかった」 関東インカレ/陸上(サンスポ)
中央学院大の飯塚達也、駒大の安原太陽らが通過 2部男子5000メートル予選 関東インカレ/陸上(サンスポ)
柳田大輝が大会連覇 追い風参考ながら自身初の10秒0台「複雑です」 関東インカレ/陸上(サンスポ)
世陸金メダリストのマイケル・ノーマンが、けがで欠場 セイコーGGP/陸上(サンスポ)
筑波大・樫原沙紀が女子1500メートルで連覇  男子は日体大・高村比呂飛がV 関東インカレ/陸上(サンスポ)
寺田明日香、100メートル障害に出場 セイコーGP/陸上(サンスポ)
【陸上】十種競技リオ代表の中村明彦が今季限りで引退「最後の日本選手権に向けトレーニング」(日刊スポーツ)
【陸上】関東インカレ1万m日本人トップの山崎りさ レース後“即声かけ”のシンプルな理由(日刊スポーツ)
【鳥谷敬×鈴木健吾】故障、節制、プレッシャー…それぞれの感情コントロール術とは(日刊スポーツ)
大東大のサラ・ワンジルが女子1万メートルでV「優勝は面白い」 33年ぶりに大会記録更新 関東インカレ/陸上(サンスポ)

●5月11日
【陸上】男子1万m中大・山平、女子1万m拓大・門脇ら東北ゆかりの選手が出場/関東インカレ(日刊スポーツ)
早大の注目ルーキー、工藤慎作は男子1万mで6位入賞 関東インカレ/陸上(サンスポ)
女子1部1万mは山崎りさが日本勢トップの2位「次リベンジできたら」 関東インカレ/陸上(サンスポ)
【陸上】唐澤拓海「駒澤に陸上をやりにきた」関東インカレでも存在感、復活燃えるラストイヤー(日刊スポーツ)
駒大の唐沢拓海が2部1万M日本人トップ「箱根駅伝まで良い状態で持っていく」…関東インカレ(スポーツ報知)
国学院大・吉田 日本人1年生で唯一2部1万メートル出場し29分30秒52 父は「ケツメイシ」大蔵(スポーツ報知)
男子1部1万Mは山梨学院大のムトゥクが優勝 東海大の花岡寿哉が自己ベストで2位(スポーツ報知)
「箱根駅伝に復活出場することが一番の目標です」日大の新雅弘・新監督が所信表明(スポーツ報知)
【陸上】石塚陽士が1万mで日本人2番手の3位「エースとしてやっていかないと」関東インカレ(日刊スポーツ)
【陸上】激しい雨で関東インカレ一時中断 応援響く午前から一転、悪天候で競技30分以上遅れ(日刊スポーツ)
【陸上】柳田大輝、関東インカレで追い風参考ながら10秒15マーク 準決勝へ「自分の走りを」(日刊スポーツ)
【陸上】休養から復帰の桐生祥秀、セイコーGGP100m出場決定!小池祐貴、柳田大輝らも参戦(日刊スポーツ)
関東インカレ4年ぶりの集団応援に、東洋大の柳田大輝「早く戻って盛り上げたい」(スポーツ報知)
箱根駅伝予選会で3年連続敗退の日大に高校駅伝日本一の名将、新雅弘監督が就任(スポーツ報知)
TBS『世界陸上ブダペスト』総合司会は江藤愛アナ&石井大裕アナ 「織田さん、中井さんの熱き心を引き継いで…」(サンスポ)

●5月10日
リオ五輪“リレー侍”の現在地 木南記念に集結した4人 桐生の復活が刺激に(デイリー)
五輪=仏トランスジェンダー女子選手、世界陸連の規制に「疎外感」(ロイター)

●5月9日
ロシア勢のパリ五輪陸上競技での復帰なし IAAFのコー会長「答えは非常に簡単」(東スポ)
禁止薬物の提供認める 新反ドーピング法、初適用で(時事通信)

●5月8日
女子マラソンの岩出玲亜が”濃いめ”の眉アート公開『新鮮』『めちゃ可愛い』フォロワー歓喜(中日スポーツ)
女子100m障害の寺田明日香、都内でトレーニングジム設立へ クラウドファンディングも実施(日刊スポーツ)
東京五輪代表の服部勇馬と中村匠吾、MGC出場権獲得できず(毎日新聞)
川内優輝、バンクーバーマラソンで通算42回目の優勝 ドーピング検査90回に検査員「ウケた」(日刊スポーツ)
トラックからマラソン連戦へ 加世田、実力証明の好走(時事通信)
大久保 100障大会新V 陸上県選手権(中日新聞)
【県陸上選手権】女子100 俵(星稜高)V 200と2冠(中日新聞)
男子110障害・泉谷 今季初戦で世界5位タイム13秒25 「初戦にしては良いタイム」手応え(スポニチ)

●5月7日
「日本一速い監督」立大・上野裕一郎監督、6月の日本選手権出場へ 学生に刺激与える(スポーツ報知)
服部勇馬、プラハマラソン挑戦も約20秒差でMGC出場権逃す 飯田貴之、安井雄一は条件突破(日刊スポーツ)
200Mで筑波大の鵜沢飛羽が2連勝「今年はちゃんと、勝ちにいく」…木南記念(スポーツ報知)
100M障害の寺田明日香が12秒86の自己ベスト「喜ぶのはまたあと」…木南記念(スポーツ報知)
山縣亮太、17年8月以来の200Mで21秒55「全部、来年のため」…木南記念(スポーツ報知)
【陸上】山縣亮太が予選敗退「長くてしんどかった」男子200m予選21秒55で6着(日刊スポーツ)
桐生祥秀 今季日本勢トップ10秒03!国内復帰2戦目で20年8月以来の10秒0台(スポーツ報知)

●5月6日
【陸上】坂井隆一郎が100M10秒12でV「自分の走りをやろう」桐生祥秀に0秒14差つけた(日刊スポーツ)
【陸上】桐生祥秀100m10秒26で2位、予選では10秒03「0台が出て良かった」木南記念(日刊スポーツ)
北口榛花が64メートル43でV チェコからコーチも来日し「的確な指示。来てくれた方が良いな」(スポーツ報知)
【陸上】ケンブリッジ飛鳥1年9カ月ぶりレース 10秒53で予選敗退も充実感「1歩踏み出せた」(日刊スポーツ)
会場にどよめき!桐生祥秀が10秒03! 復帰後国内2戦目で快走…木南記念(スポーツ報知)
【陸上】やり投げ北口榛花が64m43で優勝、2試合連続の64m超え「自信になった」(日刊スポーツ)
【陸上】桐生祥秀10秒03で予選突破、100m復帰2戦目 4月織田記念では10秒29(日刊スポーツ)
男子円盤投げ・藤原、女子3000メートル障害・平賀が2位 陸上・九州学生対校(琉球新報)
【陸上】やり投げディーン元気7位、東京五輪金チョプラが優勝 走り高跳びの真野友博は記録なし(日刊スポーツ)
32歳で陸上選手が死亡 リオ五輪リレー金メダルなどのトリ・ボウイ 家で死亡しているのを保安官が発見(日テレNEWS)
女子走幅跳の秦澄美鈴が6m75の大会タイで圧勝 世界陸上ブダペスト参加標準記録突破と日本記録更新に手応え【静岡国際レビュー】(TBS NEWS DIG)

●5月5日
【チビリンピック】ミニマラソン小学6年の部V多田直輝さん「箱根駅伝に出たい」(日刊スポーツ)
諸田が女子棒高跳びV 陸上水戸招待(時事通信)
史上最強のケニア人ランナー現る!エティーリ来日早々5000m&1万mで日本学生新記録樹立(日刊スポーツ)
伊藤(佐井中)円盤投げ県中学新/県春季陸上(東奥日報)
田沢廉が社会人デビューで2位、世界選手権出場へ「イギリスでの試合に繋がるレースができた」(日刊スポーツ)
「自分では似合っていると思う」田澤廉 新ユニホームで実業団デビュー(日テレNEWS)
陸上・廣中璃梨佳「このレースは通過点」 世界選手権代表内定はならず(日テレNEWS)
【陸上】東京国際大に超新星 1年エティーリが大記録で箱根駅伝の目玉に「ヴィンセント以上の化け物」(東スポ)
【箱根への道】立命大60年ぶり箱根へ「関東勢」「距離」の壁乗り越える…100回大会全国に拡大(スポーツ報知)
駅伝関西勢、箱根予選会出場は大半が「検討中」…過密日程が悩み(スポーツ報知)

●5月4日
塩尻和也「勝負どころで前に出れたのが勝因」 男子1万メートルで田沢廉ら抑えて優勝/陸上(サンスポ)
マラソン代表の加世田梨花「マラソンで入賞を狙えるように練習を積みたい」 女子1万メートル圧勝V/陸上(サンスポ)
田沢廉は1万Mで世陸の参加標準に届かず2位 塩尻和也が1位 女子はマラソン代表の加世田梨花が1位(スポーツ報知)
廣中璃梨佳 3位以内に入れず世界陸上代表内定は持ち越し 優勝はマラソン代表の加世田梨花【GGイン延岡】(TBS NEWS DIG)
中大・吉居駿恭が13分27秒33の自己ベストをマーク「日本選手権ではインパクトのある走りを」 男子5000m/陸上(サンスポ)
伊藤達彦が13分17秒65の自己ベスト「6月と12月の日本選手権で2冠が目標」 男子5000m/陸上(サンスポ)
“日本一速い”立大の上野裕一郎監督が5000M13分32秒36の好タイム 日本勢トップは伊藤達彦(スポーツ報知)
【陸上】「男だろ!」駒大・大八木弘明総監督、情熱変わらずも「上から目線」から「親子」に変化(日刊スポーツ)
富士市立高の小針がトップ選手相手に4位…女子200㍍日本高校歴代3位23秒52マーク(スポーツ報知)
リオ金のボウイ選手死去、32歳 陸上女子短距離(AFP=時事)
東京五輪代表の鶴田玲美「目標です」コロナ禍で3年延期された地元鹿児島での晴れ舞台に思い【陸上静岡国際】(西日本スポーツ)
やり投・北口榛花「口答えができるようになってきた(笑)」 コーチとの異種トレで目指す世界陸上2大会連続メダル(TBS NEWS DIG)
“モデルジャンパー”秦澄美鈴が自己ベストV 日本記録超えにも意欲「楽しみはお預け」(スポニチ)
“モデルジャンパー”秦澄美鈴 自己新&大会タイ記録でV 「日本記録は射程圏内」(デイリースポーツ)

●5月3日
自己記録8センチ更新 秦が女子走り幅跳びV(産経新聞)
アモス、3年間資格停止 陸上(時事通信)
飯塚翔太、地元・静岡の子どもたちにファンサービス「一瞬一瞬の出来事を大事に」(スポーツ報知)
東京五輪リレー代表の児玉芽生 女子200M予選敗退にショックでも「最初に気づけてよかった」【陸上静岡国際】(西日本スポーツ)
200Mで、鵜沢飛羽が追参ながら20秒10で優勝「お待たせしました」…静岡国際(スポーツ報知)
【陸上】200mは伏兵・鵜沢飛羽が追い参20秒10でV「日本代表になるつもりでいる」(スポニチ)
男子200mは筑波大の鵜澤飛羽が制す 追い風参考ながら20秒10 上山は2位、飯塚は5位 女子走幅跳は秦澄美鈴がV【静岡国際】(TBS NEWS DIG)

●5月2日
マラソン小出義雄さんが「たくらんだのでしょうね」野木丈司トレーナーから届いた“黒シャツ”の奇縁【満薗文博コラム・光と影と】(中日スポーツ)
燕市出身のOB岸本選手も合流「三大駅伝優勝を目標に」青学陸上部 新潟県妙高市で合宿中(TBS NEWS DIG)
東京五輪陸上に出場 佐久市出身の萩谷楓選手 引退を発表(NHK news)
小野寺(紫波)パラ世界陸上内定 女子車いす800メートル(岩手日報)
特別強化指定校と指導者に認定 盛岡市立高校 女子陸上競技部(NHK news)
マラソン界の新鋭、23歳キプトゥムが迫る「2時間切り」 ロンドンで示した可能性(時事通信)
高校駅伝改革案が浮上 男子の留学生区間は3区制限で5キロ以内の区間、あるいは3キロ区間に限定も 地方枠を毎年設けることも(スポーツ報知)

●5月1日
大分出身中西麻耶選手 7月にパリで開催 世界パラ陸上 走り幅跳び日本代表内定(TBS NEWS DIG)
東京五輪代表の萩谷引退 陸上(時事通信)
【陸上】世界選手権で金の山西利和と入賞の園田世玲奈を選出 2022年度中部実業団オブ・ザ・イヤー(中日スポーツ)
東海大静岡翔洋2年・成川倭士が男子200メートルで優勝、3冠達成…陸上静岡県中部高校総体(スポーツ報知)
旭川志峯高陸上部に昨年全中入賞者4人入部…男子100メートル中学王者・舛田快理「高校でも全国優勝」(スポーツ報知)
【箱根駅伝100回シンポジウム】大八木総監督が「声かけ」の裏側語る 「男だろ!」も披露(日テレNEWS)
ドルーリー朱瑛里、岡山県立津山高で高校デビュー戦圧勝 800メートル12秒差(スポーツ報知)
ドルーリー朱瑛里 高校デビュー戦女子800メートルで圧勝V 目標の夏の総体出場へ第1関門突破(デイリースポーツ)

●4月30日
箱根駅伝シンポジウムが駅伝発祥の地、京都で開催 昨季学生駅伝3冠の駒大・大八木弘明総監督らが熱弁(スポーツ報知)
日本体育大、「大学史上ワースト19位」翌年に下剋上V…「3年生主将」抜てきで途切れた襷つなぐ(読売新聞)
亜細亜大、「世紀の番狂わせ」生んだ地獄の阿蘇合宿…箱根前日に監督V宣言「お前たちならできる」(読売新聞)
「田舎のチームが何言ってんだって」三菱重工マラソン部、飛躍に至るまでの苦難の道のりと見据える未来(西スポWEB)
現場監督で働く〝市民スプリンター〟原田暁 走り幅跳びから短距離に転向して「パリ五輪が目標」【陸上・織田記念】(西スポWEB)
山縣、予選落ちも“一歩” 1年7カ月ぶりに帰ってきた「スタートラインに立てた」21年に右膝手術(スポニチ)

●4月29日
男子5000で大学生が躍動 駒大の佐藤圭汰が初優勝 織田記念陸上(中国新聞)
38歳の岡本直己、MGCへ仕上がり順調 織田記念陸上男子5000(中国新聞)
【織田記念】男子100mは柳田大輝がV、女子やり投げは北口榛花が大会新記録で制す/詳細(日刊スポーツ)
【織田記念】駒大・佐藤圭汰5000mV「記録より勝負」逃げ切り成功に「引き離せたのは成長」(日刊スポーツ)
駒大の佐藤圭汰が5000M優勝 三浦龍司も引き離し「勝ち切れたことは自信」…織田記念(スポーツ報知)
【織田記念】三浦龍司5000m5位「対応できなかった」本職3000m障害へ「納得いくよう」(日刊スポーツ)
【織田記念】やり投げリオ五輪代表の新井涼平「全然いける」77m11で3位も復調手応え(日刊スポーツ)【織田記念】やり投げディーン元気が77m94で優勝!世界選手権へ「夏にピーク…決勝で勝負」(日刊スポーツ)
【織田記念】桐生祥秀「やりたいのは日本記録を出すこと」100mで10秒29、パリへ意欲十分(日刊スポーツ)
女子100メートルの児玉芽生、今季初戦は11秒77で5位 昨秋に福島千里さんの日本記録に肉薄【陸上・織田記念】(西スポWEB)
【陸上】桐生祥秀「ここから頑張りたい」10秒29で5位 織田記念国際(スポニチ)
【織田記念】後藤夢、1500m優勝も「理想とほど遠い」 日本選手権へ向け「ドンと構えて」(日刊スポーツ)
パラ陸上、福永凌太が400mでアジア新・走り幅跳びで日本新…「世界記録出したい」(読売新聞)
桐生祥秀 今季国内100m初戦は10秒29で5位 柳田大輝が10秒25で優勝 織田記念国際(デイリースポーツ)
やり投げの北口榛花が初戦で世陸内定 64メートル50に「思ったより飛んでびっくり」…織田記念(スポーツ報知)
【陸上】北口榛花、大会新64m50で世界切符「100mに出てみたいなって思うぐらい…」助走に手応え(スポニチ)
【織田記念】やり投げ北口榛花、64m50で世界選手権代表内定 メダル獲得へ「金、銀を」(日刊スポーツ)
【織田記念】寺田明日香100m障害予選13秒04 決勝に慎重姿勢も「研ぎ澄まして走れたら」(日刊スポーツ)
【織田記念】山縣亮太100m10秒48で予選敗退 21年9月以来復帰戦に「スタートライン」(日刊スポーツ)
【織田記念】村竹ラシッドにアクシデント 110m障害で後半急失速、車いすに乗って会場外へ(日刊スポーツ)
村竹ラシッド予選敗退 左ハムストリングを押さえてゴール…織田記念・男子110M障害予選(スポーツ報知)
男子100Mの多田修平、10秒68「試合になると体が重くなったり集中できなかったりする」…織田記念(スポーツ報知)
【織田記念】多田修平、グランプリ予選進出ならず 男子100m、10秒68で3組6位に終わる(日刊スポーツ)
地元の国立大志望から一転した陸上人生 23歳の次代のホープ近藤亮太「マラソンが一番輝ける」(西スポWEB)
神奈川大、出場62年目でつかんだ箱根路の頂点…前年「途中棄権」からはい上がる(読売新聞)
パリへのラストチャンス、張り切って!」 日本パラ陸上が始まる・神戸ユニバ(神戸経済ニュース)
女子走り幅跳びの小針陽葉が全国3冠へ優勝(スポーツ報知)
山縣亮太 ケガからの復活「帰ってきたなという感じ」 桐生祥秀との“メモリアルな対決”へ(日テレNEWS)
●4月28日
山縣「わくわくも、不安も」 29日、織田記念―陸上(時事通信)
陸上の山縣、29日に復帰戦 2シーズンぶり「帰ってきたな」(共同通信)
松江 アテネ五輪マラソン入賞 油谷繁さんが小学校で陸上教室(NHK news)
駒大・佐藤圭汰、順大・吉岡大翔らがエントリー セイコーGGP3000m出場選手発表/陸上(サンスポ)
山縣亮太 1年7カ月ぶり実戦復帰へ「元気な姿を見せたい」21年10月に右膝手術「もうほとんど問題ない」(デイリースポーツ)
山縣亮太が29日の織田記念で100M復帰「走れていた頃に感じていた不安がある。帰ってきた感じ」(スポーツ報知)
〝元スーパー中学生〟の決断の理由 箱根を選ばず実業団に進んだ林田洋翔「スタートラインにやっと立った」(西スポWEB)
“順大オリンピアン”が語る理想のキャプテン像 体操・橋本大輝&陸上・三浦龍司(日テレNEWS)

●4月27日
体操・橋本大輝 陸上・三浦龍司に「お互いに尊敬し合っている」順大オリンピアンが共演(デイリースポーツ)
同学年の陸上三浦龍司と体操橋本大輝 互いの印象は? 順大と印西市の連携会見で語る(日刊スポーツ)
順大が誇る体操の橋本大輝と陸上の三浦龍司が世界を目指してエール交換(スポーツ報知)
同学年の陸上三浦龍司と体操橋本大輝 互いの印象は? 順大と印西市の連携会見で語る(日刊スポーツ)
24年パリ五輪マラソン代表選考会MGC 10月15日午前8時号砲(スポーツ報知)
パリ五輪代表選考会「MGC」 男子は午前8時、女子は午前8時10分号砲/マラソン(サンスポ)
パリ五輪マラソン代表選考レースMGC、男子は10月15日午前8時に号砲 1位と2位が代表内定(TBS NEWS DIG)
陸上 3代目山の神・神野大地、浜松開誠館中で熱血指導(スポーツ報知)
陸上 富士市立・小針陽葉「楽しんで走る」・・・静岡国際陸上競技大会5月3日開催(スポーツ報知)
MGCを回避し、アジア大会からパリ五輪へ 異例のルートを攻める定方俊樹の意図とは(西スポWEB)
加藤学園陸上部に五輪イズム 「東京」男子3000障害 山口浩勢氏、高校指導者に(静岡新聞)

●4月26日
駅伝・世羅高メンバー、第二の人生歩む春 2015年の都大路で男女同時優勝(中国新聞)
MGC最下位から4年 不振、新星の台頭… 「いろいろ定まらなかった」時期を乗り越えた井上大仁の再挑戦(西スポWEB)
花形の男子100m、桐生に山縣「リレー侍」が至高の一戦繰り広げる 織田陸上を彩った名場面(中国電力)
スプリンター壱岐あいこ 大阪ガス初の女子陸上選手に 働きながらパリ五輪&25年東京世界陸上へ疾走(スポニチ)

●4月25日
室伏広治やQちゃんもV、国内外のスターが活躍した織田幹雄記念国際陸上(中国新聞)
世界挑戦への足がかり 女子100福島、北京五輪に出場【織田陸上を彩った名場面】㊤日本記録誕生(中国新聞)
MGC出場者がいるチームに特例措置 クイーンズ駅伝など出場権(毎日新聞)
世界陸上ブダペスト競歩代表10人を発表 男子20kmは3連覇かかる山西利和、“みちょぱのはとこ”池田向希ら選出(TBS NEWS DIG)
【競歩】陸上世界選手権ブダペスト日本代表に山西利和、川野将虎ら男女10選手(日刊スポーツ)
ドイツの陸上選手クロスターハルフェンと契約=独プーマ〔BW〕(時事通信)
法政大「オレンジエクスプレス」、箱根路を疾走…金髪・サングラスのルーキーがチームを変えた(読売新聞オンライン)
「中学で辞めるくらいの気持ちだった」山下一貴の転機 駒大恩師からすり込まれた言葉 パリ五輪マラソン代表目指して(西スポWEB)

●4月24日
男子は日本新Vの野田が世界陸上ブダペスト代表入り 日本人初メダリストの谷井コーチとの二人三脚が結果に【日本選手権35km競歩】(TBS NEWS DIG)
西研人、堀尾謙介、山本憲二がMGC出場権獲得/マラソン(サンスポ)
陸上=ロンドン・マラソン、キプタムが世界歴代2位記録で優勝(ロイター)
【ロンドン・マラソン】ケルビン・キプタム歴代2位の2時間1分25秒で優勝 川内優輝は11位(日刊スポーツ)
五所高の今井が女子走り幅V/北日本陸上(陸奥新報)
【陸上】サニブラウン、今季初戦100メートルで10秒13マーク 昨夏世界選手権では決勝進出(日刊スポーツ)
田中希実「感覚が取り戻せた」3連覇 プロ表明後初、地元・兵庫のレースで苦悩克服(デイリー)

●4月23日
秦澄美鈴が4連覇 海外転戦でタフさ身につく 兵庫リレーカーニバル 女子走り幅跳び(デイリースポーツ)
目指すは世界のトップ、プロ 田中希実の新章幕開け リレカで「らしさ」取り戻す GP女子1500mでV3(神戸新聞)
プロ転向の田中希実が1500mで圧巻の大会3連覇「どうしても勝ちたかった」兵庫リレーカーニバル(デイリースポーツ)
【陸上】田中希実2日連続レースで連勝「自分にどうしても勝ちたかった」東京→兵庫の大移動克服(日刊スポーツ)
ロンドン・マラソンで世界歴代2位「2時間1分25秒」、ケニアのキプトゥムが初出場でV(読売新聞)
キプトゥム、歴代2位で初優勝 女子はハッサンが初挑戦V―ロンドン・マラソン(時事通信)
キプタム、歴代2位で優勝 ロンドン・マラソン(共同通信)
順大・村尾雄己は男子3000m障害で2位 日本学生個人選手権/陸上(サンスポ)
早大の駅伝主将、菖蒲敦司が男子3000m障害で連覇「チーム全体としてはすごく順調」 日本学生個人選手権/陸上(サンスポ)
東海大・石原翔太郎は2位「スピードが向こうの方が上だった。まだまだ力不足」 日本学生個人選手権/陸上(サンスポ)
駒大・安原太陽、途中棄権の学生ハーフの悔しさ晴らすV 後輩、篠原倖太朗の「レースを見て対策」 日本学生個人選手権/陸上(サンスポ)
駒大・安原太陽が男子5000mでバースデーV「母親に良い誕生日プレゼントができた」 日本学生個人選手権/陸上(サンスポ)
古賀が男子4位、女子は岩出6位 ぎふ清流ハーフマラソン(共同通信)
サニブラウン、初戦は参考記録 陸上(時事通信)
西研人、優勝でMGC切符 3位堀尾謙介、4位山本憲二も獲得―長野マラソン(時事通信)
男子1万メートルで村山謙太が日本人トップ「勝ち切れたことは良かった」兵庫リレーカーニバル(日刊スポーツ)
【陸上】141センチ兼友良夏が1万メートルで日本人トップの3位「いずれは31分台出したい」(日刊スポーツ)
【陸上】田中希実と高校生3人が過ごした粋な時間「私にとってもプラスに」笑顔で即席サイン会(日刊スポーツ)
【陸上】田中希実 走りと無関係の〝作業〟で迷い一掃「気持ち的にリフレッシュできる」(東スポ)

●4月22日
村山謙、男子1万で6位 女子は兼友3位―陸上・兵庫リレーカーニバル(時事通信)
駒大が1万m27分台3人に 唐沢拓海が27分57秒52/陸上(サンスポ)
アジア大会マラソン男子代表の池田耀平「MGCは必然的に回避…もともとマラソンをやった理由はMGCをやるためではない」/陸上(サンスポ)
【一問一答】田中希実、女子1マイルで日本新「自分の気持ちよりはまだいけるかどうか足に問いかけた」/陸上(サンスポ)
【陸上】桐生祥秀、約10カ月ぶり国内復帰戦で優勝 笑顔で復活「楽しくなって戻ってきた」(日刊スポーツ)
桐生祥秀が国内復帰戦200MでV「100Mで優勝している姿を」復活へ一歩 パリ「狙えるなら狙いたい」(スポニチ)
【陸上】田中希実、女子1マイルで日本新!5個目の日本記録に「自分の感覚と相談して走れた」(日刊スポーツ)
田中希実が21年ぶり日本新「気持ちよく走れた」…女子1マイル種目(スポーツ報知)
田中希実が1マイルの日本記録を21年ぶり更新「写真を撮れて感慨深い」陸上東京都選手権(スポニチ)
桐生祥秀、国内復帰戦で快走 東京五輪以来の国立で「今こうして走れてうれしい」…昨秋に潰瘍性大腸炎で休養(スポーツ報知)
世界挑戦への足がかり 女子100福島、北京五輪に出場【織田陸上を彩った名場面】㊤日本記録誕生(中国新聞)
【陸上】王座奪還を目指す青学大“脱・負けていいや” 宇田川瞬矢「今年はそうならないよう…」(日刊スポーツ)
【陸上】関西大・亀田仁一路「出たいと言っている選手も多数いる」 第100回箱根駅伝へ意欲(日刊スポーツ)

●4月21日
【陸上】「今までリミッターかけていた…」パリ五輪目標の道下美槻“武者修行”で気付いたこと(日刊スポーツ)
ミュージカル女優ランナー、北川星瑠は女子1万mで3位 日本学生個人選手権/陸上(サンスポ)
日体大・山崎りさが女子1万mでV 日本学生個人選手権/陸上(サンスポ)
【陸上】城西大・山本唯翔がユニバ代表切符「勝手に自分の中で限界を…」“山の妖精”が描く未来(日刊スポーツ)
〝山の妖精〟城西大・山本唯翔、2人レース制してユニバ切符「恥のない走りができるように頑張りたい」日本学生個人選手権/陸上(サンスポ)
関大の亀田仁一路、第100回箱根駅伝へ「チャンスがあるので、意欲的に考えている人が多い」(スポーツ報知)
道下美槻、女子1500m3位で号泣「優勝を狙っていたので本当に悔しい」 日本学生個人選手権/陸上(サンスポ)
「がむしゃらに、速く走りたい」プロ転向の田中希実、地元兵庫で原点回帰へ 兵庫リレカ、GP女子1500m(神戸新聞)
突然の変更、競歩界に戸惑い パリ五輪の35キロ「消滅」で―陸上(時事通信)
駒大・大八木弘明総監督が28年の監督人生総括 大学駅伝3冠、Z世代との接し方、愛弟子・田澤廉との今後まで語り尽くす(東スポ)
アップダウン続く「準エース区間」…いだてん記者、箱根路「4区」を走る(読売新聞)
箱根から世界へ 「ケツメイシ」大蔵が父の国学院大・吉田蔵之介らも注目…有力新人各校そろう(スポーツ報知)
【道の記憶】1996年に歴史を感じる道で起きた悲劇(スポーツ報知)
【箱根への道】順大1年・吉岡大翔、東京五輪代表・三浦龍司先輩に勝つ!「憧れだけでは終わらないように」(スポーツ報知)

●4月20日
車に乗った女性ランナーが失格処分に 英ウルトラマラソン(AFP=時事)
北口榛花や橋岡優輝が金メダリストに挑む!世界トップ選手52人の出場発表【セイコーゴールデングランプリ横浜】(TBS NEWS DIG)
日立女子陸上部のバイレ・シンシアさん死去 20歳、ケニア出身 昨年から闘病(スポニチ)
競技歴わずか2年の女子高生ランナー 陸上界期待の“ダイヤモンドアスリート”(テレビ静岡)

●4月19日
新潟経営大が来春に女子駅伝部を設立 最初の目標は24年の全日本大学女子駅伝出場に(日刊スポーツ)
後藤夢「脇役」から世界へ、元同僚の田中希実抑えV 選抜中・長距離陸上1500m(神戸新聞)
駅伝で3度日本一、新雅弘監督が岡山・倉敷高退職 外部アドバイザーの立場に(山陽新聞)

●4月18日
織田幹雄記念陸上 広島出身・山縣亮太、福部真子、高山峻野などトップアスリートが勢揃い(FNNプライムオンライン)
男子はチェベトが連覇、女子はオビリが優勝 ボストンマラソン(AFP=時事)
世界陸上イヤー始動「12秒5を切るために…」福部真子 100メートルハードル 進化した走り(RCC中国放送)
<陸上・出雲大会>久保山晴菜(今村病院)女子300メートル制す(佐賀新聞)
チェベトが連覇 キプチョゲは6位―ボストン・マラソン(時事通信)
陸上=ボストン・マラソン、男子はチェベトが2連覇達成(ロイター)
男子はチェベトが2連覇 ボストン・マラソン(共同通信)
服部勇馬、MGCに再挑戦 東京五輪代表、プラハ出場へ マラソン(時事通信)

●4月17日
女子やり投げの北口榛花、29日の織田記念に向け「久しぶりの広島開催。大きな競技場楽しみ」【陸上】(中日スポーツ)
やり投げ世界選手権銅メダリスト・北口榛花、今季目標は「世界陸上でメダル&ダイヤモンドリーグファイナル」/陸上(サンスポ)
北口榛花 今季へ「一番の目標は世界陸上のメダルとダイヤモンドリーグ・ファイナル」初戦は29日の織田記念国際(デイリー)
やり投げ・北口榛花「エンジンかかるの遅いかも」今季はスロースターター宣言(スポニチ)
やり投げ世陸銅メダルの北口榛花、冬季練習に手応え 今季は「70Mも見えてくる」(スポーツ報知)
かすみがうらマラソン 男子・ベンジャミン、女子・松村が優勝 視覚障がいは堀越が連覇(スポニチ)

●4月16日
山縣と桐生、男子100で再び激突 29日の織田記念陸上、エントリーリスト発表(中国新聞)
東京五輪代表、加藤学園高陸上部・山口浩勢副顧問が男子5000メートルで優勝「レースの姿を見せながら指導していきたい」…陸上・静岡・東部選手権(スポーツ報知)
野田明宏&岡田久美子が男女で日本新、世界陸上の代表内定!前回銀の川野将虎も切符掴む【日本選手権・35㎞競歩】(TBS NEWS DIG)35キロ競歩の野田明宏、日本新Vで3度目の世陸に内定「絶対優勝するという気持ちで臨んだ」(スポーツ報知)
一人旅「意味ある優勝」 野田、日本新のおまけ付き―競歩(時事通信)
岡田、初挑戦で日本新 競歩日本選手権(時事通信)
川野、練習不足を痛感(時事通信)
競歩で世陸金の山西利和、パリ五輪での35キロ中止に「あまりにも急な決定」(スポーツ報知)
男子100メートルは坂井隆一郎がV 悪天候&向かい風で10秒35「6月の日本選手権あたりで9秒台」(中日スポーツ)
雷雨のトラブルも坂井隆一郎が優勝!「9秒台目指したい」世界陸上へ代表争いが本格スタート【出雲陸上・男子100m】(TBS NEWS DIG)
【出雲陸上】坂井隆一郎が10秒35で優勝 2位デーデー、3位飯塚翔太、6位多田修平 桐生祥秀は棄権(スポニチ)
桐生祥秀「自分自身、まだまだ目立ちたい」 出雲陸上棄権も今季目標は「日本記録を出したい」(スポニチ)
【陸上】桐生祥秀、アップ中の違和感で実戦復帰2戦目を棄権 国内初レースの予定も大事を取る(日刊スポーツ)
桐生祥秀、出雲陸上を棄権 国内復帰戦予定も左膝裏に違和感(スポニチ)
男子フルマラソンは日大OBのベンジャミンが優勝「良いリズムで走れた」 かすみがうらマラソン(スポニチ)
男子10マイルの部は駒大の赤津V「3冠チームの看板背負って走った」かすみがうらマラソン(スポニチ)

●4月15日
競歩選手がIOC批判「50キロ選手へのリスペクトが足りない」…パリ五輪での種目中止に(読売新聞)
競歩・男女混合団体35キロのパリ五輪実施なしに川野将虎「悔しい。長い距離は競歩の魅力を伝えられる」(スポーツ報知)
競歩・世陸銀の川野将虎が代表内定へ「速いペースになっても立ち向かえる」…16日に日本選手権(スポーツ報知)

●4月14日
国体の陸上競技選考会で「アスリート盗撮」の疑い 会社員逮捕(NHKニュース)
クロップがGMO入り 陸上(時事通信)
【陸上】男子ハーフで京産大・中村光稀がV「まだまだ伸びしろしかない」卒業後は実業団入り目標(日刊スポーツ)
【陸上】箱根挑戦公表の立命館大・中田千太郎ハーフ3位「もう一段上がってくれたら」コーチ期待(日刊スポーツ)
山縣亮太選手「9秒95」日本新記録の地 “ヤマタスポーツパーク陸上競技場”が7年ぶりに一新 鳥取県鳥取市(日本海テレビ)
飯塚 男子200、3連覇へエントリー 5月3日 静岡国際陸上(静岡新聞)

●4月13日
【陸上】男子100mに坂井隆一郎 9秒台カーリー、ノーマンも  5・21セイコーGGP横浜(日刊スポーツ)
男子100に世界王者ら セイコー陸上(時事通信)
人類最速の男たちも参戦!セイコーゴールデングランプリ横浜、世界陸上金のカーリー&ノーマンの出場発表(TBS NEWS DIG)
5・3静岡国際陸上 リオ五輪銀・飯塚、高校総体銀・小針らが参戦…エントリーリスト発表(スポーツ報知)
加藤学園陸上部 東京五輪代表・山口副顧問が一緒に走って日本代表育てる(スポーツ報知)
サッカーW杯2選手・ホンダ陸上競技部 活躍たたえ彩の国功労賞 酒井選手「埼玉県民の支え感じプレー」(東京新聞)
【特集】学生陸上を完結し新しいステージへ―日本新記録を目指す陸上・短距離 壹岐あいこ(読売テレビ)
国際大会に2千人招待(タウンニュース)

●4月12日
福部真子・女子100メートルハードラー 「応援してくれる人の気持ちにこたえたい」 今季にかける思い(TSS)
神戸マラソンゲストに有森裕子さん、金哲彦さん 11月19日号砲(神戸新聞)
田沢廉、広中璃梨佳ら登録 世界選手権代表選考会「ゴールデンゲームズ in のべおか」エントリー選手発表/陸上(サンスポ)

●4月11日
駅伝実業団の新戦力 長崎県内3チームの精鋭たち(長崎新聞)
駅伝実業団の新戦力 メモリード 安山佳七(周南大)、田中美妃(佐賀清和高)(長崎新聞)
駅伝実業団の新戦力 三菱重工 宗像聖(東京国際大)(長崎新聞)
世界選手権V2の競歩・山西利和に最優秀賞 実業団陸上(毎日新聞)
体罰問題で退職の前大牟田高監督が異例の復帰 保護者・部員の復帰要望で指導員として(日刊スポーツ)
駅伝強豪の大牟田高、体罰判明で退職した監督を非常勤の部活指導員に(読売新聞)
「自分も挑戦したい」大阪ガス入社の壱岐あいこ 東京五輪で輝いた田中希実から刺激、パリ目指す(スポニチ)
【陸上】大阪経済大が箱根駅伝挑戦を検討「エントリーの話はしている」全国規模の100回大会(日刊スポーツ)

●4月10日
元陸上選手の小林祐梨子さんが第3子出産を公表 駅伝解説やゲストランナーなどで活躍…赤ちゃんの足形投稿(中日スポーツ)
陸上短距離界のホープ “中学女子最速”と“高校最速”の2人が新天地で活躍誓う「日本代表に!」【新潟】(新潟総合テレビ)
プロ転向の田中希実、兵庫RCの1500mにエントリー 世界陸上マラソン代表の西山和弥は1万m(スポニチ)

●4月9日
女子マラソン名門「天満屋」はMGC切符最多5人 パリ五輪代表争いへ勝負の年(産経新聞)
“山の妖精”こと城西大の山本唯翔が5000M初戦で日本人トップ…七大学対校(スポーツ報知)
青学大の黒田朝日が今季初戦の3000メートル障害で自己ベスト「最終目標は三浦龍司さん」(スポーツ報知)
「陸上競技の楽しさを」こどもスポーツ教室(FBS福岡放送)
ハーフマラソン日本高校記録保持者の東海大ルーキー南坂柚汰が大学デビュー(スポーツ報知)
【陸上】高3の下森美咲、1500m1組で優勝 1週前に憧れ田中希実と対決「とてもいい経験」(日刊スポーツ)
【陸上】吉岡大翔、金栗で順大デビュー「レースの意味を変えるのが今後の自分の取り組みや結果」(日刊スポーツ)
【陸上】31歳前田彩里、調整5000mで好記録「走ってみたら出た」“志願”の熊本凱旋に笑顔(日刊スポーツ)

●4月8日
マッカーサーが日本新 陸上女子ハンマー投げ(時事通信)
混合競歩は42.195キロで パリ五輪、男女リレー形式(共同通信)
女子円盤投げの郡菜々佳が51m13で大会新V “世界”見据え「60mを超えないと戦えない」(日刊スポーツ)
【陸上】順大・三浦龍司、金栗記念で1500m2位 3000m障害へ自信(日刊スポーツ)
【陸上】田中希実プロ転向後初1500mは2位「全然良くなかった」自身の日本記録に遠く及ばず(日刊スポーツ)
塩尻和也がロングスパートで5000M日本人首位「できることはやりました」…金栗記念陸上(スポーツ報知)
駒大の篠原倖太郎が1万M日本勢2位も「学生のカテゴリーなしにしっかり勝ちたい」(スポーツ報知)
1500Mで田中希実は2着「最近は練習はできてもレースで走れない」…金栗記念陸上(スポーツ報知)
三浦龍司が1500M2位「スロースタートでも逆に安心。面白さはあとにとっておく」…金栗記念陸上(スポーツ報知)
館沢、後藤が1500優勝 三浦と田中は2位―陸上金栗記念(時事通信)
田中希実、プロ転向初戦は1500m4分20秒11「全然、良くなかった」 ユニクロ所属の後藤夢がV(スポニチ)
第100回箱根駅伝で優勝狙う中大、カギ握る中間層とエース育成(産経新聞)
陸上の強豪・学法石川高(福島県石川町)に新戦力 3000メートル中学新の増子選手らが入学(福島民報)
大舞台へ、高校生活スタート 陸上界期待のホープが学石入学(福島民友新聞)
摂南大女子陸上部が発足 野口みずき氏が記念公演「目の前の目標を大切に」(スポーツ報知)
陸上3000m障害の世界女王、ドーピング違反で暫定資格停止(AFP)
陸上=女子障害で世界選手権優勝のジェルト、ドーピングで資格停止(ロイター)
兵庫リレーカーニバル プロ転向の田中希実らグランプリ出場決定 22日開幕(神戸新聞)

●4月7日
東海大から転校した箱根駅伝ランナー・吉田響 創価大の公式ツイッターで「目標 山の神になる」(スポーツ報知)
小樽出身・陸上短距離の小池祐貴選手 進化目指し渡米する思い(NHK NEWS)
ヤマダホールディングス陸上競技部 新体制にて始動!(時事通信)
「都大路優勝に貢献したい」学法石川陸上部に大物ルーキー入学 全中優勝増子陽太、全中駅伝14人抜き湯田和未 福島(TBS NEWS DIG)
【陸上】新潟RC新加入会見 平野翔大「目標は8月世界選手権」中川達斗「7月アジア選手権」(日刊スポーツ)
【箱根への道】駒大・大八木弘明総監督と藤田敦史新監督が対談「変化恐れない」師匠の魅力を引き継ぐ(スポーツ報知)
米最高裁、陸上女子チームにトランスジェンダーの参加認める(毎日新聞)
陸上女子18歳コンビ「一緒に五輪」の夢へ【SBSマイクリレー】(静岡新聞)

●4月6日
24年パリ五輪・リレー侍の活躍には「ベテランと若手のミックスが重要」…日本陸連が2023年度強化方針発表(スポーツ報知)
【陸上】関大・谷村恒晟V「思い描いた通り」残り1キロで仕掛け 大阪インカレ男子5000m(日刊スポーツ)
【陸上】日本代表がブダペスト世界選手権前にパリ近郊合宿 来夏五輪へ「候補地がある」(日刊スポーツ)
スポーツコミッションShizuoka活動開始 高倉健二氏「スポーツを通じて静岡を元気に」(日刊スポーツ)
パリ五輪へ熱戦期待 トラックシーズン本格化―陸上(時事通信)
ペルー開催を取りやめ 陸上U20世界選手権(時事通信)

●4月5日
三浦龍司に憧れ順天堂大入学 男子5000m日本人高校最高記録・吉岡大翔「目指すは世界陸上 ブダペスト」(TBS NEWS DIG)
神戸学院大・辻井冬和「うれしい」男子5000mでライバルに競り勝つ インカレ兵庫(日刊スポーツ)
ケニアの陸上選手 医学知識ある人物の協力でドーピング隠蔽か(Afp=時事)

●4月4日
田中希実「自分の居場所を作り直したい」大谷翔平も契約のニューバランス所属でプロ選手として再スタート(スポーツ報知)
「かっこ悪くてもそれはプロだな」甘え絶つ覚悟の田中希実が思い描く“プロ像”とは…?(日刊スポーツ)
田中希実、プロ転向の理由は「フラストレーションが爆発」 新境地で「世界のトップで戦いたい」(デイリースポーツ)

●4月3日
東京国際大監督を退任した大志田秀次氏、ホンダのエグゼクティブ・アドバイザーに就任(スポーツ報知)
世界選手権銅メダルのやり投げ北口榛花ら出場発表 5・21セイコーゴールデングランプリ陸上(日刊スポーツ)
男子は初マラソンのアヤナ、女子はキプロプが優勝 パリ・マラソン(AFP=時事)
【所属発表会見一問一答】田中希実「国内外問わず、色んな方とより縁を結んでいきたい」/陸上(サンスポ)
【陸上】プロ転向の田中希実、大谷翔平は「尊敬している」「アスリートの形として理想」(日刊スポーツ)
【陸上】異例の3種目挑戦も「パフォーマンスに…」 田中希実が感じた“ハングリー精神”の正体(日刊スポーツ)
田中希実、ニューバランス所属でプロ選手として活動「自分自身へのフラストレーションが爆発」(スポーツ報知)
陸上・田中希実、プロ転向を表明 「ニューバランス」と所属契約「飛躍した成績を残せるように」(スポニチ)
九電工陸上部、大学駅伝「3冠」の駒大主将・山野力が加入 青学大・西久保遼、順大・平駿介も 舟津彰馬は退部(西日本スポーツ)
【陸上】田中希実「海外でもあまりないような雰囲気」〝新感覚レース〟で得た競技普及への思い(東スポ)

●4月2日
早大・石塚陽士が自己ベストの13分46秒31でV チームメートの活躍が「いい相乗効果」/陸上(サンスポ)
オレゴン世陸代表の黒川和樹、400M障害初戦は49秒35「めちゃめちゃ良い。今年は自信がある」(スポーツ報知)
“メガネハードラー”400mH黒川和樹が49秒35「海外に通用するレース」を研究「今年は自信あります」(デイリースポーツ)
駒大・安原海晴が藤色のユニホームでデビュー「1年目から三大駅伝への出場を目指す」 3冠メンバー、安原太陽の弟/陸上(サンスポ)
田中希実が退社後初レース 葛藤しつつも世界選手権に向けて意欲「今年一番狙いたい」/陸上(サンスポ)
田中希実「今の時期にしては良くもなく悪くもなく」 所属先退社後初レース【陸上】(中日スポーツ)
100M日本記録保持者の山縣亮太、復帰戦は29日の織田記念に延期 高野コーチ「大事をとって」(スポーツ報知)
3年連続で箱根駅伝予選会敗退の日大 新人留学生キップケイメが日本デビュー戦でトップ「ハッピー」(スポーツ報知)
六大学陸上で立大の上野裕一郎監督がペースメイク「本当に学生たちは頑張ってくれている」(スポーツ報知)
【陸上】横田真人氏「陸上競技場の景色を変える」Onアスリートストラテジーアドバイザー就任(日刊スポーツ)
【陸上】新谷仁美を指導する横田真人氏 海外メーカーと新たな取り組みスタート(東スポ)
【陸上】競技のさらなる普及へ 田中希実の願い「観客席からはみ出して…」(東スポ)
東海大から創価大編入の吉田響はあと2回箱根出場可能 戦前に関大&慶大で活躍の津田晴一郎さんと重なる(スポーツ報知)
東海大で昨年箱根5区2位の吉田響、創価大3年に編入 考え方不一致「覚悟持って決断」主力級では異例(スポーツ報知)

●4月1日
陸上・後藤夢が豊田自動織機退社、ユニクロへ 女子中長距離、西脇工高出身(神戸新聞)
【陸上】山縣亮太、4月2日の200m欠場「練習中に内転筋をつった」1年7カ月ぶり復帰予定も(日刊スポーツ)
箱根駅伝10位の東洋大の谷川嘉朗コーチが女子駅伝監督を兼任(スポーツ報知)
【ボートレース】<素顔のクイーン>飯塚響 飛躍誓う年女“うさぎダッシュ”でB1級目指す(スポーツ報知)

●3月31日
宮脇千博が現役引退「競技からも退くことを決めました」/陸上(サンスポ)
新潟県高校駅伝の“誤誘導”から5カ月 ようやく高体連が中越高に謝罪 同校は「受け入れる」(スポニチ)
佐藤成葉が25歳で現役引退 19年インカレで2冠&昨年クイーンズ駅伝でV貢献/陸上(サンスポ)
渕瀬、8位に繰り上げ ロンドン五輪女子20キロ競歩(時事通信)

●3月30日
桐生「ここから始まる」 課題見えた9カ月ぶり実戦―陸上(時事通信)
「五輪汚職」反省、スポーツ大会運営のガバナンス指針決定…独立委による役員候補選考など(読売新聞)
世界陸連、ロシアの除外継続 IOC勧告も方針変えず(時事通信)
【陸上】「MGCが目標ではない」其田健也、世界選手権との“W出場”は「自分が強くなる道」(日刊スポーツ)

●3月29日
【陸上】パリ五輪マラソン代表選考MGCファイナルチャレンジ概要発表 設定記録は6月以降明示(日刊スポーツ)
【陸上】松田瑞生「もう少しで引退」進退口にし世界選手権&MGCへ覚悟 瀬古氏説得を「却下」(日刊スポーツ)
【マラソン】JMCシリーズ王者の其田健也「強くなる道を選んだ」世界選手権&MGCで(スポニチ)
【マラソン】引退発言の松田瑞生に瀬古利彦氏「40歳までいこう!」説得も「却下です」(スポニチ)
【マラソン】引退視野の松田瑞生「最後まで挑戦して後悔ない競技人生を」世界選手権&MGC連戦覚悟(スポニチ)
日本マラソン勢に“ニンジン作戦”は通用しない…世界陸上内定も成績と賞金額は無関係(日刊ゲンダイ)

●3月28日
【陸上】世界選手権マラソン初代表の山下一貴「代表の自覚を持って」東京マラソン日本人トップ(日刊スポーツ)

●3月27日
【陸上】世界選手権マラソン代表発表!其田健也、松田瑞生ら選出 高岡SD「メダルや入賞期待」(日刊スポーツ)
『美男美女』服部勇馬が平山雅アナとの挙式報告…フォロワー祝福『なんてお似合いなんでしょう』(中日スポーツ)
陸上・田中希実が豊田自動織機退社「自分自身の甘えによりハングリーさが失われてきた」(東スポ)
【陸上】田中希実が豊田自動織機を退社「自分自身の甘えによりハングリーさが失われてきた」(日刊スポーツ)
旭化成の小野知大がGMOへ、GMOの一色恭志はNTT西日本へ移籍予定(スポーツ報知)

●3月26日
マラソン新谷仁美、今季は国内レース出場せず調整、ベルリン・マラソン照準に「日本記録を出す」(スポニチ)
【陸上】新谷仁美、今季国内トラック種目は出場せず 記録樹立へ「引っ張り合える選手が多くいる大会に出場したい」(中日スポーツ)
ガルシアレオンが世界新 女子35キロ競歩(時事通信)
陸上=ペルーのガルシアレオン、女子35キロ競歩で世界新記録(ロイター)
青山学院大・原晋監督、ビジネス思考で箱根路に一時代…異端の改革者「空気を読まずに発言する人間を育てる」(読売新聞)

●3月25日
桐生祥秀が100mで10秒48 288日ぶり復帰、最下位も第一歩 昨年9月には「潰瘍性大腸炎」告白(スポニチ)
【陸上】早大・山口智規、競技会3000m1着でゴール「すごく楽しみ」のレースで狙い通り好走(日刊スポーツ)
【陸上】順大進学の吉岡大翔、3000m高校歴代2位の好記録、“先輩”三浦龍司に競り勝つ(日刊スポーツ)
三浦龍司、昨年のDLファイナル4位は「大きな意味を持つ」…今夏ブダペスト世界陸上へ充填開始(スポーツ報知)
5000m日本人高校記録保持者 吉岡大翔が高校ラストレース 3000mで7分58秒18の高校歴代2位マーク(スポーツ報知)
アテネ五輪女子マラソン金の野口みずき氏「中学時代は英語部かバスケ部に入ろうと思っていた」(日刊スポーツ)
早稲田のカリスマ中村清、瀬古利彦の恩師…草を食べ自身を殴った伝説は「一面に過ぎない」(読売新聞)
陸上=世界陸連が女子競技からトランス選手除外で賛否両論(ロイター)
「厚底シューズ」にいったん完敗…アシックス、巻き返し序章の箱根路(読売新聞)

●3月24日
【セイコーゴールデンGP】東京五輪6位橋岡優輝、アジア室内優勝の秦澄美鈴らが走り幅跳び出場(日刊スポーツ)
東洋大の新主将に佐藤真優 酒井俊幸監督「箱根駅伝10位からの再建です」(スポーツ報知)
【箱根への道】城西大・櫛部静二監督、早大時代ブレーキは「刺身食べて体調不良」同期の早大・花田勝彦監督と対談(スポーツ報知)
【陸上】トランスジェンダー選手の競技会参加を禁止に 為末大氏は「正しいと思います」(東スポ)
思春期に「男性」のトランスジェンダー選手、女子の部から除外…世界陸連(読売新聞)
世界陸連、トランス選手の女子競技参加を禁止(AFP=時事)
陸上=世界陸連、トランスジェンダー選手の女子競技参加を禁止(時事通信)
ロシア勢の除外継続 ドーピング問題は資格停止解除―世界陸連(時事通信)
世界陸連、ロシアのドーピング処分解除 選手の出場禁止は継続(AFP=時事)

●3月23日
マラソン日本学生歴代2位の柏優吾が東洋大を卒業「目標へ歩んだ一日一日が宝物」(スポーツ報知)
箱根駅伝Vの駒大が卒部式 田沢廉、大八木監督に感謝「もっと上の舞台に監督を連れて行く番」(スポーツ報知)
其田健也、松田瑞生に世界陸上出場権 マラソン(時事通信)
マラソン、女子は松田が代表入り 世界選手権、男子は其田(共同通信)
駒沢大・篠原倖太朗が日本学生ハーフ優勝、箱根王者の「新エース」に名乗り…中央学院大と法政大のライバルが追走(読売新聞)
マラソン・設楽悠太 今月末でホンダ退社「自分自身が進化する為に決断」 所属先決まるまではフリーで(スポニチ)
【陸上】元日本記録保持者の設楽悠太、ホンダ退社を発表「新たな事に挑戦して進化する為」(日刊スポーツ)
【陸上】全国中学V舛田快理「日本を背負って走りたい」 北海道日刊スポーツ賞受賞者決定(日刊スポーツ)

●3月22日
NZの陸上選手、ドーピングと文書偽造で8年の資格停止(AFP=時事)
箱根駅伝名将・上田誠仁元監督のめい、エリーが米国代表で世界選手権デビュー ペアでフリー進出「日本で出場できてうれしい」(スポーツ報知)

●3月21日
世界陸連がトランス選手の出場規則強化へ ロシアの処分解除も(AFP=時事)

●3月20日
「富士山と青い海」絶景の高速コース…いだてん記者、箱根路「3区」を走る(読売新聞)
東洋大「山の神」の師・酒井俊幸監督、対話で導く意識改革…響くフレーズ「その1秒をけずり出せ」(読売新聞)
【陸上】創価大ムルワがGMOインターネットグループ内定「夢はニューイヤー駅伝で活躍」(日刊スポーツ)
【陸上】山縣亮太1年7カ月ぶり復帰戦ヘ 24年パリ五輪へ意欲「自己ベストを五輪で出したい」(日刊スポーツ)
男子100メートル日本記録保持者の山縣亮太がパリ五輪の出場に意欲 「最後のオリンピックになるかもしれない」/陸上(サンスポ)
山縣亮太が4月に復帰戦 世界選手権は「こだわらない」 視線は五輪(朝日新聞)
山縣亮太、2023年はパリ五輪への1年「土台を固めることが24年につながる。五輪の弾みに」(スポーツ報知)
女子ハードル界のホープ、峯岸美来が夏の中学日本一を狙います…北のチャレンジャー(スポーツ報知)
【陸上】青学大・横田&岸本が地元新潟ハーフで学生ラストラン 社会人ではフルマラソンで火花(日刊スポーツ)

●3月19日
陸上の桐生、25日に復帰戦へ 元100メートル日本記録保持者(共同通信)
山梨学院大、創部わずか7年で遂げた箱根制覇…上田誠仁・元監督が明かす三つの「利」(読売新聞)
体罰問題の大牟田高が3位と健闘 須磨学園が初優勝…春の高校駅伝日本一決定戦、伊那駅伝(スポーツ報知)
箱根駅伝2年連続でシード逃した東海大の新主将は新3年の越陽汰 両角速監督体制では初の3年主将(スポーツ報知)
とくしまマラソン、女子は川内V 安藤3位、男子は野田が制す(共同通信)
柳井綾音、好タイムで初V「こんなタイムが出るとは」/陸上(サンスポ)
競歩、古賀と柳井が初優勝 全日本能美大会(共同通信)
古賀が初優勝 全日本競歩(時事通信)
青学大・原晋監督 センバツ〝ペッパーミル〟騒動で持論「負けるな高校球児!」(東スポ)

●3月18日
「動じない」「内臓が強い」周囲が語る山下一貴の強さ(産経新聞)
順天堂大・沢木マジックの真髄はスポーツ医科学…選手の調整に「血液検査」導入(読売新聞)
静岡東中出身の細谷愛子が陸上の強豪・ダイハツへ「いずれはマラソンで頑張る」(スポーツ報知)
【スポーツ】10月のMGCへ 出場権獲得者は約2倍も、瀬古利彦氏「何となくMGC」に警鐘「世界との差は縮まらない」(デイリースポーツ)
【独自】岡山・興譲館高陸上部 藤井監督退任へ 駅伝女子名門、9年指導(山陽新聞)
立命大のスプリンターコンビ永石小雪と角良子、インハイ100メートル・ワンツーフィニッシュから進化を見せる(スポーツ報知)

●3月17日
【陸上】住所大翔、体調不良のため19日全日本競歩能美大会欠場 22年世界選手権8位の23歳(日刊スポーツ)
【セイコーゴールデンGP】女子1500メートルに田中希実が出場 5月21日、横浜(日刊スポーツ)
寺田明日香 今季初戦で“異例”200M挑戦 苦悶の表情「疲れたー!」課題は「苦手克服」(デイリースポーツ)
障害の寺田明日香が“専門外”200メートルでシーズンイン「大半はノリ」中学以来のレース!?「記憶にない」(中日スポーツ)
【陸上】大東大進学のサラ・ワンジルが大学生おさえ1位「目標は5000Mで15分00秒」(日刊スポーツ)
【陸上】大東大進学の野田真理耶「トラックの5000M軸に駅伝へ」関東学連OPで2位好走(日刊スポーツ)
野田真理耶は春から大東大へ「専門知識を学んで競技力を上げたい」 世界クロカンU20代表(サンスポ)
五輪=東京大会の米女子砲丸投げ銀メダリスト、資格停止処分(ロイター通信)
サンダーズに資格停止処分 陸上(時事通信)

●3月16日
リオ五輪・陸上男子400mリレー銀の飯塚翔太が静岡県「スポーツアンバサダー」就任(日刊スポーツ)
陸上女子実業団・ホクレンの清水美穂主将が白樺学園高指導者に(スポーツ報知)

●3月15日
箱根駅伝V・駒大の円健介がNYでのラストレースへ渡米 赤星雄斗も出走(スポーツ報知)
駒沢大・大八木弘明監督、「常勝軍団」を率いた情熱家が朝練習同行を再開した理由(読売新聞)
【陸上】医師&ランナーの二刀流、広田有紀が初の国際大会へ「今年ほど覚悟持ってやる年はない」(日刊スポーツ)
【駅伝】ユーミンがジャージー姿で駒大祝福、20年前大八木監督のゲキ見て「とりこになった」(日刊スポーツ)
ユーミン夫妻 駅伝3冠の駒大をサプライズ祝福 「死ぬまで応援し続けます」(デイリースポーツ)

●3月14日
高校駅伝強豪の大牟田高、監督が部員に体罰 平手で殴り謹慎処分(毎日新聞)
駒大の大学駅伝3冠をユーミンがサプライズ祝福「推しがあるってすばらしい」大八木監督も笑顔「私も大ファン」(デイリースポーツ)
駒大・田沢「記録で出場したい」 陸上長距離、パリ五輪へ決意(共同通信)
藤田敦史次期監督が決意表明「熱意を、強い思いを持って大きな組織を引き継ぎたい」 駒大三冠報告会/駅伝(サンスポ)
箱根駅伝優勝の大八木弘明監督と「2ショット」撮影できる顔出しパネル 大学駅伝3冠報告会(スポーツ報知)
駒大・田沢廉「1万メートル26分台でパリ五輪」二子玉川で決意(スポニチ)
駒大が大学駅伝3冠報告会「推しがあるって素晴らしい」ユーミン登場に大八木監督ビックリ(スポニチ)
【駅伝】駒大3冠報告会、松任谷正隆&ユーミン夫妻サプライズ登場!大八木監督「私は大ファン」(日刊スポーツ)
駒大が二子玉川で大学駅伝3冠報告会 ユーミンがサプライズで登壇「輝きたいという思いは同じ。これからも応援を続けます」(スポーツ報知)
走り高跳びの伝説フォスベリー氏死去、76歳 背面跳び考案(AFP=時事)
陸上走り高跳び「背面跳び」生んだフォスベリ-氏死去 68年五輪金、当時は笑いもの今は主流(日刊スポーツ)
「背面跳び」生みの親、フォスベリー氏が死去 陸上走り高跳びに革命起こす(スポニチ)
メキシコ五輪金のフォスベリー氏死去 「背面跳び」生みの親―陸上走り高跳び(時事通信)
駒大OBで日本人ワンツー 在学中、伸びしろ残す指導―東京マラソン(時事通信)
マラソン自己ベストの鈴木亜由子は完成途上 高橋昌彦監督「これからが第2章になる」(東スポ)
MGCでのパリ五輪代表は“真の実力者”か…一発勝負選考を陸連自画自賛も東京五輪では惨敗(日刊ゲンダイ)

●3月13日
大塚祥平、柏優吾らが招待 西山雄介もエントリー 3・19とくしまマラソン招待&エリートリスト発表(サンスポ)
鈴木亜由子 自己ベストの名古屋ウィメンズから一夜「ホッとした気持ち」地元好走で「再スタート」パリ切符へ意欲(デイリースポーツ)
日本勢最高2位の鈴木亜由子、一夜明け「ずっと走りたかったレースだったのでうれしかった」【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
名古屋ウィメンズは“マラソンもどき” PM任せでケニア選手に大金献上した日本勢の体たらく(日刊ゲンダイ)
【陸上】自己ベスト更新の鈴木亜由子 地元・愛知の大声援に感謝「地元パワーが大きいな」(東スポ)
【陸上】高橋昌彦監督が掲げる鈴木亜由子の目指すべき姿「夢を届けてほしい」(東スポ)
日本勢最高2位の鈴木亜由子、一夜明け「ずっと走りたかったレースだったのでうれしかった」【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
【名古屋ウィメンズ】鈴木亜由子2位日本勢トップ 東京五輪悔しさ糧にMGCで2大会連続を狙う(日刊スポーツ)
鈴木亜由子、自己新日本勢トップ2位でMGCへ弾み 地元愛知で力走「皆さんの思いがタイムにつながった」(スポーツ報知)

●3月12日
駒大・篠原倖太朗がハーフマラソン学生日本一! 箱根駅伝優勝貢献も「反響がなかった」「今度は大目立ちしたい」(スポーツ報知)
駒大の篠原倖太朗が日本学生ハーフマラソン優勝 2位は中央学院大の吉田礼志、3位は法大の松永伶(スポーツ報知)
昨年の全日本大学駅伝20位の愛工大が箱根駅伝予選会に挑戦 コース重複の日本学生ハーフマラソンで「足試し」(スポーツ報知)
侍ジャパン佐々木朗希の幼なじみの青学大・佐々木塁が日本学生ハーフマラソンで力走(スポーツ報知)
【陸上】千葉出身者が日本学生ハーフ表彰台独占!3位松永伶「“魔境”言われる千葉だから成長」(日刊スポーツ)
【陸上】駒大・篠原倖太朗が日本学生ハーフ優勝 好結果続く背景に田澤廉の言葉「勝つように」(日刊スポーツ)
鈴木亜由子「21分台でほっと」 名古屋ウィメンズマラソン(毎日新聞)
鈴木亜由子の母は気づいた、「誕生日おめでとう」ラインに込められた娘の“自信”「普段は全然連絡してこないのに…」【記者メモ】(中日スポーツ)
日本勢3番手の5位・上杉真穂「ズルズルいかなかったのはよかったかな」【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
鈴木亜由子「後半に自分のペースで押せたのは収穫」世界との差感じるも「自分の可能性信じ挑戦」【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
ゴール後に救護室へ運ばれた鈴木優花「20キロ過ぎのペースアップが後半こたえた」疲労困憊6位【名古屋ウィメンズ】(中日スポーツ)
チェプンゲティッチのような世界レベルの選手に挑むために…日本勢に必要なこと【名古屋ウィメンズ・金哲彦の目】(中日スポーツ)
MGCに届かず…悔し涙 棚池穂乃香「マラソンは簡単ではない まだまだ力足りない」【名古屋ウィメンズ】(中日スポーツ)
12位の清田真央「自分の中では練習の中の最低限を出せた」と笑顔【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
昨夏の「やめたい」から復活の3位 前田穂南、MGC切符獲得を「自信にして次のステップアップに」【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
瀬古利彦リーダー『なんとなくMGC』に苦言「参加人数増えても、レベルの高い選手がいないのは喜べない」(中日スポーツ)
独走優勝のチェプンゲティッチ 直感で“一人旅”決断「ペース設定が遅かったので」【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
38歳リオ五輪マラソン日本代表が現役ラストラン 伊藤舞「自分の競技人生、すごく幸せだった」(中日スポーツ)
【名古屋ウィメンズ】MGC出場権獲得者は女子29人に、男子は62人 切符争い5月末まで(日刊スポーツ)
【野口みずき】意地見せた鈴木亜由子と前田穂南 パリ五輪を見据えて2時間19分台、20分台を(日刊スポーツ)
【名古屋ウィメンズ】鈴木亜由子2位日本勢トップ、前田穂南3位 チェプンゲティッチ連覇/詳細(日刊スポーツ)
【名古屋ウィメンズ】世界2位チェプンゲティッチ連覇 2時間18分08秒、序盤は世界新ペース(日刊スポーツ)
【名古屋ウィメンズ】鈴木亜由子が自己ベストの21分台で2位、東京五輪の雪辱へ、MGCに弾み(日刊スポーツ)
鈴木亜由子「自分のペースで押していけた」 自己記録更新の2時間21分台に手応え(産経新聞)
前田穂南、自己新でやっとMGC切符 厚底も「だいぶ慣れてきた」(産経新聞)
東京五輪代表の前田穂南 ラストチャンスでMGC出場権獲得 天満屋・武富監督明かした復活までの苦悩 一時は引退ほのめかす(デイリースポーツ)
前田穂南、苦心した厚底シューズで自己ベスト&MGC「ダメージない、慣れてきた」(デイリースポーツ)
瀬古利彦氏、鈴木亜由子&前田穂南の自己ベストに「本来の力に戻してくれた」と称賛も「1位との差はまだまだありすぎた」(デイリースポーツ)
【名古屋ウィメンズマラソン展望】19度予想で暑さとの戦いも…鈴木亜由子vs前田穂南“東京五輪対決”注目(中日スポーツ)
ケニア、エチオピア選手との勝負で芽生えた感情…上杉真穂「駆け引きしたい」【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
東京マラソン制覇のワンジル 「やるしかない」は青森仕込み(毎日新聞)

●3月11日
村竹が参加標準記録突破 陸上男子110障害(時事通信)
陸上・寺田明日香、今季初戦で陸上人生初の200m出場へ「走りたくなさ過ぎる」パリ五輪見据え苦手克服狙い(デイリースポーツ)
寺田明日香 小学生60人との交流に笑顔「リアルで触れ合える機会…良かった」(スポニチ)
マスターズ陸上リレー世界記録の92歳、今度は個人種目で世界狙う「全力出したい」(読売新聞)
サニブラウン 男子100メートルで120%出し切る「メダルラインも優勝も見えてこない」(スポニチ)

●3月10日
マラソン“世界歴代2位”保持者のチェプンゲティッチが連覇に自信「コンディション良い」【名古屋ウィメンズ】(中日スポーツ)
鈴木亜由子「トライしてダメならその時」順調調整で“自己ベスト更新”視野【名古屋ウィメンズ】(中日スポーツ)
1年7カ月ぶりマラソンの前田穂南「MGC出場権を確実に取りたい」【名古屋ウィメンズ】(中日スポーツ)
サニブラウン、ファッションショーで“華麗なクラウチングスタート”を披露「ここからギアを上げたい」(スポーツ報知)
サニブラウン「120%を出す」 世界陸上での活躍に決意(共同通信)
鈴木亜由子「最大限の力出したい」 12日に名古屋女子マラソン(産経新聞)
名古屋ウィメンズマラソンで東京五輪代表が激突!鈴木亜由子「最大限の力を」前田穂南「MGCの資格を」(スポニチ)
24歳同士が切磋琢磨 競り合った西山、池田ら―男子マラソン(時事通信)
元世界陸連会長の息子、二審も禁錮5年 ロシアのドーピング隠蔽(AFP=時事)
前田、MGC切符に挑戦 名古屋ウィメンズマラソン(時事通信)
【HAKONE LIFE】早大OB・三田裕介さん 学生3冠から営業、そして監督へ「陸上に恩返ししたい」(スポーツ報知)
【襷の記憶】52年大会、雪でトラックが横転 車両通行不可能で先導車なしの“珍事”(スポーツ報知)
【箱根への道】真名子圭監督の大東大完全復活プラン 1年目4年ぶり箱根「自信」に 2年目「シード権取ります」(スポーツ報知)
MGC出場権獲得も「満足していては成長できない」池田千晴 予定通り走る【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)

●3月9日
「楽しみと緊張が半々」東京五輪代表・鈴木亜由子が選手村“一番乗り”【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
谷本観月、市民ランナーの声が後押し…半年ぶり復活【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
山縣亮太 4月に200メートルで1年7カ月ぶり復帰 パリ五輪へ始動(スポニチ)

●3月8日
山縣亮太、4月に復帰…日本記録持つ100mは故郷の広島の大会で(読売新聞)
陸上の山縣、4月に復帰戦 男子100mの日本記録保持者(共同通信)
長距離五輪金のファラーが子供の運動会で他のパパに負け2位「スプリントはできない」(東スポ)
招待選手のセイデルとスタインラックが欠場【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
今シーズンの活躍誓う 東邦銀行陸上部、福島市で必勝祈願(福島民報)
世界陸連、女性理事4割を公約 8月に改選、平等に向け引き上げ(共同通信)
和久夢来、小出“監督”の思い胸に…憧れの鈴木亜由子さんと競い自己ベストを【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
全国女子駅伝で「アスリート盗撮」の疑い、教諭を書類送検 京都府警(朝日新聞)

●3月7日
箱根駅伝V駒大の田沢廉、米国での1万Mを終え「収穫が結構あった。日本記録とか全然見えた」(スポーツ報知)
実力があればマラソンも金になる 名古屋ウィメンズは優勝賞金3375万円! V有力は前回覇者(日刊ゲンダイ)
鈴木優花 2度目も「新しい自分」で走りたい【名古屋ウィメンズマラソン】(中日スポーツ)
山下一貫 世陸からMGCに意欲 日本人トップも外国勢に離され「もうちょっとどうにかできた」(スポニチ)

●3月6日
小出義雄氏「遊びで出したのに…」片鱗を示した新谷仁美の初マラソン(サンスポ)
マラソン設楽悠太の意味深ツイートにファンやきもき「移籍ですか」「辞めちゃうのかな」(スポニチ)
東京マラソン6位の大迫傑 スパッツ&帽子忘れ→妻の裏話にネット沸く「これが忘れたやつ!」(デイリースポーツ)
山下一貴、東京マラソン一夜明け「世界で戦いたい気持ちある」 MGC&世界選手権、強行出場プランも(サンスポ)
東京マラソン日本人トップの山下一貴「7位なので…」 海外勢には「そこまで離れなかった」(日刊スポーツ)
【マラソン】山下一貴「出るのはあり、そういう調整もやってみたい」世界選手権、MGCのダブル出場も視野(中日スポーツ)
男子マラソンの山下一貴、箱根駅伝Vの駒大・大八木監督から「いつかは日の丸を背負え」と言われていた(スポーツ報知)
箱根駅伝1区で「大逃げ」の育英大・新田楓 競技を一区切りして歩む新たな道「応援に恩返ししたい」(西日本スポーツ)
瀬古利彦氏「こんなレースよく出るな」 マラソン宗兄弟が出場を禁止された駅伝(西日本スポーツ)
東京マラソン14位で涙、一山麻緒「とても長い42kでした」午前5時44分にSNS更新(日刊スポーツ)
【東京マラソン】箱根路で「つなぎの2区」だった山下一貴、疲労骨折もプラスに捉え日本歴代3位(日刊スポーツ)
【東京マラソン】松田瑞生「みずきの記録をみずきが切ってよ」野口さんエールも記録更新ならず(日刊スポーツ)
【東京マラソン】大迫傑、MGC参加の明言避ける「1回休んでみて」体調不良でレース後会見欠席(日刊スポーツ)
尾方剛氏、山下一貴の2時間5分51秒は先頭に立つ見事な積極性が実ったもの…あとは急激なペースアップが課題(スポーツ報知)
駒大OB山下一貴が日本歴代3位の2時間5分51秒 母校次期監督の藤田氏と男の約束果たす(スポーツ報知)

●3月5日
【瀬古利彦】日本人レベル向上もまだパリ五輪苦しい 終盤の外国人勢スパートに誰もついていけず(日刊スポーツ)
【東京マラソン】一時トップ井上大仁は日本勢4番手 三菱重工の後輩山下に超され「複雑」も祝福(日刊スポーツ)
【東京マラソン】新星・山下一貴は「鋼のメンタル」 駒大・藤田コーチが箱根駅伝エピソード披露(日刊スポーツ)
【東京マラソン】瀬古利彦氏「力がないですねぇ」男子2時間5分台2人も提言…次に必要なものは(日刊スポーツ)
【東京マラソン】細田あい日本女子2番手の7位「力がついた。今後はパリへMGCを優先したい」(日刊スポーツ)
【陸上】駒大エース田沢廉は世界選手権の派遣標準記録突破ならず 米国レースTHE TEN(日刊スポーツ)
【東京マラソン】瀬古利彦氏が早大後輩を評価「緊張も葛藤も…しかし、大迫君らしい復活の走り」(日刊スポーツ)
【東京マラソン】優勝ゲルミサに「コース妨害では」申し立て 接触確認できず「着順通りの結果」(日刊スポーツ)
【東京マラソン】一山麻緒14位…涙止まらず「『応援に行くから』に走らない決断できなかった」(日刊スポーツ)
【東京マラソン】山下一貴&其田健也の駒大ワンツーに大八木監督称賛「藤田の記録を破ってくれて」(日刊スポーツ)
【東京マラソン】松田瑞生2時間21分44秒で日本人トップも国内レース初の20分切りならず涙(日刊スポーツ)
【東京マラソン】新星!山下一貴が日本歴代3位の2時間5分51秒!大迫傑がMGC出場権/詳細(日刊スポーツ)
【東京マラソン】駒大・山野力は後半失速でほろ苦い初マラソン 大八木監督「いい経験になった」(日刊スポーツ)
【東京マラソン】其田健也“駒大旋風”日本人2位でMGC権獲得!大八木監督「しっかり走れ」ゲキ(日刊スポーツ)
【東京マラソン】大迫傑2時間6分13秒日本人3位でMGC出場権も「これから考える」パリ未定(日刊スポーツ)
【東京マラソン】山下一貴2時間5分51秒の日本歴代3位!大迫に競り勝ち日本人トップ全体7位(日刊スポーツ)
「2大会連続の五輪にチャレンジしてほしい」MGC獲得の大迫傑に佐久長聖高時代の恩師、両角速監督がエール(スポーツ報知)
駒大、田沢廉ら1万M世陸派遣標準ならず… 米国開催の「The TEN」に出場(スポーツ報知)
箱根駅伝優勝の駒大・山野力「守りのレースは上にいけない」前半はベテラン勢に食らいつき(スポーツ報知)
瀬古利彦氏が早大の後輩、大迫傑の走りを評価「大迫らしい復活の走り」…東京マラソン(スポーツ報知)
駒大OBが大活躍 山下一貴が日本歴代3位の2時間5分51秒日本人トップ 其田健也も2時間5分59秒 大迫傑は日本人3位でMGC獲得(スポーツ報知)

●3月4日
東京マラソン5日号砲 昨年日本人2位の其田 成長みせる舞台へ(産経新聞)
東京マラソン 日本男子で唯一優勝 藤原正和・中大監督「名刺代わりに」(産経新聞)
【東京マラソン】大迫傑「自身の体と対話しながら走りたい」復帰第2戦、応援制限なしに心も躍る(日刊スポーツ)
ブレない大迫傑 自然体で挑む東京マラソン 順位よりタイムより「自分自身の体と対話」(スポニチ)
東京マラソン経由「箱根から世界へ」…駒沢大・山野力、創価大・嶋津雄大の挑戦(読売新聞)

●3月3日
大迫傑が現役復帰後初の国内レース出場 「海外とは違うわくわくドキドキが楽しみ」/東京マラソン(サンスポ)
一山麻緒、肋骨骨折明かす 壇上で涙「万全尽くす」/東京マラソン(サンスポ)
現役復帰の大迫「自分のレースを」 東京マラソン5日号砲(産経新聞)
女子の一山「精いっぱいの走りを」 東京マラソン5日号砲(産経新聞)
東京マラソンへ選手が会見 男子の大迫らが意気込み(産経新聞)
東京マラソンへ意気込み 大迫選手「体と対話しながら走りたい」(毎日新聞)
一山麻緒、12月初旬にろっ骨を疲労骨折していた 東京マラソンは「MGCにつながる走りができたら」(スポーツ報知)
大迫傑、国内マラソン復帰戦へ「もう一回、ドキドキワクワクしたい」 東京マラソン5日号砲(スポーツ報知)
東京マラソンで日本記録更新も期待 一山麻緒「今できる精一杯の走り」松田瑞生「好調です」(スポーツ報知)
【東京マラソン】大迫傑 国内マラソン復帰戦は記録より「自分自身のレースをしたい」(東スポ)
【東京マラソン】一山麻緒が苦悩告白で涙ぐむ「5年ぶりくらいに故障してしまって…」(東スポ)
【東京マラソン】星岳が調整不良で欠場発表 MGC獲得済の村本一樹、相葉直紀らも不参戦(日刊スポーツ)
マラソンは「輝ける場所」 青学大の横田、別大で20年ぶり学生新(時事通信)
立命館大が箱根駅伝挑戦に名乗り 関東以外“第1号”高いハードルも「挑戦することは大きな糧」(日刊スポーツ)
初マラソン日本最高の2時間06分45秒、西山和弥が語る19年MGCと23年MGC【大阪マラソン】(TBS NEWS DIG)
女子60mハードルの青木が8秒02の室内日本新で快勝 スピードが特徴の青木に技術が加わり、屋外でも大幅な記録更新の可能性【アジア室内選手権】(TBS NEWS DIG)

●3月2日
東京マラソン~パリへの道標(下)30歳迎え「年齢はただの数字」積極レース貫く 井上大仁(三菱重工)(産経新聞)
仙台育英高陸上部の前主将・杉森心音は日本郵政グループへ…卒業式で「誰かの目標になるランナーに」(スポーツ報知)
旧日本記録保持者、東京五輪代表… 「仮想MGC」東京マラソンで日本記録更新を狙う遅咲きランナー 「勝たなければ代表になっても戦えない」(西日本スポーツ)
大迫、MGC切符獲得なるか 女子は一山、松田が激突―東京マラソン(時事通信)
大阪国際女子マラソンで転倒アクシデント、岩出玲亜が謝罪「本来すぐにコメントが必要だったと…」(スポニチ)
東京五輪補欠、前回MGC4位だった大塚が2時間6分台の自己新 今年のMGCを勝ち抜くために必要なこととは?【大阪マラソン】(TBS NEWS DIG)

●3月1日
東京マラソン~パリへの道標(中)目標は日本記録「貪欲に」 細谷恭平(黒崎播磨)(産経新聞)
リオ五輪男子マラソン代表の38歳北島寿典が引退「他チームの“ベテラン”選手が重圧に」(西日本スポーツ)
ロンドン五輪男子マラソン6位の中本健太郎氏が安川電機陸上部監督に就任 世界選手権は3度出場(西日本スポーツ)
男子マラソン若手台頭の背景は-“星効果”にシューズやドリンクも?(デイリースポーツ)
陸上短距離・坂井隆一郎の“逆転”の発想 課題克服のため「長所伸ばしたい」(スポニチ)
東京マラソン~パリへの道標(上)脇腹痛克服「タイム狙う」 土方英和(旭化成)(産経新聞)

●2月28日
駒大の鈴木、篠原が大八木監督と米国合宿から帰国 田沢廉は現地に残り、1万M日本記録&世陸参加標準突破を狙う(スポーツ報知)
「もう一度、強くなるために」 長崎陸上女子再起へ 選手ら150人諫早で練習会(長崎新聞)
西山和弥が初マラソン日本最高記録でMGC切符ゲットも…心配事は「駅伝」との付き合い方(日刊ゲンダイ)
【陸上】「初マラソンの登竜門」大阪マラソンでの日本記録にコース変更の考え 大阪陸協・竹内章氏(日刊スポーツ)

●2月27日
「名古屋ウィメンズ」出場の鈴木亜由子、高橋尚子さんとの“作戦会議”が力 2大会連続五輪出場目指す(中日スポーツ)
【大阪マラソン】流血、初マラソン完走の宮下隼人が無事報告「今は体調も戻り、問題ありません」(日刊スポーツ)
初マラソン日本最高マークのの西山和弥に東洋大の恩師・酒井俊幸監督が絶賛「体強くマラソンに向いている」(スポーツ報知)
東洋大の柏優吾「酒井監督にハッパをかけていただいた」 大阪マラソンで学生歴代2位(スポーツ報知)
西山和弥、初マラソン日本最高2時間6分45秒「うれしい。それだけ」MGC出場権獲得 日本勢トップ6位(スポーツ報知)

●2月26日
西山和弥、初マラソン日本最高2時間6分45秒 日本人トップの6位(日刊スポーツ)
日本勢2番手の池田耀平もMGC切符獲得 西山和弥に競り負け「とても悔しい」(日刊スポーツ)
吉岡幸輝が2時間7分28秒でパリ五輪への挑戦権獲得 自己ベスト3分近く更新(日刊スポーツ)
定方俊樹10位、MGCへ弾み 1月NZ合宿で力付け「ピークも合わせられた」(日刊スポーツ)
瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー「パリ五輪へ光明見えてきた」若手好タイム連発に(日刊スポーツ)
復帰戦の服部勇馬は34位惨敗「悔しい、情けない」途中で右太もも裏に痛み(日刊スポーツ)
【大阪マラソン】初マラソン宮下隼人、レース途中で流血に心配の声も47位で完走(日刊スポーツ)
初マラソン西山和弥が日本人トップ!2時間6分台 服部勇馬はMGC逃す/詳細(日刊スポーツ)
西山和弥、柏優吾ら東洋大勢が大阪マラソンで奮闘 一方、服部勇馬は苦戦 現地応援の酒井俊幸監督が教え子に熱いエール(スポーツ報知)
棒高跳びで世界新6m22…デュプランティスが自身が昨年達成した記録を1cm更新(読売新聞)
日本選手権クロカンVの塩尻和也「今年こそ、の気持ちで世界を」 リオ五輪代表の意地、後輩を振り切る(西日本スポーツ)
塩尻和也が優勝 三浦龍司が2位(スポニチ)
三浦龍司「今年の目標は自己ベスト」(毎日新聞)
東京五輪男子3000メートル障害入賞の順大・三浦龍司が2位 日本選手権クロカン・シニア男子(西日本スポーツ)
「3代目・山の神」神野大地、MGCへ「いいレースができた」 日本選手権クロカンで4位(西日本スポーツ)
新谷仁美所属の積水化学へ進む筑紫女学園のエース、日本選手権クロカンU20で2位「マラソンで日の丸を」(西日本スポーツ)
24歳西山和弥、会心の初マラソン日本最高記録 「失うものない」(毎日新聞)
初マラソン日本最高の西山和弥「失うものない」と快走…箱根駅伝のライバル池田耀平に競り勝つ(読売新聞)
初マラソン日本最高の西山「日本代表になりたい」 同世代の活躍励みに(産経新聞)
初マラソンの池田耀平、日本勢2位の好記録も「悔しい」(毎日新聞)
フルマラソン123回目の川内優輝、自己記録と8秒差の2時間7分35秒で12位(読売新聞)
服部勇馬、MGC出場権逃す 涙目で心情を吐露(毎日新聞)
服部勇馬はMGC切符獲得ならず「だんだん動かなくなった」(産経新聞)
一騎打ち制したキロス 勝負どころ見極め「スパート」(毎日新聞)
渡辺桃子、地元大阪で日本勢女子トップの走り 「自信になった」(毎日新聞)

●2月25日
駅伝名門の元エースが迎えるラストシーズン 度重なる故障…心の支えは同郷のチームメート 東海大・松尾昂来(神戸新聞)
大阪マラソン、26日号砲 市民ランナー3万人も参加(毎日新聞)
川内優輝「自信を持って走れる」26日の大阪マラソン「順位もタイムも」前回大会超えへ意気込み(日刊スポーツ)
「大阪の活気を世界に発信」 大阪マラソンを前にAIMS総会(産経新聞)
設楽悠太VS大迫傑、8秒差で「スター」破った箱根決戦…マラソンでも続くライバル関係(読売新聞)
定方俊樹、絶好調アピール「2時間6分台に挑戦したい」 大阪マラソン26日号砲(サンスポ)
大迫傑 東京マラソン前に縁起担ぎかつ丼、美肌モードで証明写真 美人妻が明かす(デイリースポーツ)

●2月24日
服部勇馬「まずMGC獲得」大阪マラソン記者会見(デイリースポーツ)
「大阪マラソンでMGC出場権を」 服部勇馬ら会見 2月26日号砲(毎日新聞)
【陸上】東京五輪代表の服部勇馬「自己ベスト更新」目標 定方、大塚らも参戦 26日大阪マラソン(日刊スポーツ)
服部勇馬、MGC出場権獲得へ「久しぶりに自信を持ってスタートラインに立てる」26日号砲、大阪マラソン(サンスポ)
油谷、尾方、佐藤…かつてマラソン界を席巻 中国電力に新星誕生か(中国新聞)
【道の記憶】1961年大会で平地最長距離になってから、花の2区はエース区間になった(スポーツ報知)
【箱根への道】豊田桃華主務の支えで立大は歴史を作った 55年ぶり箱根の裏に積極コミュニケーション(スポーツ報知)
【HAKONE LIFE】早大OB・赤堀正司さん 代役出場も「吹雪の6区」力走で11度目V導く(スポーツ報知)
「環境の格差を埋めたい」 寺田明日香が直接指導、現役が見せる価値(朝日新聞)
全中陸上女子1500メートル5位の遺愛女子中・長谷川が名門・中京大中京へ進学(スポーツ報知)

●2月23日
竹沢健介VS佐藤悠基…オリンピック走者が箱根3区で「3年連続区間新」を破り、14年後に知った「事実」(読売新聞)
駒沢大・中央学院大・青山学院大・早稲田大…早春のロード、箱根ランナーらが躍動(読売新聞)
箱根駅伝の勢力図は変わるか? 新入生で“戦力アップ”が期待できる大学はどこだ〈dot.〉(AERA)

●2月22日
「箱根の頂点へ」早大競走部がCF開始、突出した「個」の育成目的…お礼は練習見学など(読売新聞)

●2月21日
順大の箱根駅伝Vメンバーで仙台育英高元監督の清野純一氏が帝京科学大女子駅伝チーム監督に就任へ(スポーツ報知)
相沢晃VS伊藤達彦「ランニングデート」15キロ…白熱の箱根駅伝2区(読売新聞)
アシックス、世陸金メダルのフレッド・カーリーとアドバイザリースタッフ契約を締結(サンスポ)
「人間機関車」ザトペックと村社講平を結ぶ糸 五輪を沸かせた名ランナー2人の接点(時事通信)
名古屋大博士課程→旭化成陸上部 レジェンドの誘いで誕生した異色の研究者ランナー、目指すは元旦の大舞台(西日本スポーツ)
女子ハンマー投げで日本人初の快挙 室伏由佳に続く2人目の五輪出場見据える19歳(西日本スポーツ)
小学生による『伝統の駅伝大会』休止の背景に「練習の過熱化」 勝利至上主義で「特定の小学校の一部の子どもの大会に」 事前検診で「足の痛み」訴える選手も(毎日放送)
世界陸連コー会長がロシア勢の五輪復帰に難色 露メディアは猛反発「反ロシアのタカ派だ」(東スポ)

●2月20日
パリ五輪の競歩男女混合、42・195キロリレー案…IOCが実施方法を再検討(読売新聞)
権太坂と「戸塚の壁」に脚きしむ…いだてん記者、箱根駅伝「2区」を走る(読売新聞)
藤田敦史VS三代直樹「最後の箱根」で区間新の応酬(読売新聞)
宮脇千博、東京マラソンでMGC出場権獲得できなければトヨタ自動車退部「辞めるために走るつもりはありません。集大成として走ります」(サンスポ)
ボルが室内世界新 陸上女子400(時事通信)
若きランナーたちよ「夢をつかめ」 63年前、15歳で3つの区間賞獲得したレジェンド礒端克明さん(ヤマダ電機陸上部総監督)がエール【鹿児島県下一周駅伝】(南日本新聞)
【青梅マラソン】トップに4秒差、38歳岡本直己「キプチョゲ選手も同い年」年齢との向き合い方(日刊スポーツ)
男子佐藤悠基、女子は西田留衣が優勝 熊日30キロロード(日刊スポーツ・共同通信)
池田向希、悪天候味方に優勝し8月の世界陸上に内定「消耗戦に持ち込めたことがうまくいった」(スポーツ報知)

●2月19日
関大は2位 エース亀田「優勝を狙っていたので悔しい」(産経新聞)
名門の男子から刺激 アンカーの女子が逆転 日体大、総合力で初の頂点(産経新聞)
【陸上】日体大が大会新で初優勝 アンカー尾方唯莉が14秒差逆転「40秒差でも」男女混合駅伝(日刊スポーツ)
日体大が大会新で初優勝 アンカー尾方唯莉で逆転に成功(スポーツ報知)
池田向希、歩型の進化で日本選手権初V 20キロ競歩(毎日新聞)
池田向希が世界選手権切符 完璧フォームに高橋「普通にやっても勝てない」競歩日本選手権20キロ初優勝(デイリースポーツ)
藤井菜々子が2年ぶり優勝も 世界選手権切符ならず「悔しい」競歩日本選手権20キロ(デイリースポーツ)
【競歩】男子20キロ2位の高橋英輝、8月の世界選手権へ向けて「自分の力を出し切りたい」(日刊スポーツ)【競歩】女子20キロ藤井菜々子2年ぶりV 世界選手権内定届かず「1人で歩く力をつけないと」(日刊スポーツ)【競歩】男子20キロ池田向希初Vで世界選手権代表内定「このタイムは収穫」2位高橋英輝も(日刊スポーツ)
競歩・池田向希の日本選手権V はとこのみちょぱが祝福「あたしはなんにもしていないので…」(スポーツ報知)
みちょぱのはとこ、競歩の池田向希が日本選手権初優勝&8月の世界陸上代表内定「金メダルを目標に」(スポーツ報知)
競歩・高橋英輝が日本選手権2位で世陸代表内定 世界大会で結果出せず「代表決まって少しびびっている」(スポーツ報知)
競歩・藤井菜々子が日本選手権2大会ぶりV 8月の世界陸上は内定ならず「そういうところが世界との差」(スポーツ報知)
池田が初V、世界選手権へ 2位の高橋も代表入り―競歩(時事通信)
名取燎太が男子30キロ優勝 フルマラソンへ手応え「良いきっかけにしたい」…青梅マラソン(スポーツ報知)
青梅マラソンを弾みにMGC獲得へ 30キロ4位の口町亮「東京マラソンでは2時間8分切り」(スポーツ報知)
3年ぶり開催の青梅マラソン 18年大会覇者の岡本直己が競り負け2位「悔しさしか残っていない」(スポーツ報知)
「天才少女」と呼ばれた高松智美ムセンビが青梅マラソンで現役復帰へ第一歩「やっぱり走りたいです」(スポーツ報知)
福居紗希が初優勝「自信になった」次戦の名古屋ウィメンズマラソンに弾み 青梅マラソン女子30キロ(スポーツ報知)
3年ぶり開催の青梅マラソン 男子は名取燎太が優勝 岡本直己とのデッドヒートを制す(スポーツ報知)
青梅マラソン 23年度で活動停止の東京富士大卓球部の全部員が完走 「選手だけじゃなく、監督やOGも1つになって」(スポーツ報知)
3年ぶり開催の青梅マラソン 30キロの部で高橋尚子さんが号砲 「青梅で再会できてうれしいです」(スポーツ報知)
「箱根駅伝への登竜門」青梅マラソン高校男子10キロは東京実2年の尾熊迅斗が優勝 「目標は箱根駅伝優勝と区間賞」(スポーツ報知)
女子10キロは信桜空が優勝「(将来は)日の丸をつけて走りたい」なにわ男子好きの21歳(スポーツ報知)
【青梅マラソン】「たたき上げの先頭に」学生トップの早大・伊福陽太、勝ち切る1年へ抱く覚悟(日刊スポーツ)
【青梅マラソン】高橋尚子さん「除菌シート300~400枚」持参「ハイタッチしたい方のため」(日刊スポーツ)
【青梅マラソン】女子30キロ福居紗希優勝「想定の範囲内でいけた」2位に約2分差つけ完勝(日刊スポーツ)
【青梅マラソン】男子30キロは名取燎太が優勝 ラストスパート制し右手突き上げてゴール(日刊スポーツ)
クラウザーが世界新 男子砲丸投げ(AFP=時事)
38歳岡本直己、5年ぶりV狙う 同い年世界記録キプチョゲが刺激「若い選手より負けたくない存在」(スポーツ報知)
箱根2区石塚陽士、8区伊福陽太ら早大勢8人が青梅マラソン出場 延岡V佐藤航希に続く「新年度いいスタートを」(スポーツ報知)
青梅マラソン招待選手の山口遥「早く感じるレースになるんじゃないかな」(スポーツ報知)
3年ぶり青梅マラソン スペシャルスターター高橋尚子さん、最後尾から“応援ラン”「楽しく走ってもらえたら」(スポーツ報知)

●2月18日
池田「自信ある」 19日に日本選手権20キロ競歩―陸上(時事通信)
競歩・池田向希 パリ五輪で連続メダルへ「まずブダペスト」19日に日本選手権20キロ(デイリースポーツ)
ノーマンが100に転向 陸上(時事通信)
【陸上】26日の日本選手権クロカン男子10キロに神野大地や三浦龍司参戦 出走エントリー発表(日刊スポーツ)
【世界クロカン】U20男子8キロは洛南勢の柴田大地、岡田開成が健闘 吉岡大翔らは途中棄権(日刊スポーツ)
【世界クロカン】10キロ出場の田中希実、日本勢トップの14位 左股関節の違和感から復調(日刊スポーツ)
【世界クロカン】吉岡大翔ゴール手前5mで後ろ向きに転倒、約40秒かけ這うも途中棄権に(日刊スポーツ)
吉岡大翔、ゴールまで残り5メートルで後ろ向きに転倒 …世界クロカン(スポーツ報知)
プロランナー神野大地 高橋尚子さんの「金言」胸にMGC優勝目指す…19日号砲・青梅マラソン開会式(スポーツ報知)
高橋尚子さん、シドニー五輪後に日本記録でV「青梅に救われた」3年ぶり開催青梅マラソンでスペシャルスターター(スポーツ報知)
「山の神」神野大地が上り坂に助言「目線がミソ。5メートル先を見る」前日は「生姜焼き定食と小盛りうどん」(スポーツ報知)
“最強市民ランナー”山口遥、初の青梅マラソンへ「コース的に楽しめそう。ワクワクしています」(スポーツ報知)
青梅マラソン30キロに早大の石塚陽士、伊福陽太らが出場 延岡西日本マラソン優勝の佐藤航希に続く(スポーツ報知)
気候変動で長距離種目「分離」開催も 世界陸連会長が示唆(AFP=時事)
新谷仁美のMGCボイコット宣言は至極まっとう 選手を国内に縛り付ける陸連の愚(日刊ゲンダイ)
市民ランナーの“エース”山口遥、青梅に初挑戦 タフネスさ魅力「ワクワク感与える走りがしたい」(スポーツ報知)
関西の駅伝界をけん引する関学大、関東勢に割り込む旋風を 新チームの主力コンビ「兵庫を盛り上げる」(神戸新聞)

●2月17日
渡辺康幸VSステファン・マヤカ、1990年代「花の2区」…世界を見据えて火花(読売新聞)
広中璃梨佳、左アキレスけんの痛みのため世界クロカン欠場(スポーツ報知)
【陸上】北海道マラソンなどがJMCシリーズに 初加盟の長野マラソンはMGCワイルドC対象に(日刊スポーツ)
【陸上】日本記録保持者の鈴木健吾「右脚股関節に軽い痛み」で3月5日東京マラソン欠場を発表(日刊スポーツ)
日本記録保持者・鈴木健吾が東京マラソン欠場 今月の練習で右股関節に痛み(スポーツ報知)
世界クロカン 17歳の古田島彩選手、U20代表に 「攻めたい」(毎日新聞)
【陸上】箱根力走の明大・堀颯介「最大の目標は吉居駿恭を倒すこと」次は仙台育英同期を追い抜く(日刊スポーツ)
青梅マラソンで「口町ロケット」発射!!5度目出場の口町亮、「なじみあるコース」からパリ五輪目指す(スポーツ報知)

●2月16日
鈴木亜由子と前田穂南がエントリー、世界歴代2位も出場へ…名古屋ウィメンズマラソン(スポーツ報知)
【名古屋ウィメンズマラソン】瀬古利彦リーダーは2時間19分台を期待 東京五輪代表の鈴木亜由子、前田穂南に「チャンスはある」(中日スポーツ)
【名古屋ウィメンズマラソン】瀬古利彦リーダーが鈴木優花に注目「大化けするかも」 前回5位で日本学生記録樹立(中日スポーツ)
【名古屋ウィメンズマラソン】招待選手に東京五輪代表の鈴木亜由子、前田穂南ら14人を発表(中日スポーツ)
【陸上】服部勇馬、2・26大阪マラソンで復帰戦「もう1度パリで勝負したい」MGC出場権狙う(日刊スポーツ)
若手有望選手をどう守る? 過熱報道にネット動画も―陸上(時事通信)
順大進学の吉岡大翔「学んだことそのままやっても…」憧れの先輩三浦龍司越え意欲「自分なりに」(日刊スポーツ)
田中希実 世界クロスカントリー選手権で完全復活の足がかりへ「逃げずに取り組みたい」(スポニチ)

●2月15日
今春順大に進学の吉岡大翔、世界クロカンへ出国「楽しさを忘れずに走りたい」(スポーツ報知)
故障明け田中希実「成長できたと胸を張れたら」走れなかった期間が生きるよう世界クロカンへ(日刊スポーツ)
田中希実、世界クロカンへ出発「泥くさくハングリー精神鍛えられる」左足股関節の違和感から回復明かす(デイリースポーツ)
【陸上】田中希実「走って良かったなと思えるレースに」世界クロスカントリー選手権に向け意気込み語る(中日スポーツ)
福士加代子氏が新谷仁美にエール マラソン日本記録更新を期待「コツをつかんだんじゃないかな」(東スポ)
談合事件で逮捕の元次長は「五輪運営のキーパーソン」…“仕事ができる男”の驕りと大失態(日刊ゲンダイ)

●2月14日
駒大・佐藤圭汰、5000M日本記録更新へ「今年しっかり狙う」…アジア室内陸上銀メダル獲得から帰国(スポーツ報知)
近藤(三菱重工)日本人最高3位 全日本実業団ハーフマラソン 1時間0分32秒、歴代10位タイ(長崎新聞)

●2月13日
<あのころ>瀬古が東京マラソンV 実力世界一も五輪は不運(共同通信)
陸上男子の22年世界選手権代表、佐藤風雅が4月にミズノトラッククラブ入り(日刊スポーツ)
世陸代表の佐藤風雅、陸上実業団のミズノ入りへ「日本記録更新、世界の決勝進出を目標に」(スポーツ報知)
秦、室内日本新で優勝 アジア室内陸上(時事通信)
箱根駅伝→マラソン世界記録を実現した学生ランナー 五輪に縁なくても「人生助けてくれた」(西日本スポーツ)
故郷の声援受け初マラソンV 早大・佐藤航希に監督「適性ある」延岡西日本マラソン(西日本スポーツ)
東洋大が「仮想・箱根」完全V 1区・九嶋恵舜「やはり、駅伝は流れが大事」(スポーツ報知)

●2月12日
駒大の佐藤圭汰が3000メートルで2位 アジア室内/陸上(サンスポ)
大迫傑が骨伝導イヤホン「Shokz」のアンバサダーに就任「音楽を聴きながら外の音も楽しめる」(サンスポ)
大迫傑「恥ずかしい」自分の顔が商品パッケージになり大照れも「家に飾ろうかな」3月東京マラソンへは順調(デイリースポーツ)
大迫傑、骨伝導イヤホン「Shokz」ブランドアンバサダー就任「安全に走ることにつながる」(日刊スポーツ)
「力出し切った」近藤亮太、トラック勝負で果敢に 実業団ハーフ3位(毎日新聞)
近藤亮太が日本トップ 1時間0分32秒で3位 全日本実業団ハーフ(毎日新聞)
宮古島大学駅伝で青学大4位に終わる 原晋監督「速さはあるが、強さがない」(スポーツ報知)
東洋大が宮古島大学駅伝で完全優勝 アンカー菅野大輝「来年の箱根駅伝は3位以内を目指します」(スポーツ報知)
「プラン通りに勝ててうれしい」高校男子10キロ優勝の大分東明2年生巧みな走り 唐津10マイル(西日本スポーツ)
MGCファイナリストが何と陸上人生初V「おこぼれ」から狙う東京での2時間7分台 唐津10マイル(西日本スポーツ)
MGC出場権を持つトヨタ自動車九州・藤曲寛人が一般で初V 唐津10マイル、3年ぶり開催(西日本スポーツ)
中大が大学男子の部優勝 浦田春生前監督の息子、優斗が1区区間賞…八王子駅伝(スポーツ報知)
【延岡西日本マラソン】早大3年佐藤航希が初マラソンV、箱根から正月休み返上で57年ぶり快挙(日刊スポーツ)
初マラソンVの早大・佐藤航希「自分もやってやろうと思った」 別大で学生新の横田俊吾に刺激(西日本スポーツ)
「ミスター延岡西日本」旭化成・松尾良一が最後の日向路 沿道からねぎらいの声「胸が熱くなった」(西日本スポーツ)
パリ五輪へ「ホームランを狙うしかない」 旭化成・村山謙太が〝新人の登竜門〟延岡西日本マラソンに出場したワケ(西日本スポーツ)
女子三段跳び、森本が室内日本新 アジア室内陸上、自身の記録更新(共同通信)
飯沢、1500で優勝 アジア室内陸上(時事通信)
18日の世界クロスカントリー選手権へ向け浜松市立高2年の沢田結弥「粘りのレースがしたい」(スポーツ報知)
日本女子2人目の領域に突入したスプリンター児玉芽生の野望 同学年の田中希実の姿に「自分は足りていなかった」(西日本スポーツ)
「仮想箱根」有望選手出場…きょう宮古島ワイド―・ズミー大学駅伝(スポーツ報知)

●2月11日
「仮想・箱根駅伝」宮古島大学駅伝の区間選手決定 1区は立大・上野監督、青学大・鶴川、東海大・梶谷らが勝負(スポーツ報知)
西からの挑戦状「待ってろ箱根駅伝」 学生長距離界のエース関西大・亀田 マラソン世界一へまっしぐら(神戸新聞)
プロランナー神野大地「MGC優勝を目指します。無理だ、という人が多いと思いますけど、全員にチャンスがある」(スポーツ報知)
「花の2区」伝説の名勝負 駒大と順天堂のエース2人が23年ぶりに再現へ 舞台は加古川で(神戸新聞)
五輪=ロシア選手ら、パリ大会巡る物議にもどかしさ(ロイター通信)
五輪談合で逮捕の森泰夫・元次長は日本陸連出身…尾県貢陸連会長「誠に申し訳ない」(読売新聞)
箱根駅伝出場校5チーム参戦の宮古島大学駅伝12日号砲 5区間98・2キロのタフなコースに挑む(スポーツ報知)
田中希実 3000mで室内日本新!8分45秒64、従来の記録を一気15秒更新(スポニチ)
女子3000で山本3位 アジア室内陸上(時事通信)

●2月10日
オドゥドゥル、暫定資格停止 男子短距離で東京五輪出場(共同通信)
30人前後が出場できそうな女子マラソンのパリ五輪代表選考会(MGC) 世界と戦えるランナーは出現するか(サンスポ)
12日号砲の宮古島駅伝1区で立大・上野監督と青学大・鶴川、順大・浅井、東洋大・九嶋、東海大・越がガチンコ対決(スポーツ報知)
マラソン学生新記録を樹立した青学大横田が五泉市役所訪問 市長は五輪出場で「競技場に横田さんの名前を」(スポニチ)
ライバルの痛烈な批判「はってでも福岡に来るべきだ!」瀬古利彦氏がMGC誕生につなげた「嫌な思い」(西日本スポーツ)
MGCコース攻略のポイントは? 福士加代子氏が指摘する〝勝負の分かれ目〟(東スポ)
10・15MGC、パリ想定タフなコース「ラストに上り坂5キロ」「6度の折り返し」 男女ともに上位2人が五輪切符/マラソン(サンスポ)
【襷の記憶】1930年日大、走行不能で補欠が中継所から再スタート…当時は途中棄権の制度なし(スポーツ報知)

●2月9日
陸上競技のヤコブス選手と契約=独プーマ〔BW〕(時事通信)
MGCコース発表、折り返し6カ所に鎧坂「足使ってしまいそう」福士さん「互いの表情見える」(日刊スポーツ)
MGCコース発表 10キロ周回2回に6カ所の折り返し地点 瀬古氏「応援する人もありがたい」(日刊スポーツ)
MGCのコース発表、国立競技場発着 折り返し6カ所の難コースに福士加代子さん「タフだね」/陸上(サンスポ)
「前半はぼーっとしておきたい」MGCへ鎧坂哲哉が珍作戦、福士加代子が思わず漏らした言葉とは?(西日本スポーツ)
パリ五輪選考会のMGCは国立競技場発着コース 折り返し6か所の難コース(スポーツ報知)
瀬古利彦氏、五輪より記録優先の新谷仁美に「女子は出ないって発表してる人いるんで、寂しいな」(日刊スポーツ)
瀬古利彦氏、MGC不参加表明の新谷仁美に「さみしい」、新谷は「出場はしません」と改めて宣言(デイリースポーツ)
【ベテラン記者コラム(408)】高橋尚子デビューの衝撃 「誰、それ?」から始まるランナーの再出現に期待(サンスポ)

●2月8日
駒大“大八木エース英才教育塾”が強化合宿へ出国 田沢廉は1万M世陸派遣標準&日本記録更新へ(スポーツ報知)
駒大・新主将の鈴木芽吹、箱根駅伝で「もう1回、3冠を取りたい」 強化合宿で渡米(スポーツ報知)
ハーフ日本人学生記録保持者の駒大・篠原倖太朗、米国合宿へ「スピードとスタミナはつけてきたい」(スポーツ報知)
日本陸連尾縣会長、元職員の逮捕に「スポーツ界に貢献していただける方だと思っていた」(日刊スポーツ) 
東京五輪組織委元次長の森泰夫容疑者を逮捕、独禁法違反の疑い 電通側も立件する方針(日刊スポーツ)
スズキ社外取締役に高橋尚子さん就任へ「スポーツ分野の第一人者であり、幅広い経験」(スポニチ)

●2月7日
青学大・原晋監督、スポーツ庁の室伏長官と意見交換…中学校部活動の地域移行など(スポーツ報知)
ルーキー大迫傑、早稲田3冠に導く区間賞…図らずも体現「箱根から世界へ」アメリカ修業・プロ契約・五輪6位(読売新聞)
五輪マラソン6位入賞、箱根7区16位から巻き返し…中本健太郎さん「私のような選手も努力で花開くことがある」(読売新聞)
瀬古利彦氏「坂削ってもうちょっといいコースに」大阪マラソンのコース変更オファー 陸協前向き(日刊スポーツ)

●2月6日
社長が欲しいシューズを作ったアシックス マラソン4時間を切るための「S4」発売(産経新聞)
福岡大から箱根参戦、マラソン世界記録に結実…重松森雄さん快挙の原点「打倒関東の気概」にあり(読売新聞)
大阪マラソンに服部勇馬、大塚祥平ら出場 瀬古氏「MGCでなく2時間5~6分台で世界目指して」(日刊スポーツ)
東洋大・柏優吾が大阪マラソン出場へ 瀬古副会長「横田選手の記録が目標になるんじゃないか」(スポニチ)
大阪マラソン、招待選手に服部勇馬、川内優輝、下田裕太ら総勢28人 「2・26」号砲(スポニチ)
川内優輝が10月のMGCに向けて「記憶に残るレースをして存在感を示したい」(スポーツ報知)
青学大・原監督もビックリ!2時間7分台の学生新記録“よこたっきゅう”が日の丸を背負う日(日刊ゲンダイ)
【陸上】総体2冠、国体Vの秋田工・大野聖登、順大進学 憧れの先輩・三浦龍司とパリ五輪目指す(日刊スポーツ)
【別府大分毎日マラソン】原監督「あっぱれ」青学大・横田 学生初の2時間7分台でMGC出場権ゲット(スポニチ)

●2月5日
走り高跳び、赤松が大会新V 陸上の日本室内選手権(共同通信)
ボルが女子500mで世界最高を記録 世界室内ツアー・ゴールド(AFP=時事)
「すべてが整った状況」で日本選手は淡泊な走り 別大毎日マラソン(毎日新聞)
無念の途中棄権からリベンジ 市山翼、悲願のMGC出場権獲得(毎日新聞)
マラソンニューヒーロー「よこたっきゅう」 学生最高記録で4位(毎日新聞)
「勝つ強さが必要」 5位の聞谷賢人、課題と収穫(毎日新聞)
木村慎、3年ぶりマラソンでMGC出場権 「もう一度鍛え直す」(毎日新聞)
丸山竜也、悔しさ残す8位 世界選手権派遣設定記録に届かず(毎日新聞)別大毎日マラソン、ハッサンが大会新でV 日本選手トップは市山翼(毎日新聞)
初マラソンの村山紘太、無念の途中棄権(毎日新聞)青学大の横田俊吾が20年ぶりのマラソン日本学生新記録 原晋監督「よこたっきゅう、全開です!」(スポーツ報知)
箱根駅伝優勝の駒大・篠原倖太朗がハーフマラソンで日本人学生最高マーク(スポーツ報知)
東海大の飯沢千翔が1マイルで室内日本新記録 8月のブダペスト世界陸上出場へ弾み(スポーツ報知)
わずか3度目のマラソンで五輪銀メダル 森下広一「超センスがある大迫だって」 後進に伝えたいこと(西日本スポーツ)
「第75回香川丸亀国際ハーフマラソン大会」5日号砲 神野大地「MGCにつなげる」/陸上(サンスポ)

●2月4日
青木益未が女子60m障害4連覇 陸上の日本室内選手権(共同通信)
加世田「MGCにつながる走りを」 香川・丸亀国際ハーフ、5日に3年ぶり開催(産経新聞)
別大毎日マラソン、5日正午号砲 木村慎「もう一度世界に挑戦」(毎日新聞)
5日の別府大分毎日に一般参加 市田孝「足引っ張った」駅伝の屈辱マラソンで晴らす(西日本スポーツ)
ハーフ日本記録保持者の小椋裕介「キャリアの大きな転換期」5日に別府大分毎日マラソン(西日本スポーツ)
小椋裕介「大きな転換期となる大会」2月5日・別府大分毎日マラソン、前日会見で優勝と2時間6分台誓う(中日スポーツ)
順大“共同主将”藤原優希「最終的に全員が目指すべきは箱根駅伝」 三浦龍司と共にチームをけん引(スポーツ報知)
手応えと厳しさ 中西亮貴が学んだもの 別大毎日マラソン(毎日新聞)
香川丸亀国際ハーフマラソン男女の記録 世陸や五輪につながる別府大分より気になるワケ(日刊ゲンダイ)
“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請(日刊ゲンダイ)
ドルーリー朱瑛里は中学3年で多感な時期 負担が軽くなるような「窓口」が必要…増田明美さんの思い(スポーツ報知)

●2月3日
猛暑のスペインで世界陸上銅メダル…箱根経験生かした佐藤信之さん、日本男子マラソン系譜つなぐ(読売新聞)
世界陸上マラソン金メダル、箱根の山下り「蝶が舞うような」走りが礎…谷口浩美さん(読売新聞)
パリ五輪3000障害へ、箱根の20キロを順天堂大・三浦龍司は「大きな通過点にしたい」(読売新聞)
ドルーリー朱瑛里、琵琶湖クロカン欠場へ 「報道対応や周囲の撮影、声かけに不安」(京都新聞)
九共大1年村上、夢は女子2人目の五輪 ハンマー投げU20世界選手権「銅」 日本の存在を世界に(西日本新聞)
U18男子60メートル障害出場の東海大静岡翔洋高・浅井惺流、目標は7秒台での優勝・・・陸上日本室内大阪大会4日開幕(スポーツ報知)
外さない男 聞谷賢人の安定感の理由 別大毎日マラソン(毎日新聞)
横田真一&穴井夕子の長男・知己が青学大駅伝チーム引退 原晋監督「新たな道で頑張ってほしい」(スポーツ報知)

●2月2日
池田、川野らエントリー 日本選手権競歩(時事通信)
22歳陸上選手、ロシアの攻撃で死亡 ウクライナ(時事通信)
晴れの国岡山駅伝 地域の名誉かけタスキつなぐ ドルーリー選手も区間新(産経新聞)
陸上で福島笑顔に 駒沢大監督のたすき つなぐ 大八木さん(会津若松市河東町出身)と藤田さん(白河市東出身)(福島民報)
駒大「常勝」のたすき、藤田次期監督へ…「やるしかない」(福島民友新聞)
「空白の半年間」と走れる喜び 丸山竜也 別大毎日マラソン(毎日新聞)
川内、ベケレら出場 ロンドン・マラソン(時事通信)
来年の「箱根駅伝」は100回の記念大会 地方から挑む古豪 OBにはマラソン元世界記録保持者も(西日本スポーツ)

●2月1日
中央学院大のコーチにOB・福山良祐氏が就任 100回大会での本戦返り咲きへ(スポーツ報知)
箱根駅伝3位の青学大4年生が最後の練習 別大マラソン出場の横田俊吾はMGC出場権目指す(スポーツ報知)
悪夢の箱根駅伝5区欠場から1か月 青学大の若林宏樹が丸亀ハーフマラソンで「山の神」神野大地超え狙う(スポーツ報知)
ファラー、ロンドン・マラソンが自身最後のレースと明かす(AFP=時事)
選手、コーチ220人死亡 ウクライナ、ロシア侵攻で(共同通信)
復活期すハーフ日本記録保持者 小椋裕介 別大毎日マラソン(毎日新聞)
大阪の道。それぞれのマラソン 原裕美子さんのたどった道【満薗文博コラム・光と影と】(中日スポーツ)
安原兄弟、最高峰まで高め合うライバル 都道府県対抗男子駅伝県滋賀県代表(中日スポーツ)

●1月31日
陸上短距離小池祐貴、米国拠点に活動「結果出なかったら環境変えるのは当たり前」不退転の覚悟(日刊スポーツ)
ファラー、今年限りで引退へ 陸上(時事通信)
アシックスがシェア挽回、ミズノも新製品で反攻 マラソンシューズ戦争に新局面(産経新聞)
「日本一速い監督」の立大・上野裕一郎監督が日本選手権クロカン出場へ「一番の目的は高校生の勧誘です」(スポーツ報知)
高橋尚子さんがスペシャルスターター 岡本直己らが招待選手…青梅マラソン3年ぶり開催(スポーツ報知)
「ママで五輪」に一歩 前田彩里、娘の応援も力に―女子マラソン(時事通信)
女子マラソン新谷仁美「パリ五輪は出ない」明言も…陸連のラブコールに応じる可能性は?(日刊ゲンダイ)
大阪国際女子マラソン日本勢トップの3位の安藤 今後へ「後半に攻められるような力をつけたい」(スポニチ)
大阪国際女子マラソンで悪夢の転倒途中棄権の佐藤早也伽「足に問題はなかったので大丈夫です」(日刊スポーツ)

●1月30日
日本勢最高3位の安藤友香、一夜明け感謝する人は?の問いに「こっち系ではないですよ~」と苦笑(日刊スポーツ)
マラソン3位から一夜明けの安藤友香、秋のMGCへ「トラック種目でスピード強化を」(中日スポーツ)
「第42回大阪国際女子マラソン」で日本勢トップの安藤友香が一夜明け会見「後半の走りは大きな課題としてハッキリと分かった」(サンスポ)
「成長してMGCを迎えたい」 大阪国際3位の安藤(産経新聞)
有森裕子氏 エチオピア勢の想定以上のスパートに戸惑い 今後の糧に(スポニチ)
【増田明美さんの目】安藤友香さんは勇気を持ってアフリカ勢について行くべき ライバル観察も大切/大阪国際女子マラソン(サンスポ)
中3・ドルーリー朱瑛里またも快走、沿道の観衆「すごすぎる」…最近は豪雪で屋外練習できず(読売新聞)
いだてん記者、箱根路「1区」を走る…フラットだが六郷橋は急こう配(読売新聞)
ドルーリー朱瑛里、また抜いたまた区間新 岡山のスーパー中学生凱旋走、状態4~5割でもスゲェ~んじゃ(スポニチ)

●1月29日
天満屋・大東がMGC進出決める 大阪国際女子マラソン8位(山陽新聞)
「母」として復活 4年ぶりのマラソンでMGC出場権獲得の前田彩里を瀬古さん絶賛(西日本スポーツ)
川内優輝、沿道の並走観客に注意喚起「危険なのでやめて」大阪国際女子マラソンで続出(スポニチ)
【野口みずき】出産をへた前田彩里はとにかく走ることが大好き まだまだできる可能性を感じる(日刊スポーツ)
大阪国際、コース変更の影響は? 坂よりも風が強敵(産経新聞)
瀬古さん「近い将来20分切り」と日本人トップの安藤を評価(産経新聞)
「考えていた通り」に快勝 大阪国際制したデッセ(産経新聞)
上杉、日本人2位死守も「攻めの走り生かせなかった」(産経新聞)
ママで五輪、新たな夢 6位入賞の前田彩里(産経新聞)
亡き恩師へ、感謝の思い胸に初マラソン 西原加純(産経新聞)
「2023大阪ハーフマラソン」5千人快走 関西学生男子は上田さん 女子は飛田さん優勝(産経新聞)
32歳の初マラソン吉川が5位「いつかは日本代表に」(産経新聞)
日本人トップも「悔しい」 安藤、MGCへ収穫と課題(産経新聞)
デッセがV、日本勢は安藤の3位が最高(産経新聞)
転倒の佐藤、19キロ手前で無念のリタイア 大阪国際(産経新聞)
ドルーリー朱瑛里が地元で3人抜き&区間新…も「注目されすぎるのはあまり好きではない」岡山駅伝(スポーツ報知)
ドルーリー朱瑛里 再び快走 岡山「晴れの国」駅伝3区区間新で3人抜き 従来記録を10秒更新も「本当は1位で渡したかった」(デイリースポーツ)
また区間新!ドルーリー朱瑛里3人抜き!「しっかり走れました」岡山で駅伝出場(スポニチ)
東京学館新潟へ全中陸上覇者・秋沢理沙、佐藤克樹が進学 高校でもチャンプ狙う2人が示す意欲(日刊スポーツ)
【女子駅伝】仙台育英1年生チーム逆転V 先輩を抜いた、2位2年生チーム、3位3年生チーム(日刊スポーツ)

●1月28日
佐藤早也伽、MGCへ競り合うレースがしたい 29日号砲/大阪国際女子マラソン(サンスポ)
自己ベスト狙う佐藤 野口監督「21分台はいける」(産経新聞)
前田彩里〝ママさんランナー〟初の五輪代表へ第一歩 29日号砲/大阪国際女子マラソン(サンスポ)
MGC切符争いも白熱…前田、大東ら虎視眈々(産経新聞)
安藤、佐藤、上杉が日本人トップ争い 大阪国際女子マラソン展望(産経新聞)
高橋尚子さん、新谷効果に期待 「自分もできるという思いで」(産経新聞)
ドルーリー朱瑛里、29日に岡山で駅伝走る 17人抜き&区間新で注目のスーパー中学生(スポニチ)
母になって、強くなった 前田彩里、4年ぶりのマラソン復帰戦へ(産経新聞)
野口みずきさんが走ってみた 大阪国際、12年ぶりの新コース(産経新聞)
全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱(日刊ゲンダイ)
大阪国際女子が12年ぶりコース変更&ペースメーカー復活…真冬レースで“記録狙い”の不毛(日刊ゲンダイ)
増子、栗村は学法石川 中学生ランナー成長誓う、青島は仙台育英(福島民友新聞)

●1月27日
「2時間18分台を目指して」24歳チェプケモイはママさんランナー 29日に大阪国際女子マラソン(サンスポ)
安藤、今度こそ「優勝」を 自分の殻を破るレースに(産経新聞)
佐藤は順調な調整に手応え「順位よりタイムを」(産経新聞)
「持っている以上の力を」昨年の大阪国際2位の上杉(産経新聞)
「本番楽しみ」「MGCを」フレッシュな顔触れも大阪国際に決意(産経新聞)
女子マラソン安藤友香は新谷仁美の快走劇に刺激「ここで優勝したい」大阪国際で本職初V挑む(日刊スポーツ)
前回大会2位の上杉真穂掲げるテーマは「今年1年は怖がらず前に出る」大阪国際女子マラソン会見(日刊スポーツ)
マラソン佐藤早也伽「今回のレースで自信つけてMGCに」大阪国際女子での自己ベスト更新へ意欲(日刊スポーツ)
32歳の吉川侑美「初マラソンで2時間22分台が目標」 世界選手権&パリ五輪へ大阪国際女子が第一歩(スポニチ)
【キャンパスナビ】大阪芸大・女子駅伝部の古賀華実「4年間の集大成として走りたい」 29日号砲 大阪国際女子マラソン(サンスポ)
安藤友香、8度目マラソンで初Vへ「ここで経験したい」…1・29大阪国際女子マラソン(スポーツ報知)
パリ五輪へ試金石 大阪国際女子マラソン、有力選手が会見(産経新聞)
ドルーリー朱瑛里「2・5」全中クロカンにエントリー 都道府県対抗女子駅伝の17人抜き&区間新で注目(スポニチ)
筒井咲帆 亡き恩師にささぐ初マラソン(産経新聞)
【HAKONE LIFE】順大・三浦龍司&藤原優希が初の「共同主将」 2人でチーム引っ張る(スポーツ報知)
【箱根への道】東洋大・松山和希誓った2区で「最後は区間賞」…1年4位2年5位3年故障&インフルで欠場(スポーツ報知)

●1月26日
サイード横田仁奈が結婚披露宴の幸せショットを公開 夫は早大競走部の大前祐介氏(スポニチ)
鈴木健吾、大迫傑ら招待 女子の一山麻緒、松田瑞生も―東京マラソン(時事通信)
【東京マラソン】大迫傑、鈴木健吾らエリート出場選手発表 国内新記録照準のペース設定を採用(日刊スポーツ)
【女子駅伝】宮城の武田千捺、莉奈姉妹が都大路で初タスキリレー実現 順位押し上げ存在感示す(日刊スポーツ)
大阪国際女子マラソンの選手村がオープン(サンスポ)
上杉真穂 優勝宣言「躊躇せず前に出る」(産経新聞)
箱根駅伝の覇者 駒沢大陸上部〝凱旋合宿〟入り(奄美新聞)
新生・駒沢大、連続3冠へ始動…藤田敦史・次期監督は「対話」鈴木芽吹主将は「挑戦」掲げて(読売新聞)

●1月25日
【甘口辛口】「五輪に出ることはすべてではない」女子マラソン・新谷仁美の重い言葉は五輪至上主義に風穴を開けるか(サンスポ)
拓大が箱根駅伝復活に向けて60歳の駒大OB井上浩監督を招へい 大八木弘明監督とタスキをつないだ経験を持つ(スポーツ報知)
宿命受け止める不破聖衣来の姉亜莉珠、冬の京都で触れた姉妹の絆 葛藤乗り越え見えた復活への道(日刊スポーツ)
佐藤早也伽 先輩新谷の快走刺激に、今度こそ攻める(産経新聞)
大阪芸大・古賀華実 大学で取り戻した楽しさ 29日大阪国際女子で初マラソン「いつか日の丸背負いたい」(スポニチ)

●1月24日
パリ五輪にソッポの新谷仁美が狙うマラソン日本記録の疑問…女子に「2つの記録」存在のナゼ(日刊ゲンダイ)
安藤友香 苦しくても、今度は逃げない(産経新聞)
野口みずきさん、1・29大阪国際女子マラソンを展望 新コースに「好記録が続出するんじゃないか」/陸上(サンスポ)
新谷仁美「五輪出なくてもできる」…パリ目指さずマラソン日本記録目指す(スポーツ報知)
1区川原(五島南高)好走3位、区間記録迫る 長崎“粘走”15位 全国都道府県対抗男子駅伝(長崎新聞)

●1月23日
資生堂の岩水嘉孝監督が退任 クイーンズ駅伝16年ぶり優勝に導く(毎日新聞)
新田良太郎コーチ「日本記録更新を、この目で見届ける」ベルリンでも新谷仁美をペースメイク(スポーツ報知)
新谷仁美、24年パリ五輪は「今の時点で、私の気持ちの中にはありません」(スポーツ報知)
女子マラソン新谷仁美 パリ五輪を目指さないことを改めて明言「とても言いにくいが…」(スポニチ)
千葉県出身ランナー、なぜ強い? 駅伝界で一大勢力を築く背景(毎日新聞)
神村学園3年ぶり頂点 黒神が区間新「自分でも正直びっくりしていて、とてもうれしいです」(スポニチ)
絆のたすきつないだ 双子の姉から引退する妹へ 森田姉妹躍動でパナソニック初優勝(スポニチ)
全国駅伝創設に関わった陸連幹部が明かした意外な本音「五輪につながるとは頭になかった」(日刊ゲンダイ)
「日本一速い監督」上野裕一郎、歓喜のゴールで長野がV…大会新記録で2大会連続最多9度目の頂点(スポーツ報知)
前代未聞の活躍!立大の上野裕一郎監督は走力に加え胆力もある…担当記者が見た(スポーツ報知)
【男子駅伝】福島の増子陽太5人抜きも悔し涙 目標の区間新ならず「外しちゃったな」(日刊スポーツ)

●1月22日
ドルーリー朱瑛里選手、全中Vで特別表彰…駅伝「17人抜き」の中学3年生(読売新聞)
満身創痍のパナ初優勝 森田詩織のラストラン飾る 選抜女子駅伝(毎日新聞)
北九州市立・野田、「根性」と地の利で1区区間賞 選抜女子駅伝(毎日新聞)
高校の部V神村学園「全員でつなげた」新たな力で都大路の悔しさ晴らす 選抜女子駅伝北九州大会(西日本スポーツ)
1区で高校の部・北九州市立が社会人抑えて区間新 選抜女子駅伝北九州大会(西日本スポーツ)
九電工2位「どうなるかと思った」外国人欠場&エース不調から浮上 選抜女子駅伝北九州大会(西日本スポーツ)
【男子駅伝】「これで12位?」監督と二刀流の上野裕一郎、陸上界に不安「育成に力入れないと」(日刊スポーツ)
37歳・長野のアンカー上野「僕に負けちゃだめ」 若手ランナーにメッセージ(中国新聞)
中学から育成「チーム長野」の一体感 都道府県駅伝、大会新V(毎日新聞)
【都道府県対抗男子駅伝・長野全7選手喜びの声】5区区間新・吉岡「次は7区で新記録」(スポニチ)
佐久長聖高トリオが区間新連発で長野V貢献…MVPの山口峻平「率直にうれしい」【都道府県対抗駅伝】(中日スポーツ)
優秀選手賞に「異例」の高校生 長野の4区山口(佐久長聖高) ひろしま男子駅伝(中国新聞)
神奈川大・山崎諒介が佐賀16年ぶり区間賞 箱根逃した悔しさ越え 春から郷土の企業へ 都道府県男子駅伝(西日本スポーツ)
静岡・太田智樹、7人抜き快走で3区区間5位「思ったよりも走れた」【都道府県対抗男子駅伝】(中日スポーツ)
【男子駅伝】城西大・山本唯翔が7区で9人抜き 箱根5区で区間新“山の妖精”が平地でも存在感(日刊スポーツ)
優勝の長野・上野裕一郎「故郷に貢献出来てよかった」(スポニチ)
最多Vの長野アンカー 立大・上野監督「こんな力のない37歳を選んでいただき感謝」(デイリースポーツ)
初解説の福士加代子さん「新谷さんからアドバイス欲しいね」(産経新聞)
箱根路彩った学生ランナー、一般区間で再び火花 駒大勢は王者の誇り/頂点逃した選手は雪辱(中国新聞)
高校生は史上初の快挙に挑む2人に注目 吉岡(長野)と長嶋(兵庫)(中国新聞)
中学生MVP候補は増子(福島)菅野(山形)が軸 全中でしのぎ削ったライバル(中国新聞)
【男子駅伝】福島に「スーパー中学生」増子陽太 全国都道府県対抗駅伝きょう号砲(日刊スポーツ)
【男子駅伝】高校総体2冠の秋田・大野聖登は区間賞狙う「最低でも5位以内に」(日刊スポーツ)

●1月21日
自分に勝ってMGCへ 底上げ進む日本の女子マラソン(産経新聞)
高岡寿成氏「世界を見据えた駆け引きが大切」 女子マラソン、飛躍への提言(産経新聞)
優勝候補、パナの双子・森田に注目 選抜女子駅伝北九州 22日号砲(毎日新聞)
17年世界陸上5000M代表の鍋島莉奈、楠康成と結婚「私たちらしく今後も走り続けたいと思います!」(スポーツ報知)
「最速」立教大・上野監督、長野県のアンカー 都道府県対抗駅伝(毎日新聞)
22日号砲へ、いざ出陣! 地元広島県チーム、入賞へ意気込み ひろしま男子駅伝(中国新聞)
10年ぶりVの期待かかる兵庫、想定通りのオーダーに 全国都道府県男子駅伝(神戸新聞)
「汗がひどくて、レースより緊張しました」1週間前の妻に続いて選手宣誓 全国男子駅伝(西日本スポーツ)
愛知のアンカー青学大の近藤幸太郎「昔の借りを返したい」高校時代の雪辱誓う(中日スポーツ)
静岡の主将3区・太田智樹「チームが目標とする入賞へ貢献したい」【都道府県対抗男子駅伝】(中日スポーツ)
山形期待の中学生ランナー菅野元太「僕もドルーリーさんのように目立ちたい」 母は東京国際女子マラソン覇者(スポーツ報知)
男子にもいるドルーリー級の中学生 3000メートル新記録の増子陽太「相沢晃さんのような選手になりたい」(スポーツ報知)
全国都道府県駅伝22日号砲 立大の上野裕一郎監督が青学大のエース近藤幸太郎らとアンカー対決(スポーツ報知)
長野のアンカー 立大・上野監督 実業団の選手に「僕に負けないで」「年齢的にもラストかと」全国都道府県対抗男子駅伝(デイリースポーツ)
立大監督の上野がアンカー「おじさんを助けてね」 長野県「いてくれるだけでありがたい」(中国新聞)
群馬の塩尻和也「高校のころからこの大会で力つけてきた」入賞に導く走り誓う(中国新聞)
「優勝争いは長野と兵庫」原晋監督の視点(中国新聞)
MGC出場権を持つ赤崎暁は熊本アンカー「入賞につながるような走りができれば」全国男子駅伝(西日本スポーツ)
箱根の監督、熱視線を送る中高生とは…「スカウトの意味がある」(中国新聞)
誤誘導の悔しさ胸に…新潟の中越高から3人代表入り【ひろしま男子駅伝】(中国新聞)
兵庫10年ぶりVへ高校生ランナーけん引 西脇工・長嶋ら3強から集結「頂上の景色見たい」 都道府県男子駅伝22日号砲(神戸新聞)
箱根駅伝優勝の駒大エース田沢廉は欠場…3年ぶり開催の全国都道府県駅伝(スポーツ報知)
立大・上野裕一郎監督が長野県アンカーに 22日号砲・全国都道府県駅伝…青学大の原晋監督も熱烈取材(スポーツ報知)
サニブラウン「このままだとお客さん来てくれない」陸上界を盛り上げる為に/単独インタビュー5(日刊スポーツ)
衝撃デビューのドルーリー朱瑛里 レース前日に関係者が感じていた“飛躍の予兆”(東スポ)
児玉芽生が地元大分で講演 中学生に室伏広治さんのエピソードなど伝える(西日本スポーツ)

●1月20日
公認更新へ危機脱する 筑波大陸上競技場(上)(NEWSつくば)
公認競技場の存在意義 筑波大陸上競技場(下)(NEWSつくば)
頭一つ抜ける神村学園 第34回選抜女子駅伝北九州大会、22日号砲(毎日新聞)
ひろしま男子駅伝 過去25回の優勝、入賞、平均順位・・・あなたの故郷の成績は?(中国新聞)
ひろしま男子駅伝の順位予想 3位大阪、2位岡山…優勝は?(中国新聞)
「箱根から世界へ」体現、マラソンと両立極めた瀬古利彦さん…五輪との巡り合わせには泣く(読売新聞)
サニブラウン「ダイヤモンドアスリート」制度が海外生活素養の下地に/単独インタビュー4(日刊スポーツ)

●1月19日
「真実はどこに」ウサイン・ボルト氏の詐欺被害は16億円超 残金わずか153万円に(東スポ)
【陸上】福士加代子氏 香川でランイベントを主催「走る楽しさを知ってほしい」(東スポ)
陸上100m全国高校2冠・関口裕太、早大から世界へ壮大な目標(日刊スポーツ)
箱根常連、同窓対決熱く 駒大・青学大…国立大出身も燃える【ひろしま男子駅伝】(中国新聞)
「厚底フィーバー」 第25回大会は記録ラッシュ【名場面 ひろしま男子駅伝】(中国新聞)
長野の上野と佐藤、最多の優勝5回経験【名場面 ひろしま男子駅伝】(中国新聞)
サニブラウン、日本のエスカレーター式育成システムに「革命を起こす」/単独インタビュー3(日刊スポーツ)

●1月18日
ドルーリー朱瑛里に続け!22日男子駅伝「岡山旋風」もう一丁 小6で走った「学童部」大会の存在(日刊スポーツ)
陸上短距離の小池、米に拠点変更 強い決意にじませ出発(共同通信)
箱根駅伝で完全燃焼、中大・中沢雄大「礼を尽くして」陸上人生に別れ、地元福島に恩返し(日刊スポーツ)
新谷仁美ヒューストン・マラソンV 日本歴代2位の好時計でもパリ五輪「出ない」明言のワケ(日刊ゲンダイ)
あの2人、あの走りが帰ってくる 優勝5度の上野(長野)/最年長出場狙う岡本(鳥取)(中国新聞)
サニブラウン「英語は行けば覚える」厳しい環境で培われた「たくましさ」/単独インタビュー2(日刊スポーツ)
サニブラウン次世代へ提言 “部活動”で終わってはいけない 海外で挑戦を/単独インタビュー1(日刊スポーツ)

●1月17日
大学生の区間賞に法則あり!? 今年の該当者は11人【ひろしま男子駅伝】(中国新聞)
高校生MVPは譲らない 中学生で区間賞の吉岡・長嶋が軸【ひろしま男子駅伝】(中国新聞)
父と子で追った箱根駅伝の夢…覚悟とけじめの4年間「指導ありがとうございます」「きつかったろ」(読売新聞)
涙こらえる青山学院大主将、給水と激励に徹した箱根路…宮坂大器「いつかみんなで戦えたら」(読売新聞)
創価大の嶋津雄大、5年目も「厚底」はかず「心で走った」箱根駅伝…難病も捻挫もこらえて4区8位(読売新聞)
新谷仁美、米マラソンで日本記録12秒届かず涙…9月ベルリンで再挑戦「私が返せるものって結果しかない」(スポーツ報知)
新谷仁美 日本歴代2位でVもパリ五輪は「私のスケジュールには入っていません」(スポニチ)

●1月16日
風穴を開けてくれた 野口みずきさん、新谷仁美の「19分台」称賛―女子マラソン(時事通信)
中3ヒロイン・ドルーリー朱瑛里の不破聖衣来を上回る快走 ニューヒロイン描く日本陸上界の未来(日刊スポーツ)
山形中央高陸上部いじめ 「娘つぶす行為許せない」 両親が記者会見、学校側の責任追及(河北新報)
マラソン女子日本歴代2位マークの新谷仁美、パリ五輪選考レース出走せず 9月のベルリンで日本新記録に再挑戦(中日スポーツ)
出場最多は7度の鎧坂哲哉・岡本直己、地元広島「最多」アラカルト【ひろしま男子駅伝】(中国新聞)
目指せ!チーム初区間賞 13府県が未獲得、難波(福井)や森山(富山)ら意気込む【ひろしま男子駅伝】(中国新聞)
完成されたフォーム!ドルーリー朱瑛里は28年ロス五輪目指せる…増田明美さん(スポーツ報知)
ドルーリー 朱瑛里「楽しかった」17人抜き 陸上NEWヒロインは中学生(スポーツ報知)
【都道府県対抗女子駅伝】17人抜き区間新! ドルーリー朱瑛里の〝強さ〟を福士加代子氏が分析(東スポ)
【女子駅伝】スーパー中学生ドルーリー朱瑛里が尊敬する陸上選手は?「日々努力重ねる姿尊敬」(日刊スポーツ)
【女子駅伝】ドルーリー恩師明かした小学校時代 前に人見えると闘志みなぎらせる負けん気の強さ(日刊スポーツ)
「今の自分の実力」 新谷との一問一答―ヒューストン・マラソン(時事通信)
新谷仁美 速報値2時間19分24秒の日本歴代2位の好記録で優勝「応援が力に」ヒューストン・マラソン(スポニチ)
新谷仁美、2時間19分24秒の日本歴代2位で優勝 日本記録は12秒届かず…ヒューストンマラソン(スポーツ報知)

●1月15日
箱根駅伝3区8位の青学大・横田俊吾が別府大分毎日マラソンでMGC目指す(スポーツ報知)
村沢が大学生で初のMVP 実業団としのぎを削る一般区間【名場面 ひろしま男子駅伝】(中国新聞)
エース田中希実ら欠場響く アンカー猛追も「追い切れず心残り」 都道府県女子駅伝、入賞逃した兵庫(神戸新聞)
右膝にテーピングの最年長アンカー「もがきました」福岡が総力戦で2年連続トップ3入り【全国女子駅伝】(西日本スポーツ)
【女子駅伝】ドルーリー朱瑛里 カナダ人の父と、日本人の母 趣味の絵画で県内コンクール入賞も(日刊スポーツ)
【女子駅伝】「ケガしないようにちょっとずつ。壊したくない」快走ドルーリー朱瑛里に山口衛里監督(日刊スポーツ)
【女子駅伝】ドルーリー朱瑛里快走 名ランナー輩出岡山の歴史…人見絹枝、有森裕子、新谷仁美(日刊スポーツ)
松田瑞生“ぶっつけ本番”で大阪8年ぶりV導く MGCもある1年「挑戦が自分のスタイル」(デイリースポーツ)
【女子駅伝】大阪アンカー松田瑞生「優勝しないと帰れない」区間賞でV貢献「気持ちいい!」絶叫(日刊スポーツ)
大阪が2015年以来4度目の頂点に アンカー・松田瑞生が逆転「勝つしかないと思って走った」…全国女子駅伝(スポーツ報知)
全国女子駅伝で17人抜き、区間新記録のドルーリー朱瑛里 「目標は田中希実」衝撃の駅伝デビュー(京都新聞)
スーパー中学生現る ドルーリー朱瑛里が17人抜きで驚異の区間新 NHK実況絶叫「恐るべし岡山ドルーリー」(デイリースポーツ)
【女子駅伝】岡山3区ドルーリー朱瑛里が17人抜き区間新 「五輪ランナーのよう」解説者も驚き(日刊スポーツ)
【女子駅伝】新潟の小海遥が県勢初の1区区間賞「上位で持ってこれたのでうれしかったです」
箱根沸かせた「神」 中高時代に活躍【名場面 ひろしま男子駅伝】(中国新聞)
生まれ育った広島から他県の代表に 古里に成長刻む【ひろしま男子駅伝】(中国新聞)
【都道府県対抗女子駅伝】〝ラスボス〟宣言の大阪9区・松田瑞生が明かした意外な悩み(東スポ)
【都道府県対抗女子駅伝】19歳・不破聖衣来 欠場決断のウラに〝師弟コンビ〟の大目標(東スポ)
松田瑞生「大阪の顔」に意欲 エース区間9区でスタンバイ「最後にいるので安心して」(デイリースポーツ)

●1月14日
前回2位の福岡は1区に野田真理耶を起用「高校駅伝で走れなかった悔しさがあった」15日全国女子駅伝(西日本スポーツ)
2年連続の入賞目指す愛知は1区に名城大・山本有真「チームを勢いづけたい」【都道府県対抗女子駅伝】(中日スポーツ)
【女子駅伝】駅伝も岡山!ドルーリー朱瑛里「区間新記録目指します」全中優勝の新ヒロイン候補(日刊スポーツ)
【女子駅伝】V候補宮城、強豪・仙台育英の新旧エース快走で3大会連続表彰台だ 都道府県対抗(日刊スポーツ)
【都道府県対抗女子駅伝】兵庫・浜本監督が田中希実の欠場理由を説明「ケガや体調不良ではない」(東スポ)
【都道府県対抗女子駅伝】不破聖衣来、田中希実は欠場 松田瑞生は9区で出走(東スポ)
【陸上】群馬の不破聖衣来はエントリーされず、故障から回復途上…監督も「今は無理するときではない」(中日スポーツ)
ボルト氏、数百万ドルの詐欺被害か ジャマイカ当局が調査開始(AFP=時事)
全国女子駅伝は“駅伝のための駅伝”に…創設から40年も「マラソン強化」の理念すでになし(日刊ゲンダイ)
【ひろしま男子駅伝】中学生ランナー、MVP争いはハイレベル 歴代3000mトップ3が集結(中国新聞)
五輪代表同士の一騎打ち、最後は兵庫の竹沢【名場面 ひろしま男子駅伝】(中国新聞)
高知の「くろしお」 今も輝く29人抜きと区間記録【名場面 ひろしま男子駅伝】(中国新聞)
大混戦の第2回 鐘紡勢の奮闘で山口が入賞【名場面 ひろしま男子駅伝】(中国新聞)

●1月13日
1区で「大逃げ」、学生連合・新田颯の狙い…箱根経験ない母校・育英大を「しっかり宣伝する」(読売新聞)
【ひろしま男子駅伝】区間賞、最多は3度の上野裕一郎や村沢明伸ら4人 大迫傑の名も(中国新聞)
大阪国際女子マラソン、前田穂南が欠場(産経新聞)
「3冠」から再び世界へ 田沢、大八木監督と二人三脚―陸上(時事通信)
【箱根への道】青学大、新主将・志貴&新副将・小原の新体制「11区」からのリベンジ道(スポーツ報知)
【HAKONE LIFE】東大OB近藤秀一さん「日本学生連合が編成されれば全国の学生の励みになる」(スポーツ報知)
わずか2秒差で決着 長野と兵庫「駅伝王国」同士の優勝争い【名場面 ひろしま男子駅伝】(中国新聞)
箱根「花の2区」から9選手エントリー 青学の近藤や東海の石原【ひろしま男子駅伝】(中国新聞)

●1月12日
「島人ランナー」5年ぶりの箱根路…7区6位で力走、国学院大のルーキー上原琉翔(読売新聞)
「東洋大に来て良かった」と木本大地、区間賞で有終の美…8度の疲労骨折を友に支えられて克服(読売新聞)
実業団陸上連合関係者が市長表敬(奄美新聞)
合宿中選手をモデルランナーに任命 夜光反射材着用で事故のない社会へ 奄美署(南海日日新聞)
箱根駅伝1区で独走、新田颯が故郷凱旋 卒業後は自動車の営業職に(朝日新聞)
箱根駅伝制した駒沢大の赤星選手「2年連続3冠を」 故郷の京都・城陽を訪問(京都新聞)
パリ五輪で最終日を飾る女子マラソンは史上最も過酷なレース確定…起伏が多い超難コース(日刊ゲンダイ)
初代王者の広島、1区31位から史上最大の逆転劇 【名場面 ひろしま男子駅伝】(中国新聞)

●1月11日
全国都道府県駅伝に箱根駅伝18位の立大・上野裕一郎監督が出場へ 箱根Vの駒大・田沢廉、山野力らと対決も(スポーツ報知)
【ひろしま男子駅伝】吉岡vs長嶋が3度目の直接対決? 前回までは吉岡に軍配(中国新聞)
ひろしま男子駅伝 箱根出場の57人エントリー、区間賞は6人(中国新聞)
青学大・横田俊吾、順大・西沢侑真、東京国際大・ムセンビらが一般参加でエントリー 2・5別府大分毎日マラソン参加選手発表(サンスポ)
別府大分毎日マラソン、青山学院大から横田俊吾ら3人が一般参加 瀬古利彦氏「五輪目指して…」(スポニチ)
別府大分毎日マラソンの招待選手は11人 ハーフ日本記録の小椋裕介「目標は2時間8分を切って優勝」(スポニチ)

●1月10日
前回Vの京都、田中希実率いる兵庫など優勝候補 群馬の不破聖衣来は出走まだ不明…都道府県女子駅伝(スポーツ報知)
【都道府県対抗女子駅伝】高岡寿成SDが若手とベテランの融合に期待「ともに戦う刺激を」(東スポ)
不破聖衣来の出場は未定、15日に都道府県対抗女子駅伝(デイリースポーツ)
五輪=24年パリ大会、陸上競技決勝は夜に実施(ロイター通信)
男子100m決勝は8月4日 24年パリ五輪の陸上日程(共同通信)

●1月9日
名城大エース・小林成美、クイーンズ駅伝での活躍誓う「まずはベースを固める」…今春に名門・三井住友海上へ(スポーツ報知)
大迫傑が「エキデン」社と契約、香港・マカオ・台湾でマラソン選手育成・大会開催へ(読売新聞)
「駅伝3冠」の駒大 抜群の安定感と、選手の決意と(産経新聞)
箱根総合Vの駒大・山野主将が帰郷、後輩と石段ダッシュ…「毎日のように3冠達成と言って頑張ってきた」(読売新聞)
箱根駅伝「花の2区」にもう一つのドラマ 先頭争いの後方で、兵庫ゆかりのエースたちが刻んだ爪痕(神戸新聞)
【箱根駅伝】関東学連の慶大・貝川裕亮「後輩たちにつながるとうれしい」母校の復活願う/連載5(日刊スポーツ)
駒大箱根Vおめでとう主将の山野さん、出身の宇部鴻城高と市役所訪問(山口新聞)

●1月8日
「箱根11区」駒大・帰山侑大は雪辱晴らせず、「まだまだ自分に甘い」と学生ハーフに照準…ハイテクハーフマラソン(スポーツ報知)
「箱根駅伝11区」は青学大の塩出翔太が「区間賞」 当日交代の悔しさを力に変えて快走(スポーツ報知)
リオ五輪陸上男子400メートルリレー銀メダリスト・飯塚翔太が地元・静岡で高校生指導(スポーツ報知)

●1月7日
「山の妖精」山本唯翔、名の由来は「山道をひょいひょい進むから」…区間新にも「支えのおかげ」(読売新聞)
【箱根駅伝】国学院大「101回目のプロポーズ大作戦」担う切磋琢磨の2年生コンビ/連載4(日刊スポーツ)
青学大・原監督 「ふるさと創生のメリットも」改めて箱根駅伝「全国化」の訴え(スポニチ)
青学大・原監督「失敗とは出来事ではなく、何もせず立ち止まっていること」V奪回へ箱根駅伝翌日から始動(スポニチ)
当日変更なしで優勝に挑んだ創価大 箱根駅伝特有の「当日変更」と「偵察メンバー」を考える(スポーツ報知)
来季も3冠を! 駒大10区・青柿選手、飯能市役所で決意 箱根駅伝で活躍、契機は地元の駅伝2大会(埼玉新聞)
箱根駅伝の駒澤大Vに貢献、6区区間賞の伊藤選手 母校に凱旋、後輩から質問攻めに(山陰中央新報)
箱根8度目総合V、大学駅伝3冠で有終の美 駒大・大八木采配を支える「現実的指導」(日刊ゲンダイ)
駒大・大八木監督の勇退で露呈…学生の部活動を支える“家族寮母”の限界(日刊ゲンダイ)

●1月6日
「山下り」殊勲の区間賞、駒沢大を3冠に導いた伊藤蒼唯…ルーキーは「臆せずに突っ込めた」(読売新聞)
中央大「エースの弟」吉居駿恭、4区5位の箱根路デビューにも「リベンジしたい」(読売新聞)
東洋大シード死守の立役者、梅崎蓮「1秒を削り出す走りができた」(読売新聞)
明治大・森下翔太は「6人抜き」した箱根3区が「ちょっと悔しい」…世羅の高校連覇に貢献、鳴り物入りルーキー(読売新聞)

●1月5日
大学女子駅伝で佛教大を連覇に導く…森川賢一・シスメックス女子陸上部監督が死去(読売新聞)
【箱根駅伝】青学大、分厚い選手層ゆえ…チーム内の選考レースにピークが合う選手も/連載2(日刊スポーツ)
留学生ランナー初出場の34年前は「使うな」の手紙も来たが…箱根駅伝、今大会は最多7人(読売新聞)
箱根駅伝4位・国学院大の寮を“同級生”の47歳・相川七瀬が訪問「ツーショット羨ましすぎる」(スポーツ報知)
箱根駅伝3位の青学大・原晋監督がV奪回へ綾野剛にチームアドバイザー就任を公開オファー(スポーツ報知)
箱根駅伝3位・青学大の5区予定だった若林宏樹が今朝20キロ上り坂タイムトライアル敢行 100回大会リベンジへ再始動(スポーツ報知)
駒大エース・田沢廉の行く末は? 箱根駅伝“歴代スター選手”のその後、日体大OB谷口浩美は超レアケース(日刊ゲンダイ)
札幌学院大鹿内万敬監督、全国に門戸開放の今秋箱根駅伝予選会へ「最大限チャレンジしたい」(日刊スポーツ)
駒大、史上初2年連続3冠へ 次期監督の藤田敦史HCが決意「ここで終わらせるわけにいかない」(スポーツ報知)
駒大3冠ご褒美は初のV旅行 大八木弘明監督「今回はそういうものもあってもいいのかな」(スポーツ報知)
【箱根駅伝】優勝の駒大・大八木監督、睡眠時間2時間で「遅くまで飲んでいました」一夜明け心境(日刊スポーツ)
青学大が雪辱へ始動 体調不良で箱根5区欠場の若林宏樹が5日に20キロ上り坂タイムトライアル(スポーツ報知)
駒大・大八木監督 退任後は田沢らエリート軍団強化構想「世界目指せるトレーニングを」(デイリースポーツ)

●1月4日
陸上女子やり投げ・北口榛花の23年の一字は「導」 後進らを「導けるような存在になりたい」(スポニチ)
全国V3度の古豪・福岡大が箱根駅伝に挑戦へ「けがや家の都合で諦めた選手の希望になる」(西日本スポーツ)
稲美北中で駅伝全国優勝・福田有以さん 病乗り越え新たな挑戦(神戸新聞)
3冠駒大の強さ支えた名采配 大八木監督が変えたことと変えなかったこと/連載(日刊スポーツ)
【箱根駅伝】区間最下位の青学大・西川魁星に伝えたい 「おじさんになった時、必ず誇りに思える」と(スポーツ報知)
箱根Vの駒大エース田沢廉、1万メートル世界選手権の標準記録挑戦を表明 今春に米国レース出走予定(中日スポーツ)
箱根駅伝3位の青学大が100回大会に向けて始動 欠場の若林宏樹は明日20キロ上り坂タイムトライアル(スポーツ報知)
箱根駅伝V&退任表明の駒大・大八木弘明監督に反響 同郷の駒大OBの中畑清氏からは「勝って辞めるのか」(スポーツ報知)
青学大・原晋監督が1区、2区で起用したかった選手とは?「昨年の吉居君のような走りをさせて」(スポーツ報知)
箱根駅伝 視聴率の往路ピークは早かった?瞬間最高は復路の駒大ゴールだが…1区鶴見中継所で30%超(中日スポーツ)
駒大・次期監督の藤田敦史ヘッドコーチが心境を明かす「ここで終わらせるわけにはいかない」(スポーツ報知)
箱根駅伝10位の東洋大が夜明け前に再始動 欠場のエース松山和希は全国都道府県駅伝で復帰も(スポーツ報知)
駒大・大八木弘明監督退任「29年やって3大駅伝優勝27回。こんな幸せな監督はいない」(スポーツ報知)
駒大の1年生・伊藤蒼唯が6区区間賞「思いも受け継いで」父の夢を果たした(スポーツ報知)
中大2位 どん底からはい上がった 22年ぶり表彰台 来年100回大会Vへ弾み(スポーツ報知)
原晋監督「上り坂、下り坂、まさか」6区14年ぶり区間最下位 青学大連覇ならず(スポーツ報知)
【箱根駅伝】国学院大4位「101回目のプロポーズ大作戦」で25年初Vだ(スポーツ報知)
【箱根駅伝】早大、6位で2年ぶりシード 花田監督「選手たちがよくやった」…クラファンで海外遠征構想も(スポーツ報知)
【箱根駅伝】東洋大、一時最下位から18年連続シードは死守 酒井監督「チグハグな駅伝が続いた」(スポーツ報知)
順大5位に押し上げた 西沢主将意地の区間賞「ひとつ目標達成、うれしい」(スポーツ報知)
元箱根ランナーの漫画家・高橋しんさん、昨年描いた「未来予想図」中大・吉居大和VS駒大・田沢廉が2区で現実に(スポーツ報知)
駒大新監督は藤田敦史ヘッドコーチ、大八木監督就任時に”常勝”の礎を築いた教え子(スポーツ報知)
【駅ペン】駒大はまるで石原軍団「チーム(軍団)に対する強い帰属意識と信頼感」で共通(スポーツ報知)
渡辺康幸氏「3冠は選手層、意欲、情熱がかみ合わないと生まれない。駒大は情熱が光った」(スポーツ報知)
学生駅伝3冠の駒大、エース田沢廉に食らい付く選手が各学年に現れ「令和の常勝軍団」へ【箱根駅伝】(中日スポーツ)
厳格で画一的な指導から脱却 勇退の駒大・大八木弘明監督は田沢廉の指導専念へ【箱根駅伝】(中日スポーツ)
青学大・原監督さらなる向上誓う「1万メートル27分台を往路2人、復路1人はいないと」箱根駅伝(中日スポーツ)
駒大次期監督・藤田敦史ヘッド、大八木監督に感じた指導法の変化 牽引型→「対話型」/箱根駅伝(サンスポ)
【箱根駅伝】青学大6区でブレーキの西川魁星が感謝のツイート「沿道の声援が力に」 激励の声あふれる(スポニチ)

●1月3日
国学院大は4位 エース欠くも1、2年生奮闘 前田康弘監督「未来は明るい」第101回で「プロポーズ大作戦」へ(スポーツ報知)
MVP金栗四三杯は4区区間新記録の東京国際大イェゴン・ヴィンセント(スポーツ報知)
シード復帰の早大、さらなる上位へ海外遠征構想…クラファンで資金集めも「経験の場を作りたい」(スポーツ報知)
出走なかった駒大の佐藤圭汰「この状態で走ったらチームの目標を達成できないかも」(スポーツ報知)
青学大6区ブレーキの西川魁星「頭が真っ白になった。でも、残り1キロで往路組の応援は分かりました」(スポーツ報知)
中大は総合2位 最後まで駒大に追いつけず「地力の差」(スポーツ報知)
【箱根駅伝】連覇を逃した青学大・原晋監督が敗者の弁「3番で終わって喜べるチームではない」と淡々(スポーツ報知)
早大が2年ぶりシード権獲得…OBの名選手「花田さん」が導いた復権への第一歩(スポーツ報知)
東洋大・酒井監督は同じ福島出身、大八木監督退任に「指導者もタスキを受け継ぐつもりでやっていきたい」(スポーツ報知)
爪痕残した学生連合・新田颯、あまりの反響にビックリ「想像以上。うれしい」SNSフォロワー、一晩で一気に増加(スポーツ報知)
【こんな人】藤田敦史氏「きちょうめんで真面目で話し上手」駒大大八木監督も次期監督に絶対の信頼(日刊スポーツ)
【箱根駅伝】駒大エース田沢廉「言われたら応えるしかない」大八木監督涙で3冠へのギア入れ替え(日刊スポーツ)
【箱根駅伝】優勝の駒大・大八木弘明監督が退任表明 青学大・原晋監督も驚きと脱帽「有終の美を飾り、立派です」(スポーツ報知)
【箱根駅伝】右腕に「恩返し」東洋大・木本大地区間賞 左腕には「その1秒をけずりだせ」(日刊スポーツ)
22年ぶり表彰台の中大、当時2年生だった藤原監督「感慨深い」長い低迷期を脱し躍進【箱根駅伝】(中日スポーツ)
駒大・大八木弘明監督の退任表明に教え子の国学院大・前田康弘監督「最後に3冠。さすが主役は違う」(スポーツ報知)
大八木弘明監督、涙ながらに伝えた退任 山野力主将「監督が泣くところはほぼ見たことない。有終の美を飾って欲しかった」(スポーツ報知)
【箱根駅伝】駒大・大八木監督が退任理由を語る「女房に休んでもらいたい思いもあった」(東スポ)
【箱根駅伝】復路の当日変更発表 往路V駒大のスーパールーキー佐藤圭汰は出番なし 青学大は原晋監督の宣言通り9区に岸本大紀(スポーツ報知)

●1月2日
【箱根駅伝】花の2区、中大の吉居大和と青学大の近藤幸太郎が熱いハグ 同郷で健闘たたえ合う(スポーツ報知)
【箱根駅伝】2区で駒大・田沢廉に「5度目の正直」で勝利の青学大・近藤幸太郎「勝った気はしません」(スポーツ報知)
城西大・山本唯翔が5区で区間新記録! 「山の妖精になろう!!」のエールに応えた/箱根駅伝(サンスポ)
【箱根駅伝】1区大逃げ育英大の新田颯「無名選手でも箱根を走れると伝えられたら」/一問一答(日刊スポーツ)
【箱根駅伝】ヴィンセント史上初往路3区間区間新「いい思い出に」仲間とグータッチの日々に感謝(日刊スポーツ)
青学大脇田幸太朗、最初で最後涙の箱根デビュー「大丈夫、大丈夫」仲間の声救いに(日刊スポーツ)
箱根駅伝往路、ナイキの1強は変わらず、「62%」65選手が使用…2位はアディダス(スポーツ報知)
青学大原監督、岸本大紀の9区起用を明言 逆転Vへ「状態的には非常にいい」(日刊スポーツ)
初優勝に挑む国学院大は往路4位「ベストオーダーが組めなかった」前田監督(日刊スポーツ)
中大22年ぶり往路Vならず、藤原正和監督「指導者の差」首位駒大と30秒差2位(日刊スポーツ)
【箱根駅伝】往路制した駒大・大八木監督「田沢でいくしかない」カギ握ったエースの走り振り返る(日刊スポーツ)
【箱根駅伝】総合優勝かけた復路の行方は? やはり駒大が有利 中大、青学大にもワンチャンあり(スポーツ報知)
【箱根駅伝】中大が伝説の暴風優勝以来の往路Vに迫る2位 予選会落選のどん底から始まった逆襲(スポーツ報知)
往路3位の青学大・原晋監督「まだ諦めていません。9区は岸本大紀です」(スポーツ報知)
【箱根駅伝】立大、55年ぶり出場は往路20位 上野裕一郎監督「現実を改めて見たのかな」(スポーツ報知)
【箱根駅伝】東洋大11位 5区の前田主将は3人抜きにも満足せず「柏原竜二さんならトップまで持っていった」(スポーツ報知)
【箱根駅伝】駒大2区の田沢廉「負けは負け」区間3位、コロナ感染影響も言い訳なし/一問一答(日刊スポーツ)
駒大3冠に向け「新時代」の予感 19年ぶり往路優勝(毎日新聞)
駒大・鈴木芽吹 「ものが違う」逸材が復活の走り 箱根駅伝(毎日新聞)
3度目の区間新樹立の東京国際大Y・ヴィンセント「緊張していた」と足の負傷を抱えながら快挙達成(スポーツ報知)
【箱根駅伝】東京国際大は往路7位、ヴィンセントが異なる3区間で区間新 大志田監督「彼がいなければ…」(スポニチ)
【箱根駅伝】青学大・原監督「大崩れしなかった」前日朝急きょ5区に変更の脇田幸太朗の粘り評価(日刊スポーツ)
城西大・山本唯翔が5区で区間新記録を樹立!「山の妖精になれ」と櫛部静二監督のゲキに発奮(スポーツ報知)
駒大が接戦を制して19年ぶりの往路制覇!抜きつ抜かれつの展開に「ハラハラでしたね」と大八木弘明監督(スポーツ報知)
往路順位一覧…シード圏内10位は創価大、シード圏外11位に東洋大(スポーツ報知)
6区予定だった青学大5区・脇田 緊急投入は前日に通達「ペースが上がらなかった」(スポニチ)
青学大にアクシデント 5区予定の「若乃神」若林宏樹が元日朝練習で体調不良に 代役は最初で最後の脇田幸太朗(スポーツ報知)

●1月1日
【ニューイヤー駅伝】大迫傑効果「行動によって多くの選手に影響を」GMO監督、選手も感謝(日刊スポーツ)
【ニューイヤー駅伝】優勝旗贈呈にHonda中山顕「もう1回優勝したい」昨年は紛失で授与されず(日刊スポーツ)
【ニューイヤー駅伝】Hondaが連覇 小川監督「正直優勝できると」層厚い充実戦力で圧勝(日刊スポーツ)
【ニューイヤー駅伝】5区でHonda青木涼真が区間賞 区間新は取れず「90点の出来です」(日刊スポーツ)
【ニューイヤー駅伝】「口町ロケット」きたぁー!SUBARUアンカー口町亮にSNSお祭り状態(日刊スポーツ)
【ニューイヤー駅伝】大迫傑、8年ぶり参戦に手応え「多くの選手の選択肢になれば」(日刊スポーツ)
【ニューイヤー駅伝】Honda2連覇!エース伊藤欠場も安定感「6区区間賞がV」の法則崩した(日刊スポーツ)
過去に「超戦」 Honda、慢心なき2連覇(毎日新聞)
「マラソン組」に頼らない 復活へ富士通が2位(毎日新聞)
GMOインターネットグループ過去最高タイの5位(毎日新聞)
最多25回優勝の旭化成16位 8年ぶり入賞逃す ニューイヤー駅伝(毎日新聞)
優勝狙うも14位 九州王者の黒崎播磨 ニューイヤー駅伝(毎日新聞)

過去のニュース
2023年7月~
2023年1月~6月
2022年10月~12月
2022年7月~9月
2022年6月
2022年4月~5月
2022年1月~3月
2021年10月~12月
2021年8月~9月
2021年5月~7月
2021年1月~4月



RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top